192201610122_201611072159247cd.png
 
 
 
 
■ 自己嫌悪から脱出する方法
 
 
今回のテーマは「自己嫌悪」をいかに向き合い、そして克服するかについてです。
 
 
自分が嫌い、自分の「欠点」や「短所」が気になってしかたがない。
 
 
何かにつけて自分を責めてしまうといった自分に対するネガティブな考え、自己嫌悪に襲われても復活する方法があります。
 
 
実は事業などで成功している人なんかがこうした方法を上手く取り入れています。
 
 
多くの成功者が絶対的に自信を持っていると思われがちですが、実際にはそんなことはなく、最初からポジティブ思考の人の方が少ないです。何らかの理由によって自ら変わったわけです。要所要所で自分が抱えている問題を克服し、見事復活しています。




438_20160508172157be4.png
 
 
 
■ ネガテイブ脳を回避するには?
 
 
例えば失敗したり、失敗とまではいかなくても、長時間にわたって準備したことが上手くいかなかったり失恋や身近な人たちから嫌われたりといったことに遭遇すれば当然落ち込んでしまうこともあるわけです。
 
 
実は自己嫌悪に陥っているときの脳の状態というのは、ひたすら自分の悪いことを探してしまっている状態なんです。
 
 
そうなるとどんどんどんどん自分の悪いところ、欠点、短所といったことが過去の記憶をたどりながら、関連付けられてしまいます。するとさらに自分が嫌いになります。
 
 
つまり自分のいいところ、自分の好きなところを全く見いだせない危険な状態にあると考えて下さい。
 
 
 
 
 
502_20160808215202320.png
 
 
 
■ こうなったら要注意!
 
 
それがさらに進むと、「自責の念」と「他責の念」が交互に襲ってきます。
 
 
「なんであのときこうしなかったんだ。」
 
 
「あれは絶対アイツのせいで失敗した」 といった具合に強く他人を責めます。
 
 
精神科医の樺沢紫苑先生曰く、人を責めるようになるとかなり危険な状態なのだそうです。
 
 
うつ病の人が陥りやすい心理状態なので、脳を「うつ病脳」にしてしまう危険性があるわけです。
 
 
7634201611107.png


しかし、落ち込んだ状態から切り替えるのは非常に難しいですよね。
 
 
自分を責めていながら、「よし明日も頑張ろう!」とはなりません。
 
 
ネガティブ発想に脳が選挙されている状態というのは、セロトニンが下がって戻らない状態にあります。
 
 
 
 
 
6120161018_20161107215925d17.png
 
 
 
■ 自己嫌悪から脱出するには?
 
 
ではセロトニンを高める方法なんですが、朝、午前中に散歩をするのが最適です。
 
 
実は私もかれこれ10年以上ジョギングのウォーキングを毎朝行っています。ちなみに運動の目安は30分程度です。
 
 
朝日を浴びながら散歩するだけで、セロトニンは活性化します。ちょっとした自己嫌悪に陥っている人の特徴は睡眠不足や生活飲み誰がある人です。
 
 
7614201611107.png

 
規則正しい生活を送っている方の中にうつ病の人が少ないのはそのためです。生活のリズムを調整していくだけで、セロトニンがしっかり分泌されるので、次第にプラスの思考に切り替わります。
 
 
残念ながらいくら考えても思考を切り替えるのは難しいです。生活習慣を変えるのが近道なんですね。
 
 
 
 
【画像】 We Heart It
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
【出典】 精神科医:樺沢紫苑先生
 
「自己嫌悪から一気に脱け出す方法」