うつ病のタグ記事一覧


タグ:うつ病

うつ病のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

体の痛み不調の原因
      ■ 今回のテーマはうつ病  今回のテーマは、「うつ病」についてです。うつ病について解説されている記事の中身は「ミルメディカル」さんの2分で分かる医療動画辞典から抜粋されたものです。  つ病について非常に分かりやすく解説されていますので、精神科医・樺沢紫苑先生の動画「うつ病を克服する方法」とあわせて御覧ください。  うつ病とは「気分障害」の一種です。気持ちが落ち込んだまま回復せず、普段通り...

記事を読む

心の病気の予防と対策について
       ■ 自己嫌悪から脱出する方法  今回のテーマは「自己嫌悪」をいかに向き合い、そして克服するかについてです。  自分が嫌い、自分の「欠点」や「短所」が気になってしかたがない。  何かにつけて自分を責めてしまうといった自分に対するネガティブな考え、自己嫌悪に襲われても復活する方法があります。      『 最初からポジティブな人はいない!?』  実は事業などで成功している人なんかがこうした...

記事を読む

その他
■自席での食事の注意点最近の傾向として仕事熱心のあまり仕事をしながら食事をとる方が増えています。忙しい合間をぬって食事をとらなければならないので無理もありません。しかしこれらの行為は人間の心と体に大きなダメージを与えかねない大変危険な行為なんです。「たかが自席での食事で?」と、少し大げさに聞こえるかもしれませんが事実です。まず、職場の自席でパソコンや資料を見ながら食べると、どれだけの量を食べたかを...

記事を読む

心の病気の予防と対策について
■適応障害とは?今回のテーマは「適応障害」です。適応障害は、皇太子妃雅子様や朝青龍の診断名として、マスコミに登場すると瞬く間に大きな話題となったのでご存知の方も多いと思います。実際に精神科を受診した患者さんの中にも「適応障害」と診断されるケースが増えており、精神科を通院されている患者さんの約10%程度が適応障害とされています。適応障害はいうなれば「うつ病の前段階の状態にある気分障害の一種です。今現...

記事を読む

うつ病の原因と主な症状について!なぜうつ状態が長期化してしまうのか!?うつの危険な症状とは?

 
 
5920170713ht.png
 
 
 
 
■ 今回のテーマはうつ病
 
 
今回のテーマは、「うつ病」についてです。うつ病について解説されている記事の中身は「ミルメディカル」さんの2分で分かる医療動画辞典から抜粋されたものです。
 
 
つ病について非常に分かりやすく解説されていますので、精神科医・樺沢紫苑先生の動画「うつ病を克服する方法」とあわせて御覧ください。
 
 
うつ病とは「気分障害」の一種です。気持ちが落ち込んだまま回復せず、普段通りの生活を送ることが難しくなってしまいます。
 
 
 
1004178920171201.png

 
 
うつ病はよく「心の病気」といったことが言われますが、実は脳の病気なんです。ですので、うつ病は気の持ちようで改善されるような類の病気ではないんです。
 
 
長期間にわたって気が滅入るような気分が改善されないのであれば、専門の医療機関を受診しなければなりません。
 
 
 
【出典】 2分で分かる医療動画辞典 ミルメディカルさん
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
 
「うつ病」
 

» 記事の続きを読む

自己嫌悪やネガテイブ思考から自分を復活させる方法について!自分を苦しめるネガティブ脳にさようなら!

 
 
192201610122_201611072159247cd.png
 
 
 
 
 
■ 自己嫌悪から脱出する方法
 
 
今回のテーマは「自己嫌悪」をいかに向き合い、そして克服するかについてです。
 
 
自分が嫌い、自分の「欠点」や「短所」が気になってしかたがない。
 
 
何かにつけて自分を責めてしまうといった自分に対するネガティブな考え、自己嫌悪に襲われても復活する方法があります。
 
 
 
8040170201hd.png
 
 
 
『 最初からポジティブな人はいない!?』
 
 
実は事業などで成功している人なんかがこうした方法を上手く取り入れています。
 
 
多くの成功者が絶対的に自信を持っていると思われがちですが、実際にはそんなことはなく、最初からポジティブ思考の人の方が少ないです。何らかの理由によって自ら変わったわけです。要所要所で自分が抱えている問題を克服し、見事復活しています。

» 記事の続きを読む

仕事しながらの食事はうつ病リスクを高める?!職場の自席での食事がここまで危険なの?!



274.png





■自席での食事の注意点


最近の傾向として仕事熱心のあまり仕事をしながら食事をとる方が増えています。


忙しい合間をぬって食事をとらなければならないので無理もありません。しかしこれらの行為は人間の心と体に大きなダメージを与えかねない大変危険な行為なんです。


「たかが自席での食事で?」と、少し大げさに聞こえるかもしれませんが事実です。


まず、職場の自席でパソコンや資料を見ながら食べると、どれだけの量を食べたかを、意識しなくなってしまうので、ついつい食べすぎてしまう傾向が強いです。


このため太りやすくなります。メタボの原因の一つと考えてもいいかと思います。


人間の体は90分動かないと、ひざの後ろにある静脈への血流が50%も低下しますので、そうなると血流が悪化して「エコノミークラス症候群」にかかりやすくなります。


自席で食事をとるとエコノミークラス症候群の発症リスクが2倍に達します。


急に胸がしめつけられたり、めまい、息苦しいといった症状がおきたら要注意です。





■うつ病の危険性とは?


人間の体はストレスを感じている間は唾液が出にくくなります。


唾液に含まれる消化酵素によって、その後の消化吸収に大きな影響をおよぼします。


殘念ながら仕事しながらの食事は間違いなく心と体ににいい影響は与えません。


1人で職場の自席で食事したり、パソコンの画面を見ながらの食事は、ストレスを抱えたときの脆さやうつ病が発症する仕組みととても深い関連性があるとされています。


また最近では男女ともに仕事とプライベートででパソコンとスマホを使う時間が長くなり、目を酷使するため、身体的疲労が出るのはもちろん、精神的にも疲れてしまいます。


さらにストレスが肥大化するとだるさや食欲不振、うつ病をおこすケースもあります。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ

適応障害という病気の本当の怖さとは?!まじめな人ほど適応障害になりやすい理由とは?



133.png





■適応障害とは?


今回のテーマは「適応障害」です。適応障害は、皇太子妃雅子様や朝青龍の診断名として、マスコミに登場すると瞬く間に大きな話題となったのでご存知の方も多いと思います。


実際に精神科を受診した患者さんの中にも「適応障害」と診断されるケースが増えており、精神科を通院されている患者さんの約10%程度が適応障害とされています。


適応障害はいうなれば「うつ病の前段階の状態にある気分障害の一種です。


今現在、日本国内の潜在うつ病患者の数はすでに600万人を超えているとされており、
そのうちの約70万人が医療機関を受診しているので、うつ病よりも多いとされています。


適応障害が怖いのは誰にも相談出来ずに放置してしまうことで、うつ病を発症させてしま
うことです。そうならないためにも精神科を受診する必要があります。


今回も精神科医の樺沢紫苑医師が非常に分かりやすく解説してます。





出典:「樺沢紫苑チャンネル」

https://goo.gl/aKnQnt






» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます