145.png





■今回のテーマは副鼻腔炎!


今回ご紹介させていただく動画のテーマは、
「急性副鼻腔炎」「慢性副鼻腔炎」です。


「ミルメディカル 家庭の医学」さんが
 非常に分かりやすく解説されています。


急性副鼻腔炎の症状が慢性化したものが、
慢性副鼻腔炎となって症状が悪化します。


初期の段階では痛みと鼻汁だけですが、
かぜの症状ににていることから、
放置してしまいがちです。


脳にまでおよんでしまうと強い頭痛と意識
障害が起こる可能性が高いので要注意です。


今回の動画も非常に分かりやすく
シンプルに解説されています。












■副鼻腔炎の症状と原因について


基本的に副鼻腔炎は、「急性副鼻腔炎」と「慢性副鼻腔炎」の二つがあります。副鼻腔は鼻の鼻腔のまわりにある骨の隙間のことをさします。


副鼻腔炎の原因についてですが、鼻腔と副鼻腔をつなぐ小さな穴に細菌が感染したことによって、粘膜が腫れてしまい、副鼻腔内に膿や粘液が溜まりやすくなります。


ところが副鼻腔炎を発症してしまうと、その溜まってしまった膿や粘液が上手に排泄されなくなってしまうので、頭痛など様々な体調不良を引き起こしてしまいます。


そして、急性副鼻腔炎は細菌が副鼻腔内で急激に繁殖してしまいます。


代表的なのが肺炎球菌、インフルエンザ菌、ブドウ球菌などです。これにより急性の炎症を起こしてしまい、その結果として副鼻腔にうみがたまり、様々な体調不良が現れます。


また急性副鼻腔炎は、その症状が治らずに時間ばかり経過してしまうと慢性化する可能性が高まります。することから、これを「慢性副鼻腔炎」といいます。


そして、慢性副鼻腔炎には「気管支炎喘息」にともなう慢性副鼻腔炎とアレルギー性鼻炎にともなう「アレルギー性副鼻腔炎」の二つがあります。


また、飛行機に乗って気圧が急激に変化することによって、副鼻腔がこの変化に対応することが出来ないために副鼻腔炎内に炎症が起こって発症する場合もあります。


これを気圧性副鼻腔炎といいます。それ以外にも怪我によって発症する場合や、病気などによって抵抗力が低下しているときに発症しやすいのが副鼻腔炎の特徴です。





■副鼻腔炎の検査と治療について


副鼻腔炎の診断で有効なのが「画像検査」でm大抵の場合「X線検査」で診断可能です。但し眼や脳への炎症が疑われる場合は、CT検査を受けることになります。


副鼻腔炎の治療方法については、抗菌薬と痛みを抑えるために消炎鎮痛薬を投与します。もし上顎洞に炎症がある場合は、洞内をきれいに洗浄することで症状が改善します。


 タグ
None