536_20160328232233a3f.png



 
 
■増え続ける認知症患者
 
 
今回のテーマは「認知症」です。厚生労働省から発表されている認知症患者の総数は、2012年の段階で462万人に達しています。
 
 
2025年には700万人を突破し、65歳以上の方の5人に1人は認知症になると予想されています。本当にこれは大変なことですよね。
 
 
このレベルにまで達すると、介護施設をどれだけ増やそうが対応できません。
 
 
ですので、コレまで以上に心と体の健康が重要になるわけですが、最近では30歳代の若い世代の間でも認知症が発症するケースが増えています。
 
 
ということで、年齢に関係なく、今から取り組むべき認知症予防について解説させていただきます。動画もあわせて御覧いただければ幸いです。

» 記事の続きを読む