2534016917.png
 
 
 
 
 
■ 沢山食べると元気になれない?
 
 
私は年に数回ほど母親の実家に家族で帰省するのですが、いつも手厚く迎えてくれます。極上の和牛をこれでもかと用意してくれるので、いつもお腹が壊れるくらい食べてます。
 
 
田舎の人達は 沢山食べる、肉を食べることが栄養の素となり、健康な体をつくると思われている方が多いです。ですので、お客のもてなし方が驚くほど凄いんです。
 
 
タンパク質は人間が生きていく上で欠かすことができません。しかし、だからといって肉類を過剰に食してしまうと栄養バランスが崩れてしまい、健康を害することとなります。



 
2524016917.png
 
 
 
 
 
■ 加熱した肉や魚は酵素が破壊される
 
 
どんなに体に良い物でも、摂り方次第で著しく健康を害することになりますので、十分注意が必要です。例えば肉や魚を食べるとき、皆様はどのように調理しますでしょうか?。
 
 
焼いて食べるのがほとんどだと思います。生きた酵素は生きた食べ物に多く含まれますが、肉や魚を焼いたり煮たりすると、せっかくの酵素が飛んでしまいます!。
 
 
つまり、体に良いと思って食しているのに、肝心の酵素が全く含まれていないんです。しかも、栄養をつけようと思って大量に食べると、消化するために大量の消化酵素が浪費されてしまい、栄養をつけるどころか、体調不良まっしぐらになってしまいます。
 
 
 
 
2564016917.png

 
 
 
■ 加熱した食品を食べると血を汚す
 
 
野菜は酵素が多く含まれていまして、生で食べると口の中で唾液に含まれる消化酵素と混じり合い、しかも野菜そのものに含まれる酵素と混じり合うことで、しっかり事前消化されます。
 
 
しかし、肉や魚は加熱すると酵素が飛んでしまいますので、事前消化されることなく、胃の中へと送り込まれ、そこでようやく消化されることになり、吸収されるまで時間がかかります。
 
 
しかも、大量に食べると十分に消化されないまま胃へと送り込まれてしまい、しかも消化不良のタンパク質のかけらが血液の中に送り込まれ、ルローなどになってしまうわけです。
 
 
こうして、血を汚すことになるわけですが、こういったことを長期間にわたって繰り返すことで、体調不良が頻繁に起こるようになりますので、食事には十分気を配ってください。
 
 
 
 
2574016917.png

 
 
 
■ 血が汚れる=万病の元だった!!
 
 
血が汚れることに関して、もっと深刻になってほしいというのが正直な気持ちです。というのも「がん」だけではなく、全ての病気は血液の汚れが原因だからです。
 
 
病気には色々な種類がありますが、そうした原因物質も血液の中に存在します。 血液の役割について考えれば、病気や老化の原因は血液が汚れるためであると、納得していただけると思います。
 
 
たとえ、最先端の技術で「がん」の病巣を手術で取り除いたとしても、殘念ながら血液の中にある「がん」の原因物質そのものを取り除くことはできないんです。
 
 
また、生きている間は、血液の中にはがんの原因がそのままの状態で体中を巡っているわけですから、がんが再発することや転移することがあっても、ある意味仕方がないこととなります。
 
 
そうならないためにも、体内の酵素を減らさないような生活習慣が大切なんですね。
 
 
 
 
【動画】
 
「酵素のはたらき」
 

 
 
 タグ