68.png





■今回のテーマは「高血圧予防」


今回は「高血圧予防」がテーマです。


先に下にある吉田たかよし先生の動画を
ご覧いただくと分かりやすいと思います。


高血圧は特別な症状がないので放置して
しまう方が非常に多いです。


しかし、確実に動脈硬化が進んでしまい、
脳梗塞や心筋梗塞などを発症させてしまう
リスクが高まるので要注意です。


今回は高血圧を創りだしてしまう、
腎臓の働きと高血圧を予防する方法を
大変分かりやすく解説しています。












■塩分の摂り過ぎに注意!


高血圧の原因の一つとされているのが、
「塩分の摂り過ぎ」で、コントロールする
のは容易ではありません。


塩分の採り方を少しばかり工夫するだけで、
高血圧を防ぐことができます。


日本人は特別な遺伝子を持っていて、
塩分を摂ると高血圧になりやすいです。


塩分を摂り過ぎるとどうなるか?。


まず腎臓の働きが悪化します。


腎臓では尿を作っていますが、
この働きが悪化してしまうと様々な
体調不良を引き起こします。




■尿ができる仕組み


細かい動脈が「糸球体」と呼ばれる
器官でしっかり濾過されます。


尿のもととなる液体が近位尿細管、
ヘンレ係蹄、遠位尿細管、集合管を
通っていきます。


そして、最後集合管から集められた
尿が膀胱に届けられます。


これが尿ができるまでの仕組みです。




■血圧を抜本的に下げるには?


また、ナトリウムの調整は近位尿細管、
ヘンレ係蹄、遠位尿細管で行われてます。


人間が一日にナトリウムを体外へ
捨てる量は決まっています。


ナトリウムの排出する量を増やすことが
出来れば高血圧を抑えることができます。


そのために必要となるのが、
しっかりカリウムを摂ることです。


そうすることによって、ナトリウムを
捨てる量を増やすことができます。


ナトリウムとカリウムをまとめて捨てる
ことができるポンプがあるため、カリウム
を沢山摂取すれば、その分だけナトリウム
を捨てることができます。


しかし、日本人の多くがナトリウムは
十分すぎるほど摂っていながら
カリウムは不足しています。




■カリウムを摂る量を増やす!


日本人の一日あたりの食塩の平均摂取量は、
13.5グラムなのですが、これを何とか
10グラム未満に抑える必要があります。


一方、カリウムに関しては、2.5グラム
取っていますが、高血圧を抑えるためにも
3.5グラム以上摂取する必要があります。


カリウムは野菜や果物に多く含まれてます。


アスバラガス、ブロッコリー、ほうれん草、
セロリ、海草、りんご、バナナ、レーズン、
プルーン、あんずなどです。




■効率良く減塩する方法!


効率よく塩分の摂取量を抑える方法として、
調理するさいに「塩分測定器」を使用する
ことを強くおすすめします。


塩分測定器は、その名のとおり塩分を
測定するための器械です。


アマゾンで3000円くらいで購入できる
ので、気軽に始めることができます。


とくにお味噌汁を沢山飲まれる方は、
是非塩分測定器を使用してみてください。


料理するたびに塩分量を測るのは面倒かも
しれませんが、その価値は十分あります。


これをやるだけで、常に減塩を意識できる
ようになるので、自然と料理全体の塩分量
を下げることができます。


また食事だけでなく、有酸素運動を中心に
適度な運動を1日30分を目安に行なう
ことで高血圧を抑えやすくなります。