347.png
 
 
 
 
 
■高血圧とは?
 
 
今回のテーマは、「高血圧の原因と予防法」についてです。血圧とは「心臓」が血液を全身に送り出す際の圧力のことです。この圧が基準値以上の状態が続くことを「高血圧」といいます。
 
 
高血圧が長い間続くと血管に大きな負担がかかり、血管が傷つき、つまりやすくなります。そのままにしておくと、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などの合併症を引き起こすことがあります。
 
 
血圧を下げてコントロールすることにより、合併症を起こす確率を減らす事ができます。
 
 
 
 
 
■高血圧の原因とは?
 
 
高血圧は90%以上が原因のはっきりしない「本能性高血圧」です。
 
 
体質と塩分の取り過ぎや脂質の取り過ぎ、運動不足、肥満、ストレス、アルコール、喫煙などの生活習慣に原因があります。
 
 
他には別の病気が原因で起こる二次性高血圧があります。「高血圧の症状」高血圧は自覚症状がないケースがほとんどで、健康診断などで指摘されて初めて気が付く人が多いです。
 
 
極端に血圧が高くなったり、疲れがたまった時には頭痛、頭重感、肩こり、顔のほてり、動悸、むくみ、耳鳴り、めまいなどの症状が出ることもあります。
 
 
一度合った自覚症状が消失しても、高血圧が持続してることがありますから症状の有無に関わらず、定期的に血圧を測定することが大切です。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ