15520171122ht.png

 
 
 
■ 慢性腎臓病(CKD)とは!?
 
 
今回のテーマは、「CKD=慢性腎臓病について」です。ちなみにCKDとはChronic Kidney Diseaseの略称です。


慢性腎臓病(CKD)は、腎臓の働きが健康な人の60%以下に低下する、もしくは、たんぱく尿や血尿が出るといった腎臓の働きが悪化した状態が一定期間を超えて続くことを言います。
 
 
 
 
15720171122ht.png
 
 
 
『 慢性腎臓病(CKD)の患者数は1330万人超! 』
 
 
ちなみに日本では慢性腎臓病(CKD)がシニア世代を中心に急速には広がっています。事実日本では、すでに1割超(およそ8人に1、その数約1330万人)の人たちが慢性腎臓病を患っているとされています。
 
 
また、人工透析を受けている患者さんも、すでに26万人を超えていて、毎年1万人ずつ増え続けている状態です。
 
 
このため慢性腎臓病(CKD)は、新しい「国民病」といわれるくらい誰もがなり得る病気なので、もはや他人ごとでは済まされません。ですので、中高年と呼ばれる年代に達したら慢性腎臓病(CKD)を予防するためにも、定期的に検査を受ける必要があります。

» 記事の続きを読む