66840161005.png

 
 
■ 自律神経失調症とは?!
 
 
自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあり、不規則な生活習慣などによって、自律神経のバランスが乱れることによって、自律神経失調症を引き起こしてしまいます。
 
 
自律神経失調症の主な症状として、めまい、ふらつき、動悸、頭痛、胃痛、下痢、倦怠感などがあげられます。ストレス社会といわれて久しいですが、自律神経失調症やパニック障害、不安症などの精神疾患を患う人が増えています。
 
 
自律神経失調症の直接的な原因は依然として解明されていませんが、症状を改善する方法は、幾つもあり、どれもそれなりに効果があります。私個人的な意見で恐縮ですが、自律神経失調症を発症した患者さんの多くが首や肩のコリがひどい状態にあります。
 
 
 
 
67040161005.png
 
 
 
 
このため、ストレッチや自分で出来る簡単なセルフマッサージで体をほぐしてやることによって、例外もありますが、大抵の人は自律神経失調症の症状が飛躍的に改善します。
 
 
しかし、自律神経失調症の症状というのは、一時的なものなので、最初は戸惑いながらも放置してしまうケースが少なくありません。そうすると自律神経失調症の症状が悪化するばかりか、さらに他の重病の原因になりかねません。
 
 
ということで、今回は自律神経を整えるエクセサイズをご紹介させていただきます。



 
■ 姿勢を正して自律神経失調症を治す!
 
 
今回ご紹介させていただく、こちら動画を見て改めて姿勢がいかに大事かということに気付かされました。職場で長時間座ったままパソコンの前で仕事をしていると、どうしても猫背気味になってしまいますよね。
 
 
また、仕事意外でも例えばスマホでゲームなどを夢中でやっていると、知らず知らずのうちに姿勢が悪くなってしまいます。ですので、立っている時や座っているときの姿勢が非常に大切で、常に意識したほうがいいでしょう。
 
 
先に述べた通り、首や肩などがこりにこってしまうと、どうしても「自律神経失調症」になりやすいです。
 
 
ヨガやストレッチなどのエクセサイズを習慣的に行うことによって体全体をほぐすことによって、自然と体がリラックスできるので、適度な運動を習慣化しましょう。
 
 
 
 
61440161001.png

 
 
 
■ 自律神経を整える8秒運動
 
 
自律神経を整える8秒運動は、3つのエクセサイズによって構成されています。姿勢を正した状態で行うのですが、イスに座ったまま出来るので、ジムで行う筋肉トレーニングのような過酷さとは一切無縁です。
 
 
体の上からしたにかけておこなっていきますので、体全体が良くほぐれます。おすすめは寝る前にこの自律神経を整える8秒運動を行うことです。そうすることで、副交感神経にスイッチが入りやすくなるので、眠りの質が良くなります。
 
 
また、意識してリラックスすることも大切です。このようなエクセサイズを取り入れながら、しっかり生活習慣を見直すことも重要ですが、もし不安に感じるのなら、一度医療機関を受診しましょう。
 
 
 
 
【画像】Pinterest
 
【動画】株式会社ジェイ・コミュニケーション・アカデミーさんのチャンネル
 
「 自律神経を整える8秒運動 」