470.png






■貧血とは?


貧血とは、何らかの原因があり、生体内でヘモグロビンの合成に不可欠な鉄が欠乏し、ヘモグロビンの合成が十分に行われないために起こる症状です。


人間は鉄を作り出すことはできないため、食べ物から鉄分を補給することが必要です。



成人男性で毎日約1mgの鉄が失われますが、通常摂取された鉄は約10%が吸収されますので1日約10mgの鉄を摂取しなければいけません。


また女性の場合には月経による出血によって、1日平均2mgを失われてしまうので、1日20mgの鉄を摂取しないと必然的に鉄の不足状態に陥ります。



鉄欠乏性貧血は日常最も起こりやすい貧血で貧血の90%以上が鉄欠乏性貧血です。



なお、血液の中には赤血球があり、その中に含まれるヘモグロビンは体中に酸素を運ぶ重要な働きがあり、男性の0.5%女性の12.7%が鉄欠乏性貧血とされています。



出典:「新宿駅前クリニック 内科」







» 記事の続きを読む