がんの予防と対策のカテゴリ記事一覧


カテゴリ:がんの予防と対策

がんの予防と対策のカテゴリ記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

がんの予防と対策
       ■ ゴーヤに含まれる優れた栄養素とは!?  ゴーヤを食べることによってガンや糖尿病などの生活習慣病リスクを抑える働きが優れているため、ここに来てゴーヤが持つ優れた効能・効果が注目を集めています。  ちなみにゴーヤには以下の優れた栄養素が豊富に含まれています。   (1)ビタミンC(レモンの約3倍) (2)食物繊維(セロリの約30倍) (3)カルシウム(牛乳の約14倍) (4)鉄分(ほう...

記事を読む

がんの予防と対策
      ■ 女性にとって乳がんは他人事では済まされない!!  タレントの北斗晶さんが乳がんを患い、5年生存率が50%と診断されたことを公表したことによって、乳がんについて大手メディアでも大々的に取り上げられました。  乳がんに関する注目度が高まったことによって、正しい知識が広がっていることを願いつつも、変に不安を煽るような情報もいまだに多いので注意が必要です。  しかし、女性の12人に1が乳がん...

記事を読む

がんの予防と対策
     ■ 大腸がんは男女ともに死亡原因の上位に!  ここ日本でも食の欧米化が依然として進んでいることから、大腸がんを患う人が年々右肩上がりで増えていまして、男女ともに大腸がんはガン全体の上位(男性は3位、女性は1位)にあります。  私個人的に大好きだった俳優の今井雅之さんも大腸がんを患い、壮絶な闘病生活の末、2015年5月28日に52歳という若さで亡くなりました。今井さんは、亡くなる前年の後半に...

記事を読む

がんの予防と対策
     ■ 肺がんは癌による死亡原因の第1位  日本人の死亡原因のトップは「がん」です。しかも長い間「胃がん」が断トツだったんですが、1990年代に入ってから肺がんが急増し、今現在もずっと1位(男性の死亡原因の第1位、女性は第2位)をキープしています。  そして、年間約6万5000人もの方が肺がんで亡くなっています。ちなみに肺がんは、肺の気管、気管支、肺胞の一部の細胞ががん化したものです。以下の4...

記事を読む

がんの予防と対策
      ■胃がんを取り巻く現状とは?  今現在「胃がん」の羅患数は、すでに13万人前後となっています。胃がんは日本人に特に多く、毎年多少のズレはありますが、ガンの中でも男性は1番目、女性では三番目に多くなっており、今後もこうした傾向は続くと予想されています。  まず胃の働きについて簡単に解説させていただくと、胃は食べ物を一旦蓄えておき、胃酸と混ぜながら少しずつ腸に送ります。きちんと消化されれば...

記事を読む

ゴーヤの健康効果が凄い!ゴーヤの成分が癌細胞を短時間で約98%死滅!凄すぎる疲労回復効果で元気モリモリ!

 
 
847_20160425175956224.png
 
 
 
 
 
■ ゴーヤに含まれる優れた栄養素とは!?
 
 
ゴーヤを食べることによってガンや糖尿病などの生活習慣病リスクを抑える働きが優れているため、ここに来てゴーヤが持つ優れた効能・効果が注目を集めています。
 
 
ちなみにゴーヤには以下の優れた栄養素が豊富に含まれています。
 
 
 
(1)ビタミンC(レモンの約3倍)
 
(2)食物繊維(セロリの約30倍)
 
(3)カルシウム(牛乳の約14倍)
 
(4)鉄分(ほうれん草の約2.3倍)
 
 
 

『 自然乾燥させた乾燥ゴーヤの健康効果が凄い! 』
 
 
これだけでも十分すぎるほど凄いのですが、ゴーヤを自然乾燥した「乾燥ゴーヤ」は、さらにこれらの栄養素が高まります。ちなみに生ゴーヤと乾燥ゴーヤの栄養素を比較すると以下のとおりになります。
 
 
4760170301ht.png
 
 

(1)カルシウムが約15倍
 
(2)ビタミンCが約10倍
 
(3)鉄分が30倍
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

乳がんを早期発見するために知ってほしい「しこり」の特徴とセルフチェックの大切さ!セルフチェックのポイントとは?

 
 
35520180501hm.png
 
 
 
 
■ 女性にとって乳がんは他人事では済まされない!!
 
 
タレントの北斗晶さんが乳がんを患い、5年生存率が50%と診断されたことを公表したことによって、乳がんについて大手メディアでも大々的に取り上げられました。
 
 
乳がんに関する注目度が高まったことによって、正しい知識が広がっていることを願いつつも、変に不安を煽るような情報もいまだに多いので注意が必要です。
 
 
しかし、女性の12人に1が乳がんを発症する時代なので、他人事ではすまされません。
 
 
晩婚化が進むことによって初産年齢が年々高まっています。乳がんは、妊娠しない期間が長く続くほど、発症するリスクが高くなると考えられています。
 
 
 
 
3664016923.png
 
 
 
『 食の欧米化によって乳がんを罹患する人が急増 』
 
 
また、食の欧米化が過去20年間で急速に進んだことによって女性でも肥満化が広がり、乳製品を多く摂るようになったことも乳がんを発症する大きな原因とされています。
 
 
ですので、がん検診を受けるのも大切ですが、マッサージをしながらで結構なので、鏡で乳房の状態を見たり触診するなどセルフチェックも欠かせません。 
 
 
現段階では30才から65才の女性の死亡数では、乳ガンが1位なので、圧倒的に中高年の方が乳がんを発症するリスクが高いわけですが、若い女性も油断できません。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

大腸がんの見逃してはならない9つの症状!大腸がんの発症を抑える安全な予防法とは!?大腸がんを早期発見するには?

 
 
389420180219ht.png
 
 
 
■ 大腸がんは男女ともに死亡原因の上位に!
 
 
ここ日本でも食の欧米化が依然として進んでいることから、大腸がんを患う人が年々右肩上がりで増えていまして、男女ともに大腸がんはガン全体の上位(男性は3位、女性は1位)にあります。
 
 
私個人的に大好きだった俳優の今井雅之さんも大腸がんを患い、壮絶な闘病生活の末、2015年5月28日に52歳という若さで亡くなりました。今井さんは、亡くなる前年の後半に入って突然体調不良に見舞われたようです。
 
 
しかし、かかりつけの病院では検査設備に乏しいため、今井さんは忙しい合間を塗って色々な医療機関を渡り歩くこととなり、その結果として大腸がんの発見が大幅に遅れてしまったのだとか。
 
 
 
 
 
395420180219ht.png
 
 
 
■ レントゲン検査だけでは不十分?
 
 
レントゲン検査だけでは、見落とされてしまう可能性が高いとされていますが、進行がんですら見落とされてしまうケースが少なくないだけに、最近はMRIによる検査に注目が集まっています。
 
 
すでにMRI健診を行っている医療機関が増えていますが、病院によって独自の検査技術を確立しているところも多いので、どうしても病院によって検査の過程や結果に差がでます。
 
 
 
 
 
394420180219ht.png
 
 
 
■ 急激に増え続ける大腸がん!
 
 
日本人でがん死亡率が増え続けているのは、肺がんと大腸がんです。食の欧米化が急激に進んだ1980年頃に比べて男性で3.1倍、女性で2.8倍。2010年には約4万5000人も大腸がんで命を落としています。
 
 
大腸がんの発症リスクとして重要なのが「加齢」と「糖尿病」です。 特に糖尿病は、糖尿病でない人と比べて肝臓がんの発症リスクが1.97倍、膵臓がんの発症リスクが1.85倍、大腸がんの発症リスクが1.4倍となっています。
 
 
 
 
 
397420180219ht.png
 
 
 
■ 便秘を放置してはいけいない!?
 
 
日本では1億2千万あまりの人口のうち、約700万人が辛い便秘の症状に苦しめられています。便秘が続くと「宿便」という症状にたどり着くわけですが、その状態を放置すると、腹痛、肌荒れ、体臭、口臭といった症状を発症しやすくなります。
 
 
また、さらに放置してしまうと、腸内環境が致命的なまでに悪化してしまうので、いぼ痔、腸閉塞、さらには大腸がんを発症するリスクがより高まります。腸内観葉を良い状態にして、便秘を解消しましょう。

» 記事の続きを読む

なぜタバコを1本も吸わないのに肺がんになるのか?!絶対に見逃してはならない肺がんの7つのサインとは?

 
 
6020180501hm.png
 
 
 
■ 肺がんは癌による死亡原因の第1位
 
 
日本人の死亡原因のトップは「がん」です。しかも長い間「胃がん」が断トツだったんですが、1990年代に入ってから肺がんが急増し、今現在もずっと1位(男性の死亡原因の第1位、女性は第2位)をキープしています。
 
 
そして、年間約6万5000人もの方が肺がんで亡くなっています。ちなみに肺がんは、肺の気管、気管支、肺胞の一部の細胞ががん化したものです。以下の4つの種類で構成されています。
 
 
172420180205ht.png
 

(1)腺がん
(2)扁平上皮がん
(3)大細胞がん
(4)小細胞がん
 

 
この中でも最も大きな割合をしてみるのが腺がんで、全体の約50%を占めています。
 
 
 
 
 
171420180205ht.png

 
 
■ 肺がんの原因とは?
 
 
腺癌は肺の末梢部分にできます。肺がんのなかでも女性が発症しやすいガンです。女性が肺がんを発症した場合、約70%が腺癌とされているほど大きな割合を占めてます。
 
 
その次に多いのが「扁平上皮がん」で、全体の約30%を占めています。扁平上皮がんは、肺門部=肺の入り口付近にできるのが特徴です。
 
 
肺がんの原因として世間一般に広く知られているのが「喫煙」ですが、実際にタバコを吸うことで肺ガンを発症しやすいのは、この扁平上皮ガンなんです。
 
 
 
 
 
170420180205ht.png
 
 
 
■ タバコを吸わないのに肺がんになってしまう原因とは?
 
 
一方、腺癌とタバコとの因果関係に関してはいまだに解明されていません。ですので、たばこを吸っていなくても、この腺癌を発症する可能性があります。女性の場合は、女性ホルモンが影響して腺癌を発症しやすいとされています。
 
 
肺の中には肺を守るために必要な分泌液を作り出す腺細胞があります。本来であれば、この腺細胞に肺に入ったウイルスをやっつけてくれる働きがあります。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

なぜ胃がんの初期症状を多くの人が見逃してしまうのか!?胃がんの原因「ピロリ菌」の感染者が急増している理由とは!?胃がんを早期発見するには?

 
 
6220171110ht.png
 
 
 
 
■胃がんを取り巻く現状とは?
 
 
今現在「胃がん」の羅患数は、すでに13万人前後となっています。胃がんは日本人に特に多く、毎年多少のズレはありますが、ガンの中でも男性は1番目、女性では三番目に多くなっており、今後もこうした傾向は続くと予想されています。
 
 
まず胃の働きについて簡単に解説させていただくと、胃は食べ物を一旦蓄えておき、胃酸と混ぜながら少しずつ腸に送ります。きちんと消化されれば何も問題ないのですが、最近では加工食品など消化しにくい食品が一般の食卓に多く並べられています。
 
 
このため、胃や腸の働きが著しく悪化し、様々な病気を引き起こす原因となっています。
 
 
 
 
 
5620171110ht.png

 
 
■ 胃がんの原因とは?
 
 
胃がんとは異の粘膜に悪性腫瘍ができたもので、ヘリコバクター・ピロリ菌(以後「ピロリ菌」)による感染が主な原因でして、最近の統計では全体の約8割を超えているので、ほぼ間違いありません。
 
 
ちなみにピロリ菌は胃の粘膜に生息しているらせんの形をした細菌なんですが、ピロリ菌の具体的な感染経路は今だに解明されていません。しかもすでに3500万人以上の方が感染しているとされていますので、胃がんは他人ごとではありません。
 
 
著名人(蟹江敬三さん、江戸家猫八さん、宮迫博之さん、市村正親さん、元ガロ・堀内護さん)にも胃がんを発症している方が多く、殘念ながら蟹江敬三さんは闘病生活の末死去されています。
 
 
 
 
 
5920171110ht.png
 
 
 
『 40代になったら定期的に検診を受けましょう! 』
 
 
気力体力がズドンと落ち始める50代ごろから急激に増え始め、加齢が進むにつれて増加していく傾向にあります。胃は「沈黙の臓器」と称されるほど、胃がんにかぎらず、様々な病気において初期症状が出にくいとされています。
 
 
初期の段階では、ほとんどの方が胃がんの自覚症状がないため、上図にあるような症状を見逃してしまいます。そうならないためにも、きちんと定期的に検診を受けることが必要だと思います。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます