心筋梗塞のタグ記事一覧


タグ:心筋梗塞

心筋梗塞のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

高血圧対策
       ■ 高血圧の原因とは?  高血圧は、国民病の一つとされるくらい多くの日本人を苦しめています。「高血圧性疾患」で死亡する人は年間およそ7000人程度いますが、高血圧は心筋梗塞や脳梗塞などの合併症リスクが高いので、実際の死亡原因はもっと高いとされています。  ちなみに高血圧の総患者数は約800万人いますので、依然として増えています。塩分の高い食事は身体によくないということが世間では広く知ら...

記事を読む

心臓の病気の予防と対策
       ■ 「心筋梗塞」とは!?  今回は、「心筋梗塞症」がテーマです。一昨年、俳優の渡哲也さんが急性心筋梗塞を発症し、入院していたことがニュースで報じられ、大きな話題となりました。  手術は無事成功し、その後は自宅にて療養され、噂されていたような重病ではなかったことが幸いし、すでに仕事に復帰されているようなんですが、病気が病気なだけに、「すっかり元気になられた」、というわけには行かないようで...

記事を読む

生活習慣病対策
     出典:.cicolpa.com      ■「血管年齢」とは?  今回のテーマは、「血管年齢」についてです。血管年齢とは、血管の状態を測る一つの指標で、血管年齢が実年齢よりも高ければ動脈硬化がかなり進んでます。  反対に実年齢よりも血管年齢が若ければ、健康と判断することができます。メタボ対策をしっかり行なうことによって、血管年齢を若く保つことができます。  血管年齢は医療機関で簡単に調べることができ...

記事を読む

高血圧対策
■今回のテーマは「高血圧を下げる薬」今回は「高血圧を下げる薬」がテーマです。今現在、高血圧に苦しんでいる人が非常に多くて、すでにその数4000万人を超えているとされています。高血圧を放置してしまうと、「動脈硬化がどんどん進んでしまいます。その結果として「脳卒中」や「心筋梗塞」のリスクが必然的に高まります。また腎臓がボロボロになり、腎機能に大きな障害をもたらし、人工透析を受けることにななりかねません...

記事を読む

心臓の病気の予防と対策
■狭心症・心筋梗塞とは?今回のテーマは、「狭心症・心筋梗塞」です。現在、日本人の死因第2位が心臓病ですが、その多くが狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患に関連したものです。冠動脈は心臓に栄養を送るための血管のことで、何らかしら生活習慣に問題があることで、冠動脈が詰まってしまうと狭心症や心筋梗塞などが起こりやすくなってしまいます。狭心症と心筋梗塞の違いについてですが、心筋梗塞は心臓の血管が狭くなり、血流...

記事を読む

高血圧の原因と予防法!心筋梗塞などの合併症の危険性!「合谷(ごうこく)」のツボ押し効果が凄い!高血圧、首や肩のコリや痛みを解消!

 
 
422.png
 
 
 
 
 
■ 高血圧の原因とは?
 
 
高血圧は、国民病の一つとされるくらい多くの日本人を苦しめています。「高血圧性疾患」で死亡する人は年間およそ7000人程度いますが、高血圧は心筋梗塞や脳梗塞などの合併症リスクが高いので、実際の死亡原因はもっと高いとされています。
 
 
ちなみに高血圧の総患者数は約800万人いますので、依然として増えています。塩分の高い食事は身体によくないということが世間では広く知られていますので、年々減少傾向にあるのですが、それでも高血圧に苦しむ人たちは減る気配がありません。
 
 
やはり日常生活におけるストレスが最も大きな原因の一つとなっていることから、医師の指導に従って食事などをいくら制限しても、なかなかこの点をカバーするのが難しいようです。
 
 
 
 
 
582016910.png
 
 
 
■ ストレス社会が高血圧患者を生む?
 
 
最近は業種・業態を問わず、どこの会社でもコンプライアンスの厳格化が急速に進んでしまったため、労働者一人あたりの負担がより大きくなっているので、ストレスを減らすこと自体非常に困難です。
 
 
また、高血圧は「メタボリックシンドローム」との関わりが深いにもかかわらず、具体的な症状が出にくいことから、患者さん本人が気づきにくいので、治療せずにそのまま放置してしまうケースが非常に多いです。
 
 
 
9360170301ht.png
 
 
 
しかし、高血圧はサイレント・キラーといわれるように、ある日命の危険にさらされるような重度の疾患を患うリスクが非常に高いだけに、放置することは許されません。
 
 
ですので、今回は高血圧の原因や予防法についてのまとめと、血圧を下げる方法について大変分かりやすく解説した動画をご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

心筋梗塞の症状と原因について!なぜこんな危険な病気を見逃してしまうのか?!心筋梗塞を予防するには?

 
 
187.png
 
 
 
 
 
■ 「心筋梗塞」とは!?
 
 
今回は、「心筋梗塞症」がテーマです。一昨年、俳優の渡哲也さんが急性心筋梗塞を発症し、入院していたことがニュースで報じられ、大きな話題となりました。
 
 
手術は無事成功し、その後は自宅にて療養され、噂されていたような重病ではなかったことが幸いし、すでに仕事に復帰されているようなんですが、病気が病気なだけに、「すっかり元気になられた」、というわけには行かないようです。
 
 
心筋梗塞は中高年だけでなく、20代、30代の間でも広がっている大変恐ろしい病気です。心筋梗塞は、下図にありますとおり動脈硬化や血管の中でプラーク(脂肪などの固まり)が破れて血栓ができてしまったことで、冠動脈が詰まってしまい、心筋に血液が行かなくなった状態をさします。
 
 
17530170114.png
 
 
 
言葉にするだけでも恐ろしい病気なんですが、その症状に気づけ無いケースが増えています。心筋梗塞を予防するうえで大切なのが、生活習慣を改善することです。そのためにも正しい知識が必要になります。
 
 
今回ご紹介させていただく吉田たかよし先生の動画にて「心筋梗塞」の主な症状と予防する方法について分かりやすく解説していますので、こちらと合わせてご覧頂ければ幸いです。

» 記事の続きを読む

あなたは自分の「血管年齢」を知っていますか?血管年齢を若く保つために必要なこととは!?

 
 
911_20160429234158ee8.png
   出典:.cicolpa.com
 
 
 
 
 
 
■「血管年齢」とは?
 
 
今回のテーマは、「血管年齢」についてです。血管年齢とは、血管の状態を測る一つの指標で、血管年齢が実年齢よりも高ければ動脈硬化がかなり進んでます。
 
 
反対に実年齢よりも血管年齢が若ければ、健康と判断することができます。メタボ対策をしっかり行なうことによって、血管年齢を若く保つことができます。
 
 
血管年齢は医療機関で簡単に調べることができます。生活習慣を改善するめの指標として血管年齢を計測されることをオススメします。

» 記事の続きを読む

高血圧を下げる薬の効果と副作用について!高血圧を放置する危険性とは?!



178.png





■今回のテーマは「高血圧を下げる薬」


今回は「高血圧を下げる薬」がテーマです。


今現在、高血圧に苦しんでいる人が
非常に多くて、すでにその数4000万人
を超えているとされています。


高血圧を放置してしまうと、「動脈硬化
がどんどん進んでしまいます。


その結果として「脳卒中」や「心筋梗塞」
のリスクが必然的に高まります。


また腎臓がボロボロになり、
腎機能に大きな障害をもたらし、
人工透析を受けることにななりかねません。







» 記事の続きを読む

狭心症・心筋梗塞の原因と症状について!狭心症・心筋梗塞の発作リスクを抑える方法とは?



90_201509110720502db.png





■狭心症・心筋梗塞とは?


今回のテーマは、「狭心症・心筋梗塞」です。現在、日本人の死因第2位が心臓病ですが、その多くが狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患に関連したものです。


冠動脈は心臓に栄養を送るための血管のことで、何らかしら生活習慣に問題があることで、冠動脈が詰まってしまうと狭心症や心筋梗塞などが起こりやすくなってしまいます。


狭心症と心筋梗塞の違いについてですが、心筋梗塞は心臓の血管が狭くなり、血流が不足している状態で、この状態がさらに悪化して血管が完全煮にまると心筋梗塞になります。


血管がつまると細胞が死ぬので心筋梗塞は命の危険性が非常に高い疾患です。


狭心症と心筋梗塞の発作は冬に起きやすく、これからの季節は意が必要です。


冬に向かって狭心症や心筋梗塞の発作のリスクを下げるために注意することです。



出典:「健康ぷらざ」







» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます