f143.png





■尿路結石の怖さとは?


今回ご紹介するYoutube動画は、
NHKの人気番組「ためしてガッテン」にて
「尿路結石」を特集したものです。


尿路結石は腎臓の中で知らないうちに石が
出来てしまう大変怖い病気です。


というのも尿路結石数ある病気の中でも
特に強烈な痛みが生じるからです。


できればそうした尋常ではない痛みとは、
一生無縁でありたいと思いますよね。


そのためには、尿路結石に関する正しい
知識がどうしても必要になります。


今回は尿路結石を予防する方法までを、
非常にわかりやすく解説されています。










■尿路結石が急増した訳とは?!


尿路結石を体験した人は必ず死を覚悟した
といいます。それくらい痛いんですね。


恐ろしいことに日本では過去50年間で
尿路結石が急増しているんです。


すでに日本人の10人に一人は経験する
までに尿路結石は急増しています。


とくに食の欧米化が一気に進んだ
1990年代に勢いを増して増えてます。


尿路結石の石は結構な大きさですが、
たった3週間で出来てしまうんですよね。


石はどこから生まれるかというと、
背中のあたりにある腎臓から生まれて
腎臓の中でで育つんです。


ある程度大きくなると、
腎臓を飛び出し尿管に入ります。


この段階では、まだ痛くないんです。




■なぜ痛みが生じるのか!


尿管に石が貯まると尿管を塞ぐため、
尿が腎臓から出られなくなってしまいます。


尿が腎臓の中に溜まってしまいます。


腎臓がパンパンに膨らむと周りの神経を
刺激して、激痛が走ります。


これが尿路結石の痛みの正体です。


石の正体はシュウ酸カルシウムの結晶です。
これが尿路結石に発展します。


シュウ酸カルシウムは、ほうれん草や
なすなどに含まれています。




■なぜ尿が酸化するのか?!


尿が酸性に傾いていると石ができやすい
ので、この点を改善する必要があります。


尿を酸性に傾ける動物性蛋白質です。


これらを過剰摂取を避けることによって、
尿の酸性化を避けることができます。


内臓脂肪も尿を酸性化する大きな原因で
あるため、食事だけでは尿の酸性化を
避けることは難しいです。


やはり適度な運動も必要なんですね。


アンモニアそのものはアルカリ性です。


しかし、内臓脂肪が拡大すると、
それに比例してアンモニアの産生を
抑えてしまいます。


アルカリ性のアンモニアがでなくなり、
酸性化してしまうんですね。


また尿路結石は、遺伝や体質が原因でなる
人も少なくありません。




■尿路結石の治療


尿路結石の治療は、
「体外衝撃波結石破砕術法」といって、
「衝撃波」で体内にある石を砕いて、
尿と一緒に出してしまう治療方法です。


しかし、この方法は石のかけらが
どうしても残ってしまいます。


シュウ酸というのは、身体にとって猛毒で
細胞を酸化させてしまいます。


炎症が起きて細胞は死んでしまいます。


壊れた細胞からオステオポンチンが生まれ、
シュウ酸を固めて無毒化します。


これにより尿と一緒に流れます。


これが健康な人の腎臓の働きです。




■尿路結石を予防する方法とは!


しかし、動物性タンパク質を摂り過ぎると、
シュウ酸が増えすぎてしまいます。


それに応じてオステオポンチンも増え、
シュウ酸を結合し、それが大きな石に
なってしまい、尿路結石を発症させます。


尿路結石を予防するための鍵となるのが
抗酸化作用が高い食品を食べることです。


お茶、青魚、大豆、ブルーベリー、バナナ、
かぼちゃなどに豊富に含まれています。


コレに加えて、できるだけ動物性タンパク
採らないようにすることも大切です。