13.png





■脂漏性皮膚炎とは?


脂漏性皮膚炎は「脂漏性湿疹」とも言い、毛口を通じて分泌される皮脂が多くなった状態を脂漏といいます。今現在日本人の推定患者数は約300万人とされています。


脂漏性皮膚炎は、その名の通り脂漏がベースにあり、さらに紫外線やカビなどによって、皮脂が脂肪酸に分解され、炎症が起こります。これが脂漏性皮膚炎の主な原因です。


ちなみに脂漏性皮膚炎の症状は「癜風菌:マラセチア・ファーファ」という真菌によって悪化します。頭に脂漏性皮膚炎ができると大量にフケが出てきていまいます。


基本的に癜風菌は、油を好む傾向が強く、普段から皮膚に存在している「常在菌」ですが、脂漏性皮膚炎となってしまうのは、この癜風菌が関係していることが知られています。


脂漏性皮膚炎は、40代の男性に非常に多く見られる皮膚の疾患です。



出典:「新宿駅前クリニック 内科」







» 記事の続きを読む