22020170629ht.png
 
 
 
■ ある日突然目に違和感を感じたら!?
 
 
最近目に違和感(かすみ、充血、痛み、かゆみ)を感じたことがありませんか?。すぐに治れば良いのですが、頻繁に繰り返されているにもかかわらず、そのまま放置してしまうと重症度の高い病気を発症してしまう危険性があります。
 
 
ですので、少しでも違和感を感じたならば、専門の医療機関を受診するべきなんですが、仕事や学業で忙しいため、多くの方が病院へ行くのをためらってしまいます。だからといって不安を抱き続けるのも精神衛生的にもよくありません。
 
 
ということで今回は目に生じやすい病気のサイン8つを以下のとおりまとめさせていだきました。




22420170629ht.png
 
 
 
『ものもらい』
 
 
ものもらいは、まぶたにある脂や汗を出す腺に細菌が感染したことによって発症する急性の「化膿性炎症(かのうせいえんしょう)」のことで、ものもらいを虫刺され程度の軽い症状と考えて、そのまま放置してしまうケースが多いです。
 
 
ものもらいを放置すると数日後に皮膚が破れてうみが出ます。うみが出ることで治る場合が多いですが、逆に重症化するケースも少なくありません。
 
 
治ったり再発したりを繰り返すと「皮脂腺がん」を発症するリスクがあるので、数日しても症状が改善されない場合は眼科を受診しましょう。点眼薬、軟膏、飲み薬を処方され、1週間から10日ほどで治ります。
 
 
 
 
 
22520170629ht.png
 
 
 
『眉毛が抜ける』
 
 
眉毛が突然抜ける原因として、ストレス、栄養不足、老化などがあげられますが、「甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)」によって生じる場合があります。
 
 
甲状腺機能低下症は女性に多い病気で、甲状腺ホルモンが急激に不足することで眉毛が抜けてしまうので、もし突然眉毛が抜け出したら内分泌科や内分泌代謝科を受信して甲状腺の状態を調べてもらいましょう。。
 
 
 
 
 
22620170629ht.png

 
 
『目の充血』
 
 
目が充血すると白目の部分が赤くるわけですが、充血には「結膜充血」と「毛様充血」の2種類があり、結膜充血は、結膜が赤くなった状態で一般的な結膜炎による目の充血はこの結膜充血になります。
 
 
一方、毛様充血は黒目(角膜)の周りが赤くなっている状態で、虹彩炎や角膜疾患、急性の緑内障、ぶどう膜炎などによって発症します。毛様充血は結膜充血よりも病気の重症度が高いです。数日経過しても改善されない場合はすぐに眼科を受診しましょう。
 
 
 
 
 
22720170629ht.png
 
 
 
『目のかすみ』
 
 
現代人の多くがパソコンやスマホを長時間にわたって利用するため、眼精疲労やドライアイを発症する人たちが急増しています。ある日突然視界がぼやけます。
 
 
大抵すぐに元の状態に戻りますが、そのまま放置すると頻繁に目がかすみ、日常生活に支障をきたしますので、違和感を感じるようでしたら、すぐに眼科を受信しましょう。
 
 
 
 
 
22820170629ht.png
 
 
 
『眼球突出』
 
 
眼球突出とは文字通り目が飛び出てしまった状態で、その原因は一つではありません。両眼が突出する症状として最も多い病気がバセドウ病(甲状腺眼症:こうじょうせんがんしょう)です。
 
 
そのほかにも眼球を動かす外眼筋が炎症することによって、両眼の眼球が突出しまうケースがあります。これらを自己診断できませんので、違和感を感じたらすぐに眼科を受診しましょう。
 
 
 
 
 
22920170629ht.png
 
 
 
『黄疸』
 
 
「黄疸(おうだん)」は、皮膚や白眼が黄色くなり、皮膚のかゆみが生じ、おしっこの色が濃くなります。ちなみに黄疸には次の4つの種類があります。
 

(1)閉塞性黄疸
 
(2)肝細胞性黄疸
 
(3)溶血性黄疸
 
(4)体質性黄疸
 

 
黄疸というと成人だけがなる病気と思われがちですが、子どもでも発症します。肝機能を有する成人および新生児の両方が黄疸に罹患する可能性があります。もし違和感を感じたら消化器内科、もしくは肝臓科を受診してください。
 
 
 
 
 
23020170629ht.png
 
 
 
『糖尿病によるかすみ目』
 
 
糖尿病網膜症は、糖尿病腎症、糖尿病神経症と並んで、糖尿病の三大合併症の一つでして、早い段階で治療すれば病気の進行を抑えることができるのですが、初期症状がでにくいため、放置してしまうケースが多いです。
 
 
中期になると、目がかすんで視界がぼやけます。さらに進行すると網膜の状態が悪化して失明する危険性がるので、糖尿病外来で検査を受けましょう。
 
 
 
 
 
23120170629ht.png
 
 
 
『複視(ものが二重に見える)』
 
 
今までは普通に見えていたのに、ある日突然視界に入る物が二重に見えるようになった場合、単なる眼精疲労による目のかすみなら良いのですが、脳の病気や血管障害などの可能性がありますので、症状が続くようでしたら、すぐに眼科を受診しましょう。
 
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
【画像】 freepik
 
【動画】 Ae Bunさん
 
 
「 実は危険、気になる目の病気 」
 

 
 
 タグ
None