2015年11月の記事一覧


月別アーカイブ:2015年11月

2015年11月の記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

心の病気の予防と対策について
     季節うつとは?!  ここに来て「季節性うつ」に悩まされている人が急増しているようです。日本は四季があるので、季節の代わり目が諸外国よりもはっきりしていますよね。  このため何かと体調不良が起こりやすいでわけですが、中でも秋から冬にかけては要注意です。まず日照時間が一気に短くなるので、おひさまの光を浴びる時間が短くなります。  ちなみに季節うつは季節性感情障害ともいいますが、冬に入ったころ...

記事を読む

体の痛み不調の原因
   なぜ人の脳は退化するのか?!  脳の働きは無限大ですが、加齢が進むとともに退化していきます。こればっかりは自然の摂理なのでどうしようもありません。しかし、老化を遅らせることはできます。  例えば筋肉は使わなければ確実に衰えますよね。3週間ベットから一度も起き上がらないで寝たままの状態で過ごせばリハビリをしないと歩行すら困難になってしまいます。  これは脳が持つ知的能力もまったく同じなんです。...

記事を読む

その他
     低血糖症によるうつ症状とは?!  依然として「うつ病」の症状に苦しめられている人が増えています。うつ病の原因として一般的にあげられるのが仕事や学業に関するストレスや睡眠不足などです。  これらの場合は精神科や心療内科を受診することで症状を改善することができますが、最近比較的多く見られるのが食生活によって「うつ病」の症状を誘発してしまうケースです。  この場合「低血糖症」の可能性もあるので...

記事を読む

その他
  お風呂で脳梗塞や心筋梗塞を発症するケースが急増!?  日増しに寒さが厳しくなっているこの時期のお風呂は格別ですよね。ついつい長湯してしまいがちですが、中高年の方は脳梗塞や心筋梗塞を発症しやすいので要注意です。  30代も後半に入ると体の各機能の働きが低下しますので、ある日突然発作に襲われるといったケースも少なくないだけに、やはり注意しなければなりません。  お風呂に入ると血管が広がり、血液の流...

記事を読む

心の病気の予防と対策について
       度を超えた自分大好き人間とは?  言うまでもなく自己愛は大切ですよね。これがなければ人は生きていくことさえ困難です。しかし、これがあまりにも極端な形で度を超えてしまうと大変なことになります。  今回のテーマである「自己愛性パーソナリティ障害」に苦しむ人たちの多くが個をある程度抑えなければならない社会生活に息苦しさを感じています。  「でも私には関係ないかも...」と思われる方も多いかと...

記事を読む

その他
■笑うとしわになるは嘘?女性の場合「そんなに笑うとシワができるよ」と言われた経験が一度や二度はあると思いますが、どうやらただの都市伝説のようで、最近の研究では逆の結果が発表されています。シワの原因は、皮膚の潤いを保つために必要な水分が減り、加齢が進んだことで皮膚の中にある弾性繊維が衰え、皮膚の伸縮性が著しく悪化したためです。ですので「水分不足」と「加齢」が原因なので、笑ったからといってシワはできま...

記事を読む

その他
■更年期障害は女性だけではない?更年期障害というと女性特有のもの思われている方が多いですが、現実には男性の間でもホルモンバランスの悪化によって、更年期障害に苦しんでいる人たちが増えています。更年期によって男性ホルモンが低下してしまうと、筋肉量が減少してしまいます。この状態で運動不足、偏った食事、睡眠不足の状態が続くと体脂肪率が当然上昇します。このため、肥満が進みや糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活...

記事を読む

目の病気の予防と対策
     これが視力0.01の世界?  今回ご紹介させて頂く動画は視力0.01の世界をわかりやすくまとめています。私大変ありがたいことに視力は両目ともに良いい状態にあります。  しかも最近表情筋トレーニングを始めたら、眼球も動かす関係か、さらに視力(1.0から1.5)が良くなりました。劇的に良くなったので、気がついたことがあります。  まず疲れにくくなりました。首がこる、肩がこる、といったことがま...

記事を読む

その他
       遺伝子組み換えとは?  遺伝子組み換えではないと表記がされている加工食品をスーパーで見かけることがありますが、TPPが妥結したので今後はそうもいかなくなるかもしれません。  大量に米国から「遺伝子組み換え」食品が輸入されることになりかねないので、できるだけ多くの方々に「遺伝子組み換え」食品の怖さについて知っていただきたいです。   遺伝子組み換えは、品種改良と異なり複数の生物の遺伝子を結...

記事を読む

その他
  もしあなたの大切な人がノロウィルスに感染したら?  先日の記事の続きです。あまり想像したくありませんが、万一ご家族がノロウィルスに感染した場合の対処法について今回の記事ではより詳細に解説されています。 前回も申し上げましたが、今年は例年を上回る勢いで流行する可能性があると、多方面で取り沙汰されています。場合によってはご家族の方が感染することも十分ありえます。  そうした場合にどのように対処すれ...

記事を読む

季節うつに苦しむ人たちが急増している理由とは?季節性うつ病の予防法とは!?



700.png
 
 
 
 
 
季節うつとは?!
 
 
ここに来て「季節性うつ」に悩まされている人が急増しているようです。日本は四季があるので、季節の代わり目が諸外国よりもはっきりしていますよね。
 
 
このため何かと体調不良が起こりやすいでわけですが、中でも秋から冬にかけては要注意です。まず日照時間が一気に短くなるので、おひさまの光を浴びる時間が短くなります。
 
 
ちなみに季節うつは季節性感情障害ともいいますが、冬に入ったころくらいに発症するケースが多く、また大抵春を迎えたころくらいには症状は改善するようです。
 
 
しかし、そうはいっても世の中が混沌としている状況下では何かと不安なことを考えてしまうので、ずるずる引きずってしまうケースも多いようですよ。
 
 
そうならないためにも、ちょっとおかしいなと思ったら初期段階で問題を抑えるためにも内科、心療内科、精神科を受診されることをオススメします。
 

» 記事の続きを読む

 タグ
None

脳の働きをどことん悪化させるダメな習慣とは?!脳の老化を防ぐ方法とその理由が分かります!

 


697.png

 


 
なぜ人の脳は退化するのか?!
 
 
脳の働きは無限大ですが、加齢が進むとともに退化していきます。こればっかりは自然の摂理なのでどうしようもありません。しかし、老化を遅らせることはできます。
 
 
例えば筋肉は使わなければ確実に衰えますよね。3週間ベットから一度も起き上がらないで寝たままの状態で過ごせばリハビリをしないと歩行すら困難になってしまいます。
 
 
これは脳が持つ知的能力もまったく同じなんです。使えば使うほど活性化しますが、反対に使わなければ確実に退化してしまうので、日常的なトレーニングが必要です。
 
 
しかし、日々忙しく過ごされている現代人にそんな余裕はないと思いますので、今回は脳の働きを著しく退化・老化させてしまう習慣、行動、言動をご紹介します。
 
 
これらの習慣と真逆のことをすれば特別なことを何もしなくても老化を抑えられます。
 
 
 
 
 
ネガティブな感情が脳の老化を加速する!!
 
 
ネガティブな言葉全般が脳の働きを退化させてしまいます。「疲れた」「だるい」「忙しい」「めんどくさい」「適当でいいよ」といったネガティブな言葉は脳を劣化させます。 
 
 
大抵このような言葉を口にするときはストレスが溜まっています。また他人の批判や悪口なども同様です。言えば言うほど脳の働きが悪化するので注意が必要です。


なぜかというとこうした言葉を使うことによって脳内ホルモンの一つセロトニンの分泌が悪化します。つまり、そのせいで余計ストレスを感じるようになるわけです。
 

» 記事の続きを読む

 タグ
None

強い「うつ症状」を引き起こす低血糖症の怖さとは?!苦しい低血糖症を改善するには?!



695.png
 
 
 
 
 
低血糖症によるうつ症状とは?!
 
 
依然として「うつ病」の症状に苦しめられている人が増えています。うつ病の原因として一般的にあげられるのが仕事や学業に関するストレスや睡眠不足などです。
 
 
これらの場合は精神科や心療内科を受診することで症状を改善することができますが、最近比較的多く見られるのが食生活によって「うつ病」の症状を誘発してしまうケースです。
 
 
この場合「低血糖症」の可能性もあるので、低血糖症の症状を改善しないことにはうつ病の症状を改善することは出来ないので、適切な治療を進めるのが難しいとされています。
 
 
 
 
 
低血糖症が疑われる症状とは?!
 
 
きちんと睡眠をとっているにもかかわらず、強い眠気が襲ってくることはありませんか?。
 
 
例えばお昼ごはんを食べてすぐに強烈な「睡魔」が襲っきたり、また、反対に仕事で疲れているはずなのに夜中に突然目が覚めたりといったことがありませんか?。
 
 
もしそうした症状の原因が食生活に関する問題であれば、それらを改善することによって、これまでとおりぐっすり眠れて、日中の眠気や睡魔から開放されるケースもあります。
 
 
もし今現在毎日のように睡魔に襲われているのであれば、低血糖症の可能性があるので、ご自身の普段の血糖値と食事の関係を見直さなければなりません。
 
 
ちなみに「低血糖症」とは、糖尿病の人が治療の過程でなってしまう「低血糖」とは異なります。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

脳梗塞や心筋梗塞を予防する寒い季節のお風呂の入り方!中高年以上の方必見です!!



692.png




 
 
お風呂で脳梗塞や心筋梗塞を発症するケースが急増!?
 
 
日増しに寒さが厳しくなっているこの時期のお風呂は格別ですよね。ついつい長湯してしまいがちですが、中高年の方は脳梗塞や心筋梗塞を発症しやすいので要注意です。
 
 
30代も後半に入ると体の各機能の働きが低下しますので、ある日突然発作に襲われるといったケースも少なくないだけに、やはり注意しなければなりません。
 
 
お風呂に入ると血管が広がり、血液の流れが良くなりますので、血圧が一気に下がってしまうので、脳梗塞や心筋梗塞を発症するリスクが高いとされています。
 
 
しかし、だからといってシャワーだけでは味気ないですよね。今回ご紹介するこちらの記事ではお風呂での脳梗塞・心筋梗塞の予防方について解説されてます。
 
 
これを守ってお風呂に入れば、お風呂の効果をより高めることができるので、ある意味自分でやる生活習慣病の治療にもなりますので、特に中高年の方におすすめです。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

自己愛性パーソナリティ障害とは?度を超えた自分大好き人間は他人の足を引っ張る?!

 
 
684.png
 
 
 
 
 
度を超えた自分大好き人間とは?
 
 
言うまでもなく自己愛は大切ですよね。これがなければ人は生きていくことさえ困難です。しかし、これがあまりにも極端な形で度を超えてしまうと大変なことになります。
 
 
今回のテーマである「自己愛性パーソナリティ障害」に苦しむ人たちの多くが個をある程度抑えなければならない社会生活に息苦しさを感じています。
 
 
「でも私には関係ないかも...」と思われる方も多いかと思いますが、現実社会で「自己愛性パーソナリティ障害」の人は潜在的にかなりの数になると思います。
 
 
もしかすると、あなたの職場や学校にもいらっしゃるかもしれませんね。私はどんぴしゃりの人がいました。見た目は真面目なんですが、ある日突然おかしなことを言い出します。
 
 
さっきまで笑っていたら急に怒りだしたりするなど、周囲と揉めるケースが少なくないのです。私の例で言えば仕事で足を引っ張られました。おかげで大きな損失を被りました。
 
 
そのことを攻めると最初は謝ってきたのですが、ある日突然「やっぱり俺は悪くない悪いのはお前のほうだ!」といわんばかりに攻撃をしかけてきました。
 
 
こうしたケースはまれでしょうが、もしかしたらあなたも今後遭遇する可能性があるわけですから自己愛性パーソナリティ障害について知っておくと後々対応がに楽なりますよ。
 

» 記事の続きを読む

 タグ
None

笑うことがシワやたるみの原因は嘘だった?!笑うことで人は心身ともに健康で美肌になれる!



677.png





■笑うとしわになるは嘘?


女性の場合「そんなに笑うとシワができるよ」と言われた経験が一度や二度はあると思いますが、どうやらただの都市伝説のようで、最近の研究では逆の結果が発表されています。


シワの原因は、皮膚の潤いを保つために必要な水分が減り、加齢が進んだことで皮膚の中
にある弾性繊維が衰え、皮膚の伸縮性が著しく悪化したためです。


ですので「水分不足」と「加齢」が原因なので、笑ったからといってシワはできません。


むしろ笑うことによって表情筋が鍛えられ、交感神経を良い状態に保つことができるので、美容と心身の健康に欠かすことができません。


よく「アンチエイジング」目的で日常的に極力笑わないようにしている方を見かけますが、表情が硬いので、どんなに性格がよくても、きつい印象を与えてしまいます。


それよりも笑って人生を大いに楽しんだほうがいいですよね。





■作り笑いでも効果がある?


作り笑いでも色々な効果があります。例えば表情筋を鍛えられますし、笑顔で接することができれば初対面の相手でも自然と笑顔で接することができるようになります。


普段から笑わないと表情筋は委縮し、リンパ液の流れが止まってしまいます。


そうなるとお肌がくすんだりむくみやすくなってしまいます。


また、弾力が無くなるのでお肌の重みを支えられなくなり、たるんでしまいます。


このたるみが固定化したのが、女性の大敵、「ほうれい線」なのだ。


そうならないためにも普段から表情筋を鍛える必要があります。


例えば「大笑い」することによって、口角が上がるため表情筋のツボを刺激します。


その結果として表情筋の上にあるリンパの流れが促されて新陳代謝が活発化します。


また、笑いはストレスの解消にもなり、女性ホルモンの分泌が正常通りに行われるので、たとえ作り笑いであったとしても、若々しい健康的な美肌に笑いは欠かせません。


今回は目の下の”しわ”と”たるみ”を解消する!簡単まぶたストレッチをご紹介します。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ

更年期障害を予防すれば様々な病気の予防やアンチエイジングにつながる?



675.png





■更年期障害は女性だけではない?


更年期障害というと女性特有のもの思われている方が多いですが、現実には男性の間でもホルモンバランスの悪化によって、更年期障害に苦しんでいる人たちが増えています。


更年期によって男性ホルモンが低下してしまうと、筋肉量が減少してしまいます。


この状態で運動不足、偏った食事、睡眠不足の状態が続くと体脂肪率が当然上昇します。このため、肥満が進みや糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病リスクが高まります。


また、血液は汚れるので血管が劣化しやすくなり、「動脈硬化」が同時に進みますので、心筋梗塞や脳梗塞などを発症するリスクが高まり、命の危険にさらされます。


このため最近では中高年男性に多いうつ病や自殺、過労死などの間接的な原因の一つに、更年期障害をあげる医療関係者も増えているので、更年期障害の予防が不可欠です。


更年期障害予防が結果として、様々な病気の予防やアンチエイジングに繋がります。


とはいっても、やることはシンプルです。睡眠と食事の質をあげて、適度な運動を習慣化することによって、更年期障害の予防と症状の改善が期待できます。勿論女性も同様です。



【 出典 】

アンチエイジング&ホリスティック

» 記事の続きを読む

 カテゴリ

まるで異次元のような別世界!これが視力0.01の世界なの?!なぜここまで視力が悪化するのか?



664.png
 
 
 
 
 
これが視力0.01の世界?
 
 
今回ご紹介させて頂く動画は視力0.01の世界をわかりやすくまとめています。私大変ありがたいことに視力は両目ともに良いい状態にあります。
 
 
しかも最近表情筋トレーニングを始めたら、眼球も動かす関係か、さらに視力(1.0から1.5)が良くなりました。劇的に良くなったので、気がついたことがあります。
 
 
まず疲れにくくなりました。首がこる、肩がこる、といったことがまったくありません。しかも、ストレスを感じることも少なくなっているので、視力は大事だなと思います。
 
 
上にある画像をご覧頂ければお分かりかと思いますが、視力0.01の世界は裸眼だとこの状態ですから本当に大変ですよね。心身にかかるストレスは大きいと思います。
 
 
 
【出典】ガクブルニュース
 
【驚愕】これが視力0.01の世界だ!
 

 

» 記事の続きを読む

 タグ
None

遺伝子組み換え食品の怖さとは?TPPによって遺伝子組み換え食品が大量輸入される時代が来る?!

 
 
661.png
 
 
 
 
 
遺伝子組み換えとは?
 
 
遺伝子組み換えではないと表記がされている加工食品をスーパーで見かけることがありますが、TPPが妥結したので今後はそうもいかなくなるかもしれません。
 
 
大量に米国から「遺伝子組み換え」食品が輸入されることになりかねないので、できるだけ多くの方々に「遺伝子組み換え」食品の怖さについて知っていただきたいです。
 
 
遺伝子組み換えは、品種改良と異なり複数の生物の遺伝子を結合させて全く新しい生物を創造していくこでして、これにより様々なメリット・デメリットがあります。
 
 
遺伝子組み換え技術を応用した食品は、除草剤耐性の大豆や殺虫性のトウモロコシなどの農作物と、遺伝子組み換え大腸菌に作らせた牛成長ホルモンのように組み換え体そのものを食べない食品添加物のようなものに分けられます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

家族がノロウィルスに感染してしまった場合の対処法!大切な人を守るために必要なこととは?



658.png



 
 
もしあなたの大切な人がノロウィルスに感染したら?
 
 
先日の記事の続きです。あまり想像したくありませんが、万一ご家族がノロウィルスに感染した場合の対処法について今回の記事ではより詳細に解説されています。
 
前回も申し上げましたが、今年は例年を上回る勢いで流行する可能性があると、多方面で取り沙汰されています。場合によってはご家族の方が感染することも十分ありえます。
 
 
そうした場合にどのように対処すればよいかといえば、やはり消毒が基本となりますが、死滅させることができないので、きちんと洗い流すのが基本となります。
 
世界が何かと混乱しているので、こうした隙をついて感染症が大流行となってしまうかもしれません。そうならないようにしっかりと準備を進めておきたいものです。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます