2015年11月の記事一覧


月別アーカイブ:2015年11月

2015年11月の記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
        誰もがさらに忙しくなる!  毎日忙しく過ごされている皆様にこのようなことを言うのは大変申し訳ないのですが、これからますますやらなければならないことが増えていきます。  スマホの普及率が高まるに連れて関連サービスがとてつもない勢いで進化・拡大を繰り広げているので、スマホを持っている人は確実に利用時間が増えているはずです。  そうすると我々の日々の暮らしの中で時間が奪われることとなり、...

記事を読む

その他
  不況も何のその!  ユーロ経済がとんでもないことになっています。頼みのドイツが某自動車メーカーの不正によってドイツの自動車産業は壊滅的状況に追い込まれています。  しかし、ユーロ全体がそんな厳しい状況にありながら、今日も不況などどこ吹く風で人生を謳歌している人たちがいます。そう「イタリア」の人たちです。  私の知人が以前イタリア人に過労死の意味を説明できずに困ったといっていました。  自分の人...

記事を読む

その他
       なぜセルフケアは上手くいかないのか?!  現代の女性は遊びに仕事にとても忙しいので、どうしても生活が乱れてお肌も荒れます。  このため誰もがキレイでいたいと強く願うわけですが、セルフケアを続けることが難しいというジレンマにみなさん苦しんでます。やめてしまうと効果は維持できません。  いうまでもなくストレスは美容の大敵です。ですので、続けるのが難しくいセルフケアをどんなにがんばったとし...

記事を読む

その他
     ワセリンとは?  ワセリンを使用されたことはありますか、意外に知られていないのですが、ワセリンには、美肌効果をはじめ美容と健康に効く大変すぐれた効果があるんです。  もともとワセリンは、石油から抽出された油です。このため優れた保湿効果があります。  ワセリンは肌に優しいだけでなく、ワセリンが持つ油分で水分を閉じ込め、外の刺激から肌を守ることができるので、多くの化粧品類、塗り薬の基材として...

記事を読む

その他
     仕事を任せましょう!  仕事がデキる人が出世していく過程で大きな壁となるのが仕事を人に任せる(アサイン)ことです。仕事が出来るだけに「自分でやったほうが早い」そう考えてしまします。  また、仕事ができる分仕事に対する責任感が強いので余計にそう思ってしまわけですが、あなたがもしそうなら非常に損をしています。早い段階でどんどん任せるべきです。  仕事をまかせることによって、さらに成長すること...

記事を読む

心の病気の予防と対策について
       あなたの会社は大丈夫ですか?!  うつ病の原因として仕事の過度のストレスがあげられます。しかも明らかに職場環境に問題がありながら、そうした問題点が明るみになることが少ないのが現状です。  その理由として、うつ病になってしまったのは「その人本人の問題」と捉える向きが強いからです。こうした背景には自分はうつ病にはならないといった思いがあるからです。  しかし、色々な会社を見てきましたが、...

記事を読む

その他
     デトックスとは?!  個人的にデトックスと言う言葉をよく耳にする機会が多いのですが、デトックスとは特定の食材を食することによって体内の毒素を外に出すことを意味する言葉です。  私の周囲でデトックスウォーターを始める人が増えています。皆さんその効果の高さに驚いています。作り方は簡単でミネラルウォーターに野菜や果物を入れるだけです。  一晩おくと野菜や果物の良質なエキスが見ずに浸透し、これら...

記事を読む

その他
       今年のインフルエンザの流行入りは遅れる?!  今年も残すところ1ヶ月となり、何かと慌ただしい時期ですが、ことインフルエンザの流行入りに関しては例年よりもかなりスローペースのようです。  ちなみに昨年は11月半ば頃に流行入りしているのですが、今年はこのペースでいくと12月の半ばに入りそうです。ここに来て寒さが一気に厳しくなってますので要注意です。  というのも免疫力が一気に落ちてしまう...

記事を読む

その他
       キレやすい子どもが増えている?!  最近キレやすい子どもが増えているといった記事を良く目にしますが、本当にそうなのでしょうか?。私はキレやすい大人の方が逆に増えているように思います。  ですので、もしかするとその影響を子どもが受ける格好で増えているのかもしれません。  いずれにしても早い段階で子どもに対して我慢することを心と体で覚えさせないと将来もっとキレやすい人になってしまうかもし...

記事を読む

その他
     なぜ人は人見知りするのか!  初対面の人との会話が苦手な人がほとんどだと思います。欧米の人は人見知りな人でも相手が自分よりも人見知りなタイプと知ると積極的に喋ったりします。  依然私はビジネスマン向けに初対面での会話のセミナーを取材したことがありまして実際にコーチングを受けけたりもしたのですが、とにかく難しくて身につきませんでした。  今回ご紹介させていただくタモリさんの会話術は凄いです...

記事を読む

心の病気の予防と対策について
     季節うつとは?!  ここに来て「季節性うつ」に悩まされている人が急増しているようです。日本は四季があるので、季節の代わり目が諸外国よりもはっきりしていますよね。  このため何かと体調不良が起こりやすいでわけですが、中でも秋から冬にかけては要注意です。まず日照時間が一気に短くなるので、おひさまの光を浴びる時間が短くなります。  ちなみに季節うつは季節性感情障害ともいいますが、冬に入ったころ...

記事を読む

体の痛み不調の原因
   なぜ人の脳は退化するのか?!  脳の働きは無限大ですが、加齢が進むとともに退化していきます。こればっかりは自然の摂理なのでどうしようもありません。しかし、老化を遅らせることはできます。  例えば筋肉は使わなければ確実に衰えますよね。3週間ベットから一度も起き上がらないで寝たままの状態で過ごせばリハビリをしないと歩行すら困難になってしまいます。  これは脳が持つ知的能力もまったく同じなんです。...

記事を読む

その他
     低血糖症によるうつ症状とは?!  依然として「うつ病」の症状に苦しめられている人が増えています。うつ病の原因として一般的にあげられるのが仕事や学業に関するストレスや睡眠不足などです。  これらの場合は精神科や心療内科を受診することで症状を改善することができますが、最近比較的多く見られるのが食生活によって「うつ病」の症状を誘発してしまうケースです。  この場合「低血糖症」の可能性もあるので...

記事を読む

その他
  お風呂で脳梗塞や心筋梗塞を発症するケースが急増!?  日増しに寒さが厳しくなっているこの時期のお風呂は格別ですよね。ついつい長湯してしまいがちですが、中高年の方は脳梗塞や心筋梗塞を発症しやすいので要注意です。  30代も後半に入ると体の各機能の働きが低下しますので、ある日突然発作に襲われるといったケースも少なくないだけに、やはり注意しなければなりません。  お風呂に入ると血管が広がり、血液の流...

記事を読む

心の病気の予防と対策について
       度を超えた自分大好き人間とは?  言うまでもなく自己愛は大切ですよね。これがなければ人は生きていくことさえ困難です。しかし、これがあまりにも極端な形で度を超えてしまうと大変なことになります。  今回のテーマである「自己愛性パーソナリティ障害」に苦しむ人たちの多くが個をある程度抑えなければならない社会生活に息苦しさを感じています。  「でも私には関係ないかも...」と思われる方も多いかと...

記事を読む

その他
■笑うとしわになるは嘘?女性の場合「そんなに笑うとシワができるよ」と言われた経験が一度や二度はあると思いますが、どうやらただの都市伝説のようで、最近の研究では逆の結果が発表されています。シワの原因は、皮膚の潤いを保つために必要な水分が減り、加齢が進んだことで皮膚の中にある弾性繊維が衰え、皮膚の伸縮性が著しく悪化したためです。ですので「水分不足」と「加齢」が原因なので、笑ったからといってシワはできま...

記事を読む

その他
■更年期障害は女性だけではない?更年期障害というと女性特有のもの思われている方が多いですが、現実には男性の間でもホルモンバランスの悪化によって、更年期障害に苦しんでいる人たちが増えています。更年期によって男性ホルモンが低下してしまうと、筋肉量が減少してしまいます。この状態で運動不足、偏った食事、睡眠不足の状態が続くと体脂肪率が当然上昇します。このため、肥満が進みや糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活...

記事を読む

目の病気の予防と対策
     これが視力0.01の世界?  今回ご紹介させて頂く動画は視力0.01の世界をわかりやすくまとめています。私大変ありがたいことに視力は両目ともに良いい状態にあります。  しかも最近表情筋トレーニングを始めたら、眼球も動かす関係か、さらに視力(1.0から1.5)が良くなりました。劇的に良くなったので、気がついたことがあります。  まず疲れにくくなりました。首がこる、肩がこる、といったことがま...

記事を読む

その他
       遺伝子組み換えとは?  遺伝子組み換えではないと表記がされている加工食品をスーパーで見かけることがありますが、TPPが妥結したので今後はそうもいかなくなるかもしれません。  大量に米国から「遺伝子組み換え」食品が輸入されることになりかねないので、できるだけ多くの方々に「遺伝子組み換え」食品の怖さについて知っていただきたいです。   遺伝子組み換えは、品種改良と異なり複数の生物の遺伝子を結...

記事を読む

その他
  もしあなたの大切な人がノロウィルスに感染したら?  先日の記事の続きです。あまり想像したくありませんが、万一ご家族がノロウィルスに感染した場合の対処法について今回の記事ではより詳細に解説されています。 前回も申し上げましたが、今年は例年を上回る勢いで流行する可能性があると、多方面で取り沙汰されています。場合によってはご家族の方が感染することも十分ありえます。  そうした場合にどのように対処すれ...

記事を読む

その他
   急性ストレス障害とは? 今回のテーマは急性ストレス障害(ASD)です。症状としては心的外傷後ストレス障害(PTSD)に似ているのですが、急性ストレス障害(ASD)は突発的に生じます。 先日フランスで一般市民が100人以上殺されてしまうという悲劇が起こりましたが、当日その現場にいた人たちの間で沢山の人が急性ストレス障害(ASD)を引き起こしてます。  このようなテロ、災害、事故など通常ではありえない危機的...

記事を読む

その他
       ため息=悪ではない?!  あなたはため息についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?。恐らくあまり良くないイメージの方が強いと思われます。私は幼少時代に親や先生からよく注意されました。  「そんなにため息をつくと幸せがにげるぞ!」、「ため息ばかりつくと周りの人が嫌な思いをする...」といった具合によくしかられものです。  ため息ばかりつき続けると「たった数日でうつ病になる」といった研...

記事を読む

その他
   ノロウィルスの予防とは?  今年もノロウィルスのシーズンがやってきました。幸い今年は例年よりも比較的温かい日が続いているため、流行るのが少し遅れそうなんですが、それでも油断は禁物です。  毎年テレビや雑誌で特集が組まれていますが、勘違いされている方が依然として少なくありません。例えばノロウィルスの基本は石鹸での手洗いとうがいです。  しかし、多くの方々がこれでは効かないという思い込みから、ア...

記事を読む

その他
   基礎代謝を高めないとダイエットは失敗します!  同じような食事をしているのに太らない人がいますよね。その一方で食事毎に太らないように気をつけていながら太ってしまう人がいます。  ダイエットしてもやせにくいと感じている方「は基礎代謝」をアップしなければ、いつまでも苦しいダイエットを繰り返すことになります。  基礎代謝を高めることが出来れば、体全体の細胞が若々しくなり、痩身効果だけでなく、顔のは...

記事を読む

その他
      HIVに感染したチャーリー・シーンとは?  米国の人気俳優チャーリー・シーンがHIVに感染したことを発表しました。実際にチャーリー・シーンがHIVに感染したのは今から4年前です。なぜ今頃になってと思いますよね。 ちなみに感染してから4年経過した今も発症していまさん。薬物治療を中心に治療を行っているようなんですが、それにしても驚きました。  最近映画に出演されていないので、久しぶりに名前を聞いた...

記事を読む

その他
      アルコール依存症は他人事ではありません  今年も残すところ2ヶ月を切りました。これから年末にかけて何かとイベントが多いので、お酒を飲む機会が増えるわけですが、怖いのがお酒にまつわる色々な病気です。  アルコール中毒は自分で飲酒をコントロール出来なくなる恐ろしい病気ですが、殘念ながら一向に減る気配がありません。毎年確実にふえています。2003年に行なわれた調査によりますとアルコール依存症...

記事を読む

その他
  動脈瘤関連の病気は死亡リスクが高い?  昨日阿藤快さんの訃報が報じられて朝から驚きました。すごい健康でタフなイメージがあったので、大動脈瘤が危険な状態まで拡大していたとは想像もつきませんでした。 しかし、その後配信されたニュース記事を読んで、阿藤さんは数年前から健康に関してはあまり良い状態でなかったことと、ヘビースモーカーであったことが明らかに。 タバコを吸い続けると血管を細くしてしまうので、...

記事を読む

体の痛み不調の原因
    寒いからやってしまいがちな悪い睡眠習慣とは?!  これから本格的な冬を迎えるにあたって、どうしても睡眠の質が問われます。寒すぎて中々眠れなかったり、ふとんから出られなかったりするので、これがストレスになります。  このため色々グッズなどを利用して寒い冬の間に出来るだけ快適な眠りを手に入れようするわけですが、間違ったやり方で寝てしまっている方が少なくありません。  睡眠の質を高めるどころか、...

記事を読む

その他
 糖尿病の方の食事 糖尿病の方の食事というと、「あれもだめ、これもだめ」といった具合に厳しい制限が設けられているイメージがありますよね。しかし、最近はかなり緩和されてきています。 薬物療法と運動療法をバランスよく取り入れることによって、ほぼ健康な人と同じような食事を取ることが認められている病院も少なくありません。 また、糖質制限を行なっている病院では、肉や魚も一定の条件に従えば普通に食べていいので...

記事を読む

その他
実は意外に多い閉所恐怖症私も恐らく閉所恐怖症だと思います。車でさえもすごく窮屈に感じることがあります。勿論運転しているときは大丈夫なのですが、「大渋滞」が苦手なんです。何時間も高速道路で身動きが取れない状態が続く結構怖いです。特に夜は恐怖を感じるので、絶対に一人では車を運転しないようにしています。閉所恐怖症はかなり特殊なケースなのかとおもいきや、日本では潜在的な患者さんを含めると大体1割程度の人が...

記事を読む

1日たった15分で人生を飛躍させる方法!1日15分で身につける能力・スキルとは?!

 
 
 
728.png

 
 
 
 
誰もがさらに忙しくなる!
 
 
毎日忙しく過ごされている皆様にこのようなことを言うのは大変申し訳ないのですが、これからますますやらなければならないことが増えていきます。
 
 
スマホの普及率が高まるに連れて関連サービスがとてつもない勢いで進化・拡大を繰り広げているので、スマホを持っている人は確実に利用時間が増えているはずです。
 
 
そうすると我々の日々の暮らしの中で時間が奪われることとなり、より忙しい日々を否応なしに過ごすことになります。そうなるとやりたいことがますます出来なくなります。
 
 
特に小・中学生のお子さんをお持ちのご家庭は個人の時間がますます無くなります。しかし、そうした中で各個人の能力を高めなければなりませんよね。
 
 
それくらい一つの会社や機関、団体で働き続けることが難しくなっています。日々勉強しなければなりません。ですので、いかに効率よく学ぶかが鍵となります。
 
 
 
 
 
なぜ15分間なのか?!
 
 
なぜ15分なのかというと、「5分の法則」をもっとも良い形で活用するためです。5分の法則というのは、最初と最後の5分が最も集中力が高まり作業効率が高まることです。
 
 
つまり、短期集中で最大の効果を得ようと考えた場合、15分がもっとも効果が高いうえに時間の無駄が少なくてすむというわけです。
 
 
また、15分刻みにすることによって、何にどれくらい使っているか把握しやすくなりますので、いろいろな作業を同時に進めながら無理なく展開することが出来ます。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

人生を楽しむ天才!イタリア人から学ぶ人生を楽しむための「超楽観的思考法」!笑顔があふれる生き方!



725.png



 
 
不況も何のその!
 
 
ユーロ経済がとんでもないことになっています。頼みのドイツが某自動車メーカーの不正によってドイツの自動車産業は壊滅的状況に追い込まれています。
 
 
しかし、ユーロ全体がそんな厳しい状況にありながら、今日も不況などどこ吹く風で人生を謳歌している人たちがいます。そう「イタリア」の人たちです。
 
 
私の知人が以前イタリア人に過労死の意味を説明できずに困ったといっていました。
 
 
自分の人生が最優先で、イタリア人の人生における大切なものに仕事は含まれていません。
 
 
今回はイタリア人の思考法をまとめさせて頂きました。楽観的に生きる
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

女性ホルモンの分泌をUPすれば女性はもっと健康で美しくなる!女性ホルモンの秘密について!

 
 
165.png
 
 
 
 
 
なぜセルフケアは上手くいかないのか?!
 
 
現代の女性は遊びに仕事にとても忙しいので、どうしても生活が乱れてお肌も荒れます。
 
 
このため誰もがキレイでいたいと強く願うわけですが、セルフケアを続けることが難しいというジレンマにみなさん苦しんでます。やめてしまうと効果は維持できません。
 
 
いうまでもなくストレスは美容の大敵です。ですので、続けるのが難しくいセルフケアをどんなにがんばったとしても期待していたような効果は実現するのは難しいです。
 
 
ストレスがせっかくの効果を抑えてしまうからです。どんなに優れた効果が期待できたとしても、セルフケアそのものがストレスになってしまってはだめなんです。
 
 
ではどうすれば女性ホルモンを味方につけることです。
 
 
具体的には女性ホルモンが分泌される周期にあわせて行動します。
 
 
ホルモンの状態は日々変化しているので、当然お肌にも強く影響しています。
 
 
ホルモンとは、血中にほんの微量存在するだけで各臓器を調整する非常に重要な物質です。
 
 
女性ホルモンの中でも特に重要なのが「エストロゲン」です。
 
 
これが生理に周期にあわせて増減を繰り返します。
 
 
それをきちんと把握していない状態でセルフケアを行っても無駄になります。
 
 
例えば、お肌の状態が多少適当にケアしてもいい状態にあるときに高級クリームで入念にケアしてもあまり意味がありません。無駄な労力となってしまいます。
 
 
適当でいいときは適当にやったほうが時間をコストを節約できます。
 
 
またエストロゲン以外にも「セロトニン」のような快楽や快感をもたらす神経伝達物質をこれは女性ホルモンと密接に連動しているものなのでこの2つを味方につければ最強です。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

美容と健康に効く「ワセリン」の凄すぎる効果とは?!この冬はワセリンだけOKです!!



723.png
 
 
 
 
 
ワセリンとは?
 
 
ワセリンを使用されたことはありますか、意外に知られていないのですが、ワセリンには、美肌効果をはじめ美容と健康に効く大変すぐれた効果があるんです。
 
 
もともとワセリンは、石油から抽出された油です。このため優れた保湿効果があります。
 
 
ワセリンは肌に優しいだけでなく、ワセリンが持つ油分で水分を閉じ込め、外の刺激から肌を守ることができるので、多くの化粧品類、塗り薬の基材としても使われています。
 
 
ただしワセリンは硬くて伸びが悪いので塗りづらいので強くこすってしまいがちです。
 
 
これだとお肌に圧をかけてしまうので、しっかり手で擦りながら温めてから塗りましょう。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

人に仕事を任せられる人だけが得をする秘密とは?人に仕事を任せられる人と任せられない人の違いとは?



719.png
 
 
 
 
 
仕事を任せましょう!
 
 
仕事がデキる人が出世していく過程で大きな壁となるのが仕事を人に任せる(アサイン)ことです。仕事が出来るだけに「自分でやったほうが早い」そう考えてしまします。
 
 
また、仕事ができる分仕事に対する責任感が強いので余計にそう思ってしまわけですが、あなたがもしそうなら非常に損をしています。早い段階でどんどん任せるべきです。
 
 
仕事をまかせることによって、さらに成長することができますが、いつまでも任せようとしないと、そこで成長が止まってしまうので、仕事を任せるようになりましょう!!。
 
 
 
 
 
仕事を任せられない人の特徴とは?!
 
 
まず仕事を人に任せられないタイプの特徴として優しい人に多く見られます。30代の新人リーダーは自分よりも年上の従業員が職場にたくさんいるので、中々お願いできません。
 
 
このためリーダーになったはいいが、職場にいるだけでこれまでにない強いストレスを感じてしまいます。しかも会社側の評価がどんなに高くても低いと感じてしまいます。
 
 
しかし、そのままではいけません。なぜならあなたの評価が今以上にあがることがないからです。どんなにあなた一人で頑張っても一人分の仕事しかできません。
 
 
どんなに一生懸命頑張っても、いつまでも一人分の仕事しかできないので、当然会社側のあなたに対する評価も変わらないので、不平不満はさらに大きくなります。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

あなたの会社は大丈夫ですか?職場でうつ病を発症した場合の会社による支援が日本は最低!

 
 
721.png
 
 
 
 
 
あなたの会社は大丈夫ですか?!
 
 
うつ病の原因として仕事の過度のストレスがあげられます。しかも明らかに職場環境に問題がありながら、そうした問題点が明るみになることが少ないのが現状です。
 
 
その理由として、うつ病になってしまったのは「その人本人の問題」と捉える向きが強いからです。こうした背景には自分はうつ病にはならないといった思いがあるからです。
 
 
しかし、色々な会社を見てきましたが、現実には同じポジション(環境、待遇など)で働く人たちがうつ病を発症してしまうケースが少なくありません。
 
 
例えば営業部の部長を務めていた人がある日突然うつ病を発症してしまい、退職することになるも後任の人も1年後にうつ病を発症するといった具合です。
 
 
過度のノルマに対する心理的プレッシャーによって、日々強いストレスにさらされ、ある日突然うつ病となり退職するケースは思いの外多いので十分注意しなければなりません。
 
 
下の記事にもありますが、そうなった場合でも会社側は一切支援してくれないところが多いという現実に恐れを感じずにはいられません。自分の身は自分にしか守れないようです。
 

» 記事の続きを読む

 タグ
None

デトックスで身体の中からすっきりと美しく!腸の働きが改善されるから太りにくい体質へ!



715.png
 
 
 
 
 
デトックスとは?!
 
 
個人的にデトックスと言う言葉をよく耳にする機会が多いのですが、デトックスとは特定の食材を食することによって体内の毒素を外に出すことを意味する言葉です。
 
 
私の周囲でデトックスウォーターを始める人が増えています。皆さんその効果の高さに驚いています。作り方は簡単でミネラルウォーターに野菜や果物を入れるだけです。
 
 
一晩おくと野菜や果物の良質なエキスが見ずに浸透し、これらが体内をキレイにクリーニングしてくれます。というのも水は体全体に浸透するからです。
 
 
米国では医療費がとてつもなく馬鹿高いので、代替医療が一般の人たちの間で広く浸透しており、すでにとてつもない巨大市場となっています。
 
 
今回ご紹介させていただくデトックスもその一つでして、デトックスという解毒機能によって、身体の中がクリーンになるので、美容と健康に高い効果をもたらします。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

怖すぎて医師や看護師聞けないインフルエンザの都市伝説!これって本当に効くんですか?!

 
 
710.png
 
 
 
 
 
今年のインフルエンザの流行入りは遅れる?!
 
 
今年も残すところ1ヶ月となり、何かと慌ただしい時期ですが、ことインフルエンザの流行入りに関しては例年よりもかなりスローペースのようです。
 
 
ちなみに昨年は11月半ば頃に流行入りしているのですが、今年はこのペースでいくと12月の半ばに入りそうです。ここに来て寒さが一気に厳しくなってますので要注意です。
 
 
というのも免疫力が一気に落ちてしまうので、インフルエンザウイルスに感染しやすいので、暖かい格好をして、手洗いをこまめに行なって下さい。
 
 
最低でも1分以上かけてウィルスを洗い流す感覚で手洗いしてください。そうすることによって市販されている消毒液よりも高い効果を実現してくれますよ。
 
 
ということで今回は巷で色々インフルエンザに関して言われてますが、本当のところは一般の人たちのには知る良しもありません。そうした都市伝説をgooランキングの編集部が
 
 
分かりやすくまとめているものをご紹介させていただきます。また宮崎県が主催するチャンネルの動画も詳しくインフルに関して解説していますのでご参考になれば幸いです。
 
 
こちらの方をご覧頂き、来年にそなえて免疫力を高めて生きましょう!!
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

キレやすい子どもが増えている?!こどもが突然キレる主な原因とその対処法について!!

 
 
708.png
 
 
 
 
 
キレやすい子どもが増えている?!
 
 
最近キレやすい子どもが増えているといった記事を良く目にしますが、本当にそうなのでしょうか?。私はキレやすい大人の方が逆に増えているように思います。
 
 
ですので、もしかするとその影響を子どもが受ける格好で増えているのかもしれません。
 
 
いずれにしても早い段階で子どもに対して我慢することを心と体で覚えさせないと将来もっとキレやすい人になってしまうかもしれません。
 
 
というのも子どものころに色々なことに対して辛抱することを学ばないと大人になったときにストレスに打ち勝つことができなくなってしまうからです。
 
 
ということで今回の投稿はキレやすい子どもへの接し方が解説された記事と反抗期を迎えた子どもに対する接し方を解説した動画をシェアさせていただきます。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

タモリさんから学ぶ初対面の会話がうまくいく凄い法則!あなたのコミュニケーション能力が飛躍する!



702.png
 
 
 
 
 
なぜ人は人見知りするのか!
 
 
初対面の人との会話が苦手な人がほとんどだと思います。欧米の人は人見知りな人でも相手が自分よりも人見知りなタイプと知ると積極的に喋ったりします。
 
 
依然私はビジネスマン向けに初対面での会話のセミナーを取材したことがありまして実際にコーチングを受けけたりもしたのですが、とにかく難しくて身につきませんでした。
 
 
今回ご紹介させていただくタモリさんの会話術は凄いですよね。さすがタモリさんと思わず唸ってしまいました。
 
 
ぜひこちらの動画を永久保存してコミュニケーション能力を飛躍的に高めましょう。
 
 
 
 
 
相手の変化を話題にする
 
 
タモリさんは、相手の変化を素早く見つけては、その変化の理由を質問しますよね。
 
 
例えば「痩せたねえ、なんかジムとかで鍛えてるの?」「焼けたね。どっか行ったの?」といった具合に相手の変化について質問することで相手の方も話しやすくなります。
 
 
しかも褒められているわけですから、余計に相手も嬉しいはず、そうすると嫌でも会話が弾むようになりますので、自分は聞き役に徹して、相手に喋らせるだけでいいんですね
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

季節うつに苦しむ人たちが急増している理由とは?季節性うつ病の予防法とは!?



700.png
 
 
 
 
 
季節うつとは?!
 
 
ここに来て「季節性うつ」に悩まされている人が急増しているようです。日本は四季があるので、季節の代わり目が諸外国よりもはっきりしていますよね。
 
 
このため何かと体調不良が起こりやすいでわけですが、中でも秋から冬にかけては要注意です。まず日照時間が一気に短くなるので、おひさまの光を浴びる時間が短くなります。
 
 
ちなみに季節うつは季節性感情障害ともいいますが、冬に入ったころくらいに発症するケースが多く、また大抵春を迎えたころくらいには症状は改善するようです。
 
 
しかし、そうはいっても世の中が混沌としている状況下では何かと不安なことを考えてしまうので、ずるずる引きずってしまうケースも多いようですよ。
 
 
そうならないためにも、ちょっとおかしいなと思ったら初期段階で問題を抑えるためにも内科、心療内科、精神科を受診されることをオススメします。
 

» 記事の続きを読む

 タグ
None

脳の働きをどことん悪化させるダメな習慣とは?!脳の老化を防ぐ方法とその理由が分かります!

 


697.png

 


 
なぜ人の脳は退化するのか?!
 
 
脳の働きは無限大ですが、加齢が進むとともに退化していきます。こればっかりは自然の摂理なのでどうしようもありません。しかし、老化を遅らせることはできます。
 
 
例えば筋肉は使わなければ確実に衰えますよね。3週間ベットから一度も起き上がらないで寝たままの状態で過ごせばリハビリをしないと歩行すら困難になってしまいます。
 
 
これは脳が持つ知的能力もまったく同じなんです。使えば使うほど活性化しますが、反対に使わなければ確実に退化してしまうので、日常的なトレーニングが必要です。
 
 
しかし、日々忙しく過ごされている現代人にそんな余裕はないと思いますので、今回は脳の働きを著しく退化・老化させてしまう習慣、行動、言動をご紹介します。
 
 
これらの習慣と真逆のことをすれば特別なことを何もしなくても老化を抑えられます。
 
 
 
 
 
ネガティブな感情が脳の老化を加速する!!
 
 
ネガティブな言葉全般が脳の働きを退化させてしまいます。「疲れた」「だるい」「忙しい」「めんどくさい」「適当でいいよ」といったネガティブな言葉は脳を劣化させます。 
 
 
大抵このような言葉を口にするときはストレスが溜まっています。また他人の批判や悪口なども同様です。言えば言うほど脳の働きが悪化するので注意が必要です。


なぜかというとこうした言葉を使うことによって脳内ホルモンの一つセロトニンの分泌が悪化します。つまり、そのせいで余計ストレスを感じるようになるわけです。
 

» 記事の続きを読む

 タグ
None

強い「うつ症状」を引き起こす低血糖症の怖さとは?!苦しい低血糖症を改善するには?!



695.png
 
 
 
 
 
低血糖症によるうつ症状とは?!
 
 
依然として「うつ病」の症状に苦しめられている人が増えています。うつ病の原因として一般的にあげられるのが仕事や学業に関するストレスや睡眠不足などです。
 
 
これらの場合は精神科や心療内科を受診することで症状を改善することができますが、最近比較的多く見られるのが食生活によって「うつ病」の症状を誘発してしまうケースです。
 
 
この場合「低血糖症」の可能性もあるので、低血糖症の症状を改善しないことにはうつ病の症状を改善することは出来ないので、適切な治療を進めるのが難しいとされています。
 
 
 
 
 
低血糖症が疑われる症状とは?!
 
 
きちんと睡眠をとっているにもかかわらず、強い眠気が襲ってくることはありませんか?。
 
 
例えばお昼ごはんを食べてすぐに強烈な「睡魔」が襲っきたり、また、反対に仕事で疲れているはずなのに夜中に突然目が覚めたりといったことがありませんか?。
 
 
もしそうした症状の原因が食生活に関する問題であれば、それらを改善することによって、これまでとおりぐっすり眠れて、日中の眠気や睡魔から開放されるケースもあります。
 
 
もし今現在毎日のように睡魔に襲われているのであれば、低血糖症の可能性があるので、ご自身の普段の血糖値と食事の関係を見直さなければなりません。
 
 
ちなみに「低血糖症」とは、糖尿病の人が治療の過程でなってしまう「低血糖」とは異なります。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

脳梗塞や心筋梗塞を予防する寒い季節のお風呂の入り方!中高年以上の方必見です!!



692.png




 
 
お風呂で脳梗塞や心筋梗塞を発症するケースが急増!?
 
 
日増しに寒さが厳しくなっているこの時期のお風呂は格別ですよね。ついつい長湯してしまいがちですが、中高年の方は脳梗塞や心筋梗塞を発症しやすいので要注意です。
 
 
30代も後半に入ると体の各機能の働きが低下しますので、ある日突然発作に襲われるといったケースも少なくないだけに、やはり注意しなければなりません。
 
 
お風呂に入ると血管が広がり、血液の流れが良くなりますので、血圧が一気に下がってしまうので、脳梗塞や心筋梗塞を発症するリスクが高いとされています。
 
 
しかし、だからといってシャワーだけでは味気ないですよね。今回ご紹介するこちらの記事ではお風呂での脳梗塞・心筋梗塞の予防方について解説されてます。
 
 
これを守ってお風呂に入れば、お風呂の効果をより高めることができるので、ある意味自分でやる生活習慣病の治療にもなりますので、特に中高年の方におすすめです。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

自己愛性パーソナリティ障害とは?度を超えた自分大好き人間は他人の足を引っ張る?!

 
 
684.png
 
 
 
 
 
度を超えた自分大好き人間とは?
 
 
言うまでもなく自己愛は大切ですよね。これがなければ人は生きていくことさえ困難です。しかし、これがあまりにも極端な形で度を超えてしまうと大変なことになります。
 
 
今回のテーマである「自己愛性パーソナリティ障害」に苦しむ人たちの多くが個をある程度抑えなければならない社会生活に息苦しさを感じています。
 
 
「でも私には関係ないかも...」と思われる方も多いかと思いますが、現実社会で「自己愛性パーソナリティ障害」の人は潜在的にかなりの数になると思います。
 
 
もしかすると、あなたの職場や学校にもいらっしゃるかもしれませんね。私はどんぴしゃりの人がいました。見た目は真面目なんですが、ある日突然おかしなことを言い出します。
 
 
さっきまで笑っていたら急に怒りだしたりするなど、周囲と揉めるケースが少なくないのです。私の例で言えば仕事で足を引っ張られました。おかげで大きな損失を被りました。
 
 
そのことを攻めると最初は謝ってきたのですが、ある日突然「やっぱり俺は悪くない悪いのはお前のほうだ!」といわんばかりに攻撃をしかけてきました。
 
 
こうしたケースはまれでしょうが、もしかしたらあなたも今後遭遇する可能性があるわけですから自己愛性パーソナリティ障害について知っておくと後々対応がに楽なりますよ。
 

» 記事の続きを読む

 タグ
None

笑うことがシワやたるみの原因は嘘だった?!笑うことで人は心身ともに健康で美肌になれる!



677.png





■笑うとしわになるは嘘?


女性の場合「そんなに笑うとシワができるよ」と言われた経験が一度や二度はあると思いますが、どうやらただの都市伝説のようで、最近の研究では逆の結果が発表されています。


シワの原因は、皮膚の潤いを保つために必要な水分が減り、加齢が進んだことで皮膚の中
にある弾性繊維が衰え、皮膚の伸縮性が著しく悪化したためです。


ですので「水分不足」と「加齢」が原因なので、笑ったからといってシワはできません。


むしろ笑うことによって表情筋が鍛えられ、交感神経を良い状態に保つことができるので、美容と心身の健康に欠かすことができません。


よく「アンチエイジング」目的で日常的に極力笑わないようにしている方を見かけますが、表情が硬いので、どんなに性格がよくても、きつい印象を与えてしまいます。


それよりも笑って人生を大いに楽しんだほうがいいですよね。





■作り笑いでも効果がある?


作り笑いでも色々な効果があります。例えば表情筋を鍛えられますし、笑顔で接することができれば初対面の相手でも自然と笑顔で接することができるようになります。


普段から笑わないと表情筋は委縮し、リンパ液の流れが止まってしまいます。


そうなるとお肌がくすんだりむくみやすくなってしまいます。


また、弾力が無くなるのでお肌の重みを支えられなくなり、たるんでしまいます。


このたるみが固定化したのが、女性の大敵、「ほうれい線」なのだ。


そうならないためにも普段から表情筋を鍛える必要があります。


例えば「大笑い」することによって、口角が上がるため表情筋のツボを刺激します。


その結果として表情筋の上にあるリンパの流れが促されて新陳代謝が活発化します。


また、笑いはストレスの解消にもなり、女性ホルモンの分泌が正常通りに行われるので、たとえ作り笑いであったとしても、若々しい健康的な美肌に笑いは欠かせません。


今回は目の下の”しわ”と”たるみ”を解消する!簡単まぶたストレッチをご紹介します。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ

更年期障害を予防すれば様々な病気の予防やアンチエイジングにつながる?



675.png





■更年期障害は女性だけではない?


更年期障害というと女性特有のもの思われている方が多いですが、現実には男性の間でもホルモンバランスの悪化によって、更年期障害に苦しんでいる人たちが増えています。


更年期によって男性ホルモンが低下してしまうと、筋肉量が減少してしまいます。


この状態で運動不足、偏った食事、睡眠不足の状態が続くと体脂肪率が当然上昇します。このため、肥満が進みや糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病リスクが高まります。


また、血液は汚れるので血管が劣化しやすくなり、「動脈硬化」が同時に進みますので、心筋梗塞や脳梗塞などを発症するリスクが高まり、命の危険にさらされます。


このため最近では中高年男性に多いうつ病や自殺、過労死などの間接的な原因の一つに、更年期障害をあげる医療関係者も増えているので、更年期障害の予防が不可欠です。


更年期障害予防が結果として、様々な病気の予防やアンチエイジングに繋がります。


とはいっても、やることはシンプルです。睡眠と食事の質をあげて、適度な運動を習慣化することによって、更年期障害の予防と症状の改善が期待できます。勿論女性も同様です。



【 出典 】

アンチエイジング&ホリスティック

» 記事の続きを読む

 カテゴリ

まるで異次元のような別世界!これが視力0.01の世界なの?!なぜここまで視力が悪化するのか?



664.png
 
 
 
 
 
これが視力0.01の世界?
 
 
今回ご紹介させて頂く動画は視力0.01の世界をわかりやすくまとめています。私大変ありがたいことに視力は両目ともに良いい状態にあります。
 
 
しかも最近表情筋トレーニングを始めたら、眼球も動かす関係か、さらに視力(1.0から1.5)が良くなりました。劇的に良くなったので、気がついたことがあります。
 
 
まず疲れにくくなりました。首がこる、肩がこる、といったことがまったくありません。しかも、ストレスを感じることも少なくなっているので、視力は大事だなと思います。
 
 
上にある画像をご覧頂ければお分かりかと思いますが、視力0.01の世界は裸眼だとこの状態ですから本当に大変ですよね。心身にかかるストレスは大きいと思います。
 
 
 
【出典】ガクブルニュース
 
【驚愕】これが視力0.01の世界だ!
 

 

» 記事の続きを読む

 タグ
None

遺伝子組み換え食品の怖さとは?TPPによって遺伝子組み換え食品が大量輸入される時代が来る?!

 
 
661.png
 
 
 
 
 
遺伝子組み換えとは?
 
 
遺伝子組み換えではないと表記がされている加工食品をスーパーで見かけることがありますが、TPPが妥結したので今後はそうもいかなくなるかもしれません。
 
 
大量に米国から「遺伝子組み換え」食品が輸入されることになりかねないので、できるだけ多くの方々に「遺伝子組み換え」食品の怖さについて知っていただきたいです。
 
 
遺伝子組み換えは、品種改良と異なり複数の生物の遺伝子を結合させて全く新しい生物を創造していくこでして、これにより様々なメリット・デメリットがあります。
 
 
遺伝子組み換え技術を応用した食品は、除草剤耐性の大豆や殺虫性のトウモロコシなどの農作物と、遺伝子組み換え大腸菌に作らせた牛成長ホルモンのように組み換え体そのものを食べない食品添加物のようなものに分けられます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

家族がノロウィルスに感染してしまった場合の対処法!大切な人を守るために必要なこととは?



658.png



 
 
もしあなたの大切な人がノロウィルスに感染したら?
 
 
先日の記事の続きです。あまり想像したくありませんが、万一ご家族がノロウィルスに感染した場合の対処法について今回の記事ではより詳細に解説されています。
 
前回も申し上げましたが、今年は例年を上回る勢いで流行する可能性があると、多方面で取り沙汰されています。場合によってはご家族の方が感染することも十分ありえます。
 
 
そうした場合にどのように対処すればよいかといえば、やはり消毒が基本となりますが、死滅させることができないので、きちんと洗い流すのが基本となります。
 
世界が何かと混乱しているので、こうした隙をついて感染症が大流行となってしまうかもしれません。そうならないようにしっかりと準備を進めておきたいものです。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

急性ストレス障害(ASD)が発症するメカニズムについて!強いストレスが人を動けなくする?!



654.png


 
 
 
急性ストレス障害とは?
 
今回のテーマは急性ストレス障害(ASD)です。症状としては心的外傷後ストレス障害(PTSD)に似ているのですが、急性ストレス障害(ASD)は突発的に生じます。
 
先日フランスで一般市民が100人以上殺されてしまうという悲劇が起こりましたが、当日その現場にいた人たちの間で沢山の人が急性ストレス障害(ASD)を引き起こしてます。
 
 
このようなテロ、災害、事故など通常ではありえない危機的状況に追い込まれると強いストレスを受けるわけですが、そうするとASDを引き起こす可能性が高まります。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

ため息にはもの凄いリラックス効果があった!ため息をプラスに有効活用する方法とは?!

 
 
 650.png

 
 
 
 
ため息=悪ではない?!
 
 
あなたはため息についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?。恐らくあまり良くないイメージの方が強いと思われます。私は幼少時代に親や先生からよく注意されました。
 
 
「そんなにため息をつくと幸せがにげるぞ!」、「ため息ばかりつくと周りの人が嫌な思いをする...」といった具合によくしかられものです。
 
 
ため息ばかりつき続けると「たった数日でうつ病になる」といった研究結果が発表されているので、ため息ばかりつくのは確かに良くないようです。
 
 
しかし、意外にもため息には凄い美容と健康効果があります。ですので、ため息を有効活用することによって、美容と健康を促進することが出来るので、これを有効活用します。
 
 
 
 
 
脳内のホルモンバランスを改善!
 
 
ため息をつくことによって、自然と腹式呼吸になるので呼吸の質が一時的に改善されます。つまりある程度であればため息をつくことによってリラックス効果が生まれるのです。
 
 
そうすると脳内でリラックス効果の高いホルモンの分泌が活発化するので、ストレスが次第に緩和されることとなり、リラックスできるようになります。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

ノロウィルスが流行る前に準備しておきたいノロウィルス対策とは?今年は例年よりも猛威を振るいそうです!



648.png


 
 
 
ノロウィルスの予防とは?
 
 
今年もノロウィルスのシーズンがやってきました。幸い今年は例年よりも比較的温かい日が続いているため、流行るのが少し遅れそうなんですが、それでも油断は禁物です。
 
 
毎年テレビや雑誌で特集が組まれていますが、勘違いされている方が依然として少なくありません。例えばノロウィルスの基本は石鹸での手洗いとうがいです。
 
 
しかし、多くの方々がこれでは効かないという思い込みから、アルコール消毒やエタノールスプレーなどでノロウィルス予防を行っています。
 
 
実はアルコール消毒やエタノールスプレーは殺菌能力はありますが、ノロウィルスに関してはほとんど効きません。ですので、まずは石鹸でしっかり手を洗いましょう。
 
 
手洗いのポイントについてですが、目安は90秒位かけてしっかりノロウィルスを落とすことです。これによりノロウィルスの感染リスクは大幅に低下します。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

基礎代謝を高めて太りにくい体質に改善!!辛いストレスによる疲労回復にも効きます!



643.png

 
 
 

基礎代謝を高めないとダイエットは失敗します!
 
 
同じような食事をしているのに太らない人がいますよね。その一方で食事毎に太らないように気をつけていながら太ってしまう人がいます。
 
 
ダイエットしてもやせにくいと感じている方「は基礎代謝」をアップしなければ、いつまでも苦しいダイエットを繰り返すことになります。
 
 
基礎代謝を高めることが出来れば、体全体の細胞が若々しくなり、痩身効果だけでなく、顔のはりやつや、髪の毛にもつやが出て美肌になります。
 
 
基礎代謝を高めることによって、消費エネルギーを効率よく増やすことができるので太りにくい体質に改善することができます。
 
 
つまり、基礎代謝を高めることを無視して厳しいダイエットを行っても失敗する可能性が高いどころか、リバウンドをより大きくしてしまいます。
 
 
食事制限だけのダイエットはこの基礎代謝を高めるどころか下げてしまうので、エネルギー消費が悪化した分、太りやすくなってしまうのです。
 
 
ですので、本気でダイエットに取り組むのであれば、基礎代謝を高める必要があります。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

チャーリー・シーンが4年前にHIVに感染したことを激白!HIVの「感染」と「発症」の違いとは?

 
 
641.png

 
 
 
 
HIVに感染したチャーリー・シーンとは?
 
 
米国の人気俳優チャーリー・シーンがHIVに感染したことを発表しました。実際にチャーリー・シーンがHIVに感染したのは今から4年前です。なぜ今頃になってと思いますよね。
 
ちなみに感染してから4年経過した今も発症していまさん。薬物治療を中心に治療を行っているようなんですが、それにしても驚きました。
 
 
最近映画に出演されていないので、久しぶりに名前を聞いたと思ったら、なんと「HIV」に感染したということで、本当に朝から驚きました。
 
最近のチャーリー・シーンの活動は銀幕ではなく、テレビドラマや番組の司会で活躍されているようでして、意外に思われるかもしれませんが、とてつもなく人気があります。
 
 
2011年くらいまでは間違いなく世界一稼いでる俳優でした。1エピソードが4億円前後で年収が20億近くあったので、本当にやりたい放題だったんです。
 
2012年くらいに自宅にメディア関係者を招いたインタビューが全米で公開され、そこで悪態(明らかに薬物をやってました)をつき放題ついて世間を仰天させました。
 
 
5000人くらいの女性と性交渉をもったという発言は確かそのときのものだと思います。その後ツイッターのアカウントを解説し、あっという間に200万人を突破しました。
 
とにかく破天荒なキャラクターなんですが、どこか憎めないところがあるので、あれほど無茶なことをやっても未だにすごい人気があります。
 
 
今回HIVに感染したことを発表し、またまた世間を賑わしていますが、発症しない自身があると豪語してますが、感染と発症の違いがいまいち分らない方も多いと思います。
 
その点について今回ご紹介させて頂くgooヘルスケアの記事が分かりやすく解説しています
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

あなたは大丈夫?あなたのアルコール依存度が診断テストでズバリ分かります!!

 
 
636.png

 
 
 
 
アルコール依存症は他人事ではありません
 
 
今年も残すところ2ヶ月を切りました。これから年末にかけて何かとイベントが多いので、お酒を飲む機会が増えるわけですが、怖いのがお酒にまつわる色々な病気です。
 
 
アルコール中毒は自分で飲酒をコントロール出来なくなる恐ろしい病気ですが、殘念ながら一向に減る気配がありません。毎年確実にふえています。


2003年に行なわれた調査によりますとアルコール依存症の疑いのある人は440万人、治療の必要なアルコール依存症の患者さんが80万人いると推計されています。


仕事のストレスを解消するつもりで最初のころは楽しく飲んでいたのが、いつの間にか酒量が増えてアルコール依存症に苦しめられるケースが少なくありません。


ですので、ちょっとしたことがきっかけで誰もが成り得る病気なので、酒量を減らす努力がやはり必要ですね。今回ご紹介させていただくこちらの診断テストかなり厳しいです。


週末にしか飲まない私でも10ポイントでアルコール依存症の疑いがあると出ました。これをきっかけに生活習慣を見直したいと思います。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

阿藤快さんの死因となった「大動脈破裂」とは?死亡リスクが高い動脈瘤関連の病気をを予防するには?



632.png



 
 
動脈瘤関連の病気は死亡リスクが高い?
 
 
昨日阿藤快さんの訃報が報じられて朝から驚きました。すごい健康でタフなイメージがあったので、大動脈瘤が危険な状態まで拡大していたとは想像もつきませんでした。
 
しかし、その後配信されたニュース記事を読んで、阿藤さんは数年前から健康に関してはあまり良い状態でなかったことと、ヘビースモーカーであったことが明らかに。
 
タバコを吸い続けると血管を細くしてしまうので、血液の流れが悪化してしまい、動脈瘤のリスクは高まってしまうので、改めてタバコの怖さを実感しました。
 
大動脈破裂してしまった場合、一刻を争いますので、即救急車を呼ばなければなりません。しかし、当日の阿藤さんは一人だったため、そのまま倒れて死を迎えることに...
 
日曜日は配置される職員の数も限られているので、仮に救急車を呼んでも病院到着前に死亡してしまう可能性が高いので、本当に怖い病気であると思っています。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

美容と健康に悪いやってはいけない眠り方とは?!キレイがどんどん逃げていく「悪い就寝方法」!

 
 
626.png

 


 
寒いからやってしまいがちな悪い睡眠習慣とは?!
 
 
これから本格的な冬を迎えるにあたって、どうしても睡眠の質が問われます。寒すぎて中々眠れなかったり、ふとんから出られなかったりするので、これがストレスになります。
 
 
このため色々グッズなどを利用して寒い冬の間に出来るだけ快適な眠りを手に入れようするわけですが、間違ったやり方で寝てしまっている方が少なくありません。
 
 
睡眠の質を高めるどころか、逆に劣化していることになりますので、ストレスを抱えながら眠るような格好になります。そうすると健康にも美容にもよくありません。
 
 
今回は睡眠の質を高めるためにやめるべき点についていくつか紹介しています。年末にかけて何かと忙しくなるので、心と体を休めるためにも非常に重要です。
 

» 記事の続きを読む

 タグ
None

糖尿病になったら気をつけるべきこととは?合併症リスクをおさえるための食事の注意点とは?



624_20151116173546b66.png


 


糖尿病の方の食事
 
糖尿病の方の食事というと、「あれもだめ、これもだめ」といった具合に厳しい制限が設けられているイメージがありますよね。しかし、最近はかなり緩和されてきています。
 
薬物療法と運動療法をバランスよく取り入れることによって、ほぼ健康な人と同じような食事を取ることが認められている病院も少なくありません。
 
また、糖質制限を行なっている病院では、肉や魚も一定の条件に従えば普通に食べていいので、昔ほどは神経質にならなくてもいいようです。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

1割は「閉所恐怖症」で苦しんでいる?有名人にも多い狭いところが怖い閉所恐怖症とは?!



620.png



実は意外に多い閉所恐怖症


私も恐らく閉所恐怖症だと思います。車でさえもすごく窮屈に感じることがあります。勿論運転しているときは大丈夫なのですが、「大渋滞」が苦手なんです。


何時間も高速道路で身動きが取れない状態が続く結構怖いです。特に夜は恐怖を感じるので、絶対に一人では車を運転しないようにしています。


閉所恐怖症はかなり特殊なケースなのかとおもいきや、日本では潜在的な患者さんを含めると大体1割程度の人が閉所恐怖症なのだそうです。


ダウンタウンの松本人志さんも今から10年ほど前に閉所恐怖症になってしまったようです。日常生活に支障をきたしているような状況にあるなら専門医を受診しましょう。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます