体の痛み不調の原因のカテゴリ記事一覧


カテゴリ:体の痛み不調の原因

体の痛み不調の原因のカテゴリ記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

体の痛み不調の原因
       ■ 脳卒中の最大の原因は「高血圧」  2014年に厚労省から発表されたデータによりますと、日本人の死亡原因として「脳卒中」は、全体でベスト3に入るほど大きな割合を占めています。脳卒中(脳疾患)は、50歳代に入ると急激に発症リスクが高まります。  しかし、殘念ながら若いからといって安心することはできません。脳卒中は20代から30代前半の方々の死亡原因の5位をマークしているので、しっかり予...

記事を読む

体の痛み不調の原因
       ■ 自律神経失調症の治療に光明  自律神経には交感神経と副交感神経の二つがあり、この二つの自律神経のバランスが悪くなってしまうと、心と体に様々な不調が生じます。これが「自律神経失調症」のメカニズムの基本です。  また、自律神経失調症は男性よりも女性に多くみられる病気で、免疫力が低下しやすい冬は注意しなければなりません。気温や気候などの急激な変化は、大きな身体的ストレスになるからです。 ...

記事を読む

体の痛み不調の原因
       ■ うつ伏せで腰をユラユラ動かすだけで腰痛が治る!  今回は腰痛の方のためのエクセサイズをご紹介させていただきます。こちらのエクセサイズは、腰に負担をかけることなく、腰回りの硬くなってしまった筋肉を徐々に柔らかくすることで、つらい腰痛を解消していきます。  やり方は非常に簡単です。基本的にうつぶせになって、マットレス、布団、ベットのうえでうつ伏せになった状態でゆっくりとおしりをユラユラ...

記事を読む

体の痛み不調の原因
       ■ 肩コリを放置するのは危険!?  肩こりは命に関わる危険性のある病気ではありませんが、そのまま放置してしまうと、頭痛や目に強い痛みが生じたり、吐き気、めまい、疲れが取れないといった症状に悩まされる危険性があるので、慢性化しないためにも、できるだけ早い段階で改善する必要があります。  肩こりは男性よりも圧倒的に女性に多いです。また、年代別では肉体的にも精神的にも疲労やストレスが多い30...

記事を読む

体の痛み不調の原因
      ■ 筋肉量の現象が様々な体調不良を引き起こす!  筋肉の量が減ることによって、血流が悪化し、冷えや疲労感といった症状が生じやすくなります。特に冬は衣服を多く着るので、肌にストレスを与え、しかも、運動量が減るので筋肉量が減りやすいことから、血流が悪化しやすいです。  筋肉の量が減り続けると身体機能が低下するサルコペニアを発症する原因となり、日常生活において様々な障害が生じます。サルコペニア...

記事を読む

「脳卒中」の原因第1位は「高血圧」の放置だった!!高血圧に効く即効性の高いツボとマッサージ3選!!様々な生活習慣病の予防に効く!

 
 
1034016913.png
 
 
 
 
 
■ 脳卒中の最大の原因は「高血圧」
 
 
2014年に厚労省から発表されたデータによりますと、日本人の死亡原因として「脳卒中」は、全体でベスト3に入るほど大きな割合を占めています。脳卒中(脳疾患)は、50歳代に入ると急激に発症リスクが高まります。
 
 
しかし、殘念ながら若いからといって安心することはできません。脳卒中は20代から30代前半の方々の死亡原因の5位をマークしているので、しっかり予防するためにも若いうちから生活習慣を正す必要があります。
 
 
ちなみに脳卒中とは、脳に酸素と栄養素を送っている血液の流れがある日突然滞ってしまう病気の総称でして、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血が脳卒中に含まれます。脳卒中を予防する上で最も重要なのが高血圧を放置しないことです。
 
 
 
 
9340161214l.png
 
 
 
・ 高血圧を解消するマッサージ
 
 
今回は、脳卒中の発症リスクを高める直接的原因ベスト5を分かりやすく解説したWoorisさんの記事と脳卒中の最大の原因である高血圧を抑える、即効性の高い3つのツボと指圧(マッサージ)するポイントをまとめさせていただきました。
 
 
是非一番下にある実演動画とあわせてご覧いただき、高血圧を解消すべく、習慣化されることをオススメします。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

背骨をねじるだけで自律神経失調症を改善できる!?背骨ねじりは「腰痛」「肩こり」「頭痛」「胃痛」にも効く心と体のセルフケア!

 
 
3024420161220l.png
 
 
 
 
 
■ 自律神経失調症の治療に光明
 
 
自律神経には交感神経と副交感神経の二つがあり、この二つの自律神経のバランスが悪くなってしまうと、心と体に様々な不調が生じます。これが「自律神経失調症」のメカニズムの基本です。
 
 
また、自律神経失調症は男性よりも女性に多くみられる病気で、免疫力が低下しやすい冬は注意しなければなりません。気温や気候などの急激な変化は、大きな身体的ストレスになるからです。
 
 
ですので、季節の変わり目には自律神経失調症が起こりやすいといわれています。しかし、現時点でも自律神経失調症の決定打となる原因が明らかになっていないので、自律神経失調症を放置してしまうのは大変危険です。
 
 
 
3044420161220l.png
 
 
 
■ 自律神経失調症を治療する「ウォールツイスト」とは!?
 
 
その一方で自律神経失調症の予防方法や改善方法沢山ありますが、個人的には「腸活」が一番自律神経を整える効果が高い健康法だと思っていました。しかし、腸活でさえも万能というわけにはいきません。
 
 
そこで色々と調べたところ、今回ご紹介させていただく、背骨を動かしながら自律神経失調症を治療する「ウォールツイスト」にたどり着きました。背骨をねじって簡単な呼吸法を行うだけなのですが、しっかり自律神経を整えてくれます。
 
 
ということで今回は、自律神経失調症についてと、その改善方法(背骨ねじり)について分かりやすく解説している、HEALTH PRESSさんの記事とエクセサイズ動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

目からウロコ!うつ伏せになって「腰をユラユラ動かす」だけで辛い腰痛やギックリ腰に効く!腰に負担をかけずに腰回りの筋肉を柔らかくする画期的方法!

 
 
961.png
 
 
 
 
 
■ うつ伏せで腰をユラユラ動かすだけで腰痛が治る!
 
 
今回は腰痛の方のためのエクセサイズをご紹介させていただきます。こちらのエクセサイズは、腰に負担をかけることなく、腰回りの硬くなってしまった筋肉を徐々に柔らかくすることで、つらい腰痛を解消していきます。
 
 
やり方は非常に簡単です。基本的にうつぶせになって、マットレス、布団、ベットのうえでうつ伏せになった状態でゆっくりとおしりをユラユラ左右にふるだけです。特別難しいことは一切ありません。誰にでも簡単にできるエクセサイズです。
 
 
こちらのおしりをユラユラふるエクセサイズは整体や接骨院などで幅広く患者さんに指導されています。しかし、人によっては上手く腰をゆらゆら動かせない場合もあります。無理してやると腰に余計な負担がかかるので逆効果となります。
 

» 記事の続きを読む

 タグ
None

肩こりに効く最強のツボ 「肩井(けんせい)」のマッサージ効果を高める方法!ツボを効率よく刺激して肩こり解消!血流改善、疲労回復、頭痛にも効く!

 
15220170620ht_20170621165923b85.png
 
 
 
 
 
 
■ 肩コリを放置するのは危険!?
 
 
肩こりは命に関わる危険性のある病気ではありませんが、そのまま放置してしまうと、頭痛や目に強い痛みが生じたり、吐き気、めまい、疲れが取れないといった症状に悩まされる危険性があるので、慢性化しないためにも、できるだけ早い段階で改善する必要があります。
 
 
肩こりは男性よりも圧倒的に女性に多いです。また、年代別では肉体的にも精神的にも疲労やストレスが多い30代が圧倒的に多いとされています。30代も後半に入ると20代の頃のようにはいきません。勢いでなんとかしようとすると身体が悲鳴をあげます。
 
 
 
 
15920170620ht.png
 
 
 
『 なぜ肩がこるのか!? 』
 
 
肩こりの原因についてですが、主に座りっぱなし、同じ姿勢、眼精疲労、運動不足、ストレスなどによって、血行不良となり、筋肉が硬直してしまったために起こります。つまり、肩こりを改善するには血行を良くすればいいわけです。そうすることで次第に肩こりの症状が緩和されます。
 
 
一番手っ取り早いのはマッサージとエクセサイズを行うことです。肩こりに効くつぼをマッサージするだけでは、肩こりの辛い症状を一時的に改善できても、時間が経過すれば、またすぐにぶり返します。
 
 
ちなみに肩こりに効く代表的な「つぼ」に、肩井(けんせい)がありますが、このつぼをセルフマッサージしても、上手に刺激することが難しく、期待していたような効果が得られないケースが少なくありません。
 
 
 
 
16120170620ht.png
 
 
 
『 肩こりに効くツボ「肩井」を効率よく刺激する方法! 』
 
 
そこでオススメしたいのが、今回ご紹介させていただく、「肩こりの究極ツボ「肩井」と押し方のコツ」です。こちらは、楽ゆる式 セルフケア & 整体セラピーの院長先生が考案された究極の肩こり解消法です。
 
 
「肩井」をマッサージするにあたって、特別力を入れる必要は全くありません。繰り返しになりますが、肩井というツボはセルフマッサージで刺激するのが難しいのですが、今回ご紹介させて頂く方法で正しく行えば、これでもかとコリを刺激してくれます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

全身のコリや痛みは「テニスボールマッサージ」で解消!!最強の筋膜リリースで血流改善、肩こり、腰痛、疲労回復、冷え、むくみ、ダイエットにも効く!

 
 
26360170301ht.png
 
 
 
 
■ 筋肉量の現象が様々な体調不良を引き起こす!
 
 
筋肉の量が減ることによって、血流が悪化し、冷えや疲労感といった症状が生じやすくなります。特に冬は衣服を多く着るので、肌にストレスを与え、しかも、運動量が減るので筋肉量が減りやすいことから、血流が悪化しやすいです。
 
 
筋肉の量が減り続けると身体機能が低下するサルコペニアを発症する原因となり、日常生活において様々な障害が生じます。サルコペニアは加齢による筋肉量の低下が原因とされていますが、高齢者だけが発症する症状ではありません。
 
 
ちなみに筋肉量が減るのをそのまま放置すると、さらに血流が悪化し、同時に代謝も悪化するので、必然的に体脂肪率が上昇し、肥満、高血圧、動脈硬化、糖尿病といった生活習慣病へと繋がります。サルコペニアは25~30歳ごろから生じはじめ、生涯を通じて進行します。
 
 
 
 
 
27460170301ht.png
 
 
 
■ テニスボールマッサージで筋膜リリース!
 
 
人間誰しも年をとるので、サルコペニアは誰もが避けては通れない症状ではありますが、個人差が大きいのが特徴でして、生涯にわたって充分な筋肉量を維持し続ける人がいるにもかかわらず、他方で高齢者と呼ぶには余りにも若すぎる40~50代の人で歩くことはおろか立ち上がることさえ困難になるケースもあります。
 
 
筋肉量を減らさないことがサルコペニアを予防するうえで大切なことは言うまでもありません。しかし、一般の人たちの間で運動に割けられる時間はそれほど多くありません。また、30代も後半に入ると体のあちこちにコリや痛みが生じ始めるので、人によっては運動そのものを避けようとする傾向が強いです。
 
 
そこで、普段から自分で自分の体をケアする必要があります。セルフケアとしては、ツボ押しやマッサージなどがありますが、今回はテニスボールを使ったマッサージをご紹介させていただきます。筋膜を伸ばす効果が優れているうえに血流を改善する効果が高いので、特別ハードな運動をしなくても筋肉量を維持できます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます