2016年11月の記事一覧


月別アーカイブ:2016年11月

2016年11月の記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

血管の病気の予防と対策
      ■ 納豆の効能・効果を最大限に高めるなら夜納豆!  納豆といえば日本の朝の食卓に欠かすことのできない国民食の一つですが、最近では中国でも一部の富裕層の間で健康食品として納豆が親しまれているようです。納豆の人気に火がついたきっかけは、納豆の「ナットウキナーゼ」の健康効果に注目が集まったためです。  ナットウキナーゼが、血栓を防いで血液をサラサラにし、血流が改善されることから、「脳梗塞」や「...

記事を読む

体の痛み不調の原因
      ■ スマホ首になってませんか!?  ここに来てスマホの長時間利用による健康被害に苦しめられている方が急増しているようです。それもそのはず下図にありますとおり、スマートフォンを利用しているときの首の傾き方によって首への負担が異なるため、正しい姿勢が求められるのですが、知らず知らずのうちに首の傾斜角度が大きくなります。   当然のことながら、このような姿勢を長期間にわたって続けていると、首の...

記事を読む

体の痛み不調の原因
      ■ 今回のテーマは「脂肪肝」  今回は「脂肪肝」がテーマです。吉田たかよし先生の動画を合わせてご紹介させていただきます。  脂肪肝は、肝臓に中性脂肪が溜まりすぎてしまうことによって起こる病気です。この段階では健康を脅かすような症状はありませんが、放置すると肝硬変や肝臓がん発展するので、注意が必要です。  世間一般では、お酒の飲み過ぎによっておこる病気とされています。しかし、実際にはそれ以...

記事を読む

その他
       ■ 1日1食でもっと健康になる!?  ビートたけしさんやタモリさんら、著名人の間で1日1食のファスティングを実践されている方が増えているようです。傍から見ると「1日1食で本当に大丈夫なのか?」と心配になりますが、慣れると逆に快適なようです。  3日程度の断食であれば、私も何度か実践したことがありますが、確かに3日目に入ると感覚が研ぎ澄まれてくるので、深呼吸するだけでものすごく気持ちよく...

記事を読む

体の痛み不調の原因
       ■ 体の痛みはどこからくるの?  ところであなたは「筋膜リリース」という、体の痛みを解消するためのエクセサイズをご存知でしょうか?。ちなみに筋膜リリースの筋膜とは、筋肉や内臓、骨、血管など、全ての器官を包みこむ薄い膜のことなんですが、実は筋肉は元々はバラバラなんですが、この筋膜によって一つにパックされた状態になっています。    この筋膜が固くなってしまうと肩こりや腰痛など、体の痛みが...

記事を読む

その他
       ■ リンゴはいまがまさに旬!  昔から「一日一個のリンゴで医者いらず」と言われるほど、リンゴには美容と健康に優れた効果をもたらす栄養素が豊富に含まれています。中身がすかすかな外国産のりんごよりも国内産のりんごの方が中身がしっかりつまっているので、1日1個ではなく、半分で十分優れた健康効果が期待できるといった声もあります。  ちなみにりんごの収穫時期は10月から12月くらいまでです。保存...

記事を読む

その他
      ■食べてすぐに寝る  食後に軽く寝るのが良いといった声もありますが、これはソファなど楽に腰掛けられる物に座ったままの状態で15分程度の仮眠を取るのであれば問題ないようです。  リラックス効果が高まるのでストレスも抑えられ、仕事の効率も上がります。  しかし、食べてすぐに横になってしまうと、どうしても胃の中で処理されている最中の物が腸に行きやすくなってしまいますので、確実に胃と腸の働きに...

記事を読む

その他
      ■ 炭水化物依存症とは?  お米や小麦などの炭水化物は、人が生きていくうえで欠かすことが出来ない大切な栄養素ですが、炭水化物には糖質が沢山含まれているので食べ過ぎには要注意です。  炭水化物を食べ過ぎると栄養バランスが崩れてしまい様々な病気を引き起こします。  最近では炭水化物を避ける動きが広がっている反面、炭水化物依存症に苦しむ人が増えています。炭水化物依存症は文字通り炭水化物を頻繁に...

記事を読む

その他
      ■ あなたは苦手な人がいますか?  今回のテーマは「苦手な人との接し方」について、心理療法家 川畑のぶこさんが分かりやすく解説しています。ところで今あなたは苦手な人がいますでしょうか?。  今現在、苦手な人とどうやって接すればいいかで悩んでいる方も多いかと思います。  人間関係のストレスの約9割は、職場の人間関係とされているくらい大きな割合を占めているだけに、軽視することはできませんが、...

記事を読む

その他
     ■ なぜ冬は免疫力が低下しやすいのか!?  ここに来て日増しに寒さが厳しくなっています。そこで注意したのが「免疫力の低下」です。今の時期に免疫力が低下すると風邪やインフルエンザなど病気を引き起こしやすくなるばかりでなく、メンタルの面でも悪影響をおよぼします。  しかし、殘念ながら自分では免疫力が低下していることに中々気づけません。これから年末にかけて冬の寒さがさらに厳しくなると、より体調管...

記事を読む

太りにくい体にする
       ■ リンパを刺激して美しく痩せる!  今回のテーマは「美しくキレイに痩せる」です。シェイクヨガの泉栄子先生自らリンパの流れを良くして代謝を活発化し、美しく痩せるストレッチを実演しながら解説しています。(動画は一番下にあります)  リンパは動脈や静脈といった血液循環の以外に血液成分が毛細血管から体内の細胞の隙間にあふれた水分やタンパク質などの老廃物を心臓に運ぶリンパ液の流れがあります。 ...

記事を読む

体の痛み不調の原因
      ■ 肩甲骨とは?  肩甲骨はがしをご存知ですか、ネーミングだけみるとかなり怖い印象を受けるかもしれませんが、これは首や肩こり、腰痛、冷え性などを解消するストレッチです。  その効果の高さに注目が集まっています。肩甲骨はがしは「肩甲骨」を繰り返し動かす単純なストレッチで、ストレッチといっても誰にでも出来る簡単なものです。  肩甲骨が身体のどこにあるかも分らない方が多いわけですが、下図にあり...

記事を読む

その他
      ■ トマトを食べるだけでなぜ痩せのか?  最近トマトの健康と美容に関する効果が注目を集めています。一昨年ほど前にトマトには脂肪を効率よく燃焼するための成分が含まれていることが発表されたのをきっかけにトマトが売れに売れたようです。  トマトレシピも一気に増えましたよね。個人的にはトマトおでんと焼きトマトが簡単で手軽にできるのでおすすめです。おいしいですし、体が温まるので美容と健康の両方の点...

記事を読む

その他
      ■ ネガティブは決して悪いことではない  ポジティブであることが良くてネガティブは良くないといったステレオタイプ的な考え方が一般的には依然として根強いので、これが逆に自己肯定感を拒絶することとなります。  人間誰しも24時間365日ポジティブ思考でいられるはずがありません。時にはネガティブ思考に陥ることが普通にあります。  著名な俳優、スポーツ選手、ミュージシャン、実業家、政治家などは、...

記事を読む

太りにくい体にする
        ■ なぜダイエットは続かないのか?  簡単そうで思うように成功しないのがダイエット。これだけダイエット方法や痩せる効果が高いとされるサプリメントなどが出回っているにもかかわらず、多くの方がダイエットに失敗しています。  実はダイエットには人間の「心理」が深く関わっているため、中々思うように成功しないんです。例えばダイエットしていることを内緒にして、こっそり痩せようとしても無理なんです...

記事を読む

その他
        ■ 卵をもっと食べておけばよかったと後悔しています!  私個人的に食へのこだわりは特にないですが、それでも日々の食事による健康には十分気をつけているので、栄養バランスに関しては抜かりなく考えているつもりです。しかし、これまで自分の中で唯一不足しているなと感じていた食品がありまして、それが実は「卵」だったんです。  その理由というのが、単に「コレステロール」を気にしすぎていたためです。...

記事を読む

その他
       ■ しその葉とは!?  今回は、どこでも気軽に買うことができる「シソ」についてです。しそは、平安時代から日本国内で栽培されていました。しその葉の色は緑のものと紫のものと二種類あり、あの独特の香りも人気です。  また、しその葉は栄養価が非常に高く、中でもカロテン(ビタミンA)の多さは、全野菜の中でもダントツですし、カルシウム、鉄分といった無機質も豊富で、ビタミンもB1、B2、Cと豊富に含...

記事を読む

体の痛み不調の原因
        ■ 腰痛予防は年齢や性別に関係なく必須です!  腰痛に苦しめられている人が年々右肩上がりで増え続けています。2013年の時点で慢性化していない潜在的な腰痛患者の数を含めると2800万人を超えています。すでに10人に1人が腰痛持ちとされています。  しかし、悲しいことに日本では、これほどまでに腰痛で苦しめられている人がいながら、あまり深刻にとらえられていません。恐らく腰痛は高額医療に結...

記事を読む

その他
      ■ ブロッコリースプラウトで痩せやすい体質になろう!  「ブロッコリースプラウト」の美容と健康効果が注目を集めています。ぱっと見「かいわれ大根」に似ていますよね。恥ずかしながら私はかいわれ大根だと思っていました。  しかし、実はこれ「ブロッコリー」の新芽でして、成長するとブロッコリーになります。ですので、ブロッコリースプラウトには最強野菜といわれているブロッコリーに匹敵する高い美容と健康...

記事を読む

その他
       ■ クレソンとは!?  クレソンはフランス語でして、英語の名称はウォータークレス、日本ではオランダガラシ、またはオランダミズガラシと言います。  テレビの情報番組などでもよく取り上げられるのでクレソンが栄養価の高い野菜であることはご存知かと思いますが、クレソンは過去にアメリカ疾病予防管理センター(CDC)によって最強野菜に認定されています。      同研究所では採点基準として健康に重要...

記事を読む

その他
      ■ おしっこの色で体調が分かる!?  疲れている時や風邪を引いているときなどは、おしっこの色がかなり濃いですよね。実はおしっこは毎日の健康管理に欠かせない診断チャートのような働きがあるんです。  おしっこは腎臓から作られるわけですが、肝臓や膵臓、胃、腸などの器官の働きが悪化すると、おしっこに反映されて微妙におしっこの色が異なります。      毎日色々な患者さんのおしっこをチェックされて...

記事を読む

体の痛み不調の原因
       ■ 悪玉菌の増殖度は恐ろしいほど速かった?  今回は腸内細菌についてなんですが、最近ようやく腸内細菌の重要性が色々なメディアで取り上げられるようになりました。腸内細菌は人間の心と体の健康を保つうえで非常に重要な役割を担っています。  腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌(どっちつかずの状態)が存在し、善玉菌が急に減りすぎたり、悪玉菌が増えすぎると様々な体調不良を引き起こします。ですので、腸...

記事を読む

その他
      ■ ボーッとすることに罪悪感を抱いてませんか?  毎年GWを終えると5月病に苦しめられる方が続出します。あなたの職場にもいませんか?。こうした精神的な病に苦しめられる方の特徴として「休むことに対して罪悪感を感じている」点があげられます。  仕事に関しても朝から晩までフル活動で取り組んでいかなければならないと思っています。しかも週末も何かしなければいけないという思い込みから、家でボーッと過ご...

記事を読む

その他
     ■ 怖いのは人工甘味料?  ゼロカロリーをうたった飲料水や食品が年々増えていますよね。各食品メーカーが必死になって手を変え品を変えて色々な商品を市場に投入してきています。怖いのは消費者の多くがカロリーゼロ=安心、健康に良いと安易に考えている点です。  テレビCMなんか見ると、そのように思うのも無理はありません。しかし、実際には100キロカロリー以下であれば、「カロリーゼロ」の飲料水、食品とし...

記事を読む

その他
     ■ 体幹トレーニングを日々の生活に取り入れよう!  ようやく体幹トレーニングがアスリート以外の一般の人たちにも浸透してきていますが、やはり難しいイメージがあるため、敬遠される方も依然として多いのが現状です。  しかし、体幹トレーニングは場所を選ばず、どこでも気軽に行なうことができますし、特別な運動能力も必要ないので、器具を使った激しいトレーニングが嫌いな方にぴったりのトレーニング法です。 ...

記事を読む

体の痛み不調の原因
      ■ 血液型で認知症リスクが異なる!  日本では性格診断で血液型が良く利用されていて、個人的には良くあたるなと、感心することが多いのですが、欧米では信憑性が低いとして、血液型別の性格診断や占いのようなものに触れる機会はほとんどありません。  しかし、認知障害、認知症に関しては血液型が大いに関連しそうなんです。以前ご紹介させていただいた、米バーモンド大学医学部の研究チームが米医学誌「Neurolog...

記事を読む

その他
      ■ うつ病の原因はストレスだけではない!  情報化社会といわれるようになって久しいですが、パソコンやスマホで大量の情報を処理しなければならないため、うつ病などの心の病に悩まされている方が年々増えています。  これまでは圧倒的に中高年が多かったのですが、最近では20代~30代の男女の間でも急速に増えています。ストレスがうつ病の大きな要因であることは間違いありません。  それにプラスして最近...

記事を読む

体の痛み不調の原因
      ■ 理想の睡眠パターンは幻想か?  今回のテーマは「睡眠」についてです。人が人とそて生きていく上で睡眠は非常に重要です。眠るのが夜遅かったり、睡眠時間が極端に短いと疲労が取れなかったりします。  何かに不安を感じたり、イライラしているときは大抵睡眠時間が短い時ですよね。これをそのまま続けると心と体に大きな負担をかけることになります。      しかし、他方で超がつくうほど短時間睡眠の方も...

記事を読む

その他
      ■ 若い人たちの間で認知症が急増している!?  ここ最近「デジタル認知症」が若い人たちの間で急増しているのをご存知ですか!?。スマホによって一般の人たちの生活習慣が大きく変化しています。メリットも大きいですが、その半面色々な問題点を抱えています。  デジタル認知症もその一つです。現在スマホを利用しているユーザーの60%以上が「最近モノ忘れがひどくなった」と感じているので、デジタル認知症は...

記事を読む

その他
      ■ 体にいいはずが体を容赦なく蝕んでいた?  今回もまた食品の効能・効果に関する真意と安全性に関する記事なんですが、「そんなことをいったら何も食べられないよ」と思われるかもしれません。たしかにそのとおりなんですが、知っててこれらの食品を飲食するのと、そうでないのとでは、健康に関する着地点が大きく異なります。  一つ例として、日本でもコンビニなどで手軽に手に入る「ダイエット飲料」あげさせて...

記事を読む

やっぱり納豆は凄かった!納豆の「ナットウキナーゼ」の効能・効果を最大限に高めるなら「夜納豆」が最適!!

 
 
6538920161130.png
 
 
 
 
■ 納豆の効能・効果を最大限に高めるなら夜納豆!
 
 
納豆といえば日本の朝の食卓に欠かすことのできない国民食の一つですが、最近では中国でも一部の富裕層の間で健康食品として納豆が親しまれているようです。納豆の人気に火がついたきっかけは、納豆の「ナットウキナーゼ」の健康効果に注目が集まったためです。
 
 
ナットウキナーゼが、血栓を防いで血液をサラサラにし、血流が改善されることから、「脳梗塞」や「心筋梗塞」などの予防効果が高いということで、これらのエキスが抽出されたサプリが「万病に効く神の薬」と称されるほど人気が高まっているようです。
 
 
6528920161130.png

 
あの中国人が認めるほど優れた健康効果を持つ納豆ですが、実は朝よりも夜食べた方が美容や健康に良い効果をもたらしてくれます。
 
 
ナットウキナーゼが体内で有効に働いてくれるのが10時間程度なので血栓が出来やすい夜の時間帯に合わせるように、夕方以降に納豆食べると良いと言われています。私は腸活に最近はまってまして、今までは朝だけ納豆を食べていたのですが、今年に入ってから夜も食べるようにしています。
 
 
6508920161130.png

 
ということで、今回は納豆がもつ優れた美容効果についてまとめてあるgoogirlさんの記事と動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

首にある「風府」というツボを冷やすだけ!こころとカラダが喜ぶ!ツボ押しよりも凄い9つの健康効果とは!?

 
 
6368920161130.png
 
 
 
 
■ スマホ首になってませんか!?
 
 
ここに来てスマホの長時間利用による健康被害に苦しめられている方が急増しているようです。それもそのはず下図にありますとおり、スマートフォンを利用しているときの首の傾き方によって首への負担が異なるため、正しい姿勢が求められるのですが、知らず知らずのうちに首の傾斜角度が大きくなります。
 
 
6408920161130.png

 
当然のことながら、このような姿勢を長期間にわたって続けていると、首のコリや痛みなど様々な症状が引き起こされます。さらに放置してしまうと普段の姿勢までもが下図のように悪化してしまい、体の痛みが慢性的な症状に変化してしまいます。
 
 
60度首を傾けながらスマホを利用するだけで28kgもの負荷がかかるので、頚椎・神経・椎間板を圧迫します。当然首や肩を中心とした症状がおこります。また、背中はお尻よりも後ろにさがってしまうため、巻き肩、猫背になってしまいます。
 
 
6438920161130.png
 
 
そうなると、胸(食道や呼吸器)や胃を圧迫することとなり、下にありますとおり「首」とは一見まったく関係のない色々な健康被害が生じます。
 

(01)肩こり
(02)首の痛み
(03)椎間板症(椎間板性疼痛)
(04)手のしびれ
(05)慢性頭痛
(06)めまい
(07)自律神経失調症
(08)うつ
(09)冷え性、
(10)疲れやすい
(11)胸焼け
 

 
前回下図にある「風府」というツボをマッサージする方法をご紹介させていただきましたが、「風府」の部分をアイスノンなどを利用して冷やすことによって、ツボ押し以上に優れた効果が期待できるようです。
 
 
6418920161130.png
 
出典:http://www.wellbest.jp/
 
 
ということで、今回はガジェット通信さんに掲載されていたTABI LABOさんの記事と「風府」のつぼマッサージを実演している動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

脂肪肝はお酒より肥満(メタボ)が原因の方が怖かった!そのまま放置すると肝臓がんへまっしぐら!

 
 
886_20160822212423bb9.png
 
 
 
 
■ 今回のテーマは「脂肪肝」
 
 
今回は「脂肪肝」がテーマです。吉田たかよし先生の動画を合わせてご紹介させていただきます。
 
 
脂肪肝は、肝臓に中性脂肪が溜まりすぎてしまうことによって起こる病気です。この段階では健康を脅かすような症状はありませんが、放置すると肝硬変や肝臓がん発展するので、注意が必要です。
 
 
世間一般では、お酒の飲み過ぎによっておこる病気とされています。しかし、実際にはそれ以上にメタボによる場合が多く、それゆえに危険な病気とされています。
 

» 記事の続きを読む

20歳若返る?「ファスティング」の15の効能・効果が凄い!人は1日1食でもっと健康になれる!!

 
 
47_201605121915074fc.png
 
 
 
 
 
■ 1日1食でもっと健康になる!?
 
 
ビートたけしさんやタモリさんら、著名人の間で1日1食のファスティングを実践されている方が増えているようです。傍から見ると「1日1食で本当に大丈夫なのか?」と心配になりますが、慣れると逆に快適なようです。
 
 
3日程度の断食であれば、私も何度か実践したことがありますが、確かに3日目に入ると感覚が研ぎ澄まれてくるので、深呼吸するだけでものすごく気持ちよくなります。
 
 
日本では医療ジャーナリストの船瀬俊介さんが1日1食のファスティングの提唱者として有名ですが、船瀬さんが仰るとおり、頭脳労働が中心の仕事をしている方にとって1日1食のファスティングは仕事の能率をあげるなど、色々とメリットが多いです。
 
 
6328920161129.png
 
 
成長過程にあるお子さんには当然不向きですが、いわゆる中高年と呼ばれる年代に入ったら、食事の量や回数は意識して少なくした方が良いと思います。
 
 
私も数年前から1日2食、週末は1日1食、月1回2~3日間の断食を行ないながら過ごしてますが、至って健康です。
 
 
ということで、今回は船瀬俊介さんの著書をもとに1日1食のファスティングにどのようなメリットがあるのか、分かりやすく解説したSuzieさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

体の痛みはうつぶせで治る!?「うつぶせユラユラ」の効果が凄い!仕事で一日中座りっぱなしの方に最適!

 
 
6218920161129.png
 
 
 
 
 
■ 体の痛みはどこからくるの?
 
 
ところであなたは「筋膜リリース」という、体の痛みを解消するためのエクセサイズをご存知でしょうか?。ちなみに筋膜リリースの筋膜とは、筋肉や内臓、骨、血管など、全ての器官を包みこむ薄い膜のことなんですが、実は筋肉は元々はバラバラなんですが、この筋膜によって一つにパックされた状態になっています。
 
 
6208920161129.png
 
 
この筋膜が固くなってしまうと肩こりや腰痛など、体の痛みが生じてしまいます。実はこれが体の痛みの原因なんです。仕事で一日中座りっぱなしで、しかも運動不足だと筋膜の収縮が行われないので硬くなってしまい、体のいたるところに痛みが生じてしまいます。
 
 
そのまま放置してしまうと代謝が著しく低下することとなり、太りやすい体質になってしまうので、できるだけ早い段階で筋膜をほぐしてやる必要があります。
 
 
6228920161129.png
 
 
ですので、体の痛みを解消させるには、この筋膜をほぐしてあげればいいんですが、筋膜リリースは確かに効果は高いのですが、どうしても痛みが生じます。また、色々なポーズがあるので、実際に慣れるまでに時間がかかります。
 
 
そこで今回ご紹介させていただきたいのが、「うつぶせユラユラ」というエクセサイズです。こちらのエクセサイズは、うつぶせになって腰を金魚のように可能な限りふるだけなので、非常に簡単です。しかも効率よく筋膜をやわらかくしてくれるので短期間で体の痛みから解放される可能性が高く、痛みを感じにくい点も大きなメリットです。
  
  
ということで、今回は「うつぶせユラユラ」を実際に実践し、その効果をまとめたダ・ヴィンチニュースさんの記事と動画をあわせてご紹介させていただきます。また寝るさいには以下の画像のとおり足もとに布団やまくらをおいて寝ると体の負担が軽減されるので、体の痛みが緩和されます。
 
  
6258920161129.png

» 記事の続きを読む

 タグ
None

りんごは「ホット」で医者いらず!りんごは「加熱」すると栄養価がアップして最強の万能薬になる!?

 
 
6118920161129.png
 
 
 
 
 
■ リンゴはいまがまさに旬!
 
 
昔から「一日一個のリンゴで医者いらず」と言われるほど、リンゴには美容と健康に優れた効果をもたらす栄養素が豊富に含まれています。中身がすかすかな外国産のりんごよりも国内産のりんごの方が中身がしっかりつまっているので、1日1個ではなく、半分で十分優れた健康効果が期待できるといった声もあります。
 
 
ちなみにりんごの収穫時期は10月から12月くらいまでです。保存がかなり効くようなので、2~3月くらいまではスーパーの店頭に並びます。つまり、リンゴは今まさに旬なんです。
 
 
実はリンゴは加熱することによって、りんご本来の栄養価がさらにアップするのをご存知ですか?。ちなみにリンゴに含まれる代表的な栄養素は以下のとおりとなります。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

食後にやってはいけない5つのこと!体への負担がハンパじゃない!多くの人がこれで「健康寿命」を縮めてます!

 
 
15_201605210249490c9.png
 
 
 
 
■食べてすぐに寝る
 
 
食後に軽く寝るのが良いといった声もありますが、これはソファなど楽に腰掛けられる物に座ったままの状態で15分程度の仮眠を取るのであれば問題ないようです。
 
 
リラックス効果が高まるのでストレスも抑えられ、仕事の効率も上がります。
 
 
しかし、食べてすぐに横になってしまうと、どうしても胃の中で処理されている最中の物が腸に行きやすくなってしまいますので、確実に胃と腸の働きに悪影響を及ぼします。
 
 
 
6008920161128.png
 
 
 
これが習慣化すると、逆流性胃腸炎などを発症する原因となってしまうので要注意です。
 
 
消化機能を良い状態にたもつためにも食後30分~1時間静かに体を休ませる方がよい
 
 
また夕食を食べた後すぐに横になってそのままウトウトしてしまうと、夜眠れなくなってしまうこともありますので、夕方以降(午後3時)の仮眠は控えたほうがいいでしょう。
 
 
また夜に食べてすぐに寝てしまうと寝ている間に脂肪として蓄積されやすくなりますので、夜は食後最低でも2時間は置いてから就寝されることをオススメします。
 
 
 
 
 
6018920161128.png
 
 
 
■食後のお風呂
 
 
食べてすぐにお風呂に入ると、胃腸の血液循環が急激に悪化するため、それと同時に胃液の分泌と胃腸の働きが悪化するため消化不良を起こしてしまう可能性があります。
 
 
ご飯を食べてから、最低でも30分、できれば60分程度休憩してから入りましょう。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

炭水化物依存症の原因と症状について!炭水化物を食べ過ぎると生活習慣病リスクが高まります!

 
 
5988920161128.png
 
 
 
 
■ 炭水化物依存症とは?
 
 
お米や小麦などの炭水化物は、人が生きていくうえで欠かすことが出来ない大切な栄養素ですが、炭水化物には糖質が沢山含まれているので食べ過ぎには要注意です。
 
 
炭水化物を食べ過ぎると栄養バランスが崩れてしまい様々な病気を引き起こします。
 
 
最近では炭水化物を避ける動きが広がっている反面、炭水化物依存症に苦しむ人が増えています。炭水化物依存症は文字通り炭水化物を頻繁に過剰摂取してしまう状態です。
 
 
 
 
 
5958920161128.png

 
 
■ 炭水化物依存症の恐怖とは?
 
なぜ依存してしまうのかというと、炭水化物を摂取することによって小腸でブドウ糖などの「単糖類」に分解されるので、食後1時間たったころに血糖値が大きく上昇します。
 
 
血糖値が大きく上昇すると、それを下げるために「インスリン」が刺激して、細胞や組織は「ブドウ糖」を取り込んで血糖値を下げる働きが活発化します。
 
 
このインスリンが必要以上に出ると血液中のブドウ糖が次第に不足します。
 
 
 
5998920161128.png
 
 
 
そうなると脳がエネルギー不足していると判断し、今度は逆に血糖値を上げようとします。そのため炭水化物を沢山食べて不足している分を補おうとするわけです。
 
 
これを繰り返すうちに中毒になります。魚や肉を食べても満足感が得られにくくなります。このため延々と食べ続けてしまう、もしくは炭水化物を食べる機会が極端に増えます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ

苦手な人と上手に接するには?たったこれだけで心の負担が減る!無理して仲良くする必要はない!

 
 
5558920161126.png
 
 
 
 
■ あなたは苦手な人がいますか?
 
 
今回のテーマは「苦手な人との接し方」について、心理療法家 川畑のぶこさんが分かりやすく解説しています。ところで今あなたは苦手な人がいますでしょうか?。
 
 
今現在、苦手な人とどうやって接すればいいかで悩んでいる方も多いかと思います。
 
 
人間関係のストレスの約9割は、職場の人間関係とされているくらい大きな割合を占めているだけに、軽視することはできませんが、深く悩み過ぎるのも問題です。
 
 
 
287.png
 
 
 
こういった問題は望むと望まないとかかわらず、社会に生きているる私たちは逃れることはできません。では、「具体的に何をどうすれば良いのでしょうか?」。
 
 
まず大切なのは「できるだけ苦手な人とは接触する機会や時間を少なくするようにする」ことです。苦手な人よりも、自分が一緒にいて心地よい人との時間を増やすべきですよね。
 
 
そのためにもどういう人が自分にとって心地よかったり、楽しかったり、心が安らいだりするのかといったことを日常生活の中でしっかり意識する必要があります。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

爪をもむだけで健康になれる!? 凄すぎる爪もみの健康効果とは!?今日から自分で出来る超簡単健康法!

 
 
5728920161128.png

 
 
 
■ なぜ冬は免疫力が低下しやすいのか!?
 
 
ここに来て日増しに寒さが厳しくなっています。そこで注意したのが「免疫力の低下」です。今の時期に免疫力が低下すると風邪やインフルエンザなど病気を引き起こしやすくなるばかりでなく、メンタルの面でも悪影響をおよぼします。
 
 
しかし、殘念ながら自分では免疫力が低下していることに中々気づけません。これから年末にかけて冬の寒さがさらに厳しくなると、より体調管理が難しくなりますので、ほんの少し夜更かししただけで体調不良を引き起こす可能性があるだけに、免疫力を低下させないための対策が必要です。
 
 
 
5548920161126_20161128180829a5c.png
 
 
 
ちなみに免疫力が低下する原因についてですが、「ストレス」がかなり大きな割合を占めています。自律神経の一つである「交感神経」が過度に緊張すると「リンパ球」が減少するためです。
 
 
習慣的に運動されている方は問題ないのですが、そうでない方は気候や環境のちょっとした変化、ストレスなどによって免疫力が著しく低下します。そこで、手軽に出来る「免疫力アップ法」としておすすめしたいのが「爪もみ」です。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

リンパを刺激するストレッチでキレイに痩せる!今よりもっと健康的に美しく痩せたい方は必見です!

 
 
784_20160418235025f0c.png
  
 
 
 
■ リンパを刺激して美しく痩せる!
 
 
今回のテーマは「美しくキレイに痩せる」です。シェイクヨガの泉栄子先生自らリンパの流れを良くして代謝を活発化し、美しく痩せるストレッチを実演しながら解説しています。(動画は一番下にあります)
 
 
リンパは動脈や静脈といった血液循環の以外に血液成分が毛細血管から体内の細胞の隙間にあふれた水分やタンパク質などの老廃物を心臓に運ぶリンパ液の流れがあります。
 
 
これがいわゆるリンパのことで、このリンパ液が流れる管をリンパ管といいます。
 
 
 
5588920161126.png
 
 
 
身体の表面を流れるリンパ液はそれぞれ決まったリンパ節に向って流れています。
 
 
リンパは全身に流れています。その中にリンパ節という節となった部分が身体のいたる所にありまして、これを刺激してあげるとリンパの流れがよくなります。
 
 
そうすることで美容と健康の両方に素晴らしい効果をもたらします。今回のストレッチは「ひざの裏」、「鼠径部の足の付根」、「わきの下」のリンパ節を刺激します。

» 記事の続きを読む

肩甲骨を動かすだけの肩甲骨はがしの凄すぎる効果とは?とにかく気持ちいいので気がついたら肩こりが治ります!

 
 
506_20151029180020b0b.png
 
 
 
 
■ 肩甲骨とは?
 
 
肩甲骨はがしをご存知ですか、ネーミングだけみるとかなり怖い印象を受けるかもしれませんが、これは首や肩こり、腰痛、冷え性などを解消するストレッチです。
 
 
その効果の高さに注目が集まっています。肩甲骨はがしは「肩甲骨」を繰り返し動かす単純なストレッチで、ストレッチといっても誰にでも出来る簡単なものです。
 
 
肩甲骨が身体のどこにあるかも分らない方が多いわけですが、下図にありますとおり肩甲骨は非常に重要な部位です。人間が可能とする動作に大きな影響を及ぼします。
 
 
そして、肩甲骨を刺激すると非常に気持ちが良いので、ここをストレッチやマッサージなどで刺激すると全身の疲れが全て取れるかのような心地よさと気持ちよさがあります。
 
 
 
5498920161126.png

» 記事の続きを読む

 タグ
None

本当はだれにも教えたくないトマトの凄すぎる美容と健康効果!なぜトマトダイエットで痩せるのか!?

 
 
81.png
 
 
 
 
■ トマトを食べるだけでなぜ痩せのか?
 
 
最近トマトの健康と美容に関する効果が注目を集めています。一昨年ほど前にトマトには脂肪を効率よく燃焼するための成分が含まれていることが発表されたのをきっかけにトマトが売れに売れたようです。
 
 
トマトレシピも一気に増えましたよね。個人的にはトマトおでんと焼きトマトが簡単で手軽にできるのでおすすめです。おいしいですし、体が温まるので美容と健康の両方の点からいっても非常に優れていると思います。
 
 
では本当にトマトを食べるとやせるのかというと、ずばり痩せます。もちろん他のものを食べ過ぎたり、まったく運動をしなければダメです。特に冬場は運動不足になりがちなので注意が必要です。

 
5418920161126.png


そこでトよりトマトダイエット効果を高める方法をご紹介させていただくために、今回はトマトに関する幅広い解説がなされているFYTTEwebさんの記事と見た目だけでなく心と体が健康になるダイエット方法をまとめた動画をご紹介します。
 
 
そして、私から最後に一つ、運動不足を解消するために日常生活で簡単にできる方法をご紹介させてください。それは「つま先立ちウォーク」です。室内にいるときだけでもいいので、お腹をひっこめて背伸びした状態で歩くだけなので非常に簡単です。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

ネガティブな思考や感情を受け入れると人生がもっと面白くなる!!正しくネガティブと向き合う方法とは!?

 
 
5228920161125.png
 
 
 
 
■ ネガティブは決して悪いことではない
 
 
ポジティブであることが良くてネガティブは良くないといったステレオタイプ的な考え方が一般的には依然として根強いので、これが逆に自己肯定感を拒絶することとなります。
 
 
人間誰しも24時間365日ポジティブ思考でいられるはずがありません。時にはネガティブ思考に陥ることが普通にあります。
 
 
著名な俳優、スポーツ選手、ミュージシャン、実業家、政治家などは、なぜ成功できたのかといえば、ネガテイブな自分さえも、しっかり受け入れることができたからに他ありません。
 
 
390.png
 
 
そうしなければ常に不安に怯えることになってしまい、その時々で正しい決断ができるはずもありません。
 
 
自己嫌悪から「こんな自分はいやだ」、「何でこんな簡単なことで失敗するんだ」「俺はこういうふうに人から見られたい」と、自分そのものを否定してしまうケースが多いです。そうすると余計に自己否定感が大きくなってしまうので生きるのが苦しくなります。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

男も女も習慣を変えるだけで簡単にお腹がすっきり凹む!姿勢が良くなってヒップアップ効果も!メタボな方必見です!

 
 
5088920161125.png
 
 
 
 
 
 
■ なぜダイエットは続かないのか?
 
 
簡単そうで思うように成功しないのがダイエット。これだけダイエット方法や痩せる効果が高いとされるサプリメントなどが出回っているにもかかわらず、多くの方がダイエットに失敗しています。
 
 
実はダイエットには人間の「心理」が深く関わっているため、中々思うように成功しないんです。例えばダイエットしていることを内緒にして、こっそり痩せようとしても無理なんです。なぜなら「人に見られている」という効果が働かないからです。
 
 
仕事やスポーツなどでもそうですが、人は人に見られていることで、頑張ろうとしますよね。同じ仕事をするにしても、一人でやるのとチームの中でやるのとでは、仕事の質や効率に大きな差が出ます。勿論人間関係の問題など、いくつかデメリットな点もありますが、それが逆に自分を高めてくれる材料にもなります。
 
 
 
5018920161125.png
 
 
 
ダイエットに成功して、「痩せたね」「かわいくなったね」「前よりかっこよくなったね」と言われたいですね。こうした承認欲求がダイエットの原動力になっています。しかし、人間はとにかく飽きっぽいです。一つのダイエットに固執すると必ず飽きてしまうので、失敗します。
 
 
そこでおすすめしたいのが、短期的なダイエットを実践するのではなく、習慣を変えて太りにくい体質に改善することです。ということで今回は、お腹を凹ます6つの習慣について解説しているモデルプレスさんの記事と動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

卵は1日1個までは嘘だった!?コレステロールは身体に悪くない!?1日3個の卵で人はもっと健康になれる!

 
 
4868920161124.png
 
 
 
 
 
 
■ 卵をもっと食べておけばよかったと後悔しています!
 
 
私個人的に食へのこだわりは特にないですが、それでも日々の食事による健康には十分気をつけているので、栄養バランスに関しては抜かりなく考えているつもりです。しかし、これまで自分の中で唯一不足しているなと感じていた食品がありまして、それが実は「卵」だったんです。
 
 
その理由というのが、単に「コレステロール」を気にしすぎていたためです。卵は完全食品(人間が健康を維持するために必要な栄養を幅広く含んだ食品)でありながら、コレステロール値が高いということで無意識のうちに控えていたようです。
 
 
去年までは卵を食べない日の方が多かったのですが、これが大きな間違いであることに今年に入ってようやく気がついたので、それ以降は卵を出来るだけ食べるようにしていますが、卵の持つ優れた栄養素が健康につながっていると実感しています。
 
 
4928920161124.png
 
 
また、これまでコレステロール=体に悪いとされていた根拠が酷いんです。今から100年以上前にロシアでうさぎを使った実験で行われた結果をもとにされているので、そもそも人間にあてはめるのが無理な話だったんですよね。
 
 
ということで、今回は最近読んだ本の著者である『卵を食べれば全部よくなる』の著者である佐藤智春さんが卵の優れた効能とコレステロールに関する誤解について語ったデイリーニュースオンラインの記事と1度に沢山の卵を食べられるレシピとして最高のオムライスの作り方を実演した動画をあわせてご紹介させていただきます。
 
 
食べ過ぎは勿論良くありませんが、あまりにもメディアから報じられる情報を気にしすぎるのもよくありませんね。バランスを考えて卵料理を楽しみたいです。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

しその葉の健康効果がとにかく凄い!!ツイッターで大人気の超簡単「しその葉」レシピ5選!!

 
 
682_20160407205348fb3.png
 
 
 
 
 
■ しその葉とは!?
 
 
今回は、どこでも気軽に買うことができる「シソ」についてです。しそは、平安時代から日本国内で栽培されていました。しその葉の色は緑のものと紫のものと二種類あり、あの独特の香りも人気です。
 
 
また、しその葉は栄養価が非常に高く、中でもカロテン(ビタミンA)の多さは、全野菜の中でもダントツですし、カルシウム、鉄分といった無機質も豊富で、ビタミンもB1、B2、Cと豊富に含まれています。
 
 
自宅で比較的簡単に栽培することができます。ちなみに、しその葉の主な効能は以下のとおりです。
 
 

(1)貧血
 
(2)腹痛
 
(3)食欲増進
 
(4)神経痛
 
(5)リュウマチ
 
(6)動脈硬化
 
(7)骨粗鬆症
 
(8)花粉症
 

 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

10人に1人が腰痛持ち!腰痛は深刻な国民病だった!腰痛を解消するには揺らしてゆるめるのが効果的!

 
 
4578920161124.png
 
 
 
 
 
 
■ 腰痛予防は年齢や性別に関係なく必須です!
 
 
腰痛に苦しめられている人が年々右肩上がりで増え続けています。2013年の時点で慢性化していない潜在的な腰痛患者の数を含めると2800万人を超えています。すでに10人に1人が腰痛持ちとされています。
 
 
しかし、悲しいことに日本では、これほどまでに腰痛で苦しめられている人がいながら、あまり深刻にとらえられていません。恐らく腰痛は高額医療に結びつかないからではないかと個人的に思っています。
 
 
生活習慣病を手厚く保証する民間の保険は色々ありますが、腰痛に関しては見たことがありません。これだけ医学が進歩しているにもかかわらず腰痛の原因の約8割が不明状態にあるのも、こうした問題と無関係ではないように思われます。
 
 
 
4558920161124.png
 
 
 
確かに腰痛は症状であって病気ではないので仕方ない面もありますが、人によっては数十年間もその症状に苦しめられているケースも珍しくないだけに、歯がゆいところです。ですので、自分の健康は自分で守るしかありません。
 
 
そのためにも年齢や性別に関係なく腰痛予防が必要だと思います。ということで、今回は国民病としての腰痛の問題点について解説している「HEALTH PRESS」さんの記事と腰痛の痛みを劇的に抑えるセルフ整体の実演動画をご紹介さえていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

ブロッコリースプラウトの凄すぎるデトックス効果で簡単ダイエット!3日に1回食べるだけで痩せる秘密とは?

 
 
171_201605232209094d9.png
 
 
 
 
■ ブロッコリースプラウトで痩せやすい体質になろう!
 
 
「ブロッコリースプラウト」の美容と健康効果が注目を集めています。ぱっと見「かいわれ大根」に似ていますよね。恥ずかしながら私はかいわれ大根だと思っていました。
 
 
しかし、実はこれ「ブロッコリー」の新芽でして、成長するとブロッコリーになります。ですので、ブロッコリースプラウトには最強野菜といわれているブロッコリーに匹敵する高い美容と健康効果があるんです。
 
 
新芽の状態では弱々しいので、ブロッコリーに成長した方が遥かに栄養価が高そうに思いますのよね。しかし、野菜の場合は逆なんです。実は野菜や果物の栄養素は本来であれば種の中に多く含まれているので、成長していくにつれ栄養素は減少します。


ですので大人のブロッコリーよりも子どものブロッコリースプラウトを摂る方が効率よく栄養素を吸収できるんです。
 
 
4328920161124.png
 
 
ブロッコリースプラウト摂ることで得られる栄養素で一番凄いのが「スルフォラファン」です。これは抗酸化物質がなんと!ブロッコリーの20倍以上も含まれているんです。
 
 
しかもその抗酸化作用は3日間も持続します。他の野菜や果物ではこうはいきません。ということで今回はブロッコリースプラウトの特徴とブロッコリースプラウトでのダイエット方法を解説したFYTTEさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

最強野菜のクレソンは優れた万能食材!がん、生活習慣病、アレルギーを予防!便秘やむくみを解消!

 
 
781.png
 
 
 
 
 
■ クレソンとは!?
 
 
クレソンはフランス語でして、英語の名称はウォータークレス、日本ではオランダガラシ、またはオランダミズガラシと言います。
 
 
テレビの情報番組などでもよく取り上げられるのでクレソンが栄養価の高い野菜であることはご存知かと思いますが、クレソンは過去にアメリカ疾病予防管理センター(CDC)によって最強野菜に認定されています。
 
 
 
3848920161122.png
 
 
 
同研究所では採点基準として健康に重要とされるカリウム、食物繊維、タンパク質、カルシウム、鉄、チアミン、リボフラビン、ナイアシン、葉酸、亜鉛、ビタミンA、B6、B12、C、D、E、Kの17の栄養素の含有量をベースにしています。
 
 
ちなみにクレソンは、パーフェクトの100点を獲得し、見事1位となりました。偏った採点がなされないようにと、採点基準が厳格化されているので、本当に凄いことです。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

おしっこの色で体調不良を診断できる!?日々の体調管理に取り入れたい「おしっこ体調不良診断」!!

 
 
69_201605150329166e6.png
 
 
 
 
■ おしっこの色で体調が分かる!?
 
 
疲れている時や風邪を引いているときなどは、おしっこの色がかなり濃いですよね。実はおしっこは毎日の健康管理に欠かせない診断チャートのような働きがあるんです。
 
 
おしっこは腎臓から作られるわけですが、肝臓や膵臓、胃、腸などの器官の働きが悪化すると、おしっこに反映されて微妙におしっこの色が異なります。
 
 
 
3798920161122.png
 

 
毎日色々な患者さんのおしっこをチェックされている看護師さんの中には、おしっこの色を見るだけで瞬時に患者さんの状態が分る猛者もいます。
 
 
ここまでなる必要はありませんが、少しでも異変に気づいたら迷わず病院を受診しましょう。ということで、今回はおしっこで体調不良を診断する方法をまとめているTABI LABOさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

ファストフードを食べ続けると腸内はたった2日で万病の元「デブ菌」だらけ! 腸内環境を良くする9つの食品で腸を守る!

 
 
3528920161122.png
 
 
 
 
 
■ 悪玉菌の増殖度は恐ろしいほど速かった?
 
 
今回は腸内細菌についてなんですが、最近ようやく腸内細菌の重要性が色々なメディアで取り上げられるようになりました。腸内細菌は人間の心と体の健康を保つうえで非常に重要な役割を担っています。
 
 
腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌(どっちつかずの状態)が存在し、善玉菌が急に減りすぎたり、悪玉菌が増えすぎると様々な体調不良を引き起こします。ですので、腸内細菌はバランスが非常に重要になります。
 
 
肥満の人は、このバランスが著しく悪いため、太りやすい体質になってしまうわけですが、この状態をさらに放置してしまうと、悪玉菌が勢いを増して繁殖してしまいます。
 
 
そうなると、肝臓がんをはじめ、がんを発症させてしまうリスクが高まってしまうことが最近の研究結果によって明らかになっています。 
 
 
3538920161122.png

 
 
腸内細菌の役割とは?
 
 
腸内細菌の主な役割は以下の通りとなっています。
 
 
●アミノ酸やビタミンなどの栄養素を作る
 
●免疫機能を正常に作動させるスイッチ
 
●消化管内の働きを守る
 
 
 
3518920161122.png

 
 
善玉菌の役割とは?
 
・美容や健康に欠かすことができないビタミン類を生成する(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンK)
・免疫力を高めて傷や病気の治りを早くする
・がんなどの病気の予防
・老化を防止する
・コレステロール値を下げる
・悪玉菌が増える(悪さする)のを抑える
 
 
 
悪玉菌の役割とは?
 
・腸内を腐らせる
・おならを発生させる
・発がん物質など有害物質を作り出す
・肝臓などの内臓器官に負担をかける
 
 
いかに腸内細菌が重要かおわかり頂けたかと思います。ということで、今回は過去50年間に渡る腸内最近の研究結果を大変分かりやすくまとめている Yu Suzuki さんの記事と動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

ボーッとしているときの脳は普段の20倍働いていた!誰でも凄い自分になれるストレス知らずの脳の使い方!

 
 
3278920161121.png
 
 
 
 
■ ボーッとすることに罪悪感を抱いてませんか?
 
 
毎年GWを終えると5月病に苦しめられる方が続出します。あなたの職場にもいませんか?。こうした精神的な病に苦しめられる方の特徴として「休むことに対して罪悪感を感じている」点があげられます。
 
 
仕事に関しても朝から晩までフル活動で取り組んでいかなければならないと思っています。しかも週末も何かしなければいけないという思い込みから、家でボーッと過ごすことがありません。
 
 
これでは心と体が休まる暇がありません。このため精神的に疲弊してしまうわけですが、実は無理してバリバリ働くよりも、ボーッとしながら働いたほうが仕事の生産性が上がることが証明されています。
 
 
 
832_2016081518422853a.png
 
 
 
実はボーッとしているとき脳は充電しているように思われますが、実は普段の約15~20倍働いているんです。ですので、意外に思われるかもしれませんが、意識してバリバリはたらくよりも、意識してボーッとしたほうがいいんですね。
 
 
しかも、そうすることで、仕事のストレスを抑えることができるので、色々とメリットがあります。ということで今回はボーっとしているときの凄い脳の働きについて分かりやすく解説したSuzieさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

ゼロカロリーにだまされないで!「ゼロカロリー」=「健康」ではありません!人工甘味料で糖尿病リスク拡大!

 
 
2858920161119.png

 
 
 
■ 怖いのは人工甘味料?
 
 
ゼロカロリーをうたった飲料水や食品が年々増えていますよね。各食品メーカーが必死になって手を変え品を変えて色々な商品を市場に投入してきています。怖いのは消費者の多くがカロリーゼロ=安心、健康に良いと安易に考えている点です。
 
 
テレビCMなんか見ると、そのように思うのも無理はありません。しかし、実際には100キロカロリー以下であれば、「カロリーゼロ」の飲料水、食品として売り出すことができるんです。ですので、大抵の場合ゼロカロリーではありません。
 
 
また、これらの飲料水、食品の多くが人工甘味料が使われていたりするので、この点に関しても注意しながら食べたり飲んだりしないと、「痩せるつもりで買ったのに、逆に太ってしまう」、なんてことになりかねません。
 
 
 
112_2016051822283353d.png
 
 
 
それだけ人工甘味料には肥満を促進させてしまう成分が含まれているわけですが、その点について大手メディアで語られることは極めて少ないので、なおさらのことゼロカロリーをうたう製品には注意が必要です。
 
 
上にある画像の男性は人工甘味料を含んだ飲料水を毎日飲んでいるうちに、完全に中毒になってしまったため、痩せるどころか逆に太ってしまったイギリスの男性です。適量を飲んだり食べたりするのが難しいのも人工甘味料の特徴のようです。
 
 
ということで、今回はゼロカロリーをうたう製品に含まれる人工甘味料の危険性について分かりやすく解説したダイヤモンド・オンラインさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

体幹トレーニングの凄すぎる6つの効果!!美脚やウエスト痩せ、美姿勢、美尻、ダイエットなど盛り沢山!

 
 
2558920161118.png

 
 
 
■ 体幹トレーニングを日々の生活に取り入れよう!
 
 
ようやく体幹トレーニングがアスリート以外の一般の人たちにも浸透してきていますが、やはり難しいイメージがあるため、敬遠される方も依然として多いのが現状です。
 
 
しかし、体幹トレーニングは場所を選ばず、どこでも気軽に行なうことができますし、特別な運動能力も必要ないので、器具を使った激しいトレーニングが嫌いな方にぴったりのトレーニング法です。
 
 
たった数分やるだけで、運動不足を解消できますし、呼吸を整えながらインナーマッスルを鍛えることができるので、効率よく脂肪燃焼することが出来ます。その結果ダイエット効果も期待できます。
 
 
 
2428920161118.png
 
 
 
とにかく体幹トレーニングはメリットが多いです。私は横腹に肉がつきやすいため、普通のトレーニングを実践しているときは、横腹の脂肪をとることができませんでした。
 
 
しかし、体幹トレーニングを実践するようになってから、2週間程度で気にならないレベルにまで脂肪がとれました。今も週最低5日はやっていますので、自信を持っておすすめできます。
 
 
ということで、今回は体幹トレーニングの基本とメリットについてわかりやすく解説した綺麗のトリセツさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

血液型で認知症リスクが異なる!?認知障害のリスクが一番高いのはAB型で認知症の発症リスクが一番低いのがO型!?

 
 
2308920161118.png
 
 
 
 
■ 血液型で認知症リスクが異なる!
 
 
日本では性格診断で血液型が良く利用されていて、個人的には良くあたるなと、感心することが多いのですが、欧米では信憑性が低いとして、血液型別の性格診断や占いのようなものに触れる機会はほとんどありません。
 
 
しかし、認知障害、認知症に関しては血液型が大いに関連しそうなんです。以前ご紹介させていただいた、米バーモンド大学医学部の研究チームが米医学誌「Neurology」に寄稿した記事によると、認知障害になるリスクを解析したところAB型は他の血液型とくらべて82%も高いことが判明しています。


ちなみに、ここでいう「認知症」と「認知障害」の違いについてですが、認知障害は認知症の前段階(物忘れが進んでいるレベル)の状態をさします。認知症はレビー小体型認知症やアルツハイマー型認知症など認知機能が著しく低下し、社会生活が困難なレベルの病気です。
 
 
 
2318920161118.png
 
 
 
AB型は脳卒中や心臓病を発症させるリスクも他の血液型よりも高いようです。そうした中で今回は、アルツハイマーなどの認知症を発症するリスクが一番低いのがO型である可能性がシェフィールドの研究チームによって発表された記事(出典:FUTURUS(フトゥールス)さん)をご紹介させていただきます。
 
 
O型は以前から、がんなどの死のリスクが高い病気になりにくい(あくまでも他の血液型とくらべて)といったことがささやかれていましたが、今回の研究でその謎がまた一歩前進することになりました。
 
 
うまくいくと認知症の治療が飛躍的に進化する可能性を秘めているだけに本当に楽しみです。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

うつ病の原因はストレスだけじゃない!!乱れた食生活が心の病に与える恐ろしい影響とは!?

 
 
198.png
 
 
 
 
■ うつ病の原因はストレスだけではない!
 
 
情報化社会といわれるようになって久しいですが、パソコンやスマホで大量の情報を処理しなければならないため、うつ病などの心の病に悩まされている方が年々増えています。
 
 
これまでは圧倒的に中高年が多かったのですが、最近では20代~30代の男女の間でも急速に増えています。ストレスがうつ病の大きな要因であることは間違いありません。
 
 
それにプラスして最近では食事の問題を指摘する声も高まっています。これは食事の量だったり、回数だったり、食品そのものが問題だったりするので、中々根が深いです。
 
 
 
2568920161118.png
 
 
 
一人暮らしの若い独身男性で自炊をしない方は、どうしても食事のバランスが崩れがちです。カップラーメンなどのインスタント食品で済ませてしまうケースが多いです。
 
 
ですので、今回はうつ病を予防する上で食生活を見直すポイントと、問題のある食品とそうでない食品との見分け方を解説した「Woorisさん」の記事とうつ病の症状を改善する上で大切なポイントを解説した動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

夜ふかしさんに朗報!?通常の睡眠パターンとかけ離れている異端児ほど質の高い知性と想像力がある!

 
 
102.png
 
 
 
 
■ 理想の睡眠パターンは幻想か?
 
 
今回のテーマは「睡眠」についてです。人が人とそて生きていく上で睡眠は非常に重要です。眠るのが夜遅かったり、睡眠時間が極端に短いと疲労が取れなかったりします。
 
 
何かに不安を感じたり、イライラしているときは大抵睡眠時間が短い時ですよね。これをそのまま続けると心と体に大きな負担をかけることになります。
 
 
 
2008920161117.png
 
 
 
しかし、他方で超がつくうほど短時間睡眠の方もいます。仕事によっては夜勤があるので、毎日同じ時間帯に寝ることが難しいため気がついたら一日数回に分けて寝ています。
 
 
私も仕事の関係で1回に眠る時間は3時間程度です。しかし、疲れているときはより睡眠時間を長くしていますが、1回の睡眠で5時間以上寝たことが過去5年ほどありません。
 
 
それでも以前よりも健康なので、本当にありがたいです。ということで今回は別な角度から睡眠について学ばせて頂きました。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

記憶力や集中力が低下するデジタル認知症とは?認知症だけじゃない!他にもあるスマホ依存による健康被害とは?

 
 
9420161115.png
 
 
 
 
■ 若い人たちの間で認知症が急増している!?
 
 
ここ最近「デジタル認知症」が若い人たちの間で急増しているのをご存知ですか!?。スマホによって一般の人たちの生活習慣が大きく変化しています。メリットも大きいですが、その半面色々な問題点を抱えています。
 
 
デジタル認知症もその一つです。現在スマホを利用しているユーザーの60%以上が「最近モノ忘れがひどくなった」と感じているので、デジタル認知症は予備軍を含めるとかなりの数になりそうです。
 
 
ですので、10代の若者の間でも記憶力に問題のあるケースが増えています。事実、18歳から39歳の14%の人が記憶力が実際に衰えていることが明らかになっています。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

知らなかったでは済まされない!?体に良いと思って食べたり飲んだりしていた健康食品に関する13の嘘とは!?

 
 
7620161115.png
 
 
 
 
■ 体にいいはずが体を容赦なく蝕んでいた?
 
 
今回もまた食品の効能・効果に関する真意と安全性に関する記事なんですが、「そんなことをいったら何も食べられないよ」と思われるかもしれません。たしかにそのとおりなんですが、知っててこれらの食品を飲食するのと、そうでないのとでは、健康に関する着地点が大きく異なります。
 
 
一つ例として、日本でもコンビニなどで手軽に手に入る「ダイエット飲料」あげさせていただきます。私以前肝炎を患い、お酒を絶たなければならなかったので、代替品として「ダイエット飲料」をしばらくの間飲んでいました。
 
 
しかし、カロリーゼロをうたっていながら実際はカロリーゼロではなく、しかも人工甘味料がたっぷり入っていて、これが脳の働きを著しく悪化させてしまうので、結果として肥満リスク(200%)を高めてしまいます。
 
 
 
7920161115.png
 
 
 
事実、私もお酒を飲むのを止めたら痩せると勝手に思い込んでいたのですが、実際には5キロ以上太ってしまったのです。しかも、何かにつけてイライラするようになってしまっい、以前よりもストレスを強く感じるようになったので、これはおかしいぞということで、食に関して色々調べてみると、自分にとっての食に関する常識が覆されるショックなことばかりでした。
 
 
今ではコンビニで手に入る飲料水で購入しているのは水だけ(たまにお茶とブラックコーヒー)になってしまいましたが、おかげさまで健康のありがたさを骨身にしみるほど実感しています。
 
 
知っていればこれらの食品を食べたり飲んだりすることを自分でコントロールできますが、知らないと逆にこれらの食品にコントロールされてしまうので、長文ですが、今回ご紹介させていただくカラパイアさんの記事と動画をあわせてご覧頂ければ幸いです。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます