2017年11月の記事一覧


月別アーカイブ:2017年11月

2017年11月の記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

体の痛み不調の原因
       ■ 季節の変わり目は体調管理が難しい!?  低体温の人たちにとって、一番つらい季節は何とっても冬ですが、台風シーズンを本格的に迎える今の時期は気候が不安定なので、免疫力が低下しやすく、体調管理が容易ではありません。  また、暑かったり、涼しかったりを繰り返す日が続くと温度差があまりにも大きいので体がついていけず、頭痛や目まいなど様々な体調不良を引き起こしてしまう可能性があるので、年間を...

記事を読む

その他
      ■ 腸は脳よりも凄い?!  腸は脳に匹敵するくらい人の心と身体の働きに影響を与える臓器です。というのも幸せホルモンと言われているセロトニンという物質のほとんどが腸で作られているからです。  冷えなどの影響で腸の働きが悪化するとセロトニンが作られる働きが著しく悪化してしまいますので、心と身体の健康を維持するには常に腸を良い状態に保つ必要があります。   ●腸が良い状態(善玉菌の割合が多い)...

記事を読む

その他
      ■ 呼吸法は絶対に一つは取り入れよう!  何かとストレスの多い世の中ですが、心身が疲労しているにもかかわらず、眠れないといった症状に苦しめられている方が増えています。次の日も寝不足のまま仕事をしなければならないので、仕事のパホーマンスは当然おちます。  そうならないためにオススメしたいのが、呼吸法です。私はメニエール症候群を患ったときに医師の先生からススメられて呼吸法を始めたのですが、自...

記事を読む

その他
  出典 : http://tsurezure-diary.jimdo.com/     ■ いわしはいつが旬なの?  毎度毎度私事で恐縮ですが、私は大の魚好きでして、中でもいわしとさんまには目がありません。只今自分でさばけるようになるために必死に修行しております。(かれこれ2年くらいになりますが、最近はかなり上手になりました)  ところで、あなたはイワシはお好きですが?。最近でこそ一年中スーパーでイワシを購入できるようになりましたが...

記事を読む

その他
      ■ なぜ甘えることができないのか?!  あなたは大切な人に甘えることができますか?、もしかしたら甘える行為=相手への依存と考えたりしていませんか?。甘えることは決して悪いことではありません。  人が心と心を通わせるために必要なスキンシップのようなものだと思っています。甘えることができない人の特徴として、自分が拒絶されてしまうことへの恐怖感があります。       『 自己評価が低い 』  ...

記事を読む

太りにくい体にする
      ■ 運動をやめた途端に太る理由とは?  それまで毎日のようにやっていた運動をやめてしまったとたんに筋肉量が落ちると代謝も低下するので、逆に脂肪が増えるので、太って当然です。ちなみに学生時代にハードなスポーツをやった人の多くが、一回あたりの食事量が非常に多いのが特徴です。  学生時代は一日中飲み食いしても、毎日の過酷な練習によって、その分のエネルギーを消費できたので、まったく問題ありません...

記事を読む

その他
      ■ 腰痛は脳が作り出していた!?  職場で一日中座って仕事をされている方、逆に一日中立ちっぱなしの状態で仕事をされている方の中には慢性的な腰痛に苦しめられている方が少なくありません。  しかも、最近は中高年だけでなく、比較的若い世代の間でも原因不明な腰痛に苦しめられるケースが増えているようです。ちなみに腰痛の約6割は決定打となる原因が不明です。一般的な腰痛の原因として以下の3つがあげられ...

記事を読む

その他
      ■ ボーッとすることに罪悪感を抱いてませんか?  毎年GWを終えると5月病に苦しめられる方が続出します。あなたの職場にもいませんか?。こうした精神的な病に苦しめられる方の特徴として「休むことに対して罪悪感を感じている」点があげられます。  仕事に関しても朝から晩までフル活動で取り組んでいかなければならないと思っています。しかも週末も何かしなければいけないという思い込みから、家でボーッと過ご...

記事を読む

その他
      ■ 嫌な相手の言葉に傷つかない方法とは?  人間関係の問題に悩まされている方は非常に多いわけですが、人の命がかかっている医療機関やお金を取り扱っている金融関係の場合は患者さんや顧客からのクレームが他の業界よりも厳しいためおおきな問題となっています。  以前企業向けにオーダーメイドのカスタマサポートを請け負っている企業の方とお話させていただく機会があったのですが、企業独自でも運営しているカ...

記事を読む

がんの予防と対策
      ■ 女性にとって乳がんは他人事では済まされない!!  タレントの北斗晶さんが乳がんを患い、5年生存率が50%と診断されたことを公表したことによって、乳がんについて大手メディアでも大々的に取り上げられました。  乳がんに関する注目度が高まったことによって、正しい知識が広がっていることを願いつつも、変に不安を煽るような情報もいまだに多いので注意が必要です。  しかし、女性の12人に1が乳がん...

記事を読む

低体温による体の不調は「温活」が効く!血行を改善して代謝、免疫力、脂肪燃焼効率がアップ!便秘、眼精疲労、肌トラブル、感染症の予防に効く!

 
 
18040170201hd.png
 
 
 
 
 
■ 季節の変わり目は体調管理が難しい!?
 
 
低体温の人たちにとって、一番つらい季節は何とっても冬ですが、台風シーズンを本格的に迎える今の時期は気候が不安定なので、免疫力が低下しやすく、体調管理が容易ではありません。
 
 
また、暑かったり、涼しかったりを繰り返す日が続くと温度差があまりにも大きいので体がついていけず、頭痛や目まいなど様々な体調不良を引き起こしてしまう可能性があるので、年間を通じてケアしていく必要があります。
 
 
体が冷えてしまうと真っ先に腸が冷えてしまい、腸の働きそのものが悪化してしまいます。しかも腸だけではすまないから怖いんです。自律神経のバランスが崩れ、血液の流れも悪化し、肝臓など他の臓器の働きも次第に悪化します。
 
 
 
 
18140170201hd.png
 
 
 
『 温活とは!?』
 
 
また、代謝低下にも繋がるため太りやすくなってしまいます。そこでオススメしたいのが「温活(おんかつ)」です。温活とは文字通り温活グッズ(カイロ、湯たんぽ、腹巻きなど)で体を温めることによって、血行を改善し、低体温によって引き起こされる症状を防ぎます。
 
 
ということで、今回は温活の第一人者・川嶋朗先生による「温活」について解説されたダ・ヴィンチニュースさんの記事と動画をあわせてご紹介させていただきます

» 記事の続きを読む

 タグ
None

腸を温めると幸せホルモン「セロトニン」の分泌量がアップ!心と体が健康になって幸せオーラ全開!簡単「腸マッサージ」で毎日腸を温めよう!

 
 
20620171129ht.png
 
 
 
 
■ 腸は脳よりも凄い?!
 
 
腸は脳に匹敵するくらい人の心と身体の働きに影響を与える臓器です。というのも幸せホルモンと言われているセロトニンという物質のほとんどが腸で作られているからです。
 
 
冷えなどの影響で腸の働きが悪化するとセロトニンが作られる働きが著しく悪化してしまいますので、心と身体の健康を維持するには常に腸を良い状態に保つ必要があります。
 
 
 
●腸が良い状態(善玉菌の割合が多い)
 
90478920171201.png
 
 
 
●腸が悪い状態(悪玉菌の割合が多い)
 
90578920171201.png
 
 
 
『 自律神経のバランスも乱れる! 』
 
 
また、腸が冷えると自律神経のバランスが乱れてしまうので、様々な体調不良を引き起こす原因となってしまいます。そうならないためにも腸を冷やしてはいけません。腸を冷やして心と身体に良いことは何一つありません。


逆に常に温めることによって、美容と健康に優れた効果をもたらします。事実うつ病などの精神疾患に関しても脳だけでなく腸の影響についても考慮する動きが広がっているので、今後さらに腸の働きの重要性が高まる可能性があります。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

超リラックスして深い眠りに入る「4・7・8呼吸法」の健康効果が凄い!!脳内物質「 ドーパミン 」の分泌量をアップして心と体がリラックス!

 
 
20420171129ht.png
 
 
 
 
■ 呼吸法は絶対に一つは取り入れよう!
 
 
何かとストレスの多い世の中ですが、心身が疲労しているにもかかわらず、眠れないといった症状に苦しめられている方が増えています。次の日も寝不足のまま仕事をしなければならないので、仕事のパホーマンスは当然おちます。
 
 
そうならないためにオススメしたいのが、呼吸法です。私はメニエール症候群を患ったときに医師の先生からススメられて呼吸法を始めたのですが、自分にあった呼吸法を求めて色々チャレンジしました。
 
 
効果はどれも高いのですが、独自の型があったりして続けるのが難しいのも少なくありません。そんな中、「4・7・8呼吸法」は誰でも気軽にできるのでおすすめです。
 
 
 
 
9554201611109.png
 
 
 
『 呼吸法を習慣化するメリットとは!? 』
 
 
この呼吸法を実践することで、神経系に対して鎮静剤のような効果を発揮してくれます。習慣化するとリラックス効果が日増しに高まりますので、安眠効果、疲労回復効果などが飛躍的に高まります。
 
 
ストレス社会を生き抜くためにも、「4・7・8呼吸法」のような呼吸法を一つは習慣化することをオススメします。ということで今回は4・7・8呼吸法と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

イワシの健康効果が凄い!EPAとDHAが豊富だから「オメガ3脂肪酸」が血流を改善して動脈硬化・心筋梗塞・うつ病・認知症・ガンなどの予防に効く!

 
 
718.png
出典 : http://tsurezure-diary.jimdo.com/
 
 
 
 
 
■ いわしはいつが旬なの?
 
 
毎度毎度私事で恐縮ですが、私は大の魚好きでして、中でもいわしとさんまには目がありません。只今自分でさばけるようになるために必死に修行しております。(かれこれ2年くらいになりますが、最近はかなり上手になりました)
 
 
ところで、あなたはイワシはお好きですが?。最近でこそ一年中スーパーでイワシを購入できるようになりましたが、本来イワシは6月から10月が旬とされていました。特に8月から10月にとれるいわしは脂が乗っています。
 
 
 
 
20120171129ht.png

 
 
■ オススメはイワシの缶詰!!
 
 
個人的にオススメしたいのが、いわしの缶詰です。とくに信田缶詰の「いわし油漬唐辛子入」には目がありません。そのままご飯のおかずにしてもよし、アンチョビがわりにパスタにいれてもよし、サラダによし、おつまみによしと、引っ張りだこです。
 
 
しかも、これからご紹介させて頂くいわしが持つ栄養素はぎっしり詰まっていますので、美容と健康にもいい点も魅力です。
 
 
 
 
 
1820170601ht.png
 
 
 
『 イワシはご飯のおかずやお酒のおつまみにも最高!』
 
 
いわしは刺し身が最高ですが、旬でなくても美味しいですよ。私はイワシの生姜煮が大好物でして、これ一匹でご飯20杯は食べられると思います。また、上述したイワシの缶詰はご飯のお供、お酒のおつまみにも相性がいいので、常に常備しています。
 
 
しかも、イワシはEPAやDHAなどの栄養素が豊富に含まれているので、「オメガ3脂肪酸」が体の中をキレイにしてくれるので、心と体の健康にも良いのが嬉しいですよね。ということで今回はいわしについてまとめさせていただきました。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

甘えることができない女性は幼少の頃の母親との関係が原因だった!?もっと自分を好きになって愛される甘え上手になるには!?

 
 
7020171113ht.png
 
 
 
 
■ なぜ甘えることができないのか?!
 
 
あなたは大切な人に甘えることができますか?、もしかしたら甘える行為=相手への依存と考えたりしていませんか?。甘えることは決して悪いことではありません。
 
 
人が心と心を通わせるために必要なスキンシップのようなものだと思っています。甘えることができない人の特徴として、自分が拒絶されてしまうことへの恐怖感があります。
 
 
 
 
5288920161126.png
 
 
 
『 自己評価が低い 』
 
 
また、「相手に迷惑をかけたくない」といった相手へ必要以上に配慮してしまったり、性格的に真面目で責任感が強い人に多く見受けられます。人間的に素晴らしい方が多いです。
 
 
にもかかわらず、自己評価が低いので、「自分はふさわしくない」「自分には無理だ」といった具合にすぐに遠慮してしまいます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

痩せにくい体質を改善するには?筋肉をやわらかくして血行・血流を改善!基礎代謝、免疫力、脂肪燃焼効率をアップ!肩こりや腰痛の予防にも効く!

 
 
7520171114ht.png

 
 
 
 
■ 運動をやめた途端に太る理由とは?
 
 
それまで毎日のようにやっていた運動をやめてしまったとたんに筋肉量が落ちると代謝も低下するので、逆に脂肪が増えるので、太って当然です。ちなみに学生時代にハードなスポーツをやった人の多くが、一回あたりの食事量が非常に多いのが特徴です。
 
 
学生時代は一日中飲み食いしても、毎日の過酷な練習によって、その分のエネルギーを消費できたので、まったく問題ありませんが、問題なのは、運動をやめても食事量が減らないことです。当然太ってしまいますよね。
 
 
 
 
89578920161201.png
 
 
 
『 筋肉をつけたくない人はどうすればいいの?』
 
 
女性は筋肉がつくのを嫌がる人(ごっつく見えるため)が意外に多いです。もし、筋肉がつくことによって、ごっつく見えるのがいやならば、ストレッチを多めに取り入れましょう。そうすれば、しなやかな筋肉がつくので、見た目的にも良くなります。
 
 
また、同時に免疫力と代謝もアップするので、太りにくい体質になります。食事制限だけで痩せようとするのは非常に危険です。精神的にも肉体的にもよくありません。食事の中身を考慮し、適度な運動を取り入れて太りにくい体質をめざしましょう。

» 記事の続きを読む

腰痛の辛い痛みは脳が作りあげていた!?「これだけ体操」で腰回りを柔らかくしながら骨盤矯正!首こり、肩こり、背中の痛みなどの予防に効く!

 
 
8920171115ht.png
 
 
 
 
■ 腰痛は脳が作り出していた!?
 
 
職場で一日中座って仕事をされている方、逆に一日中立ちっぱなしの状態で仕事をされている方の中には慢性的な腰痛に苦しめられている方が少なくありません。
 
 
しかも、最近は中高年だけでなく、比較的若い世代の間でも原因不明な腰痛に苦しめられるケースが増えているようです。ちなみに腰痛の約6割は決定打となる原因が不明です。一般的な腰痛の原因として以下の3つがあげられます。
 
 

(1)運動不足
 
(2)姿勢が悪い
 
(3)ストレス
 

 
6678920161130.png
 
 
 
『 これだけ体操で腰痛の痛みにさようなら! 』
  
 
腰痛は通常であれば専門医の手にかかれば3ヶ月もあれば治るはずなのですが、数年通院しても治らないケースも少なくありません。こうした慢性的な腰痛は以前にもお伝えしましたが、脳に痛みが刷り込まれていることが原因で起こるケースが圧倒的に多いんです。
 
 
ということで、今回は腰痛対策として「これだけ体操」というエクセサイズについて分かりやすく解説しているダ・ヴィンチニュースさんの記事と、「これだけ体操」の開発者・松平浩先生自ら実演している動画を合わせてご紹介させていただきます。
 
 
すでに腰痛に苦しめられている方は勿論のこと、腰痛になりやすい職業の方の腰痛対策として、是非「 これだけ体操 」を実践してみてください。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

ボーッとしているときの脳は普段の20倍働いていた!?誰でも凄い自分になれるストレス知らずの脳の使い方!偉人たちは脳の使い方が凄かった!?

 
 
19520171127ht.png
 
 
 
 
■ ボーッとすることに罪悪感を抱いてませんか?
 
 
毎年GWを終えると5月病に苦しめられる方が続出します。あなたの職場にもいませんか?。こうした精神的な病に苦しめられる方の特徴として「休むことに対して罪悪感を感じている」点があげられます。
 
 
仕事に関しても朝から晩までフル活動で取り組んでいかなければならないと思っています。しかも週末も何かしなければいけないという思い込みから、家でボーッと過ごすことがありません。
 
 
これでは心と体が休まる暇がありません。このため精神的に疲弊してしまうわけですが、実は無理してバリバリ働くよりも、ボーッとしながら働いたほうが仕事の生産性が上がることが証明されています。
 
 
 
832_2016081518422853a.png
 
 
 
『 脳はとてつもなく働き者だった!? 』
 
 
実はボーッとしているとき脳は充電しているように思われますが、実は普段の約15~20倍働いているんです。ですので、意外に思われるかもしれませんが、意識してバリバリはたらくよりも、意識してボーッとしたほうがいいんですね。
 
 
しかも、そうすることで、仕事のストレスを抑えることができるので、色々とメリットがあります。ということで今回はボーっとしているときの凄い脳の働きについて分かりやすく解説したSuzieさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

他人の言葉に傷つくのは時間の無駄!?傷ついた心を癒しながらストレスを最小限に抑えて嫌な相手から自分を守る方法!

 
 
2291001708030ht.png
 
 
 
 
■ 嫌な相手の言葉に傷つかない方法とは?
 
 
人間関係の問題に悩まされている方は非常に多いわけですが、人の命がかかっている医療機関やお金を取り扱っている金融関係の場合は患者さんや顧客からのクレームが他の業界よりも厳しいためおおきな問題となっています。
 
 
以前企業向けにオーダーメイドのカスタマサポートを請け負っている企業の方とお話させていただく機会があったのですが、企業独自でも運営しているカスタマサポートの場合、離職率が非常に高いそうです。9割を超えているケースも珍しく無いのだとか...。
 
 
お客様から毒のある言葉をストレートに受けてしまうので、うつ病を発症させてしまうケースもおおいため、これが離職率が極端に高い原因でもあります。そうした状況でありながらカスタマサポートの仕事を長期間にわたって行っている人も沢山います。
 
 
 
 
 
83378920161201.png
 
 
 
■ ストレスを最小限に抑える方法とは?
 
 
特別コミュニケーション能力が高いわけでもなく、ストレス解消のために何かしているわけでもないのに、なぜこのような差がでるのか伺ったところ、「何を言われても絶対に気にしない!」と自分自身に命令するように思い込むのだそうです。
 
 
とにかく「気にしない」ことが大切で、これを徹底するのだそうです。そうすると相手の言葉に傷つくことなく、淡々と対応することができるのだとか...。なんと言いますか潜在意識の使い方に長けているとしかいいようがありませんが、だとしたらストレス社会の中でストレスを最小限に抑えて行動することができますよね。
 
 
ということで今回は精神科医・西脇俊二先生の最新刊を解説している新刊JPさんの記事と潜在意識に働きかけながら自己愛を高めてストレスを解消する動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

「乳がん」を早期発見するために知ってほしい「しこり」の特徴とセルフチェックの大切さ!

 
 
14620170727ht.png
 
 
 
 
■ 女性にとって乳がんは他人事では済まされない!!
 
 
タレントの北斗晶さんが乳がんを患い、5年生存率が50%と診断されたことを公表したことによって、乳がんについて大手メディアでも大々的に取り上げられました。
 
 
乳がんに関する注目度が高まったことによって、正しい知識が広がっていることを願いつつも、変に不安を煽るような情報もいまだに多いので注意が必要です。
 
 
しかし、女性の12人に1が乳がんを発症する時代なので、他人事ではすまされません。
 
 
晩婚化が進むことによって初産年齢が年々高まっています。乳がんは、妊娠しない期間が長く続くほど、発症するリスクが高くなると考えられています。
 
 
 
 
3664016923.png
 
 
 
『 食の欧米化によって乳がんを罹患する人が急増 』
 
 
また、食の欧米化が過去20年間で急速に進んだことによって女性でも肥満化が広がり、乳製品を多く摂るようになったことも乳がんを発症する大きな原因とされています。
 
 
ですので、がん検診を受けるのも大切ですが、マッサージをしながらで結構なので、鏡で乳房の状態を見たり触診するなどセルフチェックも欠かせません。 
 
 
現段階では30才から65才の女性の死亡数では、乳ガンが1位なので、圧倒的に中高年の方が乳がんを発症するリスクが高いわけですが、若い女性も油断できません。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます