2016年11月の記事一覧


月別アーカイブ:2016年11月

2016年11月の記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

血管の病気の予防と対策
      ■ 納豆の効能・効果を最大限に高めるなら夜納豆!  納豆といえば日本の朝の食卓に欠かすことのできない国民食の一つですが、最近では中国でも一部の富裕層の間で健康食品として納豆が親しまれているようです。納豆の人気に火がついたきっかけは、納豆の「ナットウキナーゼ」の健康効果に注目が集まったためです。  ナットウキナーゼが、血栓を防いで血液をサラサラにし、血流が改善されることから、「脳梗塞」や「...

記事を読む

その他
       ■ 1日1食でもっと健康になる!?  ビートたけしさんやタモリさんら、著名人の間で1日1食のファスティングを実践されている方が増えているようです。傍から見ると「1日1食で本当に大丈夫なのか?」と心配になりますが、慣れると逆に快適なようです。  3日程度の断食であれば、私も何度か実践したことがありますが、確かに3日目に入ると感覚が研ぎ澄まれてくるので、深呼吸するだけでものすごく気持ちよく...

記事を読む

その他
       ■ リンゴはいまがまさに旬!  昔から「一日一個のリンゴで医者いらず」と言われるほど、リンゴには美容と健康に優れた効果をもたらす栄養素が豊富に含まれています。中身がすかすかな外国産のりんごよりも国内産のりんごの方が中身がしっかりつまっているので、1日1個ではなく、半分で十分優れた健康効果が期待できるといった声もあります。  ちなみにりんごの収穫時期は10月から12月くらいまでです。保存...

記事を読む

その他
      ■ あなたは苦手な人がいますか?  今回のテーマは「苦手な人との接し方」について、心理療法家 川畑のぶこさんが分かりやすく解説しています。ところで今あなたは苦手な人がいますでしょうか?。  今現在、苦手な人とどうやって接すればいいかで悩んでいる方も多いかと思います。  人間関係のストレスの約9割は、職場の人間関係とされているくらい大きな割合を占めているだけに、軽視することはできませんが、...

記事を読む

太りにくい体にする
       ■ リンパを刺激して美しく痩せる!  今回のテーマは「美しくキレイに痩せる」です。シェイクヨガの泉栄子先生自らリンパの流れを良くして代謝を活発化し、美しく痩せるストレッチを実演しながら解説しています。(動画は一番下にあります)  リンパは動脈や静脈といった血液循環の以外に血液成分が毛細血管から体内の細胞の隙間にあふれた水分やタンパク質などの老廃物を心臓に運ぶリンパ液の流れがあります。 ...

記事を読む

その他
        ■ 卵をもっと食べておけばよかったと後悔しています!  私個人的に食へのこだわりは特にないですが、それでも日々の食事による健康には十分気をつけているので、栄養バランスに関しては抜かりなく考えているつもりです。しかし、これまで自分の中で唯一不足しているなと感じていた食品がありまして、それが実は「卵」だったんです。  その理由というのが、単に「コレステロール」を気にしすぎていたためです。...

記事を読む

体の痛み不調の原因
        ■ 腰痛予防は年齢や性別に関係なく必須です!  腰痛に苦しめられている人が年々右肩上がりで増え続けています。2013年の時点で慢性化していない潜在的な腰痛患者の数を含めると2800万人を超えています。すでに10人に1人が腰痛持ちとされています。  しかし、悲しいことに日本では、これほどまでに腰痛で苦しめられている人がいながら、あまり深刻にとらえられていません。恐らく腰痛は高額医療に結...

記事を読む

体の痛み不調の原因
       ■ 悪玉菌の増殖度は恐ろしいほど速かった?  今回は腸内細菌についてなんですが、最近ようやく腸内細菌の重要性が色々なメディアで取り上げられるようになりました。腸内細菌は人間の心と体の健康を保つうえで非常に重要な役割を担っています。  腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌(どっちつかずの状態)が存在し、善玉菌が急に減りすぎたり、悪玉菌が増えすぎると様々な体調不良を引き起こします。ですので、腸...

記事を読む

体の痛み不調の原因
      ■ 血液型で認知症リスクが異なる!  日本では性格診断で血液型が良く利用されていて、個人的には良くあたるなと、感心することが多いのですが、欧米では信憑性が低いとして、血液型別の性格診断や占いのようなものに触れる機会はほとんどありません。  しかし、認知障害、認知症に関しては血液型が大いに関連しそうなんです。以前ご紹介させていただいた、米バーモンド大学医学部の研究チームが米医学誌「Neurolog...

記事を読む

その他
      ■ うつ病の原因はストレスだけではない!  情報化社会といわれるようになって久しいですが、パソコンやスマホで大量の情報を処理しなければならないため、うつ病などの心の病に悩まされている方が年々増えています。  これまでは圧倒的に中高年が多かったのですが、最近では20代~30代の男女の間でも急速に増えています。ストレスがうつ病の大きな要因であることは間違いありません。  それにプラスして最近...

記事を読む

体の痛み不調の原因
      ■ 理想の睡眠パターンは幻想か?  今回のテーマは「睡眠」についてです。人が人とそて生きていく上で睡眠は非常に重要です。眠るのが夜遅かったり、睡眠時間が極端に短いと疲労が取れなかったりします。  何かに不安を感じたり、イライラしているときは大抵睡眠時間が短い時ですよね。これをそのまま続けると心と体に大きな負担をかけることになります。      しかし、他方で超がつくうほど短時間睡眠の方も...

記事を読む

その他
      ■ 若い人たちの間で認知症が急増している!?  ここ最近「デジタル認知症」が若い人たちの間で急増しているのをご存知ですか!?。スマホによって一般の人たちの生活習慣が大きく変化しています。メリットも大きいですが、その半面色々な問題点を抱えています。  デジタル認知症もその一つです。現在スマホを利用しているユーザーの60%以上が「最近モノ忘れがひどくなった」と感じているので、デジタル認知症は...

記事を読む

その他
      ■ 体にいいはずが体を容赦なく蝕んでいた?  今回もまた食品の効能・効果に関する真意と安全性に関する記事なんですが、「そんなことをいったら何も食べられないよ」と思われるかもしれません。たしかにそのとおりなんですが、知っててこれらの食品を飲食するのと、そうでないのとでは、健康に関する着地点が大きく異なります。  一つ例として、日本でもコンビニなどで手軽に手に入る「ダイエット飲料」あげさせて...

記事を読む

その他
        ■ 森林浴とは!?  あなたは最近森林浴をされたことがありますか!?。最近は老若男女を問わず一人で森林浴を楽しむ方が増えています。もしかすると生まれてから森林浴をされたことが無い方も多いのかもしれませんね。  ちなみに森林浴とは日々のストレスフルな生活に疲れた心と体をリフレッシュし、心と体の健康を促進することを主な目的として、自然に触れながら新鮮な空気、静けさなどを求めて森林に入るこ...

記事を読む

その他
      ■ うつ病の怖さ!  欧米と異なり、日本では、未だにうつ病などの精神疾患に対する偏見が強いですね。昨今優良企業と称されてきた企業の従業員に対する目には見えない圧力による過労死や自殺が頻繁に起こるようになりました。  決して名誉なことではありませんが「過労死」という言葉は、すでに世界的な共通語として認識されています。よくメディアでは、街の人の声として「そこまで頑張らなくても...」、「仕事を...

記事を読む

その他
      ■ 風邪やインフルエンザが流行る時期とは!?  風邪やインフルエンザは毎年12月後半から3月前半までが流行時期とされています。ですので、今のうちから免疫力を高めて、しっかり備えておく必要がありますが、これから年末にかけて何かと忙しく、疲れがたまりやすいので、気が緩みがちです。  風邪やインフルエンザのウィルスは、そうしたところを容赦なくつけ込んできます。風邪やインフルにかかると熱がでます...

記事を読む

その他
      ■ うつ病は他人ごとではない!  ストレス社会と呼ばれて久しいですが、社会全体で見るとストレスは年々拡大していますよね。ストレスが拡大する要因として国内外の政治・経済の停滞、困難などによる社会的不安が大きいです。  特に先行き不透明な状態が続くとうつ病患者の数が比例して増加します。厚生労働省から発表されたデータによりますと、うつ病患者は1996年には43.3万人だったのが、2008年には...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 頭痛を慢性化させてしまう原因とは?  緊張型頭痛は、肩のこりなどが原因で、突発的に頭痛に襲われます。医療機関で診てもらえばすぐに痛みから開放されるのですが、頭痛を軽視している人が多いので、医療機関を受診しません。  日本では頭痛を軽視する傾向が依然として強いですよね。「頭痛程度で会社を休むわけにはいかない」と考える人が多いです。ですので、多くの人が頭痛は市販薬で治るものと考えています。...

記事を読む

その他
      ■ 腸を冷やしてはいけない?  日増しに寒さが厳しくなっていますが、寒さ対策の方は万全でしょうか?。最近は低体温の方が増えていますが、身体の「冷え」は万病の元と言われるほど、様々な病気を引き起こす原因になります。毎年のこととはいえ、冬場の健康管理は難しいですよね。  体の表面が冷えるだけであれば、厚着をすれば済むことですが、胃や腸などの内臓器官も冷えてしまうので、十分注意しなければなりま...

記事を読む

生活習慣病対策
     ■ CKDとは!?  今回のテーマは、「CKD=慢性腎臓病について」です。また、今回ご紹介するYoutube動画は、高知県が制作したテレビ番組『えっ!知らんまにCKD!?~慢性腎臓病の予防・早期発見のために~』を参考にさせていただきました。  下にある動画でCKD=慢性腎臓病についてより詳しく解説しています。  ちなみに日本では慢性腎臓病(CKD)がシニア世代を中心に急速には広がっています。事実日本では、す...

記事を読む

その他
      ■ 口が開いてしまっている人が増えている!?  突然ですが、あなたは普段の呼吸を鼻と口、どちらで行っていますか?。意外に思われるかもしれませんが「口呼吸」と「鼻呼吸」では身体に与える影響がまったく異なります。  ここ最近無意識のうちに「口呼吸」をしてしている人が急速に増えています。すでに日本人の半数以上が口で呼吸をしている状態です。小学生以下の子どもたちに関しては、8割が口呼吸をしている...

記事を読む

やっぱり納豆は凄かった!納豆の「ナットウキナーゼ」の効能・効果を最大限に高めるなら「夜納豆」が最適!!

 
 
6538920161130.png
 
 
 
 
■ 納豆の効能・効果を最大限に高めるなら夜納豆!
 
 
納豆といえば日本の朝の食卓に欠かすことのできない国民食の一つですが、最近では中国でも一部の富裕層の間で健康食品として納豆が親しまれているようです。納豆の人気に火がついたきっかけは、納豆の「ナットウキナーゼ」の健康効果に注目が集まったためです。
 
 
ナットウキナーゼが、血栓を防いで血液をサラサラにし、血流が改善されることから、「脳梗塞」や「心筋梗塞」などの予防効果が高いということで、これらのエキスが抽出されたサプリが「万病に効く神の薬」と称されるほど人気が高まっているようです。
 
 
6528920161130.png

 
あの中国人が認めるほど優れた健康効果を持つ納豆ですが、実は朝よりも夜食べた方が美容や健康に良い効果をもたらしてくれます。
 
 
ナットウキナーゼが体内で有効に働いてくれるのが10時間程度なので血栓が出来やすい夜の時間帯に合わせるように、夕方以降に納豆食べると良いと言われています。私は腸活に最近はまってまして、今までは朝だけ納豆を食べていたのですが、今年に入ってから夜も食べるようにしています。
 
 
6508920161130.png

 
ということで、今回は納豆がもつ優れた美容効果についてまとめてあるgoogirlさんの記事と動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

20歳若返る?「ファスティング」の15の効能・効果が凄い!人は1日1食でもっと健康になれる!!

 
 
47_201605121915074fc.png
 
 
 
 
 
■ 1日1食でもっと健康になる!?
 
 
ビートたけしさんやタモリさんら、著名人の間で1日1食のファスティングを実践されている方が増えているようです。傍から見ると「1日1食で本当に大丈夫なのか?」と心配になりますが、慣れると逆に快適なようです。
 
 
3日程度の断食であれば、私も何度か実践したことがありますが、確かに3日目に入ると感覚が研ぎ澄まれてくるので、深呼吸するだけでものすごく気持ちよくなります。
 
 
日本では医療ジャーナリストの船瀬俊介さんが1日1食のファスティングの提唱者として有名ですが、船瀬さんが仰るとおり、頭脳労働が中心の仕事をしている方にとって1日1食のファスティングは仕事の能率をあげるなど、色々とメリットが多いです。
 
 
6328920161129.png
 
 
成長過程にあるお子さんには当然不向きですが、いわゆる中高年と呼ばれる年代に入ったら、食事の量や回数は意識して少なくした方が良いと思います。
 
 
私も数年前から1日2食、週末は1日1食、月1回2~3日間の断食を行ないながら過ごしてますが、至って健康です。
 
 
ということで、今回は船瀬俊介さんの著書をもとに1日1食のファスティングにどのようなメリットがあるのか、分かりやすく解説したSuzieさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

りんごは「ホット」で医者いらず!りんごは「加熱」すると栄養価がアップして最強の万能薬になる!?

 
 
6118920161129.png
 
 
 
 
 
■ リンゴはいまがまさに旬!
 
 
昔から「一日一個のリンゴで医者いらず」と言われるほど、リンゴには美容と健康に優れた効果をもたらす栄養素が豊富に含まれています。中身がすかすかな外国産のりんごよりも国内産のりんごの方が中身がしっかりつまっているので、1日1個ではなく、半分で十分優れた健康効果が期待できるといった声もあります。
 
 
ちなみにりんごの収穫時期は10月から12月くらいまでです。保存がかなり効くようなので、2~3月くらいまではスーパーの店頭に並びます。つまり、リンゴは今まさに旬なんです。
 
 
実はリンゴは加熱することによって、りんご本来の栄養価がさらにアップするのをご存知ですか?。ちなみにリンゴに含まれる代表的な栄養素は以下のとおりとなります。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

苦手な人と上手に接するには?たったこれだけで心の負担が減る!無理して仲良くする必要はない!

 
 
5558920161126.png
 
 
 
 
■ あなたは苦手な人がいますか?
 
 
今回のテーマは「苦手な人との接し方」について、心理療法家 川畑のぶこさんが分かりやすく解説しています。ところで今あなたは苦手な人がいますでしょうか?。
 
 
今現在、苦手な人とどうやって接すればいいかで悩んでいる方も多いかと思います。
 
 
人間関係のストレスの約9割は、職場の人間関係とされているくらい大きな割合を占めているだけに、軽視することはできませんが、深く悩み過ぎるのも問題です。
 
 
 
287.png
 
 
 
こういった問題は望むと望まないとかかわらず、社会に生きているる私たちは逃れることはできません。では、「具体的に何をどうすれば良いのでしょうか?」。
 
 
まず大切なのは「できるだけ苦手な人とは接触する機会や時間を少なくするようにする」ことです。苦手な人よりも、自分が一緒にいて心地よい人との時間を増やすべきですよね。
 
 
そのためにもどういう人が自分にとって心地よかったり、楽しかったり、心が安らいだりするのかといったことを日常生活の中でしっかり意識する必要があります。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

リンパを刺激するストレッチでキレイに痩せる!今よりもっと健康的に美しく痩せたい方は必見です!

 
 
784_20160418235025f0c.png
  
 
 
 
■ リンパを刺激して美しく痩せる!
 
 
今回のテーマは「美しくキレイに痩せる」です。シェイクヨガの泉栄子先生自らリンパの流れを良くして代謝を活発化し、美しく痩せるストレッチを実演しながら解説しています。(動画は一番下にあります)
 
 
リンパは動脈や静脈といった血液循環の以外に血液成分が毛細血管から体内の細胞の隙間にあふれた水分やタンパク質などの老廃物を心臓に運ぶリンパ液の流れがあります。
 
 
これがいわゆるリンパのことで、このリンパ液が流れる管をリンパ管といいます。
 
 
 
5588920161126.png
 
 
 
身体の表面を流れるリンパ液はそれぞれ決まったリンパ節に向って流れています。
 
 
リンパは全身に流れています。その中にリンパ節という節となった部分が身体のいたる所にありまして、これを刺激してあげるとリンパの流れがよくなります。
 
 
そうすることで美容と健康の両方に素晴らしい効果をもたらします。今回のストレッチは「ひざの裏」、「鼠径部の足の付根」、「わきの下」のリンパ節を刺激します。

» 記事の続きを読む

卵は1日1個までは嘘だった!?コレステロールは身体に悪くない!?1日3個の卵で人はもっと健康になれる!

 
 
4868920161124.png
 
 
 
 
 
 
■ 卵をもっと食べておけばよかったと後悔しています!
 
 
私個人的に食へのこだわりは特にないですが、それでも日々の食事による健康には十分気をつけているので、栄養バランスに関しては抜かりなく考えているつもりです。しかし、これまで自分の中で唯一不足しているなと感じていた食品がありまして、それが実は「卵」だったんです。
 
 
その理由というのが、単に「コレステロール」を気にしすぎていたためです。卵は完全食品(人間が健康を維持するために必要な栄養を幅広く含んだ食品)でありながら、コレステロール値が高いということで無意識のうちに控えていたようです。
 
 
去年までは卵を食べない日の方が多かったのですが、これが大きな間違いであることに今年に入ってようやく気がついたので、それ以降は卵を出来るだけ食べるようにしていますが、卵の持つ優れた栄養素が健康につながっていると実感しています。
 
 
4928920161124.png
 
 
また、これまでコレステロール=体に悪いとされていた根拠が酷いんです。今から100年以上前にロシアでうさぎを使った実験で行われた結果をもとにされているので、そもそも人間にあてはめるのが無理な話だったんですよね。
 
 
ということで、今回は最近読んだ本の著者である『卵を食べれば全部よくなる』の著者である佐藤智春さんが卵の優れた効能とコレステロールに関する誤解について語ったデイリーニュースオンラインの記事と1度に沢山の卵を食べられるレシピとして最高のオムライスの作り方を実演した動画をあわせてご紹介させていただきます。
 
 
食べ過ぎは勿論良くありませんが、あまりにもメディアから報じられる情報を気にしすぎるのもよくありませんね。バランスを考えて卵料理を楽しみたいです。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

10人に1人が腰痛持ち!腰痛は深刻な国民病だった!腰痛を解消するには揺らしてゆるめるのが効果的!

 
 
4578920161124.png
 
 
 
 
 
 
■ 腰痛予防は年齢や性別に関係なく必須です!
 
 
腰痛に苦しめられている人が年々右肩上がりで増え続けています。2013年の時点で慢性化していない潜在的な腰痛患者の数を含めると2800万人を超えています。すでに10人に1人が腰痛持ちとされています。
 
 
しかし、悲しいことに日本では、これほどまでに腰痛で苦しめられている人がいながら、あまり深刻にとらえられていません。恐らく腰痛は高額医療に結びつかないからではないかと個人的に思っています。
 
 
生活習慣病を手厚く保証する民間の保険は色々ありますが、腰痛に関しては見たことがありません。これだけ医学が進歩しているにもかかわらず腰痛の原因の約8割が不明状態にあるのも、こうした問題と無関係ではないように思われます。
 
 
 
4558920161124.png
 
 
 
確かに腰痛は症状であって病気ではないので仕方ない面もありますが、人によっては数十年間もその症状に苦しめられているケースも珍しくないだけに、歯がゆいところです。ですので、自分の健康は自分で守るしかありません。
 
 
そのためにも年齢や性別に関係なく腰痛予防が必要だと思います。ということで、今回は国民病としての腰痛の問題点について解説している「HEALTH PRESS」さんの記事と腰痛の痛みを劇的に抑えるセルフ整体の実演動画をご紹介さえていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

ファストフードを食べ続けると腸内はたった2日で万病の元「デブ菌」だらけ! 腸内環境を良くする9つの食品で腸を守る!

 
 
3528920161122.png
 
 
 
 
 
■ 悪玉菌の増殖度は恐ろしいほど速かった?
 
 
今回は腸内細菌についてなんですが、最近ようやく腸内細菌の重要性が色々なメディアで取り上げられるようになりました。腸内細菌は人間の心と体の健康を保つうえで非常に重要な役割を担っています。
 
 
腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌(どっちつかずの状態)が存在し、善玉菌が急に減りすぎたり、悪玉菌が増えすぎると様々な体調不良を引き起こします。ですので、腸内細菌はバランスが非常に重要になります。
 
 
肥満の人は、このバランスが著しく悪いため、太りやすい体質になってしまうわけですが、この状態をさらに放置してしまうと、悪玉菌が勢いを増して繁殖してしまいます。
 
 
そうなると、肝臓がんをはじめ、がんを発症させてしまうリスクが高まってしまうことが最近の研究結果によって明らかになっています。 
 
 
3538920161122.png

 
 
腸内細菌の役割とは?
 
 
腸内細菌の主な役割は以下の通りとなっています。
 
 
●アミノ酸やビタミンなどの栄養素を作る
 
●免疫機能を正常に作動させるスイッチ
 
●消化管内の働きを守る
 
 
 
3518920161122.png

 
 
善玉菌の役割とは?
 
・美容や健康に欠かすことができないビタミン類を生成する(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンK)
・免疫力を高めて傷や病気の治りを早くする
・がんなどの病気の予防
・老化を防止する
・コレステロール値を下げる
・悪玉菌が増える(悪さする)のを抑える
 
 
 
悪玉菌の役割とは?
 
・腸内を腐らせる
・おならを発生させる
・発がん物質など有害物質を作り出す
・肝臓などの内臓器官に負担をかける
 
 
いかに腸内細菌が重要かおわかり頂けたかと思います。ということで、今回は過去50年間に渡る腸内最近の研究結果を大変分かりやすくまとめている Yu Suzuki さんの記事と動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

血液型で認知症リスクが異なる!?認知障害のリスクが一番高いのはAB型で認知症の発症リスクが一番低いのがO型!?

 
 
2308920161118.png
 
 
 
 
■ 血液型で認知症リスクが異なる!
 
 
日本では性格診断で血液型が良く利用されていて、個人的には良くあたるなと、感心することが多いのですが、欧米では信憑性が低いとして、血液型別の性格診断や占いのようなものに触れる機会はほとんどありません。
 
 
しかし、認知障害、認知症に関しては血液型が大いに関連しそうなんです。以前ご紹介させていただいた、米バーモンド大学医学部の研究チームが米医学誌「Neurology」に寄稿した記事によると、認知障害になるリスクを解析したところAB型は他の血液型とくらべて82%も高いことが判明しています。


ちなみに、ここでいう「認知症」と「認知障害」の違いについてですが、認知障害は認知症の前段階(物忘れが進んでいるレベル)の状態をさします。認知症はレビー小体型認知症やアルツハイマー型認知症など認知機能が著しく低下し、社会生活が困難なレベルの病気です。
 
 
 
2318920161118.png
 
 
 
AB型は脳卒中や心臓病を発症させるリスクも他の血液型よりも高いようです。そうした中で今回は、アルツハイマーなどの認知症を発症するリスクが一番低いのがO型である可能性がシェフィールドの研究チームによって発表された記事(出典:FUTURUS(フトゥールス)さん)をご紹介させていただきます。
 
 
O型は以前から、がんなどの死のリスクが高い病気になりにくい(あくまでも他の血液型とくらべて)といったことがささやかれていましたが、今回の研究でその謎がまた一歩前進することになりました。
 
 
うまくいくと認知症の治療が飛躍的に進化する可能性を秘めているだけに本当に楽しみです。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

うつ病の原因はストレスだけじゃない!!乱れた食生活が心の病に与える恐ろしい影響とは!?

 
 
198.png
 
 
 
 
■ うつ病の原因はストレスだけではない!
 
 
情報化社会といわれるようになって久しいですが、パソコンやスマホで大量の情報を処理しなければならないため、うつ病などの心の病に悩まされている方が年々増えています。
 
 
これまでは圧倒的に中高年が多かったのですが、最近では20代~30代の男女の間でも急速に増えています。ストレスがうつ病の大きな要因であることは間違いありません。
 
 
それにプラスして最近では食事の問題を指摘する声も高まっています。これは食事の量だったり、回数だったり、食品そのものが問題だったりするので、中々根が深いです。
 
 
 
2568920161118.png
 
 
 
一人暮らしの若い独身男性で自炊をしない方は、どうしても食事のバランスが崩れがちです。カップラーメンなどのインスタント食品で済ませてしまうケースが多いです。
 
 
ですので、今回はうつ病を予防する上で食生活を見直すポイントと、問題のある食品とそうでない食品との見分け方を解説した「Woorisさん」の記事とうつ病の症状を改善する上で大切なポイントを解説した動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

夜ふかしさんに朗報!?通常の睡眠パターンとかけ離れている異端児ほど質の高い知性と想像力がある!

 
 
102.png
 
 
 
 
■ 理想の睡眠パターンは幻想か?
 
 
今回のテーマは「睡眠」についてです。人が人とそて生きていく上で睡眠は非常に重要です。眠るのが夜遅かったり、睡眠時間が極端に短いと疲労が取れなかったりします。
 
 
何かに不安を感じたり、イライラしているときは大抵睡眠時間が短い時ですよね。これをそのまま続けると心と体に大きな負担をかけることになります。
 
 
 
2008920161117.png
 
 
 
しかし、他方で超がつくうほど短時間睡眠の方もいます。仕事によっては夜勤があるので、毎日同じ時間帯に寝ることが難しいため気がついたら一日数回に分けて寝ています。
 
 
私も仕事の関係で1回に眠る時間は3時間程度です。しかし、疲れているときはより睡眠時間を長くしていますが、1回の睡眠で5時間以上寝たことが過去5年ほどありません。
 
 
それでも以前よりも健康なので、本当にありがたいです。ということで今回は別な角度から睡眠について学ばせて頂きました。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

記憶力や集中力が低下するデジタル認知症とは?認知症だけじゃない!他にもあるスマホ依存による健康被害とは?

 
 
9420161115.png
 
 
 
 
■ 若い人たちの間で認知症が急増している!?
 
 
ここ最近「デジタル認知症」が若い人たちの間で急増しているのをご存知ですか!?。スマホによって一般の人たちの生活習慣が大きく変化しています。メリットも大きいですが、その半面色々な問題点を抱えています。
 
 
デジタル認知症もその一つです。現在スマホを利用しているユーザーの60%以上が「最近モノ忘れがひどくなった」と感じているので、デジタル認知症は予備軍を含めるとかなりの数になりそうです。
 
 
ですので、10代の若者の間でも記憶力に問題のあるケースが増えています。事実、18歳から39歳の14%の人が記憶力が実際に衰えていることが明らかになっています。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

知らなかったでは済まされない!?体に良いと思って食べたり飲んだりしていた健康食品に関する13の嘘とは!?

 
 
7620161115.png
 
 
 
 
■ 体にいいはずが体を容赦なく蝕んでいた?
 
 
今回もまた食品の効能・効果に関する真意と安全性に関する記事なんですが、「そんなことをいったら何も食べられないよ」と思われるかもしれません。たしかにそのとおりなんですが、知っててこれらの食品を飲食するのと、そうでないのとでは、健康に関する着地点が大きく異なります。
 
 
一つ例として、日本でもコンビニなどで手軽に手に入る「ダイエット飲料」あげさせていただきます。私以前肝炎を患い、お酒を絶たなければならなかったので、代替品として「ダイエット飲料」をしばらくの間飲んでいました。
 
 
しかし、カロリーゼロをうたっていながら実際はカロリーゼロではなく、しかも人工甘味料がたっぷり入っていて、これが脳の働きを著しく悪化させてしまうので、結果として肥満リスク(200%)を高めてしまいます。
 
 
 
7920161115.png
 
 
 
事実、私もお酒を飲むのを止めたら痩せると勝手に思い込んでいたのですが、実際には5キロ以上太ってしまったのです。しかも、何かにつけてイライラするようになってしまっい、以前よりもストレスを強く感じるようになったので、これはおかしいぞということで、食に関して色々調べてみると、自分にとっての食に関する常識が覆されるショックなことばかりでした。
 
 
今ではコンビニで手に入る飲料水で購入しているのは水だけ(たまにお茶とブラックコーヒー)になってしまいましたが、おかげさまで健康のありがたさを骨身にしみるほど実感しています。
 
 
知っていればこれらの食品を食べたり飲んだりすることを自分でコントロールできますが、知らないと逆にこれらの食品にコントロールされてしまうので、長文ですが、今回ご紹介させていただくカラパイアさんの記事と動画をあわせてご覧頂ければ幸いです。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

知らないと絶対に大損です!!心と体に優しい凄すぎる「森林浴」の癒やしの効果!!月たった1回でもOK!

 
 
8894201611109.png
 
 
 
 
 
 
■ 森林浴とは!?
 
 
あなたは最近森林浴をされたことがありますか!?。最近は老若男女を問わず一人で森林浴を楽しむ方が増えています。もしかすると生まれてから森林浴をされたことが無い方も多いのかもしれませんね。
 
 
ちなみに森林浴とは日々のストレスフルな生活に疲れた心と体をリフレッシュし、心と体の健康を促進することを主な目的として、自然に触れながら新鮮な空気、静けさなどを求めて森林に入ることです。
 
 
 
8904201611109.png
 
 
 
なんとなく森林浴が心と体に良い効果があるのは理解できるけど、実際に時間をかけて森に出向くのが難しいイメージがありますよね。しかし、調べてみると日本にはいたるところに森があるので、お気に入りの森林浴スポットを見つけるのは決して難しいことではありません。
 
 
しかも、森林浴は毎週行く必要はありません。月たった1回でも心と体の健康に良い効果をもたらしてくれますし、草木が沢山ある公園でも同じ効果が期待できるので、もっと気軽に森林浴を楽しんだ方が絶対いいですよ!
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

うつ病の予防・改善に納豆やオクラなどの「ネバネバ食品」が効く!元気がないときに食べると元気になれます!

 
 
5674201611101_20161110190901f1a.png
 
 
 
 
■ うつ病の怖さ!
 
 
欧米と異なり、日本では、未だにうつ病などの精神疾患に対する偏見が強いですね。昨今優良企業と称されてきた企業の従業員に対する目には見えない圧力による過労死や自殺が頻繁に起こるようになりました。
 
 
決して名誉なことではありませんが「過労死」という言葉は、すでに世界的な共通語として認識されています。よくメディアでは、街の人の声として「そこまで頑張らなくても...」、「仕事をやめることだって出来たはず」、といったことを報じてますよね。
 
 
これこそ、うつ病などの精神疾患に対する理解が低い証拠ですね。そこまで追い詰めてしまうのが、こうした病気の怖いところで、脳がそうなってしまうので、自分の意思で何とか出来る状態ではありません。
 
 
 
8754201611109.png
 
 
 
そうなる前に早い段階で病院を受診したり、積極的カウンセリングを受けるべきだという声もありますが、日本ではハードルが高いので、初めて精神科や心療内科を受診するのは抵抗があるようです。
 
 
しかし、すでに1年間に精神科や心療内科を受診する人が1000万人を超えています。うつ病、もしくはうつ病予備軍の人たちが沢山いるわけです。
 
 
これまでうつ病の治療は「投薬と休養」が中心でしたが、ここ最近は「食事療法」や「運動療法も」行なわれています。ということで、今回はうつ病を予防・改善効果が高いとされる食品を動画と合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

風邪やインフルエンザが流行る前に知っておきたい急に熱がでた時の対処法!!安易に解熱剤に頼るのは危険です!!

 
 
1020161017.png
 
 
 
 
■ 風邪やインフルエンザが流行る時期とは!?
 
 
風邪やインフルエンザは毎年12月後半から3月前半までが流行時期とされています。ですので、今のうちから免疫力を高めて、しっかり備えておく必要がありますが、これから年末にかけて何かと忙しく、疲れがたまりやすいので、気が緩みがちです。
 
 
風邪やインフルエンザのウィルスは、そうしたところを容赦なくつけ込んできます。風邪やインフルにかかると熱がでますが、これは免疫力を高めて風邪やインフルエンザをやっつけるために必要不可欠なのですが、あまりにも熱が高い状態では日常生活に支障を来します。
 
 
ということで今回は発熱した場合の対処法などをまとめさせていただきました。熱を下げる効果の高いツボ押しの実演動画も合わせてご紹介させていただきますので、発熱したさいに試してみてください。
 
 
熱がでたからといって慌てる必要はありませんが、あまりにも発熱による症状が辛い場合は内科を受診しましょう。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

ヨーグルトのうつ病予防効果は本物だった!女性は1日ヨーグルト1個でうつ病の発症リスクが3割減!!

 
 
773.png
 
 
 
 
■ うつ病は他人ごとではない!
 
 
ストレス社会と呼ばれて久しいですが、社会全体で見るとストレスは年々拡大していますよね。ストレスが拡大する要因として国内外の政治・経済の停滞、困難などによる社会的不安が大きいです。
 
 
特に先行き不透明な状態が続くとうつ病患者の数が比例して増加します。厚生労働省から発表されたデータによりますと、うつ病患者は1996年には43.3万人だったのが、2008年には104.1万人にまで増加しています。
 
 
8354201611107.png
 
 
ですので、今後よりメンタルヘルスの重要性が高まりそうです。かくいう私も常にメンタルを良い状態に保てるように日常生活で出来ることは自から積極的に取り組むようにしています。
 
 
中でも睡眠、適度な運動、食事の三つは特に大切ですが、個人的に最近注目しているのが腸の働きを良くして幸せホルモン(脳内物質)の分泌を良くし、メンタルを常に良い状態に保ちながらうつ病などの精神疾患を予防する方法です。
 
 
ということで今回は、腸内環境を良くする食べ物の代表である「ヨーグルト」を食べることでうつ病を予防するメカニズムを分かりやすく解説したJ-CASTニュースさんの記事とヨーグルトを自作する方法を実演した動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

緊張型頭痛の原因や症状について!頭痛が慢性化すると大変なのに頭痛を慢性化させてしまう恐ろしい原因とは?

 
 
6644201611105.png

 
 
 
■ 頭痛を慢性化させてしまう原因とは?
 
 
緊張型頭痛は、肩のこりなどが原因で、突発的に頭痛に襲われます。医療機関で診てもらえばすぐに痛みから開放されるのですが、頭痛を軽視している人が多いので、医療機関を受診しません。
 
 
日本では頭痛を軽視する傾向が依然として強いですよね。「頭痛程度で会社を休むわけにはいかない」と考える人が多いです。ですので、多くの人が頭痛は市販薬で治るものと考えています。
 
 
しかし、強い痛みに襲われているにもかかわらず、治療を先伸ばしするのは危険です。市販薬が全く効かなくなったり、痛みが慢性化することも少なくないので、そうなる前に受診しましょう。

» 記事の続きを読む

 タグ

絶対に腸は冷やさないで!「腸もみ」で代謝UP、免疫力UP、便秘、冷え、美肌、骨盤矯正、冬季うつにも効く!

 
 
152201610121.png
 
 
 
 
■ 腸を冷やしてはいけない?
 
 
日増しに寒さが厳しくなっていますが、寒さ対策の方は万全でしょうか?。最近は低体温の方が増えていますが、身体の「冷え」は万病の元と言われるほど、様々な病気を引き起こす原因になります。毎年のこととはいえ、冬場の健康管理は難しいですよね。
 
 
体の表面が冷えるだけであれば、厚着をすれば済むことですが、胃や腸などの内臓器官も冷えてしまうので、十分注意しなければなりません。特に腸は「第二の脳」と言われるほど重要な器官です。
 
 
腸内環境が一度でも悪化してしまうと、健康面で様々な悪影響を及ぼします。逆に腸内環境が良いと、毎日心も体も生き生きと健康に過ごせるので、その分長生きもしやすくなります。ですので、腸の働きを常に良い状態に保つ必要があるんです。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

CKD=慢性腎臓病の原因と危険な症状について!治療が遅れると「人工透析の」リスクが高まる?!

 
 
5834201611102.png

 
 
 
■ CKDとは!?
 
 
今回のテーマは、「CKD=慢性腎臓病について」です。また、今回ご紹介するYoutube動画は、高知県が制作したテレビ番組『えっ!知らんまにCKD!?~慢性腎臓病の予防・早期発見のために~』を参考にさせていただきました。
 
 
下にある動画でCKD=慢性腎臓病についてより詳しく解説しています。
 
 
ちなみに日本では慢性腎臓病(CKD)がシニア世代を中心に急速には広がっています。事実日本では、すでに1割超の人たちが慢性腎臓病を患っているとされています。
 
 
このため慢性腎臓病(CKD)は、新しい「国民病」といわれるくらい誰もがなり得る病気なんです。ですので、中高年と呼ばれる年代に達したらCKDを避けるためにも、定期的に検査を受ける必要があります。

» 記事の続きを読む

鼻呼吸の健康効果がとにかく凄い!口呼吸による様々な問題点とは!?鼻呼吸で人生の質が大きく変わります!

 
 
5274201611101.png
 
 
 
 
■ 口が開いてしまっている人が増えている!?
 
 
突然ですが、あなたは普段の呼吸を鼻と口、どちらで行っていますか?。意外に思われるかもしれませんが「口呼吸」と「鼻呼吸」では身体に与える影響がまったく異なります。
 
 
ここ最近無意識のうちに「口呼吸」をしてしている人が急速に増えています。すでに日本人の半数以上が口で呼吸をしている状態です。小学生以下の子どもたちに関しては、8割が口呼吸をしているといわれています。こどもが口呼吸をしている
 
 
普段から口がポカンと開いてしまっている人を至る所でみかけます。私が仕事柄意識して見ているからかもしれませんが、少なくとも1990年代までは、これほどまで口が開きっぱなしの人は多くありませんでした。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます