2018年11月の記事一覧


月別アーカイブ:2018年11月

2018年11月の記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
      ■ 季節の変わり目に風邪を引く前に白湯を飲む!  今日は寒かったですね。全国的に今年一番の寒さを記録したところが多かったようです。風邪、インフルエンザのシーズンは、11月から3月頭くらいまでで、冬は一年を通じて一番免疫力が落ちやすい季節なので注意が必要です。  そうした中、免疫力を高めて風邪や様々な病気を予防するためにオススメしたいのが、「白湯」です。白湯を飲むことによって血行を改善して...

記事を読む

その他
     ■ なぜ季節の変わり目は免疫力が低下しやすいのか!?  季節の変わり目は気候の変化が激しいので、一日で気温が乱高下することも珍しくありません。そこで注意したのが「免疫力の低下」です。特に寒さが厳しい今の時期は免疫力が低下しやすいので要注意です。  免疫力が低下すると風邪、インフルエンザなど様々な病気を引き起こしやすくなります。また、自律神経やホルモンバランスが乱れやすいのでメンタルの面でも...

記事を読む

生活習慣病対策
     ■ 慢性腎臓病(CKD)とは!?  今回のテーマは、「CKD=慢性腎臓病について」です。ちなみにCKDとはChronic Kidney Diseaseの略称です。慢性腎臓病(CKD)は、腎臓の働きが健康な人の60%以下に低下する、もしくは、たんぱく尿や血尿が出るといった腎臓の働きが悪化した状態が一定期間を超えて続くことを言います。       『 慢性腎臓病(CKD)の患者数は1330万人超! 』  ちなみに日本では慢性腎臓病...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 今大注目の「ふくらはぎ健康法」とは!?  SMAPの中居正広さんが司会を務める人気バラエティ番組「金スマ」で『長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい』の著者・槙孝子先生が考案された「ふくらはぎ健康法」が、丁度昨年の今頃くらいに紹介され、一躍注目を集めることとなりました。  番組内で高血圧の方がふくらはぎのセルフマッサージを1ヶ月間行ない、マッサージを行う前とは比較にならないほど健康になった...

記事を読む

その他
    ■ ストレスが体調管理をより困難に!  今現在過度な残業による過労死が大きな社会問題となってるわけですが、悲しいことに過労死という言葉は、すでに世界共通語となっています。平日は睡眠時間を削りながら働き、休日にまとめて寝だめする方も多いのではないでしょうか?  そうした生活が長期間に渡ると、慢性的に「体がだるい」、「疲れやすい」といった症状に悩まされることになります。特に寒い冬の季節はメンタル...

記事を読む

その他
      ■ 一年を通じて腸を冷やさない!  一日の寒暖差が激しい日が一年を通じて多く、様々な体調不良を引き起こす原因となっています。また、最近は低体温の方が増えていますが、身体の「冷え」は万病の元と言われるほど、様々な病気を引き起こす原因になります。毎年のこととはいえ、季節の変わり目の健康管理は難しいですよね。  体の表面が冷えるだけであれば、厚着をすれば済むことですが、胃や腸などの内臓器官も冷...

記事を読む

その他
     ■ 卵に含まれる栄養素がすごすぎる!!  卵は必須アミノ酸、ビタミンA・B群・D・E、鉄分に加え、発毛・育毛にも良い効果をもたらしてくれる亜鉛、リン、ヨウ素、セレンなどのミネラル類も豊富に含まれています。ちなみに生卵のカロリーは1個あたり100kcal前後なので、ダイエットにもいい食材です。  しかし、卵かけご飯にするさいは、ご飯の量(糖質を多く摂らないよう)に注意しましょう。ちなみに私は卵か...

記事を読む

その他
      ■ おかゆの健康効果が凄い!  昔から中国では朝におかゆを食べる習慣があり、禅の教え「粥有十利(しゅうゆうじゅうり)」には、おかゆには十徳があるといわれていまして、古書には以下のような健康効果があると書かれています。   (1)顔色光沢(顔色をよくする)(2)気力は健康(力がみなぎる)(3)寿命は延永(寿命をのばす)(4)身支安適(食べ過ぎても安心)(5)言音清朗(言葉が滑らかに)(6)...

記事を読む

体の痛み不調の原因
       ■ 1日1分で疲れが解消できる!?  前回ご紹介させて頂いた「耳つぼマッサージ」が大変好評だったので、今回は耳を引っ張るだけで老若男女の疲れが解消できる「耳ひっぱり法」をご紹介させていただきます。こちらは、その名のとおり耳を引っ張るだけで疲れが解消できるすぐれものです。  にわかには信じられないかもしれませんが、下図にありますとおり、耳には沢山のツボが密集していまして、耳を引っ張ること...

記事を読む

肝臓の病気の予防と治療
     ■ 肝機能障害は初期症状がみつかりにくい!  肝臓には「代謝」、「解毒」、「消化」という3つの重要な役割があり、中でも解毒作用は我々の健康にとって非常に重要です。肝臓は人体にとって有害な物質を無害化して体の外へ排出する解毒作用があり、これによって我々人間は健康を保つことができるわけです。  肝臓が正常に機能しない(肝機能障害)と、ウィルスや細菌、異物などの有害な物質が体内で蓄積されてしまい...

記事を読む

風邪を引きやすくなったら「白湯」を飲む!白湯の優れた健康効果で血行を改善して免疫力をアップ!体内の老廃物を一掃!

 
 
27.png
 
 
 
 
■ 季節の変わり目に風邪を引く前に白湯を飲む!
 
 
今日は寒かったですね。全国的に今年一番の寒さを記録したところが多かったようです。風邪、インフルエンザのシーズンは、11月から3月頭くらいまでで、冬は一年を通じて一番免疫力が落ちやすい季節なので注意が必要です。
 
 
そうした中、免疫力を高めて風邪や様々な病気を予防するためにオススメしたいのが、「白湯」です。白湯を飲むことによって血行を改善して免疫力を高めてくれます。また、風邪の引き始めには、プラスして葛根湯を飲むといいでしょう。
 
 
葛根湯は「あれもしかしたら風邪をひいたかな...」と思われるような場面に遭遇したさいに飲むと風邪の症状を最小限に抑えることができるので、手元に用意しておくだけでも予防効果が期待できます。
 
 
2678920161119.png
 
 
『 体温が上昇すると免疫力と基礎代謝がアップします! 』
 
 
上図にあるとおり、体温が上がればあがるほど免疫力がアップして、がんなどの病気をやっつけてくれるのですが、さすがにここまで体温が上昇すると数日間は寝込まなければならないので、仕事のことを考えると風邪を放置することはできません。
 
 
ですので、白湯を習慣的に飲んで免疫力を高めるように努めてます。また、白湯にはダイエット効果や腸をはじめとした内臓器官の働きを良くする効果もあるので、風邪やインフルエンザの予防だけでなく、一年を通じて飲んで欲しい飲み物です。
 
 
ということで今回は白湯の優れた美容と健康効果と作り方についてまとめた記事と人気Youtuberの佐々木あさひさんが白湯のおいしい作り方を実演した動画をご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

爪もみの健康効果が凄い!?爪をもみながら優しくツボを指圧!自律神経とホルモンバランスを整えて免疫力をアップ!

 
 
14320171121ht.png
 
 
 
■ なぜ季節の変わり目は免疫力が低下しやすいのか!?
 
 
季節の変わり目は気候の変化が激しいので、一日で気温が乱高下することも珍しくありません。そこで注意したのが「免疫力の低下」です。特に寒さが厳しい今の時期は免疫力が低下しやすいので要注意です。
 
 
免疫力が低下すると風邪、インフルエンザなど様々な病気を引き起こしやすくなります。また、自律神経やホルモンバランスが乱れやすいのでメンタルの面でも悪影響をおよぼします。
 
 
しかし、自分では免疫力が低下していることに気づけません。ほんの少し普段より夜更かししただけで翌日に頭痛や腹痛、冷え、目まいといった体調不良を引き起こす可能性があるだけに、免疫力を低下させないための対策が必要です。
 
 
 
 
5548920161126_20161128180829a5c.png
 
 
 
『 ストレスが免疫力を低下させる! 』
 
 
ちなみに免疫力が低下する原因についてですが、気温の変化だけでなく、「ストレス」も大きな割合を占めています。自律神経の一つである「交感神経」が過度に緊張すると「リンパ球」が減少するため、免疫力が低下します。
 
 
習慣的に運動されている方は問題ないのですが、そうでない方は気候や環境のちょっとした変化、ストレスなどによって免疫力が著しく低下します。そこで、手軽に出来る「免疫力アップ法」としておすすめしたいのが「爪もみ」です。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

沈黙の臓器「腎臓」が腎不全を知らせる8つのサイン!成人の約8人1が発症するCKD=慢性腎臓病などの腎疾患を予防!

 
 
498420180219ht.png
 
 
 
■ 慢性腎臓病(CKD)とは!?
 
 
今回のテーマは、「CKD=慢性腎臓病について」です。ちなみにCKDとはChronic Kidney Diseaseの略称です。


慢性腎臓病(CKD)は、腎臓の働きが健康な人の60%以下に低下する、もしくは、たんぱく尿や血尿が出るといった腎臓の働きが悪化した状態が一定期間を超えて続くことを言います。
 
 
 
 
15720171122ht.png
 
 
 
『 慢性腎臓病(CKD)の患者数は1330万人超! 』
 
 
ちなみに日本では慢性腎臓病(CKD)がシニア世代を中心に急速には広がっています。事実日本では、すでに1割超(およそ8人に1、その数約1330万人)の人たちが慢性腎臓病を患っているとされています。
 
 
また、人工透析を受けている患者さんも、すでに26万人を超えていて、毎年1万人ずつ増え続けている状態です。
 
 
このため慢性腎臓病(CKD)は、新しい「国民病」といわれるくらい誰もがなり得る病気なので、もはや他人ごとでは済まされません。ですので、中高年と呼ばれる年代に達したら慢性腎臓病(CKD)を予防するためにも、定期的に検査を受ける必要があります。

» 記事の続きを読む

ふくらはぎマッサージの健康効果が凄い!ふくらはぎを揉んで足のつり、むくみ、冷え、慢性疲労の予防に利く!

 
 
381420180219ht.png
 
 
 
■ 今大注目の「ふくらはぎ健康法」とは!?
 
 
SMAPの中居正広さんが司会を務める人気バラエティ番組「金スマ」で『長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい』の著者・槙孝子先生が考案された「ふくらはぎ健康法」が、丁度昨年の今頃くらいに紹介され、一躍注目を集めることとなりました。
 
 
番組内で高血圧の方がふくらはぎのセルフマッサージを1ヶ月間行ない、マッサージを行う前とは比較にならないほど健康になったので、中高年の方を中心に大反響となったようです。
 
 
美容と健康に関する効果が高いということで、昨年後半に入ってから、「ふくらはぎマッサージ」、「ふくらはぎダイエット」、「ふくらはぎ健康法」といった言葉を耳にすることが以前よりも多くなりました。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

疲れやすい人必見!寝ても疲れが取れない最大の原因は「ストレス」だった!?心と体にやさしい疲労回復法とは?

 
11520180801keihatu.png
 
 
 
■ ストレスが体調管理をより困難に!
 
 
今現在過度な残業による過労死が大きな社会問題となってるわけですが、悲しいことに過労死という言葉は、すでに世界共通語となっています。平日は睡眠時間を削りながら働き、休日にまとめて寝だめする方も多いのではないでしょうか?
 
 
そうした生活が長期間に渡ると、慢性的に「体がだるい」、「疲れやすい」といった症状に悩まされることになります。特に寒い冬の季節はメンタルの面で落ち込みやすいので、十分な休息が必要です。
 
 
しかし、ここでいう休息とは、単に布団の中で体を休めることではありません。8時間以上寝るとかえって疲れが取れにくくなってしまいます。ということで、今回は休息をしっかり取りながら、いかに効率よく疲労回復するか、そういった方法を中心にまとめさせていただきました。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

「腸もみ」で腸内環境と全身の血行を改善して便秘、冷え、肌トラブル、骨盤の歪み、うつ病などの予防に利く!

 
 
14620171122ht.png
 
 
 
 
■ 一年を通じて腸を冷やさない!
 
 
一日の寒暖差が激しい日が一年を通じて多く、様々な体調不良を引き起こす原因となっています。また、最近は低体温の方が増えていますが、身体の「冷え」は万病の元と言われるほど、様々な病気を引き起こす原因になります。毎年のこととはいえ、季節の変わり目の健康管理は難しいですよね。
 
 
体の表面が冷えるだけであれば、厚着をすれば済むことですが、胃や腸などの内臓器官も冷えてしまうので、十分注意しなければなりません。特に腸は「第二の脳」と言われるほど重要な器官です。自律神経のバランスを整えて、各臓器の働きを調整する役割があるだけに注意が必要です。
 
 
腸内環境が一度でも悪化してしまうと、健康面で様々な悪影響を及ぼします。逆に腸内環境が良いと、毎日心も体も生き生きと健康に過ごせるので、その分長生きもしやすくなります。ですので、腸の働きを常に良い状態に保つ必要があるんです。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

卵かけごはんが超おいしくなる方法!栄養満点元気モリモリ!血流改善、免疫機能強化、セロトニンの分泌量がアップ!

 
731.png 
 
 
 
■ 卵に含まれる栄養素がすごすぎる!!
 
 
卵は必須アミノ酸、ビタミンA・B群・D・E、鉄分に加え、発毛・育毛にも良い効果をもたらしてくれる亜鉛、リン、ヨウ素、セレンなどのミネラル類も豊富に含まれています。ちなみに生卵のカロリーは1個あたり100kcal前後なので、ダイエットにもいい食材です。
 
 
しかし、卵かけご飯にするさいは、ご飯の量(糖質を多く摂らないよう)に注意しましょう。ちなみに私は卵かけご飯が大好きで毎週最低でも2~3回は食べてます。血流を改善、血圧を正常値に保つ、免疫力UP、幸せホルモン「セロトニン」を分泌させるのに必要な栄養素「トリプトファン」も多く含まれているので、卵はできるだけ毎日食べたい食材です。
 
 
ですので、卵かけご飯は理想なんですが、本当にちょっとしたことなんですけど、一手間加えるだけ物凄く美味しくなるんですよね。本当にいつもの数倍美味しい卵かけご飯が手軽に出来るので、ぜひ一度ためしてみてください。
 
 
 
 
 
120161114.png
 
 
 
「Step1」黄身と白身を別けてかけ混ぜる
 
 
一般的な卵かけご飯は黄身と白身をわけずに一緒にしたままかき混ぜますが、この究極の卵かけごはんは白身を別けて先にかき混ぜます。そして、一気に白身とご飯と混ぜます。
 
 
しばらくかき混ぜていくと白身特有のどろどろ感がなくなりまます。ここでスピードをゆるめずに、一生懸命かき混ぜて下さい。ポイントはメレンゲのように泡立ったらOKです。
 
 
また、ご飯は冷ご飯ではなく、限りなく炊きたてに近いご飯をご用意して下さい。ご飯の旨味と卵の旨味が倍増します。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

「おかゆダイエット」の健康効果が凄い!胃や腸の働きと血行を改善して冷え、むくみ、風邪などの病気の予防に利く!

 
 
838.png
 
 
 
 
■ おかゆの健康効果が凄い!
 
 
昔から中国では朝におかゆを食べる習慣があり、禅の教え「粥有十利(しゅうゆうじゅうり)」には、おかゆには十徳があるといわれていまして、古書には以下のような健康効果があると書かれています。
 
 
465240170201hd.png

 

(1)顔色光沢(顔色をよくする)
(2)気力は健康(力がみなぎる)
(3)寿命は延永(寿命をのばす)
(4)身支安適(食べ過ぎても安心)
(5)言音清朗(言葉が滑らかに)
(6)飢えを消す(食欲を抑える)
(7)渇を消す(喉の渇きを抑える)
(8)宿食(便秘予防)
(9)風邪を除く(風邪を予防)
(10)大小便を調達する(腸内環境の改善)
 

 
 
このように太古の昔から、おかゆには優れたデトックス効果があることが分かっていたんですね。おかゆを食べることで基礎代謝がアップし、同時に免疫力も高ますので、寒い冬だけでなく、気候が不安定な梅雨入り前の今の時期にぴったりの食べ物です。
 
 
 
 
5488920161126.png
 
 
 
『 おかゆダイエットで週末の爆食いを防ぐ! 』
 

そこで私がここ数年毎年のように取り組んでいるのが、週末だけのおかゆダイエットです。プチ断食よりも楽なので無理なく続けることができますし、単にダイエットするだけでなく、心と体をリフレッシュしてくれるので自信をもってオススメできます。
 
 
ということで、今回はおかゆについてと、週末だけ行なうユルイ「おかゆダイエット」について解説させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

1日1分耳をひっぱるだけ!体のあらゆる疲れに効く「耳ひっぱり」の疲労回復効果が凄い!様々な病気の予防にも!

 
 
202016908.png
 
 
 
 
 
■ 1日1分で疲れが解消できる!?
 
 
前回ご紹介させて頂いた「耳つぼマッサージ」が大変好評だったので、今回は耳を引っ張るだけで老若男女の疲れが解消できる「耳ひっぱり法」をご紹介させていただきます。こちらは、その名のとおり耳を引っ張るだけで疲れが解消できるすぐれものです。
 
 
にわかには信じられないかもしれませんが、下図にありますとおり、耳には沢山のツボが密集していまして、耳を引っ張ることによって複数のツボを効率良く刺激することができます。また、意外に思われるかもしれませんが、疲れは頭の裏側に溜まりやすいんです。
 
 
 
 
242016908.png
 
 
 
『 難しいテクニックは一切必要ありません! 』
 
 
耳ひっぱり法を実践することで、耳を刺激してやることによって、頭の裏側に溜まった疲れを効率よく解消することができます。最初は数分かかるかもしれませんが、慣れると数十秒で疲れを解消できます。
 
 
耳ひっぱり法は、たっだ耳を引っ張るだけなので、難しいテクニックや覚えなければ使えない難しい知識などは一切ありません。誰でも今日から好きなときに好きなだけ実践することができます。
 
 
ということで、今回は耳ひっぱり法の考案者である藤本靖先生の最新著書『1日1分であらゆる疲れがとれる 耳ひっぱり』の中身を分かりやすく解説したダ・ヴィンチニュースさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

沈黙の臓器「肝臓」が肝機能障害を知らせる9つのサインとは!?肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝臓がんなどの肝疾患を予防!

 
 
274420180205ht.png
 
 
 
■ 肝機能障害は初期症状がみつかりにくい!
 
 
肝臓には「代謝」、「解毒」、「消化」という3つの重要な役割があり、中でも解毒作用は我々の健康にとって非常に重要です。肝臓は人体にとって有害な物質を無害化して体の外へ排出する解毒作用があり、これによって我々人間は健康を保つことができるわけです。
 
 
肝臓が正常に機能しない(肝機能障害)と、ウィルスや細菌、異物などの有害な物質が体内で蓄積されてしまい、様々な健康被害を引き起こす原因となります。
 
 
脂肪肝は、食べ過ぎによる肥満やアルコールの飲み過ぎによって引き起こされるわけですが、生活習慣を改善すれば短期間で治るので、肝臓病の中では比較的軽い病気なのですが、この段階で医師から生活習慣を改めるように指導されても、言うことを聞かない人が多いです。
 
 
 
 
1620170201hd.png
 
 
 
『 なぜ肝疾患は症状が出にくいのか!? 』
 
 
そのまま放置してしまうと、さらに肝機能が低下し、「脂肪肝」→「肝炎」→ 「肝硬変」 → 「肝臓がん」といった具合に肝臓の病気の重篤度が上がってしまうので、できるだけ早い段階で生活習慣を改める必要があります。
 
 
しかし、殘念ながら肝臓は、「沈黙の臓器」と言われるほど、初期症状、自覚症状がでにくい臓器なので、軽度の肝機能障害が発覚することは、ごく稀なケースです。
 
 
ということで今回は、肝硬変、肝硬変、肝臓がんといった重篤度の高い肝臓の病気を予防すべく、肝機能障害の初期症状として生じやすい9つの症状をまとめさせていただきました。肝機能を良い状態に保つための参考になれば幸いです。

» 記事の続きを読む

 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます