347.png
 
 
 
 
 
■高血圧とは?
 
 
今回のテーマは、「高血圧の原因と予防法」についてです。血圧とは「心臓」が血液を全身に送り出す際の圧力のことです。この圧が基準値以上の状態が続くことを「高血圧」といいます。
 
 
高血圧が長い間続くと血管に大きな負担がかかり、血管が傷つき、つまりやすくなります。そのままにしておくと、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などの合併症を引き起こすことがあります。
 
 
血圧を下げてコントロールすることにより、合併症を起こす確率を減らす事ができます。
 
 
 
 
 
■高血圧の原因とは?
 
 
高血圧は90%以上が原因のはっきりしない「本能性高血圧」です。
 
 
体質と塩分の取り過ぎや脂質の取り過ぎ、運動不足、肥満、ストレス、アルコール、喫煙などの生活習慣に原因があります。
 
 
他には別の病気が原因で起こる二次性高血圧があります。「高血圧の症状」高血圧は自覚症状がないケースがほとんどで、健康診断などで指摘されて初めて気が付く人が多いです。
 
 
極端に血圧が高くなったり、疲れがたまった時には頭痛、頭重感、肩こり、顔のほてり、動悸、むくみ、耳鳴り、めまいなどの症状が出ることもあります。
 
 
一度合った自覚症状が消失しても、高血圧が持続してることがありますから症状の有無に関わらず、定期的に血圧を測定することが大切です。




■高血圧の検査とは?
 
 
348_20160608020510798.png
 
 
 
 
血圧を測定する以外に原因を起こしている病気がないか、合併症がないかどうかを確認するため、血液検査、尿検査を行います。
 
 
 
●高血圧の診断基準とは?
 
 
高血圧を診断するには正しい数の測定が必要になります。通常は上が130~下が85までが正常血圧で、140~90以上が高血圧とされています。
 
 
血圧は一日中同じ値ではなく、常に変動しています。緊張しているとき、運動した後では血圧が上がります。病院で血圧を測ると高くなる場合は、白衣高血圧と呼ばれています。最も正確なのが家庭での血圧測定です。
 
 
家庭血圧の測定は早朝の高血圧や高血圧を発見したり、血圧を下げる薬の効果を評価するのにも役立ちます。
 
 
 
 
 
■高血圧の合併症とは?
 
 
高血圧が長く続くと血圧の圧力に耐えるため、血管の壁が厚く硬くなり、動脈硬化が進行します。やがて体の様々な部位に合併症を引き起こします。
 
 
脳の合併症では脳出血、脳梗塞などがあります。心臓の合併症では心肥大、心筋梗塞、狭心症などが挙げられます。
 
 
 
 
 
■高血圧の治療法
 
 
高血圧の治療には食事療法、運動療法や薬物療法があります。上が130、下が85までが正常の血圧とされていますが、それよりも高い方は生活習慣の改善を行います。
 
 
若年者や糖尿病などの他の病気の方では、さらに「血圧」を下げなければいけないこともあります。
 
 
食事療法や運動療法を行っても血圧が下がらない場合は、食事療法と運動療法を併用しながら薬物療法を行い、血圧を下げる薬を内服します。
 
 
薬の種類はいくつかあり、それぞれ合ったものを選びます。通常は一種類から開始し、徐々に適正な血圧にコントロールしていきます。一種類で不十分な場合には他の降圧薬を併用します。
 
 
 
 
 
■高血圧の予防とは?
 
 
349_2016060802051218b.png
 
 
 
 
一度高血圧の薬を飲み始めても、食事療法、運動療法によって薬を飲まなくても、正常になり、薬を止めることができることもあります。
 
 
 
日常生活の注意点
 
 
(1)塩分を少なく
 
 
醤油や味噌には多くの塩分が含まれています。味付けの際は塩分が含まれていない酢、生姜、辛子などの香辛料で工夫すると良いでしょう。
 
 
日本人の食塩の平均摂取量は世界と比べても大く、1日13gぐらいですが、7gぐらいまで減らすことが目標とされています。
 
 
 
(2)食事のカロリーを減らす
 
 
カロリーの高い食事を取り続けると肥満となり、高血圧の原因になります。
 
 
 
(3)過度の飲酒は控える
 
 
少量のお酒は体に良いこともありますが、飲み過ぎると逆効果になります。
 
 
 
(4)運動を習慣に
 
 
ウォーキングや水泳など有酸素運動を無理せず、習慣にすることで血圧を上げる物質を減らし、血圧を下げてくれる物質を増やします。
 
 
 
(5)禁煙する
 
 
タバコは血管を収縮させて血圧を上げますので禁煙は効果があります。
 
 
 
(6)ストレスを解消する
 
 
ストレスは交感神経を高めて血圧を上げます。自分なりのストレス解消法を見つけましょう。
 
 
 
 
 
■高血圧の注意点
 
 
症状がないため、高血圧の薬を飲まなくなってしまう方もいらっしゃいますが、定期的に血圧を測り、適正な血圧をコントロールすることが動脈硬化の進行を抑え、脳梗塞や心筋梗塞の予防になります。
 
 
 
 
 
【出典動画】新宿駅前クリニックさん
 
「 高血圧 」
 

 
 
 
 カテゴリ
 タグ