2015年08月の記事一覧


月別アーカイブ:2015年08月

2015年08月の記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

がんの予防と対策
■骨肉腫とは?今回は、骨肉腫の症状と治療方法についてです。今現在全国で骨肉腫になる人は、1年間に200人程度と言われていて、10歳代に多く発症する病気です。骨肉腫は骨に発生するがんです。小児の骨に発生するがんの中では最も頻度が高いとされています。10歳代の小中学生や高校生に発症しやすい病気です。症状は膝や肩のあたりの痛みがほとんどです。痛みだけで来られるということは少なくて、腫れが起こったりして、...

記事を読む

体の痛みや不調を改善する方法
■過剰な炭水化物は生活習慣病を加速する炭水化物を吸収する速度を表す指標として、GI (グリセミック・インデックス)という指標があります。ちなみにGI値を測定するうえで基準となるのがブドウ糖です。ブドウ糖が摂取される速度を100とし、その他の食品を摂取するさいにGI値が示されます。数年前に非常に短命ではありましたが、低GIダイエットが流行しました。これは白米などに含まれる炭水化物の摂取を抑える画期的なダイエット...

記事を読む

体の痛み不調の原因
       ■過呼吸とは?  今回のテーマは「過呼吸」です。過呼吸は過剰に呼吸を無意識のうちに行ってしまうことによって、体内で二酸化炭素が不足してしまい、息苦しい、めまい、耳鳴り、吐き気、手足が震えるといった症状に突如として見舞われます。  ということで、今回は「過呼吸」についてと過呼吸の解消方法について解説しているYoutube動画を合わせてご紹介させていただきます。  ちなみに過呼吸の主な原因は以下...

記事を読む

ヨーグルトダイエット
■なぜ断食が必要なのか?現代人の多くが過食により栄養バランスがくずれています。このため常に腸を必要以上に働かせてしまうこととなり、体にとって決して好ましくない状況を自らつくりだしています。そうなると体は必要以上のエネルギーを求めてしまうこととなり、食べたものを内臓脂肪や皮下脂肪として蓄えるため、必然的に肥満が進み、次第に生活習慣病になります。ですので、働きすぎの腸を定期的に休ませなければなりません...

記事を読む

体の痛み不調の原因
■なぜ肩がこるのか?肩こりの3大原因として、筋肉が硬直、血行不良、末梢神経にダメージなどがあります。いずれかのうち一つであれば比較的肩こりを解消することが容易です。しかし三つ全部が当てはまるとなると、かなり慢性化している可能性があるので、短期間に改善するのは難しいかもしれませんが、根気よく治療を続ければ大丈夫です。今回は辛い肩こりの解消がテーマです。肩甲骨を動かすことによって、肩こりを解消するスト...

記事を読む

皮膚の病気の予防と対策
■じんましんとは?じんましんとは、ある日突然激しいかゆみを伴い、皮膚が蚊に刺されたように赤くなり、腫れ盛り上がる病気で、急性蕁麻疹と慢性蕁麻疹に分かれます。急性蕁麻疹は概ね1週間位で治り、慢性蕁麻疹は1ヶ月~数年以上に渡って繰り返します。地図ような不規則な形や米粒くらいの円形の大きさなどいろいろな形状になります。数時間ぐらいで消えて、また違う場所に出現することが多く、体にできる部位も一定ではありま...

記事を読む

がんの予防と対策
■肝臓を取り巻く現状とは?今回は、肝臓がんの原因と症状、そして早期発見するための方法について解説しています。今現在、肝臓がんの罹患者数は4万7000人程度と推定されています。肝臓がんの原因は、90%が「肝炎ウイルス感染」と言われています。肝臓という臓器は食べ物から吸収された栄養物を取り込み、体に必要なものを合成したり、反対に人体にとって有害なものを解毒したりする優れた働きがあります。肝臓がんの大部...

記事を読む

各種健康法
       ■お腹を冷やさない!  今回のテーマは腸を温めることによって、とてつもない健康効果を得られる様を解説しています。そして、今回ご紹介させていただくこちらの動画は、漢方医:田中保郎先生の健康法について腸のメカニズムと合わせて講じてます。  田中先生は、お腹を触診するだけで、ありとあらゆることが分かってしまう腸のエキスパートです。田中先生の凄いところは、お腹の関する病気だけでなく、うつ病や...

記事を読む

皮膚の病気の予防と対策
■脂漏性皮膚炎とは?脂漏性皮膚炎は「脂漏性湿疹」とも言い、毛口を通じて分泌される皮脂が多くなった状態を脂漏といいます。今現在日本人の推定患者数は約300万人とされています。脂漏性皮膚炎は、その名の通り脂漏がベースにあり、さらに紫外線やカビなどによって、皮脂が脂肪酸に分解され、炎症が起こります。これが脂漏性皮膚炎の主な原因です。ちなみに脂漏性皮膚炎の症状は「癜風菌:マラセチア・ファーファ」という真菌...

記事を読む

がんの予防と対策
■胃がんを取り巻く現状とは?今回ご紹介するYoutube動画は、胃がんと早期発見するための胃がん検診について分かりやすく解説しています。胃がんの羅患も数は13万人前後となっています。胃がんは日本人に特に多く、毎年多少のズレはありますが、ガンの中でも男性は1番目、女性では三番目に多くなっており、今後もこうした傾向は続くと予想されています。まず胃の働きとは、食べ物を一旦蓄え、胃酸と混ぜて少しずつ腸に送る働きを...

記事を読む

骨肉腫と主な症状と最新の治療法は?!なぜ多くの患者が受診するのを先延ばしするのか?!



31sun.png



■骨肉腫とは?


今回は、骨肉腫の症状と治療方法についてです。今現在全国で骨肉腫になる人は、1年間
に200人程度と言われていて、10歳代に多く発症する病気です。


骨肉腫は骨に発生するがんです。小児の骨に発生するがんの中では最も頻度が高いとされ
ています。10歳代の小中学生や高校生に発症しやすい病気です。


症状は膝や肩のあたりの痛みがほとんどです。痛みだけで来られるということは少なくて、
腫れが起こったりして、かなり症状が進行してから初めて受診されることが多いです。


その理由としては、10~20歳代の成長期の痛みと誤解されてしまうことが多いので、
どうしても診断が遅れてしまいます。残念なが原因は今のところわかっておりません。



出典:「健康ぷらざ」







» 記事の続きを読む

低GIダイエットは理想の健康法!生活習慣病対策に最適な理由とは?






32.png





■過剰な炭水化物は生活習慣病を加速する


炭水化物を吸収する速度を表す指標として、GI (グリセミック・インデックス)という指標があります。ちなみにGI値を測定するうえで基準となるのがブドウ糖です。


ブドウ糖が摂取される速度を100とし、その他の食品を摂取するさいにGI値が示されます。数年前に非常に短命ではありましたが、低GIダイエットが流行しました。


これは白米などに含まれる炭水化物の摂取を抑える画期的なダイエット方法です。単に
ダイエット効果が高いだけでなく、非常に優れた健康法でもあります。


ただい、炭水化物を一切採らない方法は、正直オススメできません。炭水化物類の量を減らした分、野菜や果物をしっかり採って、より健康な身体を目指しましょう。









» 記事の続きを読む

過呼吸の対処法と予防法について!過呼吸を引き起こす主な原因とは?普段から注意する点とは?

 
 
806_20160421000121133.png
 
 
 
 
 
■過呼吸とは?
 
 
今回のテーマは「過呼吸」です。過呼吸は過剰に呼吸を無意識のうちに行ってしまうことによって、体内で二酸化炭素が不足してしまい、息苦しい、めまい、耳鳴り、吐き気、手足が震えるといった症状に突如として見舞われます。
 
 
ということで、今回は「過呼吸」についてと過呼吸の解消方法について解説しているYoutube動画を合わせてご紹介させていただきます。
 
 
ちなみに過呼吸の主な原因は以下の二つです。
 
 
(1)精神的ストレス
 
(2)骨の歪みなど
 
 
身体的なストレスとして、骨のゆがみや肋骨の部分が固まってしまうことも原因の一つです。過呼吸は突然襲ってくるので、大抵の人はどう対応していいか分からずに戸惑っていしまいます。
 
 
場合によってはパニックやヒステリーを引き起こしてしまい、余計に症状を悪化させてしまうので要注意です。深呼吸をしているにもかわらず、息苦しい状態が続きます。
 
 
そして、その症状が続くと、手汗が痺れ、身体の震えなどを引き起こすケースが少なくありません。精神的に不安定な10代~20代の男女に発症しやすいとされています。

» 記事の続きを読む

 タグ

ヨーグルト断食の効果について!腸内がキレイになれば健康と美容を促進!



f117.png





■なぜ断食が必要なのか?


現代人の多くが過食により栄養バランスがくずれています。このため常に腸を必要以上に働かせてしまうこととなり、体にとって決して好ましくない状況を自らつくりだしています。


そうなると体は必要以上のエネルギーを求めてしまうこととなり、食べたものを内臓脂肪や皮下脂肪として蓄えるため、必然的に肥満が進み、次第に生活習慣病になります。


ですので、働きすぎの腸を定期的に休ませなければなりません。そうすることにより、体本来の機能をリセットすることができます。そして、もとっとも効果的とされているのが「断食」です。










■絶食系のダイエットにはない強みとは?


しかし、本格的な断食を自分で行うのは危険です。そこでおすすめしたいのが「ヨーグルト断食」です。ヨーグルトは胃に負担をかけないので、プチ断食として行うことが出来ます。


今回ご紹介させていただいたYoutube動画でも断食について解説されていますが、酵素ドリンクのかわりにヨーグルトで断食することで、疲れた胃や腸を休めることができます。


胃腸は48時間でからになるので、2日間ヨーグルトと水だけを摂取して体内の毒素を出します。巷でもてはやされている絶食系のダイエットは、体に必要な筋肉まで落としてしまいます。


そうなれば、かえって代謝が悪化するので、リバウンドに苦しめられることとなります。


ヨーグルトや酵素ドリンクでの断食は、あくまでも身体の中をきれいにするためにものですから、メタボが深刻な社会問題となっている現代においては、健康のための有効な手段です。





■なぜヨーグルトダイエットは健康にも良いのか?


ヨーグルト断食であれば、効率よく内臓脂肪だけを減らすことが可能ですので、ダイエットに必要とされる栄養素であるビタミン、ミネラル、タンパク質も同時に摂取することが出来ます。


そして、月に1回程度行うことを目安にし、1回あたりに行う期間も2日と短いので、仕事で忙しい方でも週末を利用してヨーグルト断食を実践することができます。手軽さも大きな魅力です。


ヨーグルトだけでも良いですが、酵素ドリンクをプラスするとより効果的なダイエットが行えます。


» 記事の続きを読む

辛い肩こりを解消する簡単ストレッチ!血行がよくなるので免疫力もアップ!



21.png





■なぜ肩がこるのか?


肩こりの3大原因として、筋肉が硬直、血行不良、末梢神経にダメージなどがあります。いずれかのうち一つであれば比較的肩こりを解消することが容易です。


しかし三つ全部が当てはまるとなると、かなり慢性化している可能性があるので、短期間に改善するのは難しいかもしれませんが、根気よく治療を続ければ大丈夫です。


今回は辛い肩こりの解消がテーマです。肩甲骨を動かすことによって、肩こりを解消するストレッチを実演しながら解説しています。かなり即効性が高いので十分注意して下さい。




【 出 典 】

ストレッチ動画・健康/美容動画 みっけ!







» 記事の続きを読む

じんましんの原因と症状について!辛いかゆみと痛みを解消するには?!




17.png




■じんましんとは?


じんましんとは、ある日突然激しいかゆみを伴い、皮膚が蚊に刺されたように赤くなり、腫れ盛り上がる病気で、急性蕁麻疹と慢性蕁麻疹に分かれます。


急性蕁麻疹は概ね1週間位で治り、慢性蕁麻疹は1ヶ月~数年以上に渡って繰り返します。


地図ような不規則な形や米粒くらいの円形の大きさなどいろいろな形状になります。


数時間ぐらいで消えて、また違う場所に出現することが多く、体にできる部位も一定ではありません。通常は二十四時間以内に発疹は治まります。


発疹が4週以上にわたって繰り返し続く場合は慢性じんましんと呼ばれています。


皮膚の真皮にある肥満細胞がヒスタミンという物質を作り出し、痒みとともに毛細血管が拡張して、血管の透過性が高まり、皮膚の浮腫を起こさせ、皮膚を盛り上がらせます。


5人に1人が一生に一度は経験することのある頻度の高い病気です。



出典:「新宿駅前クリニック 内科」







» 記事の続きを読む

肝臓がんの原因と主な症状とは?!速やかにウイルス検査を受けたほうがいい理由とは?!



15.png





■肝臓を取り巻く現状とは?


今回は、肝臓がんの原因と症状、そして早期発見するための方法について解説しています。今現在、肝臓がんの罹患者数は4万7000人程度と推定されています。


肝臓がんの原因は、90%が「肝炎ウイルス感染」と言われています。


肝臓という臓器は食べ物から吸収された栄養物を取り込み、体に必要なものを合成したり、反対に人体にとって有害なものを解毒したりする優れた働きがあります。


肝臓がんの大部分は慢性の肝臓の病気から起こり、その大部分はウイルスによって生じておりますので、できるだけ早期にウイルスを発見することが大切です。


そうすることで肝臓がんの発症を予防したり、肝臓がんを早期に発見することができます。初期にはほとんど自覚症状がないため、定期的に検診を受けることが必要です。



出典:「健康ぷらざ」







» 記事の続きを読む

お腹を温めて免疫力を高める!美容と健康は腸から始まる!腸活を始めるなら温かい春が一番!!

 
 
14.png
 
 
 
 
 
■お腹を冷やさない!
 
 
今回のテーマは腸を温めることによって、とてつもない健康効果を得られる様を解説しています。そして、今回ご紹介させていただくこちらの動画は、漢方医:田中保郎先生の健康法について腸のメカニズムと合わせて講じてます。
 
 
田中先生は、お腹を触診するだけで、ありとあらゆることが分かってしまう腸のエキスパートです。田中先生の凄いところは、お腹の関する病気だけでなく、うつ病やパニック障害なども治療してしまうことです。
 
 
意外に思われるかもしれませんが腸はセロトニンなど脳内ホルモンを分泌するにあたって指示を出す働きがあるため、腸の働きが悪化すればメンタルも悪化してしまいます。
 
 
ですので、心と体の健康を得ようとするのであれば、腸のケアは欠かすことができません。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ

脂漏性皮膚炎の原因と症状について!40歳以上の中高年の男性に多い皮膚の病気!



13.png





■脂漏性皮膚炎とは?


脂漏性皮膚炎は「脂漏性湿疹」とも言い、毛口を通じて分泌される皮脂が多くなった状態を脂漏といいます。今現在日本人の推定患者数は約300万人とされています。


脂漏性皮膚炎は、その名の通り脂漏がベースにあり、さらに紫外線やカビなどによって、皮脂が脂肪酸に分解され、炎症が起こります。これが脂漏性皮膚炎の主な原因です。


ちなみに脂漏性皮膚炎の症状は「癜風菌:マラセチア・ファーファ」という真菌によって悪化します。頭に脂漏性皮膚炎ができると大量にフケが出てきていまいます。


基本的に癜風菌は、油を好む傾向が強く、普段から皮膚に存在している「常在菌」ですが、脂漏性皮膚炎となってしまうのは、この癜風菌が関係していることが知られています。


脂漏性皮膚炎は、40代の男性に非常に多く見られる皮膚の疾患です。



出典:「新宿駅前クリニック 内科」







» 記事の続きを読む

最新の胃がん検診と胃がんの治療法とは?!症状がでにくい胃がんを早期発見するために絶対必要!



12.png





■胃がんを取り巻く現状とは?


今回ご紹介するYoutube動画は、胃がんと早期発見するための胃がん検診について分かりやすく解説しています。胃がんの羅患も数は13万人前後となっています。


胃がんは日本人に特に多く、毎年多少のズレはありますが、ガンの中でも男性は1番目、女性では三番目に多くなっており、今後もこうした傾向は続くと予想されています。


まず胃の働きとは、食べ物を一旦蓄え、胃酸と混ぜて少しずつ腸に送る働きをしてます。


胃がんとは異の粘膜に悪性腫瘍ができたもので、ヘリコバクター・ピロリ菌に寄る慢性の感染が大きな原因と最近では考えられるようになってきています。


50代頃から増え始め、加齢によって増加していく傾向にあります。


初期にはほとんど自覚症状がないため、定期的に検診を受けることが必要だと思います。



出典:「健康ぷらざ」







» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます