131_20160519231823665.png


 
 
 
■ドクター江部の意外な過去
 
 
今回のテーマは、糖質制限ダイエットについてです。また、ご紹介するYoutube動画はテレビ東京の人気番組「主治医が見つかる診療所」で特集された「糖質制限食」について非常によくまとめられています。
 
 
糖尿病治療に画期的な効果を実現することに成功した江部康二医師が糖質制限食を実践するポイントを解説しています。江部医師も自ら糖尿病を患ったことが、糖質制限食へと向かわせたのです。
 
 
江部康二医師は、糖質制限食を実施する前はかなりふっくらしているにもかかわらず現在よりも老けています。また、体重は10キロ以上今よりも太っていたようです。見た目はかなり若返ってますし、健康そうに見えます。




132_201605192318248b3.png
 
 
 
 
■糖質制限食を実践するポイント?
 
 
糖質制限食は3段階に分かれています。
 
 
1つ目はスーパー糖質制限食
 
2つ目はスタンダード糖質制限食
 
3つ目がプチ糖質制限食
 
 
 
スーパー糖質制限食は1日3食糖質を抜く。
 
 
スタンダード糖質制限食は1日2食朝と夜は糖質を抜く。
 
 
そして、最後のプチ糖質制限食は1日1食、朝と夜は糖質を抜く。
 
 
これから糖質制限食を試されるのであればプチ糖質制限食から始めたほうが敷居も低くて失敗する可能性を抑えられそうです。
 
 
 
 
 
■糖質制限食を食べるさいの注意点
 
 
糖質の多いご飯は勇気を持って断るのが成功するポイントなんだとか。しかし、朝と昼は普通に食べてもいいので、それほど辛くありません。
 
 
糖質制限食というネーミング自体は非常につらそうですが、かつやからあげなどカロリーが高いものを好きなだけ食べてもいいんです。このため非常に満足感も高く、食に対するストレスが小さくて済みます。
 
 
また、食事のさいの注意点としては、「ソース」があげられます。実はソースには砂糖がかなり入っています。つまり、糖質がかなり入っているので、ソースなしでご飯を食べるのだとか。
 
 
一般的なとんかつソースは、大さじ1杯で糖質が約5gありますので、結構な量になります。ソースをかけなくても塩やレモンをふりかけることで揚げ物は十分美味しくいただけます。
 
 
コロッケやからあげなどの揚げ物は、1個だけ普通に食べて、それ以降の衣や全て衣をはずします。ころもをはいでも半分だけ残しておけばしっかり味を楽しめます。
 
 
 
 
130.png
 
 
 
 
 
■糖質をいつ抜くかがポイント!
 
 
プチ糖質制限食の場合は夕食の糖質をぬくことが原則です。夜に糖質を食べてしまうと血糖が上がった時にそれを利用する筋肉も活動しません。脳も活動しません。血糖が高いままになります。
 
 
そうするとインスリンが余分の血糖をどんどん「中性脂肪」に変えて体脂肪として蓄えます。朝や昼に糖質を取ると血糖値が上がります。しかし、日中の活動で消費されるので脂肪はたまりません。
 
 
しかし、夜に糖質を摂ると血糖値が上がっても消費されないので、脂肪が溜まります。糖質制限ダイエットは、しっかり食べても太らない好きなだけ食べられる、効果が速い。まさにダイエットのホームラン王です。
 
 
 
 
【参照動画】Yingnan Chuancunさん
 
「糖質制限ダイエット方法」
 

 
 
 カテゴリ