637.png





■今回のテーマは「モヤモヤ病」


今回は「モヤモヤ病」がテーマです。


先に下にある吉田たかよし先生の動画を
ご覧いただくと分かりやすいと思います。


モヤモヤ病は、シンガーソングライターの
徳永英明さんが以前この病気を発症し、
大きな話題となりました。


このモヤモヤ病は、アジア系、特に日本人
に多い病気とされています。


このため、日本人の研究者が考案した名前
が国際的な正式名称として採用れました。













■モヤモヤ病とは?


モヤモヤ病は俗名ではなく、正式名称で、
英語ではMoya moya diseaseといいます。


モヤモヤ病と命名されるまでは、
ウイルス動脈輪閉塞症と
呼ばれていました。


モヤモヤ病は、残念ながら依然として
決定打となる原因が解明されていません。


徳永英明さんが以前モヤモヤ病を発症した
さいには、しばらく音楽活動を中止せざる
えない状況に追い込まれました。


モヤモヤ病は脳に通じる内頚動脈が脳の
直前で寸断されてしまいます。



naikeidoumyaku.png



そのため脳内の細い血管が「モヤモヤ」
といった具合に広がっているため、
モヤモヤ病と命名されました。


一番発症しやすい年代は5歳前後です。


その次が30代から40代に多く、
脳梗塞に近い症状を引き起こす
ケースが多いのです。


しかし、具体的な治療法がありません。
このため特定疾患に指定されています。




■モヤモヤ病の症状と治療


主な症状は息を吐く動作が活発化し、
無意識のうちに過呼吸となって、
血液中の二酸化炭素の濃度が低下します。


そうすると血管が収縮します。


元々バイバスとしての機能をはたすための
血管がモヤモヤ病を発症してしまったこと
によって、その機能を果たせなくなります。


その結果、血管収縮、失神、脱力発作
といった症状を引き起こします。


この症状が進行すると、脳梗塞や脳出血を
引き起こすリスクが高まります。


モヤモヤ病は、MRIなどで診断できますが、
決定打となる治療法がありません。


血行再建術という手術を行なうことにより、
脳への血流を増やすことができます。


これにより脳梗塞を防ぎ、もやもや血管を
減少させて脳出血を防ぐことが可能です。