体の痛み不調の原因のカテゴリ記事一覧


カテゴリ:体の痛み不調の原因

体の痛み不調の原因のカテゴリ記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

体の痛み不調の原因
   ■ 筋肉量の減少が様々な病気の原因に!  筋肉の量が減ることによって、血流が悪化し、冷えや疲労感といった症状が生じやすくなります。特に冬は衣服を多く着るので、肌にストレスを与え、しかも、運動量が減るので筋肉量が減りやすいことから、血流が悪化しやすいです。  筋肉の量が減り続けると身体機能が低下するサルコペニアを発症する原因となり、日常生活において様々な障害が生じます。サルコペニアは加齢による筋...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 脳卒中の最大の原因は「高血圧」  2014年に厚労省から発表されたデータによりますと、日本人の死亡原因として「脳卒中」は、全体でベスト3に入るほど大きな割合を占めています。脳卒中(脳疾患)は、50歳代に入ると急激に発症リスクが高まります。  しかし、殘念ながら若いからといって安心することはできません。脳卒中は20代から30代前半の方々の死亡原因の5位をマークしているので、しっかり予防す...

記事を読む

体の痛み不調の原因
      ■ おなかもみ上げとは!?  依然として腰痛などの体の痛みの原因が完全には解明されていませんが、大腸などの内蔵器官が疲労していることが原因とする声が広がっています。お腹周辺にある血管は他の部位の血管よりも太いです。  このため、おなかの太い血管がつまると全身の巡りが悪化してむくんでしまいます。ですので、おなかをもみほぐして疲労回復効果を高めることによって、お腹周辺にある臓器の働きが改善さ...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ がんになる人が増えている?  恐ろしいことに、今現在日本では2人に1人はがんになる時代にすでに突入しています。事実日本人の死亡原因の1位となっていますが、社会的なストレスや食習慣が劇的に改善される可能性が低いだけに、今後も拡大傾向が続くと予想されてます。  よく「ガンは遺伝による要因が大きいと」いった声もありますが、やはり普段の生活習慣や性格なども大きな要因となってます。代表的なのが以...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ リバースプランクとは!?  今回ご紹介させていただくエクセサイズは、プランクの一つである「リバースプランク」です。通常のプランクと異なり、体の向きを反対にして行うのでバック・プランクとも呼ばれています。  リバースプランクは上図にあるとおり、肩、腕、背中、お腹、お尻、太ももなどの筋肉を効率よく鍛えることが出来るのですが、特に背中側の脊柱起立筋、お尻の大殿筋、背中の背広筋を鍛えることがで...

記事を読む

全身のコリや痛みはテニスボールマッサージが効く!筋膜リリース効果で血流を改善!肩こり、腰痛、打ち身を予防・改善!

 
2220180910hm.png

 
 
■ 筋肉量の減少が様々な病気の原因に!
 
 
筋肉の量が減ることによって、血流が悪化し、冷えや疲労感といった症状が生じやすくなります。特に冬は衣服を多く着るので、肌にストレスを与え、しかも、運動量が減るので筋肉量が減りやすいことから、血流が悪化しやすいです。
 
 
筋肉の量が減り続けると身体機能が低下するサルコペニアを発症する原因となり、日常生活において様々な障害が生じます。サルコペニアは加齢による筋肉量の低下が原因とされていますが、高齢者だけが発症する病気ではありません。
 
 
 
 
5790090171225ht.png

 
 
   
■ サルコペニアは25~30歳ごろから生じはじめる!
 
 
世界中で運動不足が問題となっていて、過度に体重が増えてしまうと、さらに運動不足が深刻なレベルにまで発展し、ある時点で筋肉量が一気に減ってしまう、いわゆるサルコペニア肥満に陥ってしまいます。
 
 
ですので、筋肉量が減るのを放置してはいけません。放置するとさらに血流が悪化し、同時に代謝も悪化するので、必然的に体脂肪率が上昇し、肥満、高血圧、動脈硬化、糖尿病といった生活習慣病へと繋がります。
 
 
サルコペニアは25~30歳ごろから生じはじめて、生涯を通じて進行するので、若いからと言って安心(特に地方に住まれている方)できません。
 
 
 
 
 
27460170301ht.png
 
 
 
■ テニスボールマッサージで筋膜リリース!
 
 
人間誰しも年をとるので、サルコペニアは誰もが避けては通れない症状ではありますが、個人差が大きいのが特徴でして、生涯にわたって充分な筋肉量を維持し続ける人がいるにもかかわらず、他方で高齢者と呼ぶには余りにも若すぎる40~50代の人で歩くことはおろか立ち上がることさえ困難になるケースもあります。
 
 
筋肉量を減らさないことがサルコペニアを予防するうえで大切なことは言うまでもありません。しかし、一般の人たちの間で運動に割けられる時間はそれほど多くありません。また、30代も後半に入ると体のあちこちにコリや痛みが生じ始めるので、人によっては運動そのものを避けようとする傾向が強いです。
 
 
そこで、普段から自分で自分の体をケアする必要があります。セルフケアとしては、ツボ押しやマッサージなどがありますが、今回はテニスボールを使ったマッサージをご紹介させていただきます。筋膜を伸ばす効果が優れているうえに血流を改善する効果が高いので、特別ハードな運動をしなくても筋肉量を維持できます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

脳卒中(脳梗塞など)の原因第1位は「高血圧」の放置!高血圧に効くセルフケアで血流を改善して脳卒中を予防!

 
 
197020180310ht.png
 
 
 
■ 脳卒中の最大の原因は「高血圧」
 
 
2014年に厚労省から発表されたデータによりますと、日本人の死亡原因として「脳卒中」は、全体でベスト3に入るほど大きな割合を占めています。脳卒中(脳疾患)は、50歳代に入ると急激に発症リスクが高まります。
 
 
しかし、殘念ながら若いからといって安心することはできません。脳卒中は20代から30代前半の方々の死亡原因の5位をマークしているので、しっかり予防するためにも若いうちから生活習慣を正す必要があります。
 
 
ちなみに脳卒中とは、脳に酸素と栄養素を送っている血液の流れがある日突然滞ってしまう病気の総称でして、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血が脳卒中に含まれます。脳卒中を予防する上で最も重要なのが高血圧を放置しないことです。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

1日1分「おなかもみ上げ」の健康効果が凄い!胃や腸の働きを改善して胃下垂、便秘、むくみ、冷え、自律神経失調症を予防

 
 
4564420161220l.png
 
 
 
 
■ おなかもみ上げとは!?
 
 
依然として腰痛などの体の痛みの原因が完全には解明されていませんが、大腸などの内蔵器官が疲労していることが原因とする声が広がっています。お腹周辺にある血管は他の部位の血管よりも太いです。
 
 
このため、おなかの太い血管がつまると全身の巡りが悪化してむくんでしまいます。ですので、おなかをもみほぐして疲労回復効果を高めることによって、お腹周辺にある臓器の働きが改善されます。
 
 
今回ご紹介させていただく『1日1分で人生が変わる おなかもみ上げ』の著者である永井峻先生は、まだお若いのですが、「楽ゆる整体 トータルリチューニング」の院長として、これまで沢山の人達の体の痛みやコリから救ってきました。
 
 
 
 
46660170301ht.png
 
 
 
【 整体師の先生が編み出した健康法の効果が凄い! 】
 
 
実際に永井先生が施術を行った患者さんは、頭痛、めまい、胃下垂、便秘、むくみ、冷え、不眠、パニック障害、全身のだるさ、無気力、強迫性障害、自律神経失調症などの症状がが改善されています。
 
 
そんな永井先生がより「おなかもみ上げ」の効果を高める方法を自身の動画で解説しています。動画内で「おなかもみ上げ」を実践する上で重要なポイントとして、以下の3つをあげています。
 
 

(1)指先を重ねる
 
(2)中を揺らし、混ぜるイメージ
 
(3)呼吸(スで吸う、ホで吐く)
 

 
 
1120161114_20170105165935d62.png
 
 
 
【 簡単だから誰でも今日からできます! 】
 
 
この3つのポイントを抑えれば、「おなかもみ上げ」のやりやすさと健康効果がよりアップします。お腹を触ることが普段ほとんどないので、最初「おなかもみ上げ」を実践すると、「これで本当にいいのかな?」と思われると思います。
 
 
やっているうちに心地よさを感じる部分が分かるようになりますので、是非「おなかもみ上げ」を習慣化して体調不良を予防・改善してください。(湯たんぽ健康法と一緒に合わせて実践すると効果が飛躍的にUPします)

» 記事の続きを読む

 タグ
None

がんになりやすい人の3つの特徴!まじめで責任感が強い人は仕事のストレスに要注意!腸を温めてガンを予防する方法!

 
 
4820180601hm.png
 
 
 
■ がんになる人が増えている?
 
 
恐ろしいことに、今現在日本では2人に1人はがんになる時代にすでに突入しています。事実日本人の死亡原因の1位となっていますが、社会的なストレスや食習慣が劇的に改善される可能性が低いだけに、今後も拡大傾向が続くと予想されてます。
 
 
よく「ガンは遺伝による要因が大きいと」いった声もありますが、やはり普段の生活習慣や性格なども大きな要因となってます。代表的なのが以下の3つです。
 
 
 
 
1262017922ht.png
 
 
 
(1)ストレス
 
 
仕事などにより過度なストレスによって、交感神経が興奮し、体内で活性酸素を生成されてしまいます。そうすると体の中から酸性化=錆びつくこととなり、がん細胞が生じやすくなってしまいます。
 
 
しかし、残念ながらストレス社会を生きるうえでストレスを完全に避けることはできません。したがって、極力ストレスを貯めこまないためにも、一生懸命になりすぎないことも大切です。気を楽に持つことで体の緊張がほどけていきます。
 
 
そのためにも、「ネガティブな自分」をしっかり受け入れてあげてください。ネガティブな感情があっても全然おかしいことではありません。むしろ無い方がおかしいです。「そんなときもある」、「きっとこれからいいことが起こる」と、肯定的な言葉をつぶやいてみましょう。

» 記事の続きを読む

 タグ

お腹周り、お尻、背中、二の腕の「脂肪(しぼう)」がごっそり取れる!腰痛や肩こりなどの予防にも利く!

 
 
11460170301ht.png
 
 
 
■ リバースプランクとは!?
 
 
今回ご紹介させていただくエクセサイズは、プランクの一つである「リバースプランク」です。通常のプランクと異なり、体の向きを反対にして行うのでバック・プランクとも呼ばれています。
 
 
リバースプランクは上図にあるとおり、肩、腕、背中、お腹、お尻、太ももなどの筋肉を効率よく鍛えることが出来るのですが、特に背中側の脊柱起立筋、お尻の大殿筋、背中の背広筋を鍛えることができます。
 
 
やり方は非常に簡単です。仰向けの状態で両肘で体をおこし、腰を上げて、そのままの体勢をキープ(30秒から1分程度)します。プランクと同じように、頭・腰・足のラインが一直線になるように注意してください。
 
 
 
 
 
10960170301ht.png
 
 
 
■ リバースプランクの効果とは!?
 
 
また、リバースプランクは、正面プランクとは違う筋肉を刺激してくれます。お腹周りの筋肉量が増えると脂肪がつきにくくなり、なおかつ腰痛や肩こりなどの予防にもなります。毎日数分程度行うだけで、とてつもない健康効果が期待できます。
 
 
スキマ時間に行うようにすれば、無理なく習慣化することができるので、是非リバースプランクを実践して運動不足を解消しましょう!。

» 記事の続きを読む

 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます