14.png
 
 
 
 
 
■お腹を冷やさない!
 
 
今回のテーマは腸を温めることによって、とてつもない健康効果を得られる様を解説しています。そして、今回ご紹介させていただくこちらの動画は、漢方医:田中保郎先生の健康法について腸のメカニズムと合わせて講じてます。
 
 
田中先生は、お腹を触診するだけで、ありとあらゆることが分かってしまう腸のエキスパートです。田中先生の凄いところは、お腹の関する病気だけでなく、うつ病やパニック障害なども治療してしまうことです。
 
 
意外に思われるかもしれませんが腸はセロトニンなど脳内ホルモンを分泌するにあたって指示を出す働きがあるため、腸の働きが悪化すればメンタルも悪化してしまいます。
 
 
ですので、心と体の健康を得ようとするのであれば、腸のケアは欠かすことができません。




25_201605020123010fe.png
 
 
 
 
 
■お腹を温める健康法とは
 
 
沖縄のこくらクリニックの渡辺信幸先生が提唱するダイエット方法が動画内で解説されているんですが、少し変わってます。
 
 
渡辺先生いわく、これまで太る原因として、以下の3点は間違いだと指摘してます。
 
 
(1)早寝早起き
 
(2)漢方薬を飲む
 
(3)発酵食品を食べる
 
(4)よく歩く
 
(5)しっかり噛む
 
(6)身体が冷える食材には身体を温める食材を合わせる
 
(7)5本指靴下で血行を促進し身体を効率よく温める
 
 
これだけで腸が元気になり、体全体の免疫力が飛躍的に高まります。
 
 
腹巻きを組み合わせると、より効果が高まりそうですね。
 
 
すでに春を迎えたので、必要ないと思われるかもしれませんが、これからエアコンで室内を無理やり冷やさなければならない夏を迎えますので、できるだけ早い段階でお腹を温めることを習慣化されることをおすすめします。
 
 
 
【動画】
 
「今日から始める腸活健康法」
 

 
 
 
 カテゴリ
 タグ