35420170501ht.png
 
 
 
 
■ 首こり・肩こりに悩む若者が急増中!
 
 
意外に思われるかもしれませんが肩こりに悩まされている人たちの人口が最も多いのが日本なんです。しかも、スマホの長時間利用によって低年齢化が急速に進んでいます。
 
 
これまで首こり、肩こり、腰痛は中年以上の男女に多いというイメージがありましたが、20代の若者の約半分が首こりや肩こりに悩んいるのだとか。しかし、大半の人たちは病院に行かずに、ほぼそのまま放置します。
 
 
首こりや肩こりを放置するとさらに深刻な病気や症状に悩まされる可能性があるので注意が必要です。単なる肩こりだと思っていたら実はうつ病のサインだったという可能性も十分あります!
  
 
 
 
35320170501ht.png
 
 
『自律神経うつは肩こりや首のこりが原因!?』
 
 
首こりが原因による「うつ病」が厄介なのは、通常「うつ病」には疲労感が伴いますが、それが肩こりからくるものなのか、もしくは「うつ病」から来るものなのか、判断するのが難しいことから、発見が遅れてうつ病を悪化させてしまうケースもあります。
 
 
首の筋肉のこりが自律神経失調状態となり、さまざまな体調不良を引き起こしています。首のコリや首の痛みが慢性化してしまうと、それを伝える神経回路の性質上、情動や感情に悪い影響を及ぼし、自律神経を乱すことにつながります。
 
 
自律神経うつは肩こりや首のこりが原因とされていて、一般にうつ病とされている患者さんの約90%以上が自律神経うつと推定されています。原因は先に述べた通り、パソコンやスマホの普及により、首の筋肉を痛めてしまうことによって自律神経うつが急増しているためです。
 
 
 
 
35220170501ht.png
 
 
『首こりを解消するには?』
 
 
首こりや肩こりを解消する方法は色々ありますが、ウォーキングのような軽め運動を行ないましょう。歩くことによって『血行改善』『リラックス』『体が温まる』いった、さまざまなメリットがあります。歩く時に腕を大きく振り肩を動かすようにすると、肩や首の血流がよくなり、より高い効果が期待できるでしょう。
 
 
しかし、仕事や学業で毎日忙しく過ごされている方にとって運動を習慣化することは決して容易ではありません。そこで今回オススメさせていたくのが、首のマッサージです。1日たった20秒で出来るので、忙しい方にぴったりのセルフケアです。



 

 
たった20秒首を刺激して
悪いところをまとめて解消!!!

 
 
35120170501ht.png

 
 
 
 
 
■ 20秒:首裏プレス・シェイクのやり方
 
 
『STEP1』
 
背骨(首)から指2本離れたところがポイントになります。
 
35520170501ht.png
 
 
 
 
『STEP2』
 
グーを作ってポイントを刺激します。
 
35720170501ht.png
 
 
 
 
『STEP3』
 
首の左右のポイントを挟み込んで下さい。
 
35620170501ht.png
 
 
 
 
『STEP4』
 
この状態から首を左右に振ります。これを20秒間行ないます。
 
36020170501ht.png

 
 
 
【出典】 Prevention
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
【動画】 楽ゆる式 セルフケア & 整体セラピー
 

 
「20秒:首裏プレス・シェイク(首肩のこり、頭痛、睡眠)」
 

 
 タグ
None