2018年06月の記事一覧


月別アーカイブ:2018年06月

2018年06月の記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
      ■ 運動不足の恐るべき弊害とは!?  運動不足の人たちが老若男女にかかわらず増えています。誰もが運動不足は心と体の健康に一番よくないと分かっていながら、日々仕事に追われるような生活をしていると「しんどい」「面倒くさい」「時間がない」といった思いから運動することを避けてしまいます。  学生時代はスポーツで常に汗を流していたような人でも、一度社会にでると運動に割ける時間自体が激減してしまうの...

記事を読む

その他
      ■こんにゃくダイエットとは!?  こんにゃくダイエットは、文字通り「こんにゃく」を中心に食べることで摂取カロリーを抑えて痩せるダイエット方法です。こんにゃくは腹持ちもよく、満腹感も得られやすいので厳しい食事制限をする必要がない点も大きな魅力です。       『 こんにゃくは欧米でも注目の食材 』  しかも、こんにゃくは低カロリーでありながら、レシピも豊富なので、ダイエット食品として昔か...

記事を読む

その他
       ■ 忙しくなると心に余裕がなくなる!  団塊世代が大量に定年退職を迎えたことによって、4~5年前から多くの業種、業界で人手不足に陥り、従業員一人あたりの負担が大きくなり(お給料は中々増えませんが...)、1年を通じて仕事で忙殺されている方も多いのではないでしょうか?。  しかもスマホが急速に普及したことで、色々と便利なサービスが増えたのはいいのですが、その分情報に振り回されるケースも多い...

記事を読む

その他
     出典:認知症ネットさん    ■ やっぱりウォーキングは凄かった?  健康効果の高いエクセサイズは沢山ありますが、その中でもウォーキングの健康効果は飛び抜けています。正しい方法でやれば、代謝の活性化、免疫力アップ、脳の活性化、リラックス効果、ダイエット効果などが期待できます。  ちなみに健康を維持しようと思ったら1日24時間の総歩行数=「8000歩」とされています。そのうち中強度のペースで...

記事を読む

体の痛みや不調を改善する方法
      ■ 肩こりや腰痛は他人ごとではない!  肩こりや腰痛に苦しむ人たちは、それぞれ1000万人を超えています。自覚症状がある痛みの中では断トツに多く、男性は肩こりよりも腰痛に苦しめらていている人の割合が多いのに対して、女性は腰痛よりも肩こりに苦しめれている人の割合が多いです。  最近の傾向としては20代から30代の若者の間で急激に増えていて、その原因としてスマホの長時間利用があげられています...

記事を読む

太りにくい体にする
      ■ なぜダイエットは続かないのか!?  あなたは今現在、ダイエットを行なっていますか!?。男性と女性ではダイエットの目的が微妙に違うようです。ちなみに男性は健康面に配慮してダイエットを始める方が多く、一方、女性は痩せて見た目を良くしたいという思いからダイエットを始めるようです。  ダイエットする目的が圧倒的に男性よりも明確な分、女性の方が男性よりもダイエットが長続きするようなんですが、食...

記事を読む

その他
     ■ めかぶとは!?  あなたは「めかぶ」を最後に召し上がったのはいつですか!?。もしかしたらもう何年も「めかぶ」食べていないのではないでしょうか?。めかぶはレシピも豊富ですし、コスパも優れているので、野菜が高騰している今こそ食べていただきたい食材の一つです。  そしかし、悲しいことに「めかぶ」は、これほどまで美容と健康に良い効果をもたらす海藻であるにもかかわらず、『もずく』や『わかめ』『ひ...

記事を読む

その他
     ■ アスペルガー症候群とは?  広汎性発達障害とは社会性の発達の遅れなど広汎な領域における発達障害の総称です。  その代表の一つとされているのが「アスペルガー症候群」です。アスペルガー症候群は、自閉症と多くの部分で類似性が高い疾患です。まず自閉症の特徴として以下の3つがあげられます。  (1)周囲との交流困難 (2)パターン化した興味や活動 (3)知的障害      『 依然として原因は解...

記事を読む

血管の病気の予防と対策
      ■ 納豆の効能・効果を最大限に高めるなら夜納豆!  納豆といえば日本の朝の食卓に欠かすことのできない国民食の一つですが、最近では中国でも一部の富裕層の間で健康食品として納豆が親しまれているようです。納豆の人気に火がついたきっかけは、納豆の「ナットウキナーゼ」の健康効果に注目が集まったためです。  ナットウキナーゼが、血栓を防いで血液をサラサラにし、血流が改善されることから、「脳梗塞」や「...

記事を読む

その他
      ■ へそ健康法とは?  日本でもようやく「へそ美容」の優れた美容と健康効果がWEB系のメディアを中心に注目を集めるようになりましたが、まだまだ一般には浸透していません。  意外に思われるかもしれませんが、御へそ周りにはリンパが集中しているので、適当に揉むだけでも、それなりの効果が期待できるので、欧米では人気の美容法の一つとして定番化しています。また華僑の多いシンガポール、マレーシアなどでも...

記事を読む

スクワットはお尻の位置に要注意!お腹の引き締め効果とヒップアップ効果を同時に高める方法が凄い!

 
 
473090171218ht.png
 
 
 
 
■ 運動不足の恐るべき弊害とは!?
 
 
運動不足の人たちが老若男女にかかわらず増えています。誰もが運動不足は心と体の健康に一番よくないと分かっていながら、日々仕事に追われるような生活をしていると「しんどい」「面倒くさい」「時間がない」といった思いから運動することを避けてしまいます。
 
 
学生時代はスポーツで常に汗を流していたような人でも、一度社会にでると運動に割ける時間自体が激減してしまうので、若い人でも運動不足の人が少なくありません。運動不足に陥ると以下のような問題に直面します。
 
 
 
6430170201hd_20170302225932e28.png

 
 

(1)肥満になりやすい
 
(2)生活習慣病の発症リスクが高まる
 
(3)疲れやすくなる
 
(4)より強いストレスを感じる
 
(5)うつ病などの精神疾患の発症リスクが高まる
 
(6)集中力が低下する
 
(7)仕事や勉強の能率が悪化する
 

 
 
337201610126_20161109021606579.png
 
 
 
『 スクワットは短時間でも優れた美容と健康効果を実現 』
 
 
といった具合に運動不足に陥っていいことはほとんどありません。しかし、良くなっていないと分かっていながら上述したように、様々な理由からどうにもならないと感じている人にこそオススメしたいエクセサイズがあります。それが「スクワット」です。
 
 
スクワットは短時間でも優れた美容と健康効果を実現するエクセサイズです。アメリカではスクワットのコンテストが全米各地で行われるほど人気のエクセサイズです。
 
 
 
 
9620171116ht_201712192247033c4.png
 
 
 
『 スクワットは筋肉低下など老化予防にも最適! 』
 
 
3年後まで予約が埋まっている腸のカリスマ!順天堂大学医学部教授・小林弘幸氏は、著書『死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい』で、スクワットの優れた健康効果を非常に分かりやすく説いています。
 
 
スクワットの効果は多岐にわたっています。単に下半身の筋肉低下を予防するだけでなく、第二の心臓と称される足裏を刺激しながら、脳も刺激するので、認知機能の低下も予防する効果が期待できますので、高齢者の方の老化予防にも最適です。
 
 
ということで、今回はスクワット優れた効果・効能について解説した美LAB.さんの記事と背中、腰回り、お尻に効くスクワットの方法を解説した動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

こんにゃくダイエットの健康効果が凄い!ノーカロリーで腸内環境を改善して血液中のコレステロール値を低下!

 
 
565.png
 
 
 
 
■こんにゃくダイエットとは!?
 
 
こんにゃくダイエットは、文字通り「こんにゃく」を中心に食べることで摂取カロリーを抑えて痩せるダイエット方法です。こんにゃくは腹持ちもよく、満腹感も得られやすいので厳しい食事制限をする必要がない点も大きな魅力です。
 
 
 
 
47020170501ht.png
 
 
 
『 こんにゃくは欧米でも注目の食材 』
 
 
しかも、こんにゃくは低カロリーでありながら、レシピも豊富なので、ダイエット食品として昔から人気が高い食材の一つです。最近では海外でも人気が高まっています。しょーゆベースのソースでステーキにして食べているようですね。
 
 
まるごと一個食べると、こんにゃくといえど、かなりのボリュームですから、体の大きな欧米の人たちのお腹をそれなりに満たしてくれるようです。しかし、こんにゃくは、栄養がまったくないというイメージが強いので、敬遠する方も少なくありません。
 
 
 
 
34490171208ht.png
 
 
 
『 こんにゃくは栄養がないは嘘!? 』
 
 
確かにこんにゃくは、97%が水分なので、栄養がないと誤解されるのも無理はありません。しかし、実はこんにゃくには美容と健康に優れた効果をもたらす栄養素が豊富に含まれているんです。
 
 
例えば、こんにゃく玉の「マンナン細胞」には繊維質の主成分である「グルコマンナン」が含まれています。グルコマンナンは消化吸収されにくい多糖類で、胃を通過し、腸の老廃物を排出する作用があります。
 
 
 
 
39720170501ht.png
 
 
 
『 こんにゃくは100%ノーカロリー! 』
 
 
このため、グルコマンナンには、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を抑える働きがあるため、昔から「腸の砂下ろし」といわれています。また、こんにゃくは100%ノーカロリーでありながら、満腹感が得やすいので、ダイエットにぴったりの食材です。
 
 
そして、こんにゃくは胆汁酸を排出して血液中のコレステロールを減らして血栓症や動脈硬化などの生活習慣病を防ぐ効果も期待されています。そこで今回は、こんにゃくの優れた美容と健康効果について解説したヘルスケア大学さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

心に余裕がなくなると人はなぜ極端な行動を取るのか!?突然襲ってくる「不安 」を簡単に取り除く方法とは?

 
 
401_20160607011601bf7.png
 
 
 
 
 
■ 忙しくなると心に余裕がなくなる!
 
 
団塊世代が大量に定年退職を迎えたことによって、4~5年前から多くの業種、業界で人手不足に陥り、従業員一人あたりの負担が大きくなり(お給料は中々増えませんが...)、1年を通じて仕事で忙殺されている方も多いのではないでしょうか?。
 
 
しかもスマホが急速に普及したことで、色々と便利なサービスが増えたのはいいのですが、その分情報に振り回されるケースも多いですよね。今現在誰もが忙しい状況にありながら、心に余裕がある人とない人とがいるわけでして、その差は明らかです。
 
 
性別や年齢に関係なく心に余裕がある人は、それだけで魅力的に映るものです。今回のテーマはいかに「心に余裕を持つ」かについて分かりやすくまとめています。
 
 
 
 
 
3394016921.png
 
 
 
■ 心に余裕のある人と心に余裕のない人の違いとは?
 
 
まず心に余裕のある人は、自分をしっかり持っているので人と比較することはしません。自分の人生をとにかく大事に生きているため、考え方や口からでる言葉も前向きです。
 
 
また、心に余裕があるからこそ、自分以外の人たちにも「感謝の気持ち」を持つことができます。心に余裕がなければどんなに恵まれていても不満しか生まれてきません。
 
 
 
 
 
3384016921.png
 
 
 
「心に余裕がない人の特徴」
 
 
心に余裕がなくなると次第に不安なことばかり考えてしまいます。このような状況では当然のことながら感謝の気持ちは湧いてくるはずもありません。
 
 
ですので、どんなに社会的地位があって、高収入で、素晴らしい家族に恵まれている人であっても、実際にまったく余裕がない人が沢山います。
 
 
心に余裕がないと次第に視野も狭くなってしまいますので、考え方も一つのことに凝り固まってしまい、仕事でちょっとミスしただけでもそのことで頭がいっぱいになります。
 
 
 
 
 
21760170301ht.png
 
 
 
「反省しないから失敗がさらに大きくなる」
 
 
反省して、ミスを防ぐにはどうすれば良いのか考えるのであればまだいいのですが、大抵反省しないで人のせいにしようとあれこれあらを探そうとします。
 
 
そのような考えではミスを繰り返すことになってしまうので、さらに自信を失うという悪循環に陥ってしまうのです。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

ウォーキングの健康効果が凄い!ウォーキングで第二の心臓「足」を鍛えて血流を改善!13種類のがんの予防に利く!

 
 
1182017921ht.png

   出典:認知症ネットさん
 
 
 
 
■ やっぱりウォーキングは凄かった?
 
 
健康効果の高いエクセサイズは沢山ありますが、その中でもウォーキングの健康効果は飛び抜けています。正しい方法でやれば、代謝の活性化、免疫力アップ、脳の活性化、リラックス効果、ダイエット効果などが期待できます。
 
 
ちなみに健康を維持しようと思ったら1日24時間の総歩行数=「8000歩」とされています。そのうち中強度のペースで(歩行)を行う時間が「15~20分」となっています。ここでポイントとなるのは「早歩き」です。
 
 
 
 
30160170301ht.png

 

『 早歩きするだけで驚くべき効果! 』
 
 
早歩きによって、脳が刺激され、筋力もアップするので基礎代謝も同時に高まることから、活字にすると大げさに感じられるくらい優れた健康効果が得られるようです。
 
 
ちなみに上にある表は認知症ネットさんから転載させて頂いたデータ(群馬県中之条町に住む65歳以上の高齢者を対象に2000年から継続調査されている通称「中之条研究(奇跡の研究)」)です。
 
 
 
 
 
1842017929ht.png

 
 
■ 足は第二の心臓だった?
 
 
ご存知のとおり足は心臓から最も離れているため、心臓だけでは血液が体全体に届きません。我々人間は歩くことによって足裏がポンプの役割をしながら心臓が持つ血液循環の働きをサポートしています。
 
 
このため足は第2の心臓と呼ばれているわけですが、上図にありますとおり足裏には沢山のツボがあります。歩くことによって、血流を改善するだけでなく、これらのつぼを効率をく指圧することが出来る点もウオーキングの大きなメリットです。
 
 
 
 
3764420161220l.png
   出典:認知症ネットさん
 
 
 
『 ウォーキングの優れたガン予防効果について 』
 
 
都会に住んでいる方は、毎日の通勤・通学を歩くようにすれば無理なく達成できますが、マイカー通勤が当たり前となっている地方では、意識して歩くようにしないと難しいですね。
 
 
しかし、ウォーキングを週5日程度行なうことよって得られるメリットは非常に大きいです。米国( 米国立がん研究所、米国立衛生研究所、米国がん学会の合同チーム)で発表された最新の研究結果によりますと、週5日程度ウォーキングすることによって13種類ものがんリスクを低下することが明らかになっています。
 
 
ウォーキングは数あるエクセサイズの中でも、がん予防効果に関してはダントツです。ということで、今回はウォーキングのがん予防効果について詳しく解説されているJ-CASTニュースさんの記事と健康効果の高い正しいウォーキング方法を実演した動画を合わせてご紹介させて頂きます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

耳たぶをまわすリンパケアの効果が凄い!リンパの流れを改善して顔のむくみ、肩こり、腰痛、冷えなどの予防に利く

 
 
3400180601hm.png


 
 
 
 
■ 肩こりや腰痛は他人ごとではない!
 
 
肩こりや腰痛に苦しむ人たちは、それぞれ1000万人を超えています。自覚症状がある痛みの中では断トツに多く、男性は肩こりよりも腰痛に苦しめらていている人の割合が多いのに対して、女性は腰痛よりも肩こりに苦しめれている人の割合が多いです。
 
 
最近の傾向としては20代から30代の若者の間で急激に増えていて、その原因としてスマホの長時間利用があげられています。図にありますとおり、首の傾ける角度によって体全体にかかかる負荷が異なるので、正しい姿勢がいかに大切か痛感させられます。
 
 
 
 
6398920161130.png
 
 

『 体の痛みに悩む人が急増中! 』
 
 
ですので、最近やたら整体やリフレクソロジー専門のマッサージ店が駅前に増えていて、こうした傾向は、ごく一部の地域に限ったことではなく、全国的に広がっているようです。それほど体の痛みに苦しめられている人が増えているんです。
 
 
肩こりや腰痛がやっかいなのは、慢性化してしまうと日々の生活が常に痛みに支配されてしまうことになる点です。そうならないためにも自分にあった肩こり、腰痛予防策を習慣的に行うが大切です。
 
 
今回ご紹介させていただく「さとう式リンパケア」は、耳を回すことによって顎をゆるめ、肩こりや腰痛を解消します。ということで、今回は肩こりや腰痛についてと、「さとう式リンパケア」について分かりやすく解説したダ・ヴィンチニュースさんの記事と動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

4分間運動の効果が凄い!全身の血流を改善!お腹、背中、お尻、太もも、ふくらはぎの脂肪がまとめてすっきり!

 
 
1852017929ht.png
 
 
 
 
■ なぜダイエットは続かないのか!?
 
 
あなたは今現在、ダイエットを行なっていますか!?。男性と女性ではダイエットの目的が微妙に違うようです。ちなみに男性は健康面に配慮してダイエットを始める方が多く、一方、女性は痩せて見た目を良くしたいという思いからダイエットを始めるようです。
 
 
ダイエットする目的が圧倒的に男性よりも明確な分、女性の方が男性よりもダイエットが長続きするようなんですが、食事の量を減らすだけでは健康に良くないため、運動も同時に行ないながらダイエットするケースが多いようです。
 
 
しかし、食事を減らして運動するとダイエットのストレスがより大きくなるので、思うように体重が落ちないと焦ってしまい、結果的に我慢疲れしてダイエットを挫折してしまいます。ではどうすれば良いのでしょうか?
 
 
 
 
1620170601ht_20170628175631719.png
 
 
 
■ たった4分間で脂肪がすっきり落ちます!
 
 
ちなみに女性が気になるのは、1位が「おなか」、2位が「太もも」、3位が「腰周り」と「お尻」なんです。食事制限だけでこれらのパーツを痩せさせるのは難しいです。また、ウォーキング程度の軽めの運動をプラスしても脂肪は中々落ちません。
 
 
そこで、おすすめしたいのが「4分間ダイエット体操」です。4分間ダイエットは、文字通り4分間集中してエクセサイズを行うことで、より脂肪燃焼効果を高めて出来るだけ短期間で理想の体型、体重に近づけるダイエット方法です。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

めかぶのメカブフコイダンの健康効果が凄い!短時間で免疫力を高めて75.7%もガン細胞を消滅!納豆をプラスした「めかぶ納豆」で免疫力アップ!

 
 
15220180310ht.png
 
 
 
■ めかぶとは!?
 
 
あなたは「めかぶ」を最後に召し上がったのはいつですか!?。もしかしたらもう何年も「めかぶ」食べていないのではないでしょうか?。めかぶはレシピも豊富ですし、コスパも優れているので、野菜が高騰している今こそ食べていただきたい食材の一つです。
 
 
そしかし、悲しいことに「めかぶ」は、これほどまで美容と健康に良い効果をもたらす海藻であるにもかかわらず、『もずく』や『わかめ』『ひじき』などとは比較にならないほど知名度が低いですからね。無理もありません。
 
 
 
 
33960170301ht.png
 
 
 
『 日本人がめかぶを食べるようになったのはごく最近だった!? 』
 
 
ちなみに、めかぶ(メカブ)とは、ワカメの根元部分を乾燥させたものでして、昔はこの部分を捨ててしまっていたので、漁師さん以外の一般の人たちが「めかぶ」だけを食べるようになったのは、最近のことのようです。
 
 
ということで今回はめかぶの優れた効能と美味しく食べるための方法を解説した動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

アスペルガー症候群とは!?アスペルガー症候群で大人になってから大活躍されている著名人が凄い!!

 
 
15920180310ht.png
 
 
 
■ アスペルガー症候群とは?
 
 
広汎性発達障害とは社会性の発達の遅れなど広汎な領域における発達障害の総称です。
 
 
その代表の一つとされているのが「アスペルガー症候群」です。アスペルガー症候群は、自閉症と多くの部分で類似性が高い疾患です。まず自閉症の特徴として以下の3つがあげられます。
 
 

(1)周囲との交流困難
 
(2)パターン化した興味や活動
 
(3)知的障害
 

 
 
3750170301ht.png
 
 
 
『 依然として原因は解明されていない 』
 
 
アスペルガー症候群はこの3つのうち(3)の知的障害はありません。
 
 
しかし、言語や知能の発達に遅れがないので幼児期に発見されにくい傾向があります。
 
 
決定打となる発症の原因やメカニズムに関しては依然として解明されていません。
 
 
自閉症と同じく、遺伝的・生物学的要因、免疫学的要因などにより、体内での中枢神経系の発育時に何らかの問題が生じたため発症するのではないかと考えられています。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

納豆の「ナットウキナーゼ」の効能・効果を高めるなら「夜納豆」!血流を改善して肩こり、便秘、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの予防に利く!

 
 
555090171222ht.png
 
 
 
 
■ 納豆の効能・効果を最大限に高めるなら夜納豆!
 
 
納豆といえば日本の朝の食卓に欠かすことのできない国民食の一つですが、最近では中国でも一部の富裕層の間で健康食品として納豆が親しまれているようです。納豆の人気に火がついたきっかけは、納豆の「ナットウキナーゼ」の健康効果に注目が集まったためです。
 
 
ナットウキナーゼが、血栓を防いで血液をサラサラにし、血流が改善されることから、「脳梗塞」や「心筋梗塞」などの予防効果が高いということで、これらのエキスが抽出されたサプリが「万病に効く神の薬」と称されるほど人気が高まっているようです。
 
 
 
6528920161130.png
 
 
『 血液サラサラ効果で脳梗塞や心筋梗塞を予防!』
 
 
あの中国人が認めるほど優れた健康効果を持つ納豆ですが、実は朝よりも夜食べた方が美容や健康に良い効果をもたらしてくれます。 「ナットウキナーゼ」は血栓を防ぎ、血行をよくするので「脳梗塞」や「心筋梗塞」といった死亡リスクの高い病気の予防になります。
 
 
ナットウキナーゼが体内で有効に働いてくれるのが10時間程度なので血栓が出来やすい夜の時間帯に合わせるように、夕方以降に納豆食べると良いと言われています。
 
 
 

559090171222ht.png
 
 
 
『 一手間加えてさらに納豆の健康効果をアップ!』
 
 
私は腸活に最近はまってまして、今までは朝だけ納豆を食べていたのですが、今年に入ってから夜も食べるようにしています。上図には50回以上かきまぜるとされていますが、できれば300回以上かきまぜていただきたいです。
 
 
また、食べる20~30分前に納豆を冷蔵庫から出しておくことをオススメします。たったこれだけで納豆の健康効果が大幅にアップします。ということで、今回は納豆がもつ優れた美容効果についてまとめたgoogirlさんの記事と動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

おへそのツボを押して血流を改善!免疫力と幸せホルモン「セロトニン」の分泌量がアップ!冷え、むくみ、便秘の予防に利く!

 
 
1452017922ht.png
 
 
 
 
■ へそ健康法とは?
 
 
日本でもようやく「へそ美容」の優れた美容と健康効果がWEB系のメディアを中心に注目を集めるようになりましたが、まだまだ一般には浸透していません。
 
 
意外に思われるかもしれませんが、御へそ周りにはリンパが集中しているので、適当に揉むだけでも、それなりの効果が期待できるので、欧米では人気の美容法の一つとして定番化しています。また華僑の多いシンガポール、マレーシアなどでも人気が高いです。
 
 
ヘソを温めることによって特に腸の働きが改善され、次第にその他の内臓器官の働きが良くなるため、体全体を温めてくれる作用があり、しかも便秘やホルモンバランスの乱れ、むくみなど様々な体調不良を改善する効果が期待できます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます