83.png




■マイコプラズマ肺炎とは?


今回のテーマは、「マイコプラズマ肺炎」です。マイコプラズマ肺炎は咳が長引くことが特徴で、誰でもかかる可能性がありますと、特に5歳から9歳の子供がかかりやすいです。


症状は風邪に似ているため、見過ごされやすい病気です。


マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマという病原体が起こす肺炎です。


このマイコプラズマはちょっと変わった病原体でして、一般的な「風邪のウイルス」よりも少し大きく、細菌よりは少し小さいといった特徴があります。



出典:「健康ぷらざ」







» 記事の続きを読む