289.png





■最高の健康法とは?


今回ご紹介させて頂くYoutube動画は、
TBSで2102年まで放送されていた
番組「教科書にのせたい」です。


腸の善玉菌を増やして健康になるための
方法について解説さています。


運動法や食事法など健康法には色々あり
ますが、実践するのが難しいですよね。


実感できる前にやめてしまいます。


しかし順天堂大学医学部の小林弘幸教授
が提唱する方法なら簡単です。


食事を少しだけ意識して体にいいものを
食べればいいようになっています。












■最強の健康法とは?


小林教授いわく、健康になるためには、
きれいな血液を作ることが非常に
大切だと強く訴えています。


そして、きれいな血を作るためには、
腸をキレイにしなければなりません。


腸をキレイにするためには、
腸内に「善玉菌」をできるだけ
沢山増やす必要があります。


他にも腸をキレイにする方法として、
断食して腸を休める方法が有名です。


しかし、いくら効果が高くても、
食事を我慢するのは辛いですよね。


一方、腸をキレイにする方法は、
善玉菌を増やすことに特化しているので、
食事制限のような大変なことはしません。



小林教授は腸の働きを助ける善玉菌を
増やすことを以前から提言しています。


血液をキレイにすることによって、
善玉菌がふえていきます。


そうすれば腸が自然と活性化します。




■腸をキレイにする食べ物とは?


腸が活性化すれば食べ物からの栄養分を
腸が最大限に吸収してくれます。


そうすると質の高い良質の血液が作られ、
それらが全身へ流れていきます。


この状態が人間が生きていくうえで
非常に健康な状態なんです。


腸には腸内細菌が1.5キログラムあり、
人間の体重のうち1.5キログラム
は腸内細菌なんですね。


善玉菌、悪玉菌など全部含めるとなんと!
その数100兆個ほどあるそうです。


善玉菌を増やす方法についてですが、
ヨーグルトや漬物がいいようです。
良質の乳酸菌が得られるのだとか。


植物性の乳酸菌は動物性のものよりも
生命力が高く、腸の中でずっと育ってくれ
るので、善玉菌を育てやすいようです。


善玉菌が好む食物として「たまねぎ」、
「お酢」、「はちみつ」があげられます。


たまねぎには、オリゴ糖

お酢にはグルコン酸

はちみつにはその両方が入っています。


最後に悪玉菌をやっつける方法として
最強なのが、納豆だそうです。


これらをバランスよく食すれば、
腸がきれいになり、いつまでも若々しく
健康でいられることまちがいなしですね。