がんの予防と対策のカテゴリ記事一覧


カテゴリ:がんの予防と対策

がんの予防と対策のカテゴリ記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

がんの予防と対策
       ■ ゴーヤに含まれる優れた栄養素とは!?  ゴーヤを食べることによってガンや糖尿病などの生活習慣病リスクを抑える働きが優れているため、ここに来てゴーヤが持つ優れた効能・効果が注目を集めています。  ちなみにゴーヤには以下の優れた栄養素が豊富に含まれています。   (1)ビタミンC(レモンの約3倍) (2)食物繊維(セロリの約30倍) (3)カルシウム(牛乳の約14倍) (4)鉄分(ほう...

記事を読む

がんの予防と対策
       ■ ジューシングとは?  突然ですが「ジューシング」をご存知ですか?。ジューシングは、ある一定の期間、緑の野菜や果物を中心としたジュースだけを飲むことによって、体内に蓄積された老廃物を効率よく排出する、その優れたデトックス効果を最大限に利用して、ダイエットや様々な病気の予防に適しています。  ジューシングは、ここ数年アメリカでブームになっています。ジューシングのメリットについてですが、...

記事を読む

がんの予防と対策
    ■ 日本における肝臓がんの実態とは!?  日本では毎年約4万人が肝臓がんを罹患されています。肝臓がんはがんの中でも圧倒的に女性よりも男性に多い病気でして、その数何と約3万人です。がん全体の罹患率でみると肝臓がんは胃がん、肺がん、大腸がんに次ぐ第4位につけています。  肝臓がんの原因として最も多いのがC型肝炎ウイルス(全体の約8割)による感染ですが、他にも長年にわたる過度の飲酒によって引き起こ...

記事を読む

がんの予防と対策
       ■ 女性にとって乳がんは他人事では済まされない!!  タレントの北斗晶さんが乳がんを患い、5年生存率が50%と診断されたことを公表したことによって、乳がんについて大手メディアでも大々的に取り上げられました。  乳がんに関する注目度が高まったことによって、正しい知識が広がっていることを願いつつも、変に不安を煽るような情報もいまだに多いので注意が必要です。  しかし、女性の12人に1が乳が...

記事を読む

がんの予防と対策
       ■大腸がんとは?  昨年女優の仁科亜季子さんが、「大腸がん」の手術を受けたことが大きな話題となりました。というのも仁科亜季子さんは、38歳のときに初めて「子宮頸がん」を発症し、46歳のときには胃がんを発症しているので、今回で3度がんを患っているためです。  大腸がんは、他の臓器のがんと比べて治りやすい反面再発リスクが高いとされています。大腸がんは、盲腸、結腸、直腸に発症した「悪性腫瘍...

記事を読む

ゴーヤはガンの予防に効く最強野菜!癌細胞を短時間で約98%死滅!風邪の予防や疲労回復などに効く!

 
 
847_20160425175956224.png
 
 
 
 
 
■ ゴーヤに含まれる優れた栄養素とは!?
 
 
ゴーヤを食べることによってガンや糖尿病などの生活習慣病リスクを抑える働きが優れているため、ここに来てゴーヤが持つ優れた効能・効果が注目を集めています。
 
 
ちなみにゴーヤには以下の優れた栄養素が豊富に含まれています。
 
 
 
(1)ビタミンC(レモンの約3倍)
 
(2)食物繊維(セロリの約30倍)
 
(3)カルシウム(牛乳の約14倍)
 
(4)鉄分(ほうれん草の約2.3倍)
 
 
 
 
これだけでも十分すぎるほど凄いのですが、ゴーヤを自然乾燥した「乾燥ゴーヤ」は、さらにこれらの栄養素が高まります。ちなみに生ゴーヤと乾燥ゴーヤの栄養素を比較すると以下のとおりになります。
 
 
4760170301ht.png
 
 

(1)カルシウムが約15倍
 
(2)ビタミンCが約10倍
 
(3)鉄分が30倍
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

がんに打ち勝つ「野菜ジュース」の健康効果が凄い!全米で大人気「ジューシング」の驚くべき効果とは!?

 
 
48630170114.png
 
 
 
 
 
■ ジューシングとは?
 
 
突然ですが「ジューシング」をご存知ですか?。ジューシングは、ある一定の期間、緑の野菜や果物を中心としたジュースだけを飲むことによって、体内に蓄積された老廃物を効率よく排出する、その優れたデトックス効果を最大限に利用して、ダイエットや様々な病気の予防に適しています。
 
 
ジューシングは、ここ数年アメリカでブームになっています。ジューシングのメリットについてですが、何といってもミキサーで野菜を丸ごとすりつぶすので、個々の野菜が持つ健康効果に優れた栄養素をしっかり吸収することができます。
 
 
また、一定期間、もしくは定期的に野菜ジュースだけを飲むことで消化の負担を軽減することができるので、体内の酵素を損なうわずにすみますし、細胞の新陳代謝を活発化することができるので、がんをはじめとした様々な病気を寄せつけない健康的な肉体を手にすることができます。
 
 
ということで、今回は「がんに打ち勝つ野菜ジュース」について解説している米国の健康サイト「Yong and Raw」さんの記事と実際に野菜ジュースを飲んでガンを克服した方の動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

肝臓ガンの予防効果が高い食品と生活習慣!「ぬるぬる食材」や「食後に30分のゴロ寝」が肝臓ガン予防に効く!

 
 
 

 
■ 日本における肝臓がんの実態とは!?
 
 
日本では毎年約4万人が肝臓がんを罹患されています。肝臓がんはがんの中でも圧倒的に女性よりも男性に多い病気でして、その数何と約3万人です。がん全体の罹患率でみると肝臓がんは胃がん、肺がん、大腸がんに次ぐ第4位につけています。
 
 
肝臓がんの原因として最も多いのがC型肝炎ウイルス(全体の約8割)による感染ですが、他にも長年にわたる過度の飲酒によって引き起こされる「慢性肝炎」や「肝硬変」といった肝機能障害が原因とされています。
 
 
肝臓は「代謝」、「解毒」、「胆汁の分泌」の三つの働きがあり、どれも健康を維持する上で欠かすことができません。また、肝臓は健康だけでなく、美容においても重要な役割を担っています。
 
 
 
20530170114.png
 
 
 
老廃物などの有害な物質を分解し、体に悪い影響をおよぼさないように解毒します。肝臓は体の中の悪いものをしっかり解毒し、皮膚の「新陳代謝」を活発かしてくれるので、お肌が自然と潤います。そして、さらにシミやくすみなどを予防するなど、お肌に非常に良い効果をもたらしてくれます。
 
 
ということで今回は、「肝臓」の働きに良い効果をもたらしながら、優れたがん予防(肝臓がん)効果が期待できる食品と生活習慣についてまとめさせていただきました。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

「乳がん」を早期発見するために知ってほしい「しこり」の特徴と正しいセルフチェックの知識について!

 
 
782.png
 
 
 
 
 
■ 女性にとって乳がんは他人事では済まされない!!
 
 
タレントの北斗晶さんが乳がんを患い、5年生存率が50%と診断されたことを公表したことによって、乳がんについて大手メディアでも大々的に取り上げられました。
 
 
乳がんに関する注目度が高まったことによって、正しい知識が広がっていることを願いつつも、変に不安を煽るような情報もいまだに多いので注意が必要です。
 
 
しかし、女性の12人に1が乳がんを発症する時代なので、他人事ではすまされません。
 
 
晩婚化が進むことによって初産年齢が年々高まっています。乳がんは、妊娠しない期間が長く続くほど、発症するリスクが高くなると考えられています。
 
 
 
 
3664016923.png
 
 
 
 
また、食の欧米化が過去20年間で急速に進んだことによって女性でも肥満化が広がり、乳製品を多く摂るようになったことも乳がんを発症する大きな原因とされています。
 
 
ですので、がん検診を受けるのも大切ですが、マッサージをしながらで結構なので、鏡で乳房の状態を見たり触診するなどセルフチェックも欠かせません。 
 
 
現段階では30才から65才の女性の死亡数では、乳ガンが1位なので、圧倒的に中高年の方が乳がんを発症するリスクが高いわけですが、若い女性も油断できません。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

仁科亜季子さんを襲った大腸がんの原因と予防するには?女性に多い大腸がんの再発リスクはなぜ高いの?

 
 
116_2016051900054737c.png
 
 
 
 
 
■大腸がんとは?
 
 
昨年女優の仁科亜季子さんが、「大腸がん」の手術を受けたことが大きな話題となりました。というのも仁科亜季子さんは、38歳のときに初めて「子宮頸がん」を発症し、46歳のときには胃がんを発症しているので、今回で3度がんを患っているためです。
 
 
大腸がんは、他の臓器のがんと比べて治りやすい反面再発リスクが高いとされています。大腸がんは、盲腸、結腸、直腸に発症した「悪性腫瘍」で、日本人の大腸がんの発生率は、直腸が最も多く35%、次いでS状結腸が34%となっています。
 
 
大腸がんは「腺腫」という良性腫瘍の一種が悪性化して発症するものと、腺腫は介さず、直接粘膜の正常細胞が、がん細胞に変化して急速進行する場合があります。早期の大腸がんでは、ほとんど自覚症状がありません。
 
 
進行した大腸がんでは腫瘍の大きさや発症部位で症状が異なります。左側の結腸がんでは、比較的早期から便に血が混ざっていたり、血の塊がでる症状がみられます。
 
 
また、腹痛や便秘と下痢を繰り返すといった症状が現れることも多く、そのまま放置してしまうと「腸閉塞」を発症してしまうこともありますので、十分注意が必要です。
 
 
直腸がんも大腸がんと同じような症状がみられますが、近接している「膀胱」に浸潤すると「排尿障害」や「血尿」などがみられることもあります。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます