187.png
 
 
 
 
 
■ 「心筋梗塞」とは!?
 
 
今回は、「心筋梗塞症」がテーマです。昨年、俳優の渡哲也さんが急性心筋梗塞を発症し、入院していたことがニュースで報じられ、大きな話題となりました。
 
 
手術は無事成功し、その後は自宅にて療養され、、噂されていたような重病ではなかったことが幸いし、すでに仕事に復帰されているようなんですが、病気が病気なだけに、「すっかり元気になられた」、というわけには行かないようです。
 
 
心筋梗塞は中高年だけでなく、20代、30代の間でも広がっている大変恐ろしい病気です。その症状に気づけ無いケースが増えているので、正しい知識が何より重要です。
 
 
一番下にある吉田たかよし先生の動画にて非常に分かりやすく解説していますので、こちらと合わせてご覧頂ければ幸いです。




2720161017.png
 
 
 
■ 心筋梗塞は早期発見が難しい?
 
 
しかし、多くのが方がすでに心筋梗塞の症状がでているにもかかわらず、見落としてしまっているため、治療が遅れてしまい色々な問題になっています。
 
 
これは日本だけではなく、格差が深刻な状況にあるアメリカでは、「ハリウッド症候群」と言って、すでに心筋梗塞の症状がでているにもかかわらず見逃してしまいます。
 
 
吉田たかよし先生も動画内で申してますが、米国心臓協会が調査したところ、55歳未満の女性が心筋梗塞の症状が出ているにもかかわらず、58%以上の方が見逃していました。
 
 
見逃されてしまった原因は、心筋梗塞というと映画やドラマで俳優が大げさに演じているように胸を抑えながら苦しむ姿が脳裏に焼きつけられてしまっているためです。
 
 
つまり、心筋梗塞とはそういうものだと思い込まされてしまっているため、それ以外のタイプの心筋梗塞の症状が発症した場合、見逃してしまうのだそうです。
 
 
このため「ハリウッド症候群」と命名されています。これは他人ごとではないですよね。
 
 
 
 
2920161017.png
 
 
 
■ 心筋梗塞の診断と治療について
 
 
ちなみに心筋梗塞の症状としては、強い痛みが胸の中央に起こります。
 
 
しかし、これだけではありません、背中やあご、左腕、奥歯にも痛みが生じる心筋梗塞が少なからずあります。そして、もっと怖いのが「無痛性 心筋梗塞」です。
 
 
無痛性心筋梗塞の症状は、汗を大量にかく、吐き気、息切れ、心拍音自覚です。
 
 
心筋梗塞特有の痛みがないので、単なる体調不良と勘違いして医療機関を受診しません。そのまま放置してしまうため、心筋梗塞の症状を悪化させてしまいます。
 
 
そうならないためにも、健康診断を定期的に受けていただく必要があります。
 
 
早期発見のための検査として有効とされてるのは以下のとおりです。
 
 

(1)身体的所見
 
(2)心電図
 
(3)心エコー図
 
(4)MRI
 
(5)CT検査
 
(6)血液検査

 

 
 
2820161017.png
 
 
 
最後に代表的な心筋梗塞の治療については以下のとおりです。
 
 

(1)血栓溶解療法(t-PA治療)
 
(2)カテーテル療法
 
(3)インターベンション治療
 
(4)冠動脈バイパス術

 

 
 
【画像】 Pinterest
 
【動画】 ドクター・吉田たかよし
 
「 心筋梗塞 」