116_2016051900054737c.png
 
 
 
 
 
■大腸がんとは?
 
 
昨年女優の仁科亜季子さんが、「大腸がん」の手術を受けたことが大きな話題となりました。というのも仁科亜季子さんは、38歳のときに初めて「子宮頸がん」を発症し、46歳のときには胃がんを発症しているので、今回で3度がんを患っているためです。
 
 
大腸がんは、他の臓器のがんと比べて治りやすい反面再発リスクが高いとされています。大腸がんは、盲腸、結腸、直腸に発症した「悪性腫瘍」で、日本人の大腸がんの発生率は、直腸が最も多く35%、次いでS状結腸が34%となっています。
 
 
大腸がんは「腺腫」という良性腫瘍の一種が悪性化して発症するものと、腺腫は介さず、直接粘膜の正常細胞が、がん細胞に変化して急速進行する場合があります。早期の大腸がんでは、ほとんど自覚症状がありません。
 
 
進行した大腸がんでは腫瘍の大きさや発症部位で症状が異なります。左側の結腸がんでは、比較的早期から便に血が混ざっていたり、血の塊がでる症状がみられます。
 
 
また、腹痛や便秘と下痢を繰り返すといった症状が現れることも多く、そのまま放置してしまうと「腸閉塞」を発症してしまうこともありますので、十分注意が必要です。
 
 
直腸がんも大腸がんと同じような症状がみられますが、近接している「膀胱」に浸潤すると「排尿障害」や「血尿」などがみられることもあります。

» 記事の続きを読む