120170105pa.png

 
 
 
 
■ 腰痛のほとんどが原因不明?
 
 
どんなに名医が診断しても、腰痛の直接的な原因が解明できるのは全体の15%程度なんです。ちなみに腰痛は「特異的腰痛」、「非特異的腰痛」の二つに分かれます。
 
 
特異的腰痛は、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症などで、このよように原因が特定できるものです。これらの腰痛の全体に占める割合は15%しかありません。
 
 
 
233.png
 
 
 
一方、非特異的腰痛は、その多くが原因不明となっています。しかも、画像検査まで行っても原因が分からりません。治療を受ける側からすれば、不安になりますよね。
 
 
実はぎっくり腰も本当の原因はわからないんです。しかし、ぎっくり腰を患った方の大半は自然に治ります。

» 記事の続きを読む