144.png





■本当に視力は回復するのか?


今回のテーマは「視力回復トレーニング」です。中川和宏先生のユニークなトレーニングによって、タレントの光浦靖子さんが飛躍的に視力を回復させていきます。


まず最初に光浦靖子さんの視力がとれくらいあるのかを検査します。


検査に使用するのは皆さんも一度は目にしたことがあるコチラの表。これを3m離れた所から見て、円が途切れているポイントが見えるかどうかで視力を測ります。


裸眼だと相当視力が低い光浦靖子さん、一番上の1.0が見える位置まで近づいてみる。


すると、光浦靖子さんの視力はナント右が0.01ちょっとで左が0.01と0.02の間だそうです。どんだけ視力が悪いかですよね。日常生活に大きな支障を来すレベルです。


ここまで視力が悪いと裸眼でいくらトレーニングしても期待する効果は得られません。


このため左を0.8、右を0.6に矯正するメガネを使用してトレーニングを開始します。


視力が悪い人というのは、眼球の網膜のピントが合わせられない状態にあるので、この点を調整してやれば視力は回復していきますが、そのためにはトレーニングが必要です。


中川和宏先生が開発した視力回復トレーニングは主に眼球とそのまわりの筋肉を鍛えます。まずは目の準備運動です。これだけでも目の疲れがかなり緩和されます。





【 出典 】
 
お茶の水ハカセ(TBS)
 
 
 
 



» 記事の続きを読む