93850161012.png
 
 
 
 
■ 日本人は不眠大国?


今現在、日本人の5人に1人が「不眠」に関する悩みを抱えているとされています。


ちなみに日本人の平均睡眠時間は、「7時間31分」です。


OECD(経済協力開発機構)が2011年に行った各国の男女の睡眠に関する調査のうち、日本人は男性・女性ともに睡眠時間が最も短いことが明らかになりました。


睡眠不足が日本経済に与える影響は非常に大きく、生産性の低下、欠勤、遅刻、早退、交通事故や産業事故の発生、医療費の増加などにより年間約5兆円に登るとされています。
 
 
 
 
93950161012.png
 
 
 
■ 睡眠不足が死亡リスクを高める?


不眠といっても「早朝に目が覚める」「夜中に頻繁に起きる」など症状は色々あります。


しかし、入眠困難と非回復性睡眠に関しては死亡率がさらに悪化するので要注意です。


そして驚くべきことに「心疾患で死ぬ確率」を健康な人と比較した場合、それぞれ55%(入眠困難)、32%(非回復性睡眠)も上回っていたことが明らかになっています。


また「不眠症」と自己申告した2万3447人を追跡調査した結果、6年間で2025人の方々が死亡されてることからみても、いかに睡眠が大事かお分かり頂けると思います。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ