291.png





■腰部脊柱管狭窄症とは?


今回ご紹介するYoutube動画は、
腰部脊柱管狭窄症を改善する効果の高い
ストレッチの実演動画です。


腰部脊柱管狭窄症は、高齢者に多く、
歩いていると突然痛みが生じて
歩くことが一時的に困難になります。


多くの方が、加齢によるものとして、
治療をしないで放置してしまいます。


しかし、症状はどんどん悪化してしまう
ので、医療機関を受診しましょう。


医師の指示に従って根気よく治療を受ける
ことによって、症状は劇的に改善します。










■脊柱管とは?


背骨は一本の長い骨が体の中心を通ってる
ようにみえますが、そうではありません。


「椎骨」という骨が積み重なる形であの
ような格好になっています。


そして、その椎骨は「椎体」と「椎弓」
から構成されています。


その間にある「椎孔」が積み重なって
出来たものが「脊柱管」です。


脊柱管の中には「硬膜」という袋状のもの
があり、この中に神経が入っています。


腰椎部の神経は馬尾という
神経束や血管が通っています。


脊柱管はこれらの神経を
しっかりと守る働きがあります。


神経は脊柱管の中で枝分かれしていまして、
体の各部へと伸びているのが特徴です。



suikanbam.png







■腰部脊柱管狭窄症の原因とは?


脊柱管を構成する組織が変形してしまうと、
圧倒的に脊柱管が狭くなることが多いです。


脊柱管の中にある神経や枝分かれしている
神経と、神経に伴走する血管が圧迫される
ことによって神経が障害されてしまいます。


その結果していて、腰痛や下肢のしびれと
いった、色々な不具合が生じます。


脊柱管の狭窄が起こるのは以下の通りです。


(1)生まれつき脊柱管が狭い

(2)変性すべり症

(3)椎間板の膨隆

(4)黄色靱帯の肥厚

(5)椎間関節の肥厚変形


加齢とともに背骨が老化するにしたがって、
脊柱管の狭窄が起こりやすくなります。


中高年と呼ばれる年代に入ったころから、
少しずつ脊柱管は狭くなっていきます。



■ないやすい人の特徴とは?


ですので、皆様腰部脊柱管狭窄症は、
65歳以上の高齢者に多くみられます。


毎朝ジョギングをしていると、町内を歩く
ことを日課としているご高齢者が
男女を問わず沢山遭遇します。


急に息切れや、足のしびれによって、
動けなくなり、町中で休んで
しまう方もいます。


一人二人じゃないので、年を取ると否応
なしにこうなってしまうのかと嘆いていま
したが、確かに高齢者はなりやすいです。


例えば若いときからに重労働や重いものを
持つ職業で無理をしたり、若いときに腰を
痛めていたりするとなりやすいです。


また長時間運転する人は加齢に関係なく、
変形性脊椎症が起こりやすいとされてます。


こうした人は「腰部脊柱管狭窄症」
になりやすいといえます。




■主な症状とは?


腰部脊柱管狭窄症の症状についてですが、
代表的な症状は以下のとおりです。


(1)階段の登り降りがつらい

(2)腰に激痛が走る

(3)足がしびれて動きづらい

(4)足先が動かない

(5)腰の周りの違和感

(6)腰のはりなど



また、歩いていると突然痛みが生じて動け
なくなってしまうも、しばらくすると治る。


腰部脊柱管狭窄症の治療は、薬物療法、
神経ブロック注射、手術の3つです。


しかし、よほどのことがないかぎり、
手術が行われることはありません。


基本となるのは、やはり薬物療法です。