2017年12月の記事一覧


月別アーカイブ:2017年12月

2017年12月の記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

体の痛み不調の原因
      ■ 首こり・肩こりに悩む若者が急増中!  意外に思われるかもしれませんが肩こりに悩まされている人たちの人口が最も多いのが日本なんです。しかも、スマホの長時間利用によって低年齢化が急速に進んでいます。  これまで首こり、肩こり、腰痛は中年以上の男女に多いというイメージがありましたが、20代の若者の約半分が首こりや肩こりに悩んいるのだとか。しかし、大半の人たちは病院に行かずに、ほぼそのまま放...

記事を読む

メタボ対策
     ■ 筋トレのメリットとは!?  私は昨年の3月から筋トレを始めたのですが、そのきっかけを与えてくれたのが、今回ご紹介させていただく本「筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法 」の著者、マッチョ社長ことTestosteroneさんです。  たまたまTwitterでTestosteroneさんの存在を知ったのですが、当時はフォロワーが4万人超えたか超えないかくらいだったのですが、現時点で36...

記事を読む

その他
       ■ 目覚めに空腹の状態で飲む水の健康効果とは!?  今回は海外で話題となっている日本の女性が習慣的に行っている(欧米の人たちが勝手に思い込んでいる)健康方法をご紹介させていただきます。みなさん意外に思われるかもしれませんが、海外では日本の女性の人気が非常に高いんです。  欧米の人たちからすると、日本の女性はいくつになっても健康的で若々しいので、美容と健康に関する何か特別な習慣があるのだ...

記事を読む

体の痛み不調の原因
      ■ 朝食を抜くのはデメリットだらけ?  ほんの一昔前まではダイエットの一環として朝食を抜くことがもてはやされていましたが、最近では朝食をしっかり摂ることの重要性がより高まっています。朝、昼、晩の3食の中で最も重要なのが朝食とされているほどです。  朝食を抜くとたしかにダイエット効果はそれなりにありますが、それ以上にデメリットが多いです。朝食を抜くと血糖値が下がるので勉強や仕事のパフォーマ...

記事を読む

その他
      ■ 本当に今からでも何かを始めるのは遅くないのか!?  生きていれば誰だって人生の転機を迎えるわけですが、それがきっかけでとんとん拍子に良い方向へ進むこともあれば、逆に悪い方向に動く場合もあります。  しかし、悪い方向へ踏み出してしまったことを後悔するのではなく、その状況で頑張り続けることによって、自分自身が本当に求めていたものを手にすることができるのです。そして、苦労した分、喜びがその...

記事を読む

その他
   出典:シネマズ   ■ 笑いの健康効果がすごい!  笑うことによって、体内に酸素を行き渡ることで血流が改善して免疫力がアップします。また、同時に脳にも酸素が届くので、必然的に脳への血流が増加して脳の活性化につながります。一見何でもないように思えるかもしれませんが、我々が生きていく上で脳の影響力は絶大です。  仕事などで強いストレスが続くと脳内の処理が増えるため、万病の元とされる「活性酸素」が発...

記事を読む

その他
      ■ 一日一パックの納豆で医者いらず  「納豆は体にいい」ということは誰でも知ってますよね。しかし、「納豆の何がどうなってどういった効果・効能があるのか?」、「どういう食べ方をすれば体に良くて、逆にどういった食べ方をすると体に悪いのか?」。あなたは答えることができますか?。  一日一パックの納豆を食べることで、おかずらしいおかずがなくても自然と栄養バランスが整いますので、仕事で疲れて帰って...

記事を読む

メタボ対策
     ■ 体脂肪を減らすには!!  体脂肪は体重を減らすよりも難しいですよね。まず食事制限で体脂肪を落とそうとしても難しいです。食事制限によって筋肉量が減り、基礎代謝が低下するからです。  ですので、体脂肪を減らすのは思いの外難しいんです。しかし、簡単なトレーニングを習慣化すれば、効率よく脂肪燃焼をすることが出来るようになります。      体脂肪を効率よく減らすために必要となるのは以下の点です...

記事を読む

体の痛み不調の原因
       ■ 世界的に断食が凄い人気?  ここにきて「断食(ファスティング)」が世界中でちょっとしたブームになっています。俳優の榎木孝明さんが30日間「不食」生活を実践し、9キロも痩せてしまったことで大きな話題となりました。  一般の人たちではこれほどハードな断食は到底無理ですが、驚くべきことに二泊三日程度の合宿に10万円から30万円程度の費用を支払ってまで断食のセミナーや合宿に参加する人が大勢...

記事を読む

その他
      ■ 認知症を予防する対策が急務!?  少子高齢化が叫ばれだしたのが1990年代頭くらいでしょうか、その当時よりも今現在我々日本人の平均寿命が伸びているので、役人や政府が想定していた以上に65歳以上の高齢者の方が増えています。  長生きすることは素晴らしいことですが、問題となるのが加齢にともなう「認知症」です。厚生労働省のデータによりますと、1995年には126万人だった65歳以上の方の高...

記事を読む

1日20秒!首のセルフマッサージで血流を改善して免疫力と脂肪燃焼効率をアップ!!首こり、肩こり、頭痛、眼精疲労、むくみなどの予防に効く!

 
 
1722017926ht.png
 
 
 
 
■ 首こり・肩こりに悩む若者が急増中!
 
 
意外に思われるかもしれませんが肩こりに悩まされている人たちの人口が最も多いのが日本なんです。しかも、スマホの長時間利用によって低年齢化が急速に進んでいます。
 
 
これまで首こり、肩こり、腰痛は中年以上の男女に多いというイメージがありましたが、20代の若者の約半分が首こりや肩こりに悩んいるのだとか。しかし、大半の人たちは病院に行かずに、ほぼそのまま放置します。
 
 
首こりや肩こりを放置するとさらに深刻な病気や症状に悩まされる可能性があるので注意が必要です。単なる肩こりだと思っていたら実はうつ病のサインだったという可能性も十分ありますので注意が必要です。
  
 
 
 
35320170501ht.png
 
 
 
『 自律神経うつは肩こりや首のこりが原因!? 』
 
 
首こりが原因による「うつ病」が厄介なのは、通常「うつ病」には疲労感が伴いますが、それが肩こりからくるものなのか、もしくは「うつ病」から来るものなのか、判断するのが難しいことから、発見が遅れてうつ病を悪化させてしまうケースもあります。
 
 
首の筋肉のこりが自律神経失調状態となり、さまざまな体調不良を引き起こしています。首のコリや首の痛みが慢性化してしまうと、それを伝える神経回路の性質上、情動や感情に悪い影響を及ぼし、自律神経を乱すことにつながります。
 
 
自律神経うつは肩こりや首のこりが原因とされていて、一般にうつ病とされている患者さんの約90%以上が自律神経うつと推定されています。原因は先に述べた通り、パソコンやスマホの普及により、首の筋肉を痛めてしまうことによって自律神経うつが急増しているためです。
 
 
 
 
35220170501ht.png
 
 
『 首こりを解消するには? 』
 
 
首こりや肩こりを解消する方法は色々ありますが、ウォーキングのような軽め運動を行ないましょう。歩くことによって『血行改善』『リラックス』『体が温まる』いった、さまざまなメリットがあります。歩く時に腕を大きく振り肩を動かすようにすると、肩や首の血流がよくなり、より高い効果が期待できるでしょう。
 
 
しかし、仕事や学業で毎日忙しく過ごされている方にとって運動を習慣化することは決して容易ではありません。そこで今回オススメさせていたくのが、首のマッサージです。1日たった20秒で出来るので、忙しい方にぴったりのセルフケアです。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

筋トレの健康効果が凄い!筋肉量を増やしながら血流と血糖値を改善して代謝、免疫力、脂肪燃焼効率をアップ!肥満、肩こり、腰痛などの予防に効く!

 
 
782017913ht.png

 
 
 
■ 筋トレのメリットとは!?
 
 
私は昨年の3月から筋トレを始めたのですが、そのきっかけを与えてくれたのが、今回ご紹介させていただく本「筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法 」の著者、マッチョ社長ことTestosteroneさんです。
 
 
たまたまTwitterでTestosteroneさんの存在を知ったのですが、当時はフォロワーが4万人超えたか超えないかくらいだったのですが、現時点で369,932人(12月31日現在)です。やはり本がベストセラーになると凄いんですね。
 
 
Testosteroneさんの筋トレに関するつぶやきが妙に説得力があり、姿形は見えませんが、その強烈な個性に惹きつけられ、気がついたらダンベルを握ってました。週に3日から4日ほど筋トレを実践していますが、筋肉が増えた分体重は増加しましたが、自分でいうのも何ですが、見た目はかなり若返りました。ちなみに筋トレの主なメリットは以下のとおりです。
 
 
 
6760170301ht.png

 
 

(1)ボディラインがよくなる(見た目がよくなる)
(2)血糖値のコントロール
(3)睡眠の質がよくなる
(4)心肺機能がよくなる
(5)腰痛や首・肩のこりを予防・改善
(6)骨粗鬆症の予防
(7)老化の予防
(8)肥満の予防
(9)うつ症状の軽減
(10)メンタル強化
(11)太りにくい体質へ
 

 
 
 
 
87078920161201.png
 
 
 
■ 筋トレは最強のソリューション(解決法)だった!
 
 
体全体の筋肉量が増えたこともあるかもしれませんが、やはりメンタルの部分(自分に対する自信)が大きいような気がします。やはり、肉体を鍛えることこそが最高のストレス解消法であると強く実感しています。
 
 
また、仕事やプライベートで落ち込むようなことがあっても、筋トレすることで引きずらないで済むので、以前よりも確実にぐっすり眠れるようになりました。個人的に一番うれしいのは疲れにくくなったことです。

 
ということで、今回はTestosteroneさんの著書を分かりやすく解説したダ・ヴィンチニュースさんの記事とお腹周りの筋肉を引き締める体幹サーキットの実演動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

毎朝目覚めに空腹の状態で水を飲む8つの健康効果が凄い!血流を改善して免疫力と脂肪燃焼効率をアップ!肌トラブル、腎臓結石、肥満の予防に効く!

 
 
2520170705ht.png

 
 
 
 
 
■ 目覚めに空腹の状態で飲む水の健康効果とは!?
 
 
今回は海外で話題となっている日本の女性が習慣的に行っている(欧米の人たちが勝手に思い込んでいる)健康方法をご紹介させていただきます。みなさん意外に思われるかもしれませんが、海外では日本の女性の人気が非常に高いんです。
 
 
欧米の人たちからすると、日本の女性はいくつになっても健康的で若々しいので、美容と健康に関する何か特別な習慣があるのだろうと、日本女性の生活習慣に興味津々です。
 
 
 
 
192017401ht.png
 
 
 
『 体の中をクリーニングする効果が凄い! 』
 
Lifehackerという日本でもおなじみのインターネットメディアが、日本女性の美と健康の秘密は朝起きて空腹の状態のまま水を沢山飲むからではないかといった、一見するとトンデモ記事のような内容の記事を報じ、一躍世界中で話題となっています。
 
 
日本女性のすべてが朝一番に水を飲む習慣は無いと思いますが、空腹の状態で水を飲むことで体の中をクリーニングする働きがあるようでして、その健康効果があまりにも凄いので今回みなさまとシェアさせていただきたいと思います。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

やっぱり朝食も和食が最高!がんを引き起こす可能性のある出来れば避けたい5つの朝食メニューとは!?なぜ朝食を抜くとデメリットだらけなのか?

 
 
436_20160616185458e92.png
 
 
 
 
■ 朝食を抜くのはデメリットだらけ?
 
 
ほんの一昔前まではダイエットの一環として朝食を抜くことがもてはやされていましたが、最近では朝食をしっかり摂ることの重要性がより高まっています。朝、昼、晩の3食の中で最も重要なのが朝食とされているほどです。
 
 
朝食を抜くとたしかにダイエット効果はそれなりにありますが、それ以上にデメリットが多いです。朝食を抜くと血糖値が下がるので勉強や仕事のパフォーマンスが著しく低下します。
 
 
一時的に体重は減っても、栄養バランスが偏ると徐々に肥満化していきます。また、動脈硬化や脳卒中などの生活習慣病リスクが高まりますので、朝食を抜いていいことはほとんどありません。
 
 
 
 
 
4030171005ht.png
 
 
 
■ パンと牛乳が体を壊す!?
 
 
「パンと牛乳は今すぐやめなさい!」の著者・内山葉子先生は、パンは腸と脳をこわし、牛乳は骨と血管を弱くすることを指摘しています。また、乳ガン患者さんの特徴として「パンと牛乳」を好む傾向が強いのだとか。
 
 
乳がんを予防する上でも、これらは避けるべきと強く説いています。ちなみに牛乳とパンを控えるだけで、内臓脂肪が激減し、アトピー、鼻炎の症状が改善、子宮筋腫、卵巣嚢腫が縮小するなど健康にいいことだらけです。
 
 
しかも、朝食でパン食を好む人は、欧米人が好むおかず(カリカリベーコン、ハムエッグなど)を食べるので、余計に腸内環境を悪化させて免疫力を奪うので、美容と健康に関してはデメリットだらけです。
 
 
 
 
4120171005ht.png
 
 
 
『 朝食はパンよりもご飯の方がいい理由とは? 』
 
 
また、“脳トレ”でおなじみの東北大学教授・川島隆太氏がおこなった調査によれば、朝食がパンの子どもはご飯を食べている子どもよりも脳の発達がおくれやすいとのことです。しかも子どもの学年が上がるにつれて、パン派とご飯派の発達の差がどんどん広がるのだとか……!
 
 
健康のためにも脳の発育のためにも、朝食はパンよりもご飯のほうがオススメです。特に昔ながらのおかずらしいおかずがない朝食(みそ汁、お新香、納豆など)は、朝食メニューとして最高です。
 
 
しかし、「どうしてもパンじゃなきゃ!」という場合は、同じパンでも精製されていない全粉粒のものを選びましょう。全粉粒のパンは小麦粉のパンよりも栄養価が高く、食後の血糖値も上がりにくいといわれています。
 
 
 
 
36360170301ht.png
 
 
 
『 朝食は何でもいいというわけにはいかない!? 』
 
 
それほど朝食は重要なのですが、だからといってお腹を満たせれば何でもいいというわけにはいきません。残念ながら和食以外の朝食定番メニューの中には健康によくないものがかなり含まれています。
 
 
ということで、今回は「がんリスク」が高い朝食メニューについて解説させていただいたまとめと、自力でガンを治す方法を解説した宗像久男先生の動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

今からでも遅くない!何歳からでも人生を方向転換するための11の方法!人はいつでも自分で自分を変えられる!

 
 
298.png
 
 
 
 
■ 本当に今からでも何かを始めるのは遅くないのか!?
 
 
生きていれば誰だって人生の転機を迎えるわけですが、それがきっかけでとんとん拍子に良い方向へ進むこともあれば、逆に悪い方向に動く場合もあります。
 
 
しかし、悪い方向へ踏み出してしまったことを後悔するのではなく、その状況で頑張り続けることによって、自分自身が本当に求めていたものを手にすることができるのです。そして、苦労した分、喜びがその分大きくなります。
 
 
大切なことは、その時々でどう対処するかです。何もしなければ何も起こりえませんが、いずれ行き詰まってしまうでしょう。何もしないもし、方向転換するのもよし、選ぶのは常に自分自身です。
 
 
 
 
46140160927.png
 
 
 
『 切り替えるのはいつでも可能! 』
 
 
しかし、はじめの一歩を踏み出すときは、誰だって悩み苦しみます。しかし、「年齢」、「学歴」、「キャリア」、「お金の問題」、「人脈」など、障害のことを考えていたらきりがありません。
 
 
方向転換するのに遅すぎるということはなく、何歳からでもできますし、余命数年、数カ月の人たちでさえ新しい方向に自ら人生を切り替えています。


ということで、今回は人生をいつからでも方向転換できる11の方法を説いているlifehackerさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

「笑うと健康になる」は本当だった!?笑うことで血流が改善して免疫力、学習能力がアップ!認知症、脳卒中、心疾患、がんなどの予防に効く!

 
 
6120090171230ht_20171231023556330.png
 
出典:シネマズ
 
 
 
■ 笑いの健康効果がすごい!
 
 
笑うことによって、体内に酸素を行き渡ることで血流が改善して免疫力がアップします。また、同時に脳にも酸素が届くので、必然的に脳への血流が増加して脳の活性化につながります。一見何でもないように思えるかもしれませんが、我々が生きていく上で脳の影響力は絶大です。
 
 
仕事などで強いストレスが続くと脳内の処理が増えるため、万病の元とされる「活性酸素」が発生し、脳が酸化ストレスにさらされるため、本来の働きができなくなります。そのさいに脳は『疲れた』というシグナルを発します。
 
 
そんなときにハードな運動は逆効果です。ストレスを抑制するためにも個人的には呼吸法で深い呼吸を数分間行うことを習慣化することをお勧めしたいのですが、それと同じかそれ以上に効果があるのが笑うことなんです。
 
 
 
 
 
6180090171230ht_20171231023605fea.png
 
 
 
■ つくり笑いでも効果がある!?
 
 
笑うことによって、がん細胞を死滅に追い込むNK細胞 (ナチュラルキラー細胞) が増えるので、笑いはがんを抑制する効果も期待できます。意外に思われるかもしれませんが、つくりり笑いでも同じような効果が得られるといわれています。
 
 
つくり笑いで笑顔になると、顔の筋肉の動きによって神経伝達物質が脳に伝わるので、脳は本当におかしくて笑っている時と同じような反応をするため、免疫機能を向上してくれます。こうした脳の持つ優れた効能・効果のうち代表的なのが以下の6つの効果です。
 
 

(1)免疫機能の強化
(2)リラックス効果
(3)鎮痛作用
(4)老化防止
(5)認知症の予防
(6)記憶力・学習能力向上
(7)肌トラブルの予防・改善(しわ・たるみ)
(8)脳卒中の予防
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ

夜納豆の健康効果がとにかく凄い!!ナットウキナーゼがあなたの体を高血圧、動脈硬化、脳卒中、心臓病、糖尿病などの生活習慣病から守ります!!

 
 
486.png
 
 
 
 
■ 一日一パックの納豆で医者いらず
 
 
「納豆は体にいい」ということは誰でも知ってますよね。しかし、「納豆の何がどうなってどういった効果・効能があるのか?」、「どういう食べ方をすれば体に良くて、逆にどういった食べ方をすると体に悪いのか?」。あなたは答えることができますか?。
 
 
一日一パックの納豆を食べることで、おかずらしいおかずがなくても自然と栄養バランスが整いますので、仕事で疲れて帰ってきて、自炊する気力がないときでも、納豆とごはんとお味噌汁(インスタントでOK)があれば十分です。
  
 
ということで、今回は納豆の効果から体にいい食べ方までを解説させていただきます。納豆に含まれるナットウキナーゼについて分かりやすく解説されている動画もあわせて御覧いただけると幸いです。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

本気でやせたいなら苦しい食事制限をやめて軽めのトレーニングでインナーマッスルを鍛えて脂肪燃焼効率をアップ!体脂肪を効率よく減らしましょう!

 
 
2520171003ht.png

 
 
 
■ 体脂肪を減らすには!!
 
 
体脂肪は体重を減らすよりも難しいですよね。まず食事制限で体脂肪を落とそうとしても難しいです。食事制限によって筋肉量が減り、基礎代謝が低下するからです。
 
 
ですので、体脂肪を減らすのは思いの外難しいんです。しかし、簡単なトレーニングを習慣化すれば、効率よく脂肪燃焼をすることが出来るようになります。
 
 
 
21960170301ht_2017032220300399d.png
 
 
 
体脂肪を効率よく減らすために必要となるのは以下の点です。
 
 


(1)食事回数を減らさない
 
(2)有酸素運動を行なう
 
(3)軽い筋肉トレーニングを行なう
 


 
 
 
1964016915.png
 
 
 
『 食事制限ダイエットのデメリットとは!? 』
 
 
(1)は、先に申し上げた通り、無理に食事回数を減らせば筋肉量が落ちるので基礎代謝が低下し、脂肪を燃焼する働きが悪化するので逆に太りやすくなってしまいます。
 
 
(2)の有酸素運動(ウォーキングやジョギングなど)によって、代謝を上げながら効率よく脂肪を燃焼できるので、太りにくい体質へと改善されていきます。
 
 
(3)の筋肉トレーニングによって適度な筋肉がつくことによって代謝が高まりますので、脂肪が燃焼されやすくなり、太りにくい体質へと改善されていきます。
 
 
 
4124420161220l.png

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

断食ダイエットの健康効果が凄い!断食で「酵素パワー」がアップ!胃や腸の働きと血流を改善して基礎代謝、免疫力、脂肪燃焼効率がアップ!

 
 
1982017930ht.png

 
 
 
 
 
■ 世界的に断食が凄い人気?
 
 
ここにきて「断食(ファスティング)」が世界中でちょっとしたブームになっています。俳優の榎木孝明さんが30日間「不食」生活を実践し、9キロも痩せてしまったことで大きな話題となりました。
 
 
一般の人たちではこれほどハードな断食は到底無理ですが、驚くべきことに二泊三日程度の合宿に10万円から30万円程度の費用を支払ってまで断食のセミナーや合宿に参加する人が大勢います。しかもそのほとんどが普通に会社に勤務されている方ばかりです。
 
 
それほどまでして断食の高い効果を求めて自ら体質改善に取り組んでいる人たちが沢山いるので、今後更に断食が一般の人たちの生活の中に浸透することは間違いないと思います。
 
 
 
4524420161220l.png
 
 
 
『 プチ断食の正しい知識をみにつけよう! 』
 
 
しかし、依然として断食に対する偏見があるのもまた事実です。事実、一般の人たちの間では断食というと特殊な宗教をイメージしてしまう人が少なくありません。これが人気拡大の足枷になってます。
 
 
プチ断食、週末断食など、大手メディアでも取り上げられることが少なくないわけですが、初心者の方がいきなり自己流でやるのは危険すぎるため、オススメできません。まず断食ついて正しい知識を身につけましょう。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

100歳までボケない最新の「認知症対策」が凄い!!4つの習慣で「長寿遺伝子」をオンにする!

 
 
527_20160629180419cd5.png
 
 
 
 
■ 認知症を予防する対策が急務!?
 
 
少子高齢化が叫ばれだしたのが1990年代頭くらいでしょうか、その当時よりも今現在我々日本人の平均寿命が伸びているので、役人や政府が想定していた以上に65歳以上の高齢者の方が増えています。
 
 
長生きすることは素晴らしいことですが、問題となるのが加齢にともなう「認知症」です。厚生労働省のデータによりますと、1995年には126万人だった65歳以上の方の高齢者の認知症患者が20年後の2015年には2倍の262万人に達しています。
 
 
2025年くらいまでは右肩上がりで増えることが予想されます。介護施設はどんなに増やしても追いつきませんし、病院では認知症患者の数が増えたため、治療や身の回りのケアなどに看護師さんが取られてしまうので、他の業務をこなすのが大変厳しい状態です。
 
 
 
 
56840161001.png
 
 
 
『 介護業界は人手不足が危機的状況に! 』
 
 
こうした理由から年々人手不足が深刻化しています。介護関連の資格は人気が高い割に、資格を取得しても、実際に働く人は少ないです。このため、高齢者の心と体の健康を維持するうえで認知症を予防するための対策がどうしても必要です。
 
 
ということで、今回は順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授 白澤卓二先生による認知症予防対策をまとめたPRESIDENT Onlineさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます