15.png





■肝臓を取り巻く現状とは?


今回は、肝臓がんの原因と症状、そして早期発見するための方法について解説しています。今現在、肝臓がんの罹患者数は4万7000人程度と推定されています。


肝臓がんの原因は、90%が「肝炎ウイルス感染」と言われています。


肝臓という臓器は食べ物から吸収された栄養物を取り込み、体に必要なものを合成したり、反対に人体にとって有害なものを解毒したりする優れた働きがあります。


肝臓がんの大部分は慢性の肝臓の病気から起こり、その大部分はウイルスによって生じておりますので、できるだけ早期にウイルスを発見することが大切です。


そうすることで肝臓がんの発症を予防したり、肝臓がんを早期に発見することができます。初期にはほとんど自覚症状がないため、定期的に検診を受けることが必要です。



出典:「健康ぷらざ」







» 記事の続きを読む