2015年08月の記事一覧


月別アーカイブ:2015年08月

2015年08月の記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

メタボ対策
■特別なことは何もない実際のメタボ検診では、腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値の検査を行います。メタボ検診といっても、特別なことは何もありません。いたって一般的な方法で検査を行います。例えば腹囲を測る場合は、普通にメジャーを使って計測しますし、血液検査も一般的な血液検査と何らかわりませんので、どうぞご安心ください。ただし、検査する最新鋭の装置は凄いです。メタボ検診が義務化されてから、すでに五年以...

記事を読む

脳の病気の予防と対策
■「統合失調症」とは?今回ご紹介するYoutube動画は、「統合失調症」について分かりやすく解説しています。統合失調症は、10代から30代に多く、100人に1人の割合で発症しています。すでに統合失調症患者は100万人以上に超えているので、誰もがない得る病気です。ちなみに統合失調症の平均発症年齢は男性が27歳、女性が30歳となっています。残念ながら統合失調症の原因は依然として解明されていません。放置すると症...

記事を読む

膀胱炎の予防と対策
■急性膀胱炎の原因について今回ご紹介させていただいた吉田たかよし先生のYoutube動画でも解説されていますが、膀胱炎は女性に多い病気の一つですが、膀胱炎の大半は「急性膀胱炎」です。急性膀胱炎を発症する原因は、直腸から細菌が何らかしらの形で膀胱に侵入するためです。その細菌の種類なんですが、肛門周辺に多い大腸菌、ブドウ球菌、セラチアなどです。また、細菌が侵入する経路としては、「直腸⇒肛門⇒尿道口⇒膀胱」となっ...

記事を読む

酵素の効果について
■酵素が不足すると体調不良になる私は、以前広告代理店に勤務し、広告制作に携わっているときに不健康の限りをつくしました。納期厳守のため早朝から深夜まで働きづめでした。繁忙期には休むことができません。寝れるときに寝て、食べれるときに食べるといった不健康極まりない生活により、 慢性的に体が疲れ、肩や腰の痛みに苦しめられ、また突発的な発作に悩まされていました。目の下にはクマがくっきりできてしまい、社内で良く...

記事を読む

がんの予防と対策
■大腸がんとは?ここ日本でも食の欧米化が依然として進んでいることから、大腸がんを患う人が年々右肩上がりで増えていまして、男女ともに大腸がんはガン全体の上位にあります。俳優の今井雅之さんも大腸がんを患い、壮絶な闘病生活の末に52歳という若さで亡くなられたわけですが、昨年の後半に入って突然体調不良に見舞われたようです。かかりつけの病院では検査設備に乏しいため、今井さんは忙しい合間を塗って色々な医療機関...

記事を読む

低炭水化物ダイエット
■炭水化物中毒について今回は炭水化物中毒についてですが、今回ご紹介させていただくYoutube動画で解説させれているとおり、炭水化物には沢山の糖質が含まれてます。多分その事実に驚愕することでしょう。血糖値を適切なレベルに調節するホルモンがインスリンです。 血液中にある栄養素の交通整理を行っているこのインスリンが、食事によって取り入れられたブドウ糖を調節します。炭水化物中毒の原因の一つとされてるのが肥満です...

記事を読む

骨盤ダイエットについて
■カイロプラクティックが誕生した背景とは?「カイロプラクティック」という言葉の意味は分からなくても、一度や二度は耳にされたことがあるのではないでしょうか?「カイロプラクティック」は、予防医学の一つです。カイロプラクティックは、成人病の増加が深刻化していたアメリカで生まれました。日常生活を見直すことで、心身ともに病気になりにくい健康的な肉体づくりを基本としています。...

記事を読む

その他
■今回のテーマは「自閉症スペクトラム障害(ASD」今回ご紹介するYoutube動画は、「自閉症スペクトラム障害(ASD)」について分かりやすく解説しています。ASDは、Autistic Spectrum Disorderrの略称です。これまで「自閉症」は非常に特殊な病気として取り扱われていましたので、一般の人たちの間では自閉症は心の病気と捉えられていましたが、現実には脳の機能の障害です。また、昔は発症するのは、1万人に5~10人程度とされて...

記事を読む

胃の病気の予防と対策
■今回のテーマは「慢性胃炎」今回は、中高年に多いとされる病気「慢性胃炎」について解説しています。吉田たかよし先生のYoutube動画をご覧頂くとより理解しやすいと思います。慢性胃炎は、誰もがなり得る病気でありながら、その原因が解明されてません。また、急性胃炎とことなり、分かりやすい症状がないので、早期発見することが難しい病気の一つでもあります。...

記事を読む

体の痛み不調の原因
       ■今回のテーマは「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」  今回ご紹介するYoutube動画は、「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」について分かりやすく解説しています。ADHDは、attention deficit hyperactivity disorderの略称です。  文部科学省の調べによりますと発達障害の可能性のある小中学生がすでに6.5%に達し、推計でおよそ60万人に上っており、40人学級で1クラスにつき2、3人の割合です。  親御さん...

記事を読む

メタボ検診を受けるべきか?メタボ検診の裏事情とは?



f92.png





■特別なことは何もない


実際のメタボ検診では、腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値の検査を行います。メタボ検診といっても、特別なことは何もありません。いたって一般的な方法で検査を行います。


例えば腹囲を測る場合は、普通にメジャーを使って計測しますし、血液検査も一般的な血液検査と何らかわりませんので、どうぞご安心ください。ただし、検査する最新鋭の装置は凄いです。


メタボ検診が義務化されてから、すでに五年以上の年月がたちましたが、各メーカーがこぞって、検査装置の開発に力をいれています。そのおかげで医療機関の規模に関係なく、どこでもメタボ
検診がスムーズに行える環境は、すでに出来上がっています。







» 記事の続きを読む

統合失調症の症状とは?!質の高い薬物療法とリハビリテーションで社会復帰を実現!



9.png





■「統合失調症」とは?


今回ご紹介するYoutube動画は、「統合失調症」について分かりやすく解説しています。統合失調症は、10代から30代に多く、100人に1人の割合で発症しています。


すでに統合失調症患者は100万人以上に超えているので、誰もがない得る病気です。ちなみに統合失調症の平均発症年齢は男性が27歳、女性が30歳となっています。


残念ながら統合失調症の原因は依然として解明されていません。


放置すると症状の悪化が進み、患者本人だけでなく、周囲の人を巻き込んで日常生活に障害をもたらす可能性があるので、早い段階で医療機関を受診することが大切です。



出典:「健康ぷらざ」






» 記事の続きを読む

急性膀胱炎の予防と改善する方法とは?なぜ急性膀胱炎を発症する女性が多いのか?



f30.png





■急性膀胱炎の原因について


今回ご紹介させていただいた吉田たかよし先生のYoutube動画でも解説されていますが、膀胱炎は女性に多い病気の一つですが、膀胱炎の大半は「急性膀胱炎」です。


急性膀胱炎を発症する原因は、直腸から細菌が何らかしらの形で膀胱に侵入するためです。その細菌の種類なんですが、肛門周辺に多い大腸菌、ブドウ球菌、セラチアなどです。


また、細菌が侵入する経路としては、「直腸⇒肛門⇒尿道口⇒膀胱」となっています。


急性膀胱炎を発症する女性を世代別で見た場合、20代~30代が圧倒的に多いです。


急性膀胱炎は、成人した女性の5%程度が発症する病気ですので、発症率は決して低くはありません。他人ごととは思わずに、しっかり普段から予防する必要があります。







» 記事の続きを読む

体調不良はこうして起こる!酵素を減らさない努力も必要です!



f91.png





■酵素が不足すると体調不良になる


私は、以前広告代理店に勤務し、広告制作に携わっているときに不健康の限りをつくしました。納期厳守のため早朝から深夜まで働きづめでした。繁忙期には休むことができません。


寝れるときに寝て、食べれるときに食べるといった不健康極まりない生活により、 慢性的に体が疲れ、肩や腰の痛みに苦しめられ、また突発的な発作に悩まされていました。


目の下にはクマがくっきりできてしまい、社内で良くからかわれました。不健康な生活を続けると健康的な生活を送れなくなります。まず、寝つきが非常に悪くなり、夜中に目が覚めます。







» 記事の続きを読む

 タグ

大腸がんの予防と治療について!優れた検査で確実に早期発見できる?



f70.png





■大腸がんとは?


ここ日本でも食の欧米化が依然として進んでいることから、大腸がんを患う人が年々右肩上がりで増えていまして、男女ともに大腸がんはガン全体の上位にあります。


俳優の今井雅之さんも大腸がんを患い、壮絶な闘病生活の末に52歳という若さで亡くなられたわけですが、昨年の後半に入って突然体調不良に見舞われたようです。


かかりつけの病院では検査設備に乏しいため、今井さんは忙しい合間を塗って色々な医療機関を渡り歩いたようです。しかし、それでも早期発見することができませんでした。


レントゲン検査だけでは、見落とされてしまう可能性が高いとされていますが、進行がんですら見落とされてしまうケースが少なくないだけに、最近はMRIに注目が集まってます。


すでにMRI健診を行っているところが増えていますが、病院によって独自の検査技術を確立しているところも多いので、どうしても病院によって検査の過程や結果に差がでます。







» 記事の続きを読む

炭水化物中毒の具体的な症状について



7.png





■炭水化物中毒について


今回は炭水化物中毒についてですが、今回ご紹介させていただくYoutube動画で解説させれているとおり、炭水化物には沢山の糖質が含まれてます。多分その事実に驚愕することでしょう。


血糖値を適切なレベルに調節するホルモンがインスリンです。 血液中にある栄養素の交通整理を行っているこのインスリンが、食事によって取り入れられたブドウ糖を調節します。


炭水化物中毒の原因の一つとされてるのが肥満です。肥満が極端に進んでしまうとインスリン値が正常を保てなくなり、インスリンが本来行うべき働きが低下してしまいます。


これをカバーするために体内で大量のインスリンが分泌され、これにより脂肪をエネルギーとして体内に蓄積し、さらに炭水化物の摂取を体が求め、これが炭水化物中毒を引き起こします。









■炭水化物中毒になぜなるのか?



炭水化物を摂取すればするほどインスリンが生産されやすくなります。しかし、インスリン値が正常に保つことができなければ、セロトニンが十分に分泌されず、満腹感が得られません。


このため、十分食べてお腹がまったく空いていないにもかかわらず、衝動的に何かを食べたくなるわけですが、そこで大量に食べることができるごはんやパンなどの炭水化物に走ります。


こうした悪循環が延々と繰り返され、さらに肥満が加速します。





■炭水化物中毒の具体的な症状とは?


やがて何を食べても満足することがなくなり、沢山食べたのに一~二時間するとまた食べたくなります。そして、セロトニンがさらに不足するので、常にイライラし、理由もなく不安に襲われます。


このため、いつも疲れている状態となり、孤独感や絶望感を感じながら食べることに固執しながら生きることになります。つまり炭水化物中毒とは心と体の病気なんですね。


1980年台後半から90年台初頭にかけて米国では、一般の人たちの間で炭水化物中毒が社会問題となりました。事実米国で肥満が極端に進んだのもこの時代からです。


カイロプラクティクとは?人間本来の自然治癒力を高める!



f149.png





■カイロプラクティックが誕生した背景とは?


「カイロプラクティック」という言葉の意味は分からなくても、一度や二度は耳にされたことがあるのではないでしょうか?「カイロプラクティック」は、予防医学の一つです。


カイロプラクティックは、成人病の増加が深刻化していたアメリカで生まれました。日常生活を見直すことで、心身ともに病気になりにくい健康的な肉体づくりを基本としています。






» 記事の続きを読む

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?!自閉症スペクトラム障害(ASD)は心の病気ではない?!




531.png




■今回のテーマは「自閉症スペクトラム障害(ASD」


今回ご紹介するYoutube動画は、「自閉症スペクトラム障害(ASD)」について分かりやすく解説しています。ASDは、Autistic Spectrum Disorderrの略称です。


これまで「自閉症」は非常に特殊な病気として取り扱われていましたので、一般の人たちの間では自閉症は心の病気と捉えられていましたが、現実には脳の機能の障害です。


また、昔は発症するのは、1万人に5~10人程度とされていましたが、最近の調査では100~150人に1人とされていますので、決して珍しい病気ではありません。


症状が特殊なだけにどのように対応していいか分からず苦しんでいる親御さんが多いです。ですので、自閉症スペクトラム障害(ASD)に関する正しい知識がどうしても必要です。


国内には、「発達障害情報・支援センター」という発達障害専門の支援団体があります。悩む前に「発達障害情報・支援センター」を利用し、相談されることをおすすめします。


以下のサイトから最寄りの相談窓口を調べることができます。


「発達障害情報・支援センター(相談窓口情報」

http://goo.gl/J4uZfO



出典:「健康ぷらざ」







» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

慢性胃炎の原因と症状について!慢性胃炎は人を選ばないから怖い?



f73.png





■今回のテーマは「慢性胃炎」


今回は、中高年に多いとされる病気
「慢性胃炎」について解説しています。


吉田たかよし先生のYoutube動画を
ご覧頂くとより理解しやすいと思います。


慢性胃炎は、誰もがなり得る病気であり
ながら、その原因が解明されてません。


また、急性胃炎とことなり、分かりやすい
症状がないので、早期発見することが
難しい病気の一つでもあります。







» 記事の続きを読む

注意欠陥・多動性障害(ADHD)の症状について!大人たちはどのように対応すれば良いのか?!

 
 
433_20160615230455111.png
 
 
 
 
 
■今回のテーマは「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」
 
 
今回ご紹介するYoutube動画は、「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」について分かりやすく解説しています。ADHDは、attention deficit hyperactivity disorderの略称です。
 
 
文部科学省の調べによりますと発達障害の可能性のある小中学生がすでに6.5%に達し、推計でおよそ60万人に上っており、40人学級で1クラスにつき2、3人の割合です。
 
 
親御さんの中にはADHDという存在がどういうものか知らない人も少なくありません。
 
 
「うちの子は少しおかしい」といった悩みを誰にも相談することができずに苦しんでいるケースが多いので、やはりADHDに関する正しい知識がどうしても必要です。
 
 
国内には、「発達障害情報・支援センター」という発達障害専門の支援団体があります。悩む前に「発達障害情報・支援センター」を利用し、相談されることをおすすめします。
 
 
以下のサイトから最寄りの相談窓口を調べることができます。
 
 
「発達障害情報・支援センター」

http://www.rehab.go.jp/

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます