心の病気の予防と対策についてのカテゴリ記事一覧


  • ホーム
  • »
  • 心の病気の予防と対策について

カテゴリ:心の病気の予防と対策について

心の病気の予防と対策についてのカテゴリ記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

心の病気の予防と対策について
      ■ 日本人はストレスに弱い?  我々日本人は諸外国と比べてストレスに弱いとされています。ご存知かもしれませんが「過労死」という言葉は世界共通語になってまして、欧米メディアでは度々使われてます。  余り良い使われ方ではないのですが、日本社会には欧米とは違った厳しい競争があって、その中で生きることのストレスに日本人の多くが苦しんでいると考えられているのです。  10年前と比較して、我々の暮ら...

記事を読む

心の病気の予防と対策について
       ■ 人は自ら人に嫌われる行動をとっていた!?  一昨年アドラー心理学をベースとした「嫌われる勇気」という本が100万部を超える大ベストセラーとなりました。ドラマ化されるほどなので、その人気の凄さが伺い知れます。  一般の人たちが受けるストレスの大半は人間関係によるもので、しかも、人に嫌われたくないという強い思いに縛られているため、適切な行動を取れないことが大きなストレスとなっています。...

記事を読む

心の病気の予防と対策について
       ■ 自己嫌悪から脱出する方法  今回のテーマは「自己嫌悪」をいかに向き合い、そして克服するかについてです。  自分が嫌い、自分の「欠点」や「短所」が気になってしかたがない。  何かにつけて自分を責めてしまうといった自分に対するネガティブな考え、自己嫌悪に襲われても復活する方法があります。     実は事業などで成功している人なんかがこうした方法を上手く取り入れています。  多くの成功者...

記事を読む

心の病気の予防と対策について
       ■ なぜ人の悪口を言うと自分が傷つくのか!?  あなたは私たちが普段の生活の中で何気なく使っている言葉が、脳と体に大きな影響を与えていることをご存知ですか!?。基本的に脳は主語が理解できませんので、脳からすれば他の誰かの悪口を言うことは、自分の悪口を言うのと同じなんです。  「脳は主語を理解できない」という特異な性質を無視して人の悪口やマイナス的な言葉を使うと、知らず知らずのうちに自分...

記事を読む

心の病気の予防と対策について
      ■ 器の大きな人とは?  今回は私が大好きでよく閲覧させていたただいている大変素晴らしいサイト「TABI LABO」さんの記事と精神科医の樺沢紫苑先生の動画をご紹介させていただきます。  個人的に器の大きな人というのは、感情に振り回されない人だと思っています。また、日常生活においても一喜一憂するのではなく、常に感謝いしていますよね。  ですので、メンタル的にも常に良い状態を保てるので仮に仕事で失...

記事を読む

ストレスに負けない心と体のつくりかた!!今日から笑顔でネガティブな心の苦しみにさようなら!

 
 
633.png
 
 
 
 
■ 日本人はストレスに弱い?
 
 
我々日本人は諸外国と比べてストレスに弱いとされています。ご存知かもしれませんが「過労死」という言葉は世界共通語になってまして、欧米メディアでは度々使われてます。
 
 
余り良い使われ方ではないのですが、日本社会には欧米とは違った厳しい競争があって、その中で生きることのストレスに日本人の多くが苦しんでいると考えられているのです。
 
 
10年前と比較して、我々の暮らしは飛躍的に向上しましたが、間違いなくストレスはより増えていますよね。ストレスが溜まれば溜まるほどマイナス思考に陥ります。
 
 
 
81078920161201.png
 
 
 
例えば仕事で何か問題が生じてしまい、強いストレスの影響からマイナス思考がさらに酷くなると問題を解決することが不可能な心の状態になってしまいます。
 
 
そうならないためにも、ストレスを解消する方法を身につけなければなりません。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

人が無意識のうちに取ってしまう人から嫌われる10の行動パターン!嫌われる勇気よりも大切なこととは!?

 
 
17140170201hd.png
 
 
 
 
 
■ 人は自ら人に嫌われる行動をとっていた!?
 
 
一昨年アドラー心理学をベースとした「嫌われる勇気」という本が100万部を超える大ベストセラーとなりました。ドラマ化されるほどなので、その人気の凄さが伺い知れます。
 
 
一般の人たちが受けるストレスの大半は人間関係によるもので、しかも、人に嫌われたくないという強い思いに縛られているため、適切な行動を取れないことが大きなストレスとなっています。
 
 
人は誰もが社会人として立派な人、優しい人、思いやりのある人になろうと努力しています。しかし、その一方で人は無意識のうちに人に嫌われる無礼極まりない言動や態度をとってしまっています。
 
 
つまり、人間関係で悩んだり強いストレスを感じてしまう原因は自分にもあるわけです。しかし、自分では中々その原因に気づくことが出来ないので、一方的に相手に非があると思い込み、余計関係をこじらせてしまいます。
 
 
嫌われる勇気よりも周囲の人への感謝の思いが何より大切なのかもしれません。ということで、今回はそういった点について分かりやすく解説しているLifehackerさんの記事と精神科医・樺沢紫苑先生がより良い人間関係を築くための方法を解説した動画をご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

自己嫌悪やネガテイブ思考から自分を復活させる方法について!自分を苦しめるネガティブ脳にさようなら!

 
 
192201610122_201611072159247cd.png
 
 
 
 
 
■ 自己嫌悪から脱出する方法
 
 
今回のテーマは「自己嫌悪」をいかに向き合い、そして克服するかについてです。
 
 
自分が嫌い、自分の「欠点」や「短所」が気になってしかたがない。
 
 
何かにつけて自分を責めてしまうといった自分に対するネガティブな考え、自己嫌悪に襲われても復活する方法があります。
 
 
 
8040170201hd.png

 
 
実は事業などで成功している人なんかがこうした方法を上手く取り入れています。
 
 
多くの成功者が絶対的に自信を持っていると思われがちですが、実際にはそんなことはなく、最初からポジティブ思考の人の方が少ないです。何らかの理由によって自ら変わったわけです。要所要所で自分が抱えている問題を克服し、見事復活しています。

» 記事の続きを読む

脳科学が実証!!人の悪口を言うと自分自身が傷つくメカニズム!嫌なことを完全に忘れる方法!  

 
 
14130170108.png
 
 
 
 
 
■ なぜ人の悪口を言うと自分が傷つくのか!?
 
 
あなたは私たちが普段の生活の中で何気なく使っている言葉が、脳と体に大きな影響を与えていることをご存知ですか!?。基本的に脳は主語が理解できませんので、脳からすれば他の誰かの悪口を言うことは、自分の悪口を言うのと同じなんです。
 
 
「脳は主語を理解できない」という特異な性質を無視して人の悪口やマイナス的な言葉を使うと、知らず知らずのうちに自分自身を苦しめることになります。
 
 
下図にありますとおり「脳」は、大脳新皮質(理性・知性の脳)を「新しい脳(New Brain)」、それ以外を全て「古い脳(Old Brain)」と呼びます。ちなみにここで言う脳とは「古い脳」のことです。
 
 
 
54440160930.png
 
 
 
人間特有の高度な精神活動をコントロールする「新しい脳」のほうは主語を認識できるのに対し、感情を司る「古い脳」のほうは認識することができないため、新しい脳から送られてくる情報をすべて鵜呑みにしてしまうことから、様々な弊害が生じてしまいます。
 
 
このため、あなたが人の悪口を言うたびに、脳の中では自分が悪口を言われた時と同じ状態になってしまうわけです。つまり、自分で自分を傷つけているのと同じなんですね。
 
 
同じ理由から愚痴などのマイナス的なことを言うと全部自分に返ってきてしまうので、愚痴を言いたくなっても、そこでぐっとこらえてガマンする方が心と体にはいいんですね。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

器の大きい女性に共通する8つの特徴とは!?自己嫌悪に陥らない自分らしい生き方とは!?

 
 
448.png
 
 
 
 
■ 器の大きな人とは?
 
 
今回は私が大好きでよく閲覧させていたただいている大変素晴らしいサイト「TABI LABO」さんの記事と精神科医の樺沢紫苑先生の動画をご紹介させていただきます。
 
 
個人的に器の大きな人というのは、感情に振り回されない人だと思っています。また、日常生活においても一喜一憂するのではなく、常に感謝いしていますよね。
 
 
ですので、メンタル的にも常に良い状態を保てるので仮に仕事で失敗しても普通の人なら落ち込み自己嫌悪に陥ってしまうようなことに遭遇しても冷静に対処できます。
 
 
 
9_20170111230039f4f.png
 
 
 
ある意味究極のポジティブ思考だと思います。では、こうした方々は元々ポジティブ思考だったのかといえば、そんなことはありません。
 
 
人によっては、長期間に渡って自己嫌悪に陥ったままの状態で過ごした経験がある人が意外ににも多いんです。
 
 
あることきっかけに、前向きに生きることを選択したからこそ、器の大きな人になったんですね。考え方を変えるだけで人はいくらでも生き方を変えることが出来るんですね。
 
 
今回この「TABI LABO」さんの記事を拝見させていただき改めてそう感じた次第です。

» 記事の続きを読む

 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます